公開日:2017/06/26 

中村祐美子が選ぶ!親友にあげたい台湾スキンケアコスメ3選!

女子旅におすすめのスポットとして近年人気の台湾。まだ訪れたことのない方には是非足を運んでみてほしいという思いを込めて、台湾をこよなく愛する私がLady通読者の皆さんにおすすめしたい台湾スキンケアコスメをご紹介します。

私の一番のお気に入り”薑心比心”

オーナーの前職は、なんと料理人!

“薑心比心”は、元料理人の女性がオーナーのコスメブランド。薑とは、中国語で生姜のことなのですが、彼女が料理人から美容の道へと進んだきっかけは、彼女の実体験。

レストランでシェフとして勤務していた際、使い物にならなくなった大量の生姜汁を廃棄にするのはもったいないと考え、持ち帰りなにげなくお湯に入れて浸かったところ、思いがけず「全身がとてもリラックスできた」という意外な発見をしたという。

その効果に自信をもち、知人に生姜汁を譲り始めたことがきっかけで、多くの人が注目するようになったというなんとも心の温まるストーリー。けれど苦難はそこから始まり、どのようにして生姜を商品にしていくかという模索が始まったのだそうです。

「人生で初めて夢中になって叶えたい夢を見つけた」と語る彼女は、良い生姜を求め台湾中を探し回り、生姜畑の確保するなど様々な試練を乗り越え、”薑心比心”は設立されたのです。

大切な人へのお土産に最適なハンドクリーム

こってりとしたハンドクリームですが、のびが良いので少量でOK。お値段は430元(2017年4月現在で約1,720円)と、決してハンドクリームとして安くはありませんが、手の保湿だけでなくネイルまでのばせばネイルケアにもなる優れもの。

私はジンジャーのみのシンプルな香りのものが好みです。手のひらになじませると、ジンジャーの香りがふわっと香ります。決して人工的な香りではないからこそ、保湿と同時にリラックス効果も。

他にも、オレンジジンジャーや、ラベンダージンジャーなど、日本ではあまりない香りのレパートリーがあるのも嬉しいポイント。是非店頭で色々と試しながら自分のお気に入りの香り、そして大切な人に合いそうな香りを探してみてください。

ころんと小さなのリップバーム

シャンプーやボディソープ、ボディクリーム、バスソルトなど、商品はたくさんありますが、中でもお土産におすすめなのはリップバーム。

ころんと小さな手のひらサイズのリップバームは、ラベルもおしゃれで大人の女性にぴったり。たくさん購入する必要があるけれど、帰りの荷物のことを考えるとあまりかさばるものは…という方でもリップバームなら安心。お値段は230元(2017年4月現在で約920円)。

こちらのリップバームは、硬めのテクスチャーなので指の体温で溶かしながら使います。決してキツすぎない生姜の香りなので、口元に使用してももちろん大丈夫。他の香りもありますが、こちらも私はジンジャーのみのシンプルなものがお気に入りです。

プロ仕様!夜市で見つけたVINA

夜市ならではの気軽なコミュニケーション

台北といえば、夜市。台湾きっての夜遊びスポットである夜市を、台北旅行で一番の楽しみとして挙げる方も多いのではないでしょうか。

ただ、一口に夜市と言っても、地下鉄で行ける範囲だけでも30ヶ所以上あり、ガイドブックで紹介されているような有名な夜市だけでも10ヶ所近くありますが、いずれの夜市でも美味しいB級グルメはもちろん、生活用品や美容グッズ、洋服、アイデア雑貨などを一気に楽しむことができます。

全体的に手頃なお値段となっているのも嬉しいポイント。夜市の気軽な雰囲気だからこそ、店員さんとの気軽なコミュニケーションから生まれる新しい発見も!今回は、そんな店員さんとの会話の中で「プロのメイクアップアーティストも使っている」という台湾のコスメブランド”VINA”をご紹介します。

ブライダルエステにも使われる本格フェイスマスク

まず見せていただいたのが、花嫁さんが結婚式に向けてお肌を整えるために使うというフェイスマスク。日本でもよく目にするコラーゲンやヒアルロン酸などの他に含まれる百合のエキスやシルクタンパク、真珠の粉など一風変わった成分こそ、きっと綺麗になるための秘密。

台湾では一生の思い出として残るブライダルフォトが定番となっていることもあり、お肌のコンディションには特に気を使っているのかもしれません。サロン仕様のフェイスマスクとなると日本ではかなり高額ですが、気になるお値段は5枚入りで250元(2017年4月現在で約1,000円)と十分手の届く価格なのも嬉しいポイント。結婚を控えたお友達にプレゼントすれば喜ばれること間違いありません。

ミドリ色のリップクリーム!?

実はこのリップクリーム、唇に塗ると色がピンク色へと変化します。体温に反応して色が変わるのだそう。すごいのは、これだけではありません。

なんとこのリップクリームの最大のポイントは、食事をしても色が落ちにくいこと。試しに手の甲で試してみましたが、確かに指やティッシュでこすっても色落ちしませんでした。これを使えば、例えばフレンチやイタリアンのお食事の際、ワイングラスに口紅がベタっとついてしまうのを気にせずに楽しむことができます。

お値段は1本で250元(2017年4月現在で約1,000円)ですが、大量購入すればお値引きしてくれることがあるのも夜市ならでは。見た目にサプライズがあるだけではなく、きちんと優秀なリップクリームなので自信をもってプレゼントすることができます。

ドラッグストアでフェイスマスクをまとめ買い!

ドラッグストアにずらりと並ぶフェイスマスクたち

台湾のドラッグストアチェーンで有名なのは、ブルーグリーンの看板が目印の「watsons(屈臣氏・ワトソンズ)」、そしてオレンジの看板が目印の「cosmed(康是美・コスメ)」です。

ドラッグストア街の至る所で発見できるので、時間が無くてお土産が買えていない、そんな時にも気軽にプチプラ美容グッズを入手できるので、おすすめのです。

台湾の地元の女性たちもスキンケアによくシートマスクを使っているのだとか。台湾美女の秘訣は贅沢な美容素材で作られたシートマスクにあるのかもしれません。

定番のフェイスマスクなら”台湾紅薏仁”

台湾のお土産といえばフェイスマスク!というくらい定番のお土産ですが、中でも個人的におすすめなのは”豊台湾”というブランド。パッケージ記載されている薏仁とは、中国語でハトムギのことなのですが、台湾では本当によく食べる食材で、身体の毒を出してくれる効能があるのだとか。

お値段は1枚29元(2017年4月現在で約120円)とお手頃価格なのに、フェイスマスクのシートはなんとシルク素材。ハトムギ&アロエは保湿効果。ハトムギ&ミルクはお肌をなめらかに。赤ハトムギは美白効果があるそうなので、ぜひプレゼントする相手のことを考えながら選んでみてください。

日本でも大人気”我的美麗日記”の変わり種

日本のドラッグストアでも取り扱われている”我的美麗日記”。本場台湾では、フェイス用だけではない、一風変わったマスクも店頭に並んでいます。

今回チョイスしたのはリップマスク。唇型のジェル状マスクが、ピタッとフィットします。お値段は1枚10元(2017年4月現在で約40円)とたっぷり購入できちゃうお手頃価格。

美白効果のあるピンクのリップマスクはチェリーCとヒアルロン酸入り。ツヤ感を出してくれるゴールドのリップマスクはゴールドQ10とコラーゲン入りです。

台湾美女の秘訣は成分へのこだわりにあり!

生姜や、百合エキス、ハトムギなど、成分へのこだわりが綺麗の秘訣なのかもしれません。

日本未上陸のものも多くあるため、見ていると友人に自分用にとどんどん欲しくなってしまいますが、贈る相手の顔を思い浮かべつつ、予算や荷物の容量と相談しながら賢いお土産選びをぜひ心ゆくまで楽しんでください。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

449

Editor's Information

中村祐美子が選ぶ!親友にあげたい台湾スキンケアコスメ3選!
中村祐美子(なかむら ゆみこ)
早稲田大学政治経済学部を卒業後、大手IT企業に就職。
旅好き、チョコレート好きとして知られており、ショコラマイスターの資格を保有。
a-nationにて行われた「Super Model Award」での世界グランプリ受賞をきっかけに注目を浴び、「世界一のモデル」として、Yahoo!トピックなど、各種メディアに取り上げられる。退職後はモデル業にとどまらず女優業にも取り組み、レポーターやキャスターとしても活躍。