公開日:2018/05/14 

明後日までに痩せる!塩抜きダイエットのおすすめ食事方法

少し前くらいからテレビでは塩をした抜いたほうがいいと、よく目にしていましたが、痩せる場合も同じように実践しましょう。

それが塩抜きダイエットなのですが、食事によってとれる塩分は太りやすい効果が盛りだくさんです。抜いたことで、どんな効果があるのか見てみましょう。

塩抜きダイエットの良さは短期間で効果が出るところ

そもそも塩は体に悪いといわれていますが、じつは体には必要なものなので、そこは忘れずに頭に入れておきましょう。短期間で痩せられるというのは、塩抜きをすると体に悪いからです。

逆に短期間でも結果がでやすいものなので魅力的に見えます。その期間とは3日間という短さでいいんです!本当に効果があるのか、見てみることにしましょう。

塩分カットで老廃物もカット!結果むくみがなくなる!

体にいいものでもあり、とりすぎると太ってしまう原因にもなる塩は、どれくらいの量が正常なのでしょうか?じつは1日に14.3gという量が必要になってきます。

これ以上の量をとってしまうと、まずむくみとなって体を太くしてしまうでしょう。

それは体の中の塩分を少しでも薄くさせようと、水分が無性にほしくなり、無意識にたくさんの水分をとってしまうからです。すると体の中には水分が異常にたまってしまい、むくみとなって体が太くなってしまいます。

しかし塩抜きをしていると、無駄にとっていた水分が欲しくなくなり、自然と体の水分は外に出されるんです。徐々に少なくなってむくみも少なくなるでしょう。

塩抜きをするだけでも、体を細くできるのは水分量が関係しているわけです。

代謝がアップして脂肪が減っていく

上記のようなむくみがなくなれば、リンパなどが正常に働いて血流がよくなります。すると体中に栄養がいきわたることで、活発に細胞が働いてくれるでしょう。

ということは代謝がアップしたと同時に、脂肪がエネルギーとして使われだすので、ダイエットができてしまうというわけです。むくみが原因で太っていた人には、とくにこの効果は実感しやすいでしょう。

無駄な食欲がなくなる!自然と正常な食事量に!

なかなか痩せることができない人は、体に食べものを無意識に取り込んでいる可能性が高いです。カロリーという言葉がありますが、摂取するものだけでなく、消費するカロリーだってあります。

それを上回れば自然と体にためこむカロリーはなくなって、体は細くなっていくでしょう。

この食べすぎを起こしている原因が、塩分の可能性があります。そもそも塩を食べると食欲がアップする効果があるんです。

しかし塩抜きをすることで、この食欲自体が少なくなるので、無意識に食べていた食事もなくなるでしょう。

すると自然と体にため込んだ脂肪が、エネルギーとなって消費されていくので、成功しやすくなるわけです。それだけで効果があるなら、やってみる価値は大きいでしょう。

食事方法を変えるのが塩抜きダイエットをするときにはおすすめ

食べものからでないと摂取できない塩は、食事でコントロールする必要があります。そのコントロールするものは、糖質やカロリーでなくて塩です。

塩分をなるべくとらない食事にするのが、このダイエット法のポイントとなるのですが、どんな食事に変えていればいのでしょうか?

もちろん減塩食にするのがわかりやすいのですが、じつはちょっとした工夫をすれば、短期間でも結果が出ます。塩抜きをする際のコツを見てみましょう。

体の塩分を外に出すためにほうれん草をたくさん食べよう!

上記で紹介した悪い効果が塩分にあるのは、じつはナトリウムのせいでもあるんです。塩に含まれるナトリウムを体から外に出すために、カリウムがたくさん入った食事をメインに食べましょう。

そのカリウムがたっぷりなものの代表的なものが、ほうれん草です。この野菜にはなんと100gにすると700mgほどの量が入っていて、一般的な食材の中でもトップクラスでしょう。

これをメインの食事を続けていれば、自然と体の中のナトリウムが少なくなって、塩抜きダイエットが成功しやすくなります。

水を多めに飲むようにする!お茶だけはNG

もちろんほうれん草ばかりを食べていたら大変なので、水分も多めにとるのもひとつの方法です。そもそも体が本能的に塩分を少なくさせようと、水分が欲しくなるのは、薄くして体の外に出すためでもあります。

その本能に従って水分をとれば、体の中の塩抜きができてしまうでしょう。もちろんその間は水分が多すぎて、むくみが出てしまうでしょうが、それを乗りきれば自然とむくみは消えていきます。

とりすぎは体によくありませんが、1日に2リットルくらいはとるように心がけましょう。

ちなみに水分といえばお茶をよく飲む人がいますが、お茶だけを飲むのはあまりよくありません。ミネラルウォーターのような、純粋な水を使うのが無難です。

スナック菓子は論外!食べてはいけないものは加工食品!

味を濃くするために使われるものといえば塩分ですが、このダイエットをする期間は塩抜きをやっているはずです。当たり前ですが塩分たっぷりの食事は、必ずとらないようにしましょう。

とくにスナック菓子はわかりきっていることなので我慢できるでしょうが、意外に見落としがちなものといえば、加工食品です。ハムやパン、漬物だって塩分は使われています。

お惣菜は料理の手間がはぶけて楽ですが、どれくらい塩分が使われているのかわからないので避けてください。

塩抜きダイエットを本格的にするなら、ナトリウム表記されているところを、確認してみるのも効果的です。3日間だけなので、なるべく塩分をとらずに頑張ってみましょう。

塩抜きダイエットは将来の健康な体作りにもなる

たしかに塩分は体に必要なものかといえば、それは間違いありません。しかし現代の食事を見てみると、どんなものにも塩分が入っていて、とりすぎている人が増えています。

とりすぎると血圧が上がりやすくなるなど、健康被害だって出てくるでしょう。

もちろんむくみがひどくなって、体が太く見えてしまうのは、女性から見てもあまりいいものではありません。そこで塩抜きを3日間だけでもすれば、むくみがとれて代謝が上がり、痩せることだってできてしまいます。

健康的なダイエットをするなら、塩分を徹底的に抜いて、カリウムがたくさんとれる食事に切り替えましょう。それだけで体を細くできてしまいます。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

28



ページのトップへ