公開日:2017/06/26 最終更新日:2017/08/09

口コミで話題の横寝枕!睡眠の質を高める枕ランキング

いびきがひどい方や朝起きた時に疲れが取れていない方はいませんか?睡眠の質をあげる方法として、横寝枕がおすすめです。横向きに寝ることのメリットが科学的にも明らかになっており、横寝専用枕の「YOKONE」は、実際に使用した感想や口コミで高い評価を得ています。

良い睡眠を得るための条件づくり

良い睡眠を実現するための良い環境づくり

質の高い睡眠を得るためには、環境づくりが必須です。厚生労働省では、よい健康とこころのために睡眠に関して啓蒙活動を行っています。生活習慣病予防のための健康情報サイトである「e-ヘルスネット」では、睡眠に関する様々な情報が記載されています。その中でもよく眠れる環境づくりについて次のように記載されています。

「首や肩に無理のない枕・適度な硬さのベッドマットや敷き布団・フィット感のある掛け布団といったように、体への負担が少ない寝姿勢(寝相)を保つことができ、保温性と吸湿性・放湿性が良い寝具を選ぶとよいでしょう。」

引用元:快眠のためのテクニック -よく眠るために必要な寝具の条件と寝相・寝返りとの関係 | e-ヘルスネット 情報提供

と紹介しており、体への負担が少ない睡眠環境づくりを推奨しています。

良い睡眠には良い姿勢を保つすることが大切

朝起きた時に、首、腰、背中がバキバキになって辛い方は、睡眠時の姿勢がよくないと考えられます。特に首が痛い方は、自分に合った枕に変えることをおすすめします。

枕の高さが合っていないと、寝ている間に首や肩をはじめ、筋肉に負担がかかっている状態になってしまうのです。人間は自然に立った時、背骨は横から見るとS字となっています。そのため、枕も自然とS字となるようなものが理想的です。

また、高さが合っていないと呼吸がしにくくなったり、いびきが出るようになったり、眠りの質が一気に悪くなります。さらに、寝ている間に寝返りが打てないと睡眠の質が悪くなるといわれているため、寝返りが打てるように高さの合った枕を選ぶことがとても重要なのです。

世界的には横向きの寝方が主流

日本人は半数程度が横向きの姿勢で寝ているといわれていますが、世界的にはオーストラリアなど睡眠に関する調査によると7割〜8割の方々が横向きの姿勢で寝ていることが明らかになっていて、仰向けよりも横向きに寝ている人の方が多いことがわかります。心理学的見地によると、寝る姿勢が心理状態をあらわしているとも考えられており、横向きに寝ることで安心感が生まれるのでしょう。

力を抜いて仰向けで寝られる人はオープンで安心状態にあるとされており、ストレスの多い現代社会では安心感を求めて横向きに寝る人も少なくないですね。また、横向きに寝ると体に悪いという見解がありますが、実際は腕の置き方などを気をつければ、横向きの方が体への負担が少なくなっています。

睡眠の質を高める横寝枕の紹介

横寝に期待される良い睡眠への効果

横寝によって最も効果があるのは、いびきと呼吸です。横向きに寝ることによって気道が広がり、呼吸がしやすくなります。いびきは、狭くなった気道を空気が通ることによって生じる摩擦音です。気道が広がれば、摩擦音が発生せず、いびきも起きません。

仰向けでも、枕の高さが合っていると、気道が狭くなることもなく、いびきが発生しないのですが、首回りが太い方はどうしても気道が狭くなってしまうのでいびきが出てしまいます。いびきが出る状態で寝ていると非常に息苦しい状況の中で寝ていることになります。

苦しい状態で寝ていると質の良い睡眠を確保することにならず、起きた時に疲れが取れていない状態になってしまうのです。十分な睡眠が得られていないので、日中の居眠りで悩む方も少なくありません。

横寝でアルツハイマーの予防効果

横向きに寝ることでアルツハイマー予防に効果があるというレポートが発表されています。アメリカの脳神経学ジャーナルにて発表された記事やニューヨーク州立大学の研究によると、動物実験の結果、横向きに寝ることでアルツハイマーやパーキンソン病、脳神経の病予防に効果があることが判明しました。

具体的には、寝る姿勢によって脳の活動を計測し、仰向けやうつ伏せに寝るよりも横向きに寝た方が、脳神経の病気の原因となるアミロイドβなどの排出量が多いことがわかったのです。

つまり、脳の排出物がより促進されることで、脳神経の病気予防につながることを表しています。首や肩など筋肉の疲労回復に加え、脳神経への効果を考えると横向きに寝た方が健康的だといえるでしょう。

腰痛や背中の痛みは横寝で軽減される

日中、立っている状態や座っている状態で、腰と背骨は重い頭を支え続けています。横向きになって背骨の自然なS字の形にしてあげることで、負担を減らし体を休ませることができるでしょう。

背骨の周囲の筋肉の緊張が取れることで腰や背中の痛みも防げます。さらに足を少し曲げれば胎児の姿勢になり、体が緊張から解かれる状況を作ることが可能です。このように仰向けで寝るよりも横向きの方が腰への負担が軽減され、腰痛の予防にもなります。

またストレートネックの方も、体を少しでもS字に近づけることで、良い姿勢に近づけることができます。妊婦の方の場合は横向きの方が腰への負担が大きく改善されるので、自然と仰向けから横向きに寝方が変わっていくことも多いでしょう。

大手通販モールでランキング1位の「YOKONE」の紹介

横向き寝専用まくら YOKONE2

いびき軽減で睡眠の質がUPする横向き寝専用枕

  • 18,000円(税抜き)/送料無料
  • 代引き手数料無料
  • 2個買うと3個目が無料でもらえるキャンペーン中!
新しくなった新型YOKONE2の詳細

「YOKONE」の製造メーカーがもつ睡眠へのこだわり

「YOKONE」は、大手通販モールでは枕ランキングでも上位に、横向き専用の枕としてはランキング1位になったことがあります。「YOKONE」はムーンムーン株式会社が販売している枕ですが、同社ではより良い睡眠に対するこだわりが半端ではありません。睡眠に関する研究はアメリカが進んでおりますが、同社はわざわざそれを追求するためにニューヨークに拠点を設けているほどです。

睡眠に関する研究を経て、良質な睡眠のために「YOKONE」は開発されており、2017年2月には「YOKONE2」も発表されました。横向き睡眠のメリットのひとつに姿勢の良さが挙げられますが、横向きでも枕の高さが合っていないと首への負担が大きくかかってきます。より良い姿勢を可能にするための研究の成果が「YOKONE2」となっているのです。

「YOKONE」の睡眠へのこだわりがすごい

「YOKONE」は、枕にかかる負担が分散されるように、リラックスウレタン素材を使用しています。自分の体にフィットし体に負担のかからないように設計されていおり、3段階で枕の高さを調整することが可能。そのため、自分にふさわしい高さに合わせることができます。横向きでも首が少し持ち上がることで、首が少し傾いてしまうことに着目し、首に重さがかからないように構造に工夫があります。

横向き睡眠のデメリットとしては下にくる手や腕が圧迫されると懸念されていますが、「YOKONE2」は手を置きやすいように、枕の形状が工夫されているのです。こういった構造へのこだわりが、横向け枕において他社を寄せ付けない人気となっている理由です。

実際に使用した方の口コミ紹介

実際に使用した方の口コミを見ると、

魔法のような枕です。先ずは、全くいびきをかかなくなったそうです。疲れが残り、昼も少しの時間があれば居眠りしていたのが、ほぼなくなりました。

引用元:【公式】YOKONE2(ヨコネ2)横向き寝促進まくら | 光目覚まし時計inti

といびきがなくなったことで良い睡眠がとれるようになってます。

横になった途端、ガチガチの肩や首回りから力が抜けて行く

引用元:【公式】YOKONE2(ヨコネ2)横向き寝促進まくら | 光目覚まし時計inti

と力が自然と抜け、リラックスした状態になると評判です。

朝起きた時の肩の痛みが軽減された

引用元:【公式】YOKONE2(ヨコネ2)横向き寝促進まくら | 光目覚まし時計inti

といったように、痛みがなくなったと実感しているコメントも多数見られます。メーカーの一方的な売り込みではなく、口コミから見られるように良い睡眠への効果が実感できる方が多くなっています。

良い睡眠のための姿勢を保つには横寝枕がおすすめ

実際には、横向きに寝ている人は少なくありません。しかし、仰向けやうつ伏せで寝ていて、朝起きた時に疲労感を感じている人は、横向きに寝ることを試してみましょう。また寝るための環境づくりがとても大切ですが、「YOKONE」のような横寝枕が良質な睡眠を実現してくれます。

  • 良い睡眠を得るための条件づくり
  • 睡眠の質を高める横寝枕の紹介
  • 大手通販モールでランキング1位の「YOKONE」の紹介
新しくなった新型YOKONE2の詳細

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

373