公開日:2017/05/26 最終更新日:2017/06/16

冬こそふきとり美容がおすすめ!メリットと方法とは?

肌のコンディションが悪くなってしまいがちな冬。そんな季節にこそ、ふきとり美容はおすすめです。ふきとり美容とは一体何なのか、そのメリットとふきとり美容の方法まで詳しく解説していきます。

肌の調子を整えるふきとり美容

洗顔をしない=ふきとり美容ではない?

ふきとり美容とは、洗顔をしない代わりにふきとって肌を清潔にする、ということではなく、洗顔にプラスして行う美容法。洗顔自体は、肌質に合ったそれぞれのやり方で行い、その後の化粧水や美容液を塗るスキンケアの一つ前に行うのが、このふきとり美容なのです。

ですから、洗顔をしなくてもいい美容法だと思っていた人からすると、かえって手間の多い美容法となってしまうかもしれませんが、その分この美容法は、肌に嬉しい様々な効果をもたらしてくれるのです。

そんなふきとり美容のメリットや、ふきとり美容の正しいやり方、おすすめのふきとり化粧水まで、ふきとり美容初心者の方にもわかりやすい内容で、詳しくご紹介していきます。

ふきとり美容のメリットはなに?

ふきとり美容のメリットの一番は、古い角質を除去してくれること。古い角質は洗顔では落としきれないことも多く、肌に蓄積されてしまうこともあるのを知っていますか?

古い角質は、蓄積されてしまうと、肌の正常なターンオバーを妨げてしまい、シミやくすみ、ニキビやごわつきなどの様々な肌トラブルを招いてしまう原因になってしまいます。こうしたことを防ぐには、普段から常にきちんと古い角質を取り除くことが重要。ふきとり美容では、古い角質や毛穴汚れも取り除いてくれるのです。

ふきとり化粧水には、古い角質を除去する成分を配合された、角質をやさしく取り除いてくれるものが多いです。こうしたふきとり化粧水などを使用し行うことで、角質の除去、肌のターンオーバーも正常化を促し、透明感のあるなめらかな肌へと導いてくれるのです。

ふきとり美容で化粧水の浸透力もアップ!

また、余分な角質は、肌トラブルを招くだけではなく、普段の化粧水や美容液の十分な浸透も妨げてしまう原因にもなってしまいます。十分な浸透を妨げられてしまうと、肌の奥へと潤いが届きにくくもなり、乾燥肌を招いてしまうことも。また、肌に残った皮脂や古い角質が美容成分をはじいてしまい、美容成分の十分な効果を期待できなくもなってしまいます。

しかし、ふきとり美容を行うことで皮脂や角質を取り除くことができると、その次に使用する化粧水や美容液の浸透力も良くなります。肌の浸透力が良くなると、化粧水や美容液の美容成分も肌の奥までしっかり届きやすくなり、肌の内側から潤いを与えることができます。すると、内側から美しい肌へと整っていくのです。

ふきとり美容の正しいやり方とは

まずは肌質に合った方法で洗顔する

ふきとり美容は、必ず洗顔後に行います。メイクをしていたときなどは、しっかりとクレンジングをして汚れを洗い落としてから、洗顔を行います。朝などの洗顔は、乾燥肌の方であればぬるま湯で優しく洗い、油性肌の方であれば洗顔料を使って洗いましょう。この洗顔方法も、間違ったやり方をしてしまうと肌トラブルを招く原因ともなってしまうので、注意が必要です。

  • 洗顔を行う際に使用するお湯は、ぬるいかな?と感じる程度のお湯を使用すること
  • ゴシゴシ摩擦が生じるような洗い方はせず、優しく洗い上げること

また、洗顔の前にスチーマーや蒸しタオルを当てて毛穴を開かせておくことで、肌への負担を少なくしながらより汚れを落としやすくしてくれるのでおすすめです。

コットンをつかって顔全体をふきとっていく

ふきとり化粧水をコットンに染み込ませて、顔を優しく拭き取っていきます。この時、できるだけ摩擦が生じて肌へと負担がかかってしまわぬよう、コットンへはたっぷり化粧水を染み込ませます。コットンへ染み込ませる量は、ふきとり化粧水によっても違う場合があるので、それぞれのふきとり化粧水に合った量を確認しましょう。

ふきとり化粧水をたっぷりコットンに染み込ませたら、肌を優しくなぞるようにふきとっていきます。拭き取っている面が汚れたら、何度も同じ面は使わず面を変えて続けましょう。すべての面が汚れてしまったら、新しいコットンと取り替えます。顔全体を優しく拭き取ったら、その後の洗顔は必要ありません。いつもと使っている化粧品を使用し、いつもと同じやり方でお手入れをし仕上げていきます。

ふきとり美容で気をつける注意点

ふきとり美容では、いくつか注意したい点があります。まず、一つが、肌が敏感になっているときはふきとり美容は行わないこと。ふきとり美容は、摩擦が生じ肌に負担がかかってしまうことがあるので、敏感になった肌へ行うとさらに肌トラブルを招いてしまうことも。シェイバーを使った直後や日焼けをしてしまったときは、行わないようにしましょう。

もう一つが、できるだけ肌へ負担がかからないように、なるべくたっぷりコットンへ化粧水を染み込ませること。そうすることで、コットンの繊維と肌との摩擦を軽減し、肌への負担も小さくすることができます。また、ふきとり美容では化粧水を使っていますが、十分な潤いは与えられません。ふきとり美容のあとは、必ず化粧水やクリームを使って、保湿ケアを行います。

ふきとり美容におすすめのふきとり化粧水

クリニーク「クラリファイングローション」

様々な肌質に合わせて研究を重ねているクリニークは、世界中の人々から愛されている老舗の化粧品ブランド。そのクリニークの中でもベストセラーとなっている「クラリファイングローション」は、皮膚科学理論に基づいて開発された商品です。日本人の敏感な肌タイプの合わせて開発された商品なので、多くの方にも安心して使用することができるでしょう。

また、様々な肌質に合わせて5つのタイプのローションが展開されており、乾燥肌、乾燥肌~混合肌、混合肌~油性肌、油性肌、全てのスキンタイプ、の中から、自分の肌に一番合ったものを選ぶことができます。角質ケアの基本、エクスフォリエーション効果で古い角質を優しく取り除き、うるおいを受け入れやすい透明感のある肌へと導いてくれます。

  • 【商品情報】
  • クリニーク「クラリファイングローション」
  • 公式サイト:http://www.clinique.jp/products/1573/3/2

イプサ「クリアアップローション」

イプサの「クリアアップローション」も、ふきとり美容においておすすめの商品。クリアアップローションは2つのタイプで展開されており、一つはベタつきが気になる肌向け、もう一つはカサつきが気になる肌向けで、自分に合ったものを選べます。

ベタつきが気になる肌向けのローションの特徴は、「皮脂溶解ソフトマイクロボール技術」。この技術が、過剰に分泌された皮脂の影響でごわついた肌の古い角質を柔らかくほぐし、なめらかな肌へと整えてくれます。

カサつきが気になる肌向けのローションは、「グレープシードオイル」配合で、乾燥が原因でごわついた肌の不要な角層を柔らかくほぐし、なめらかな肌へ整えてくれるもの。どちらも、洗顔では落としきれない毛穴の汚れや、溜まった古い角質をスッキリ取り除いてくれるものです。

  • 【商品情報】
  • イプサ「クリアアップローション」
  • 公式サイト:http://www.ipsa.co.jp/facecare/sebum/ctgry/

DHC「薬用スキンリフレッシュ」

DHC「薬用スキンリフレッシュ」の特徴はとろみのあるテクスチャー。ふきとり美容では起こりがちの肌への刺激を、このとろみのあるテクスチャーが穏やかにしてくれ、おだやかな使用感を実感できます。

クスミやごわつき、ざらつきの原因ともなる古い角質やメラニンを含んだ余分な角質まで、スムーズに除去して透明感のあるクリアな肌へ。また、次に使用する化粧水や美容液の浸透もよくしてくれるので、より一層美しい肌へと導いてくれるでしょう。

肌への優しさにこだわった植物性成分配合で、肌に潤いを与えつつも優しく角質を除去でき、ほかにもメラニンの生成を抑えるビタミンCも配合。美白やニキビ予防としても使用できるふきとり化粧水、毎日のケアにぜひ。

  • 【商品情報】
  • DHC「薬用スキンリフレッシュ」
  • 公式サイト:https://www.DHC.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=22310

ふきとり美容でさらにワンランク上の美肌!

  • ふきとり美容は洗顔を行わない美容法ではない
  • 正しい洗顔と併せて行うことがポイント
  • ふきとり美容は角質を除去し、肌の調子を整えてくれる

普段のスキンケアに一手間加えるだけで、さらにワンランク上の美しい肌を目指すことができるでしょう。とくに、冬などの肌トラブルが多い季節にはふきとり美容はとてもおすすめです。是非実践しその効果を実感してみてくださいね。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

424