公開日:2017/06/15  最終更新日:2018/02/06

ヨガにこれから通う人へ、ジムの選び方からファッションまで

ジムで根強い人気なのが「ヨガ」。ジムで基礎を学べば自宅でもできるところが「ヨガ」の魅力です。これから「ヨガ」に通いたいなと考え中の人へ、ジムの選び方から通う前に揃えておくと便利なアイテム情報を紹介します。

驚き!ヨガの種類が多くて選ぶのに悩むかも

体験レッスンを受けて相性を確認

4000~5000年前にインドで生まれたヨガ。現在は数多くの流派が存在しています。体を鍛えていくものから、心の癒しを目的としたものまで、種類が豊富です。まずジムを選ぶ時は、継続して通わなければいけないので、通いやすい場所にあるかどうかを確認しましょう。有名なジムであっても交通が不便だとせっかく始めたヨガから遠のいてしまう可能性大。「無理なくできる」これがビギナーさんのキーワードですよ。

利用できる時間帯も調べましょう。自分が通える時間帯にジムでヨガレッスンが行われているか確認が必要です。また、ヨガインストラクターとの相性もあるので利用してほしいのが体験レッスン。多くのジムでお試しができます。まずは体験レッスンを受けて、選ぶ時の参考にすると良いですね。

ヨガを決める時に確認するポイントは?

自分に合ったヨガを見つけるときにはどういった点を判断材料にすればよいのでしょうか。

  • カロリー消費量
  • 難易度
  • 整体度
  • リラックス度
  • スピリチュアル度

上げた5つのポイントに視点を向けて自分に合っているヨガなのか確認してください。リラックス度やスピリチュアル度が高いヨガは、瞑想などが多く取り入れられていて、内に秘めたパワーを引き出すためのヨガが行われていきます。カロリー消費量は少ないですが、難易度は低く比較的挑戦しやすいです。反対に難易度が高いものになると運動量が多くなります。カロリーも消費できるのでエクササイズ効果が期待できます。

知ってほしい!ヨガとピラティスは違うこと

ピラティスのこと知っていますか。ジムにはピラティスを行っているところがあります。体を動かしているところを見ていると似ている部分があり、間違える人も多いです。レッスンを受ければ違いはわかりますがビギナーさんは判断に困りますね。

  • 歴史

    ピラティスは、1923年にドイツで、リハビリを目的として始まりました。

  • ベース

    ヨガは、瞑想タイムがあり精神に重点を置いています。ピラティスは、筋肉への呼びかけを大切にしています。心の治療にヨガが取り入れられることもあり、ケガの治療にピラティスが取り入れられることもあります。

  • 呼吸

    ヨガは、複式呼吸。ピラティスは、胸式呼吸です。どちらも体を動かすという点は同じですが、目的が違うのでお間違いなく。

ジムで行われている代表的なヨガ

認知度が高く国際的なヨガが習いたい人向き

代表的なヨガをピックアップします。

  • アイアンガーヨガ/身体(しんたい)能力を高めることに視点を置いている
  • アシュタンガヨガ/太陽礼拝からスタートしポーズの流れが決まっている
  • アヌサラヨガ/ペアーワークが取り入れられている
  • イシュタヨガ/個人に合った呼吸法や瞑想法で行う
  • クリパルヨガ/リラックスを重視
  • クンダリーニヨガ/スピリチュアル度が高い
  • シヴァナンダヨガ/インド伝統色が強い
  • ジヴァムクティヨガ/ニューヨーク発祥のインド伝統派
  • ハタヨガ/多くのヨガのルーツ的存在
  • パワーヨガ/エクササイズ効果に期待が高い
  • ヴィンヤサヨガ/運動量が多い

忙しい毎日を送る人たちのために進化しているヨガが多いです。

リラクセーションに重点をおいているヨガ

緊張を緩め心や体を穏やかにしたいと思っている人におすすめ。セラピー度が高いヨガ2つです。

  • 陰ヨガ

    ヨガは精神にアプローチします。陰ヨガはその部分が色濃く表れていて、内にあるパワーへのアプローチの高さが特徴です。ひとつのポーズに3~5分と時間をたっぷりとかけます。仕事に追われて生活をしている人にとって、この深い呼吸をしながらとるポーズは、心と体の癒しになります。

  • リストラティブ・リラックスヨガ

    アイアンガーヨガを進化させたヨガです。ひとつのポーズにかける時間は10~20分と陰ヨガよりも長く、心や体を癒す副交感神経を呼び覚まします。穏やかに進められていくので妊婦さんのヨガに取り入れられています。

汗をいっぱいかきたい人はホットヨガ

注目を浴びているのがホットヨガ。ホットヨガは、トレーニングルームを高温多湿に設定して行われ、ヨガを行う環境に特徴があります。

  • 部屋温度/38℃
  • 湿度/65%

ホットヨガの魅力は大量の汗から生まれます。大量の汗が出ることにより、新陳代謝が促されます。汗と共に毛穴に詰まった老廃物が出る「デトックス効果」への期待値が高く女性に人気となっています。エアコンで温度管理された室内で過ごすことが多い人は、なかなか汗をかく機会が少ないですよね。大量の汗をかくとすっきりとして爽快です。心もリフレッシュできますね。また適度な運動も取り入れられているので、ダイエットへの期待値も高く人気です。

ヨガライフが楽しくなるアイテムの選び方

ヨガウェアを選ぶ時のポイント

ジムに通うと決めたならまずは、ウェアを買いそろえたいですね。ヨガウェアには、ぴったり系とゆったり系があります。レッスン内容を考慮して選ぶとヨガが快適に行え楽しくなります。

選ぶ時のポイント

  • 逆転ポーズなどが多く取り入れているヨガは、ぴったり系がベター
  • 前屈みになった時などに胸やショーツが見えない
  • ストレッチ素材で吸水性がある生地でできている
  • 汗をかいても下着が透けない

普通のスポーツウェアでも良いですが、ヨガ専用のウェアを買えば、上記で紹介したポイントを満たしているものが多いです。またヨガウェアは、おしゃれなものもいっぱいで、部屋着としても活用できます。ヨガをしている時の肌見えを気にすることなく気分を軽やかにする、お気に入りのヨガウェアを手にいれてくださいね。

始める前に買い揃えておくウェアとグッズ

ヨガをスタートするために、最低限揃えておきたいアイテムをラインアップします。

  • スポーツブラ

    前屈みになっても胸元が見えません。スポーツブラ1枚でヨガをしても良いですし、胸元の広いTシャツと合わせておしゃれコーデができます。

  • レイヤードトップ

    タンクトップとTシャツが1枚になったウェアです。タンクトップ部分が体にフィットしているので、逆転ポーズなどハードなヨガも安心。

  • ヨガサルエルパンツ

    ぴったりとゆったりがミックス。開脚はしやすく、ヒップラインも気になりません。裾が下がらないので逆さになっても動きを妨げないボトムです。

  • ヨガマット・ヨガラグ

    ヨガマットがレンタルされないところは自分専用を購入しましょう。レンタルマットの人はヨガラグを引けば衛生的です。

トレンドなウェアが揃うブランド

ヨガウェアは、どこで購入すればよいのか。ビギナーさんの中にはわからない人も多いはず。トレンドをおさえたヨガウェアを発信するブランドを紹介します。

  • チャコット

    バレエやダンスウェアのブランドとして有名。ヨガに特化したウェアも手掛けている

  • スリア

    日本生まれのブランドで、オリジナリティにあふれた心地よい着心地のウェアが豊富

  • リアルストーン

    「心と身体を心地よく結ぶ」がコンセプトのヨガ専門ブランド

  • ヨギーサンクチュアリ

    メイドインジャパンにこだわるブランド。機能性が高くシルエットが美しいのが特徴

  • ダンスキン

    ニューヨーク発、歴史は古く1882年です。高品質で体を美しく見せるウェアが揃う

  • エミ ヨガ

    キュートなデザインのヨガウェアが人気

洗練されたヨガウェアをつくるブランドがあることからも、ヨガ人口が多く人気が高いことがわかりますね。

早くはじめたくなった魅力がいっぱいのヨガ

ヨガは奥深く魅力がたくさん詰まっています。

  • ヨガには種類が豊富にある
  • どこにアプローチするものが自分に合っているか体験レッスンを活用すること
  • おしゃれなヨガウェアが豊富

レッスンの流れは多少違いますが、ヨガをすることによって心と体がリフレッシュできるところは同じです。思い立ったら、レッツトライ!

ライザップが開発した、ヨガ以上の効果を実感できる
ボディメイクホットヨガ LIPTY(リプティ)

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

1,059



ページのトップへ