公開日:2017/06/26 

中村祐美子が初めて公開!楽しみながら積み重ねる日々の美容法

今まで多くを語ることのなかった私の美容法。本当にシンプルだからこそ、毎日続けられています。特別なことはひとつとしてありませんが、時としてこだわりの片鱗があったりなかったり。何か少しだけでもLady通読者の皆さんのお役に立てる情報があれば嬉しい…そんな気持ちで、私の美容法を赤裸々にご紹介します。

何よりも興味があるのはスキンケア

「肌に年齢が出る」という母の教え

「一番年齢が現れるのは肌だから、大事にするのよ。」おしゃれに興味を持ち始めた頃から何度も母に言われた言葉です。

私の母はとても厳しい人で、テレビドラマ、バラエティ、音楽番組など、すべてが禁止されていました。もちろん、おしゃれもほぼ禁止状態。服装はTシャツにGパン。髪型はずっとショート。お化粧なんてもってのほか。中学に入りたての頃「鏡の前にいる時間は最短にしなさい。」と言われたのを今でも覚えています。

そんな母が唯一私に与えてくれたのが化粧水と乳液、クリームといったスキンケアコスメ、そして「肌は大事にしなさい。顔だけじゃなく、首と手もきちんとケアするのよ。一番年齢が現れるからね。」という言葉でした。

私の小さなこだわりは、パッティング

モデルの仕事を始めてからしばらくしてのこと。メイクさんとスキンケアの話題で盛り上がっている時に教えてもらったのがパッティングの仕方です。もともと私は両手にたっぷりの化粧水を直接顔につけるのが好きなのですが「それだと十分に毛穴に水分が行き渡っていないよ。」と指摘されたのです。

メイクさん曰く、毛穴は下斜め45度の方向を向いており、その方向で叩き入れてあげないと毛穴に水分が入っていかないのだそう。自分の肌を確認してみると、確かに下斜め45度を向いています。なるほどとこの言葉に納得した私は、それ以来下斜め45度の方向から叩き上げるように優しくパッティングするようになりました。そしてその後さらに両手にたっぷりの化粧水を直接肌につけています。

一番贅沢するのは美容液

そんなこんなで化粧水の消費が激しい私は、化粧水は安いものと高いものをその日の肌のコンディションで使い分けつつ、美容液だけは良いものを使うようにしています。

特に冬は保湿力の高いものをチョイスし、春頃からはホワイトニング効果の高いものを使っています。時に、肌の乾燥が激しいときは顔全体に贅沢に目元美容液を使うことも。高いだけあって効果は抜群。

私の場合、肌の状態がその日の天気や湿度だけでなく、自分自身の疲労度や睡眠時間にも大きく影響されるので、朝と晩、ゆっくりと自分の肌と会話をするようにその日使用する美容液を選んでいます。

自分の髪を好きになりたくて、いろいろ試した結果…

くせのないふわふわの栗色猫っ毛に憧れていて、それとは正反対の自分の髪が大嫌いでした。くせ毛で、雨が降るとすぐに広がってしまう髪。かたくて、思うようにアレンジできない髪。真っ黒な髪。

でも、そんな私の髪を羨ましいと言ってくれる人がいたことをきっかけに、ないものねだりはもうやめて、自分の髪を愛する努力をしようと思うようになったのです。

憧れの質感の髪に植え替えることはできないけれど、きちんと毛先まで手入れの行き届いた日本人らしい艶やかな黒髪女性になろうと、今まで粗雑だった日々のお手入れを見直すようになりました。

シャンプーを変えると、髪質だけでなく気分も向上

それまではドラッグストアで特売になっているものを適当に購入していたシャンプー&トリートメントをまずは見直しました。いろいろな種類を試して、今は常時3〜4種類のシャンプー&トリートメントを揃えその日の気分で使い分けています。

頭皮の状態も、お肌と同じく日によって異なるような気がするからです。保湿成分がしっかりしているもの、頭皮の洗浄能力が高いもの、ダメージを補修してくれるものなど様々なタイプを揃え、シャワーで髪をしっかりとお湯洗いしながら今日はどのシャンプーが最適かを考えます。

私の場合は、ずっと同じものを使用しているよりも調子が良く、髪から漂う香りが日々変化することで気分も向上するので一石二鳥。もう何年も同じシャンプーを使っている!という方は試してみる価値アリかもしれません。

ドライヤーは温風だけでは終わらせない

そして何より大事なのがドライヤー。乾かし方によって、髪の質って本当に変わってくるんだなあと美容院に行くたび思うのですが、なかなかあそこまで徹底したテクニックを身につけることは難しいですよね。

テクニックはありませんが、私のちょっとしたこだわりは温風で9割ほど乾かしたあと、最後に冷風で仕上げること。冷風で仕上げる過程で、少しずつ天使の輪が浮き出てくるのが楽しくて仕方ありません。

おそらく温風で開いてしまったキューティクルがキュッと閉じていくのだと思います。頭の上部から、髪の先に向かってゆっくりとキューティクルを優しく閉じていくような感覚で風を当てていくのが私流です。

外からだけではなく、内からも

なんだかんだ日々の食事と睡眠が一番大事

お肌のケアや髪のケアなど、私の日々の美容法をご紹介してきましたが、なんだかんだ一番大事なのは日々の食事と睡眠だったりします。忙しいからといって食生活が乱れてしまったり、睡眠時間がしっかり取れなかったりするとすぐに肌荒れを起こし、髪からも艶が消えてしまいます。

たった一度の不摂生が、それまで大切に積み上げてきたものを壊してしまうなんて悔しい!かといって、毎日毎日家で自炊…というのもなかなか難しいものです。そんな私が不摂生の罪悪感をなくすためにちょっとだけ気をつけていることをご紹介します。

朝ごはんにはたっぷりのフルーツを

外食の予定が入りにくい朝食は、なるべくその時旬のフルーツを食べるようにしています。季節の変わり目には、オレンジとバナナが心強い味方。

お白湯飲んで胃を目覚めさせた後、みずみずしいフルーツを摂取すると、ふつふつと元気が湧いてきます。朝早くから活動しなくてはならない時は、これにサラダや茹でたまごなどをプラスことが多いです。

あれ?栄養が足りていないかも!という時は…

どうしても外食が続いてしまう時は、やはり栄養が偏ってしまうもの。特にお酒を飲む場合は、アルコールの分解にビタミンが奪われてしまうらしく、お肌に栄養が行き届かなくなってしまうそうです。

飲み会が続いた時、なんだか肌の調子が悪いと感じるのはおそらくビタミン不足のせい。そんな時は、帰宅してからビタミンCと、ポリフェノール、ビタミンCをはじめとするさまざまな抗酸化作用のある栄養素が豊富に含まれているクランベリーのサプリメントを摂取するようにしています。

個人的には、お肌の調子が崩れないだけでなく、二日酔いにもなりにくい気がしておりおすすめ。特にビタミンCのサプリメントは、ドラッグストアなどでも気軽に購入することができるので、ぜひ一度試してみてください。

ルーティンワークにせず、毎日変化する自分と向きあいたい!

AをしてBをして、Cをしてから…と毎日のケアをルーティンワークにしてしまうと、私の場合は楽しめず続きません。日々の美容の時間は昨日とはまた違う今日の自分と向き合う時間だと思うのが毎日続く秘訣かな?と思っています。

「昨日と違うシャンプーを使いたいのは、今日新しい出会いが待っているからかな?」「昨日より化粧水をいっぱい使いたいのは、きっと昨日乾燥している室内で仕事を頑張ったからだろうな。」と、日々を振り返りながらこれからも毎日の美容を楽しみたいと思います。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

216

Editor's Information

中村祐美子が初めて公開!楽しみながら積み重ねる日々の美容法
中村祐美子(なかむら ゆみこ)
早稲田大学政治経済学部を卒業後、大手IT企業に就職。
旅好き、チョコレート好きとして知られており、ショコラマイスターの資格を保有。
a-nationにて行われた「Super Model Award」での世界グランプリ受賞をきっかけに注目を浴び、「世界一のモデル」として、Yahoo!トピックなど、各種メディアに取り上げられる。退職後はモデル業にとどまらず女優業にも取り組み、レポーターやキャスターとしても活躍。