公開日:2017/10/16 最終更新日:2017/10/17

ホワイトニング徹底講座!歯が白くなる方法9選

今注目されているホワイトニング。さまざまな種類のホワイトニング方法があり、どれが良いのか悩みますよね。歯を白くしたいけど、できるだけ失敗せずにホワイトニングを成功させたいものです。そこで、各種ホワイトニング方法のメリットとデメリットを調べました!一体どの方法が最適なのでしょうか?

各種ホワイトニング方法のメリットとデメリット

オフィスホワイトニング

効果の高いホワイトニング剤を塗布し、光を照射して白くする方法です。
メリット
即効性が高く、歯医者やサロンならではの効果があります。プロにおまかせでき、手間がかかりません。医師や歯科衛生士のもとで行うので安心できます。
デメリット コストがかかり、濃度の高い過酸化水素を使うため刺激が強いです。

ホームホワイトニング

薬剤とマウスピースによる本格派ホームケアです。
メリット
歯医者へ行く時間が無い人でも、家でできることや、比較的リーズナブルでけやすいです。また歯を削ったり、抜いたりする必要もないことや、白さの持続期間が長いのが特徴です。
デメリット
刺激の強い酸化尿素などの薬をセルフで使用するため取り扱いにコツがいります。マウスピースをつけ薬剤を塗布して待つというやり方なので、手間がかかります。即効性は期待できないことや、しみる人もいる点はネックです。

ホワイトニングジェル

歯磨きの後に塗るものや、ホワイトニング成分のある歯磨き粉を用います。
メリット
着色汚れなどを高いホワイトニング効果と、口内・口臭ケアなどもできます。お値段もリーズナブルです。安心できる自然派成分を中心に、発泡剤や研磨剤などの刺激の強い添加物もないものが多く、手軽で続けやすいのが特徴です。
デメリット
自分にあったものをみつける必要があります。

歯磨き粉

研磨性の強いもの、着色汚れを浮かせるもの、漂白できる「過酸化尿素」などの成分が配合されている歯磨き粉で歯を磨く方法です。
メリット
かなり安く、歯磨きでホワイトニングできます。
デメリット
ホワイトニング成分は少量のため、歯を白くする作用は弱めです。発泡剤や研磨剤が含まれている場合が多く、注意が必要です。

歯のマニキュア

歯に白い塗料を塗装して使用します。
メリット
変色した歯、差し歯・銀歯などさまざまな歯に使用できます。また、手軽で即効性があり安価なところも魅力です。
デメリット
歯に厚みがでて不自然に見えることがあります。食事などでとれやすく、慣れるまではムラになることもあります。持続期間は1日程度と短いです。

歯専用の消しゴム

研磨剤を含むペーストを消しゴムにつけて歯を磨きます。着色汚れを削って除去します。
メリット
気が向いた時にささっとケアができて、コンパクトで携帯もしやすいです。
デメリット
通常の歯磨きよりも研磨力が強く、やりすぎると歯を傷つける恐れがあります。磨きすぎるとエナメル質がすりへり、かえって歯が黄色くなることもあります。

ホワイトニングペン

ホワイトニング効果のある薬をペンを用いて歯に塗ります。日本製品は歯の着色汚れ自体を白くするのに対し、海外製品は歯そのものを漂白する「過酸化水素」や「過酸化尿素」などの成分が配合されています。
メリット
日本製品の場合は、歯医者や量販店などで簡単に買えます。
デメリット
海外のものは、日本の法律で認められていない成分が含まれているため、基本的にはインターネットでの購入となり、価格も比較的高めの傾向にあります。人によっては歯茎に炎症が起きることもあります。

ホワイトニングテープ

漂白成分の入ったテープを歯に貼ってホワイトニングする方法です。
メリット
ホワイトニングテープを貼っている時でも、飲食可能です。効果の高さと即効性があります。
デメリット
12歳未満の子どもや、神経のない歯や人工の歯は使用出来ません。「過酸化水素水」の成分によってしみる人もいます。歯並びの悪い人は手間がかかります。インターネットから個人輸入する手間があります。

重曹

重曹に含有される研磨成分で、着色している部分を除去する方法です。
メリット
自宅で行うホワイトニングの中で、最もリーズナブルなものです。
デメリット
磨きすぎは歯のエナメル質を傷つる恐れがあります。

効果あり・リーズナブル・使いやすさの総合面でも「ホワイトニングジェル」がおすすめ

各種ホワイトニング方法のメリットとデメリット載せました。総合的に見ても、やはりホワイトニングジェルが一番オススメの方法です。手軽に買えるし、お値段もリーズナブルです。さらに、安全性も高く使用した人の効果の実感も高い点が評価できます。

ホワイトニングジェルならいつもの歯磨きの後に塗るだけのものや、歯磨き粉タイプのものなので手間をかけずに本格ホワイトニングが可能です。ホワイトニングジェルで、ぜひその効果や手軽さを実感してみてください!

歯のクリーニング徹底解剖【料金・痛み・頻度】

歯を綺麗にする為には、まずクリーニングが必要となります。その際、歯医者に通って綺麗にお掃除をしてもらう事になるのですが、このクリーニングには2種類の方法があります。
お金をかけずに何度か通う場合と、多少高くても1回で綺麗にしたい場合とでは、保険適用か自費診療で受ける治療にも差が表れてきます。まずは、どのような方法があるのかを見ていきたいと思います。

歯のクリーニングの料金相場

歯のクリーニングの相場はまず、保険適用と自費診療のものがあります。歯周病の原因になる汚れや歯石を落とす為のクリーニングは腫れている歯茎を引き締める効果があり、歯周病予防にもつながります。

歯垢や歯石を取り除けば、口臭の予防にもなります。この歯石をとり除き歯の寿命を延ばす為のクリーニングは、保険適用内になりますので相場がだいたい2000~3000円程度になります。歯周病を治すという目的になるので、保険が適用されます。

歯の表面についた汚れや着色を落とす為のクリーニングの場合は、PMTCと呼ばれるお掃除をする事になります。PMTCは電動歯ブラシのような機械を使用して、歯の表面を磨きます。

歯垢や歯石を落とすことで、虫歯や歯周病の予防に効果がありますが、着色汚れやタバコのヤニも除去することができます。歯の着色汚れを落とし、ツルツルにする効果があるクリーニングになりますと、こちらは目的が病気を治すわけではなくなりますので自費診療となり、相場はだいたい5000円~10000万円位となってきます。

歯のクリニーングのおすすめの頻度は月何回?

歯のクリーニングの頻度は目安として半年に1回、3ヶ月に1回と言われていますが、定期的に間をあけずにお掃除している人の方が、1回のお掃除で綺麗に取り除く事が可能になります。

汚れのつき方は人によって違いますので、なるべく定期検診を受けて、歯医者さんが必要と見なしたら、クリーニングを行います。普段から歯を綺麗に磨いている人の場合、目安として3ヶ月から半年に1回程度のお掃除でも綺麗に汚れを取り除けると言われています。

歯についた歯垢がある程度の大きさの歯石になるまでにだいたい3ヶ月位かかるので、このペースでお掃除して取り除くのがいいとされています。ただ、タバコをよく吸っていて、ヤニ汚れが酷かったり、コーヒー、紅茶をよく飲んでいて着色汚れが酷い場合は2、3ヶ月に1回位お掃除をすると綺麗になるようです。

また、既に歯周病が進行してしまっている方の場合は1、2ヶ月に1回程度のクリーニングをした方が歯周病の進行を少しでも遅らせる事が出来るので、なるべく間をあけずに通いたいところです。

歯のクリーニングが痛い!痛くない方法とは?

歯のクリーニングには痛みが伴うのか気になるところですよね。まず、痛みの1つに歯石が付いているという事は歯茎が腫れている場合があります。あまりにも歯茎の腫れが痛い時は出血を伴いますので、腫れがある程度引いてから、クリーニングを行います。

歯石を長期間溜め過ぎてしまうと、非常に硬くなり取り除くのが難しくなります。その時は衛生士さんも力を入れて歯石を取り除くので、より痛みを感じやすくなります。あまり歯石を溜め過ぎる前に掃除をしていれば、ある程度柔らかいうちにお掃除出来るのでそこまで痛みは発生しません。

歯茎下がりが起きていて、エナメルの薄い部分や象牙質が露出している部分に道具が触れると痛みやシミが出ることがあります。神経が刺激を受けてしまうので痛みが出ます。あまりにも痛みが酷い時は痛いと言ってしまって問題ありませんので、あまり我慢しなくても大丈夫です。また、歯石除去後にしみる事もありますが、通常数日後には落ち着いてきます。

歯のクリニーングは保険は通用するの?

歯のクリーニング

歯のクリーニングは保険が適用されます。ただし、保険治療となると、病気を治すという前提で行われる治療になりますので、初診料、レントゲン撮影料、虫歯や歯周病の検査、クリーニング料などが請求されます。

これらの金額は合計で1万円前後となりますので、保険が3割負担であれば、1回のクリーニングが3000円程度ということになります。保険内で行う場合は最初に歯や歯肉の検査を行います。その後、歯の表面の歯石除去を行って1回で終了する場合もあります。数週間後に再検査を行って、効果が表れたかを診断した後、歯の根っこのお掃除を始めていきます。

保険適用のクリーニングは段階的なお掃除が行われますので、患者さんの症状により、回数も変わってきます。1回で終わらせてしまいたいお掃除ですが、効果が表れたか様子を見ながらお掃除を進めていきますので、何度か歯医者さんに通う事も覚悟しておいた方が良いでしょう。保険適用のクリーニングは歯医者さんの計画に基づいて、段階的なお掃除をする事になります。

歯石除去と歯のクリニーングの違い

歯石とは歯垢が硬くなったもので、歯磨きで磨き残された歯垢が唾液の中のカルシウムやリンなどのミネラル成分と結合して硬くなります。歯についた歯垢は2日間で歯石になり、歯磨きでは簡単に取り除くことができなくなります。そこで、歯石を取り除いてもらう歯石除去を行うわけですが、歯石除去は目的が虫歯や歯周病の治療となります。その為、保険が適用されます。

また、口臭の予防、着色汚れ、見た目の改善を目的とした歯のクリーニングがあります。 こちらは自費診療となりますので、短時間で効果的に汚れを取る事を目的としています。お口の状態に合わせて最適な器具や方法を用いるので、通常1回でも十分な効果が得られます。

自費診療となる為、お値段は高くなりますが、その分、何回も通わずにお口の中を綺麗にして貰えるので効率がよく、審美性にも優れた効果が期待できます。病気の治療として行う歯石除去と、見た目の改善として行うクリーニングという違いがある為、通う回数や費用に差が表れてきます。

歯石除去を行うクリーニングでは保険適用内の治療になる為、歯石を取り除いて、歯のお掃除をしてくれるものとなります。しかし、虫歯の検査やレントゲンが必要になり、段階的に歯のクリーニングの効果が表れているかを見ていく為、何度か歯医者さんに通わなくてはならない場合もあります。

一方、着色除去など審美性をも含め、歯のお掃除をしていくクリーニングでは、沢山の器具の中から最適な方法を選び、クリーニングを行うので、1度のお掃除でも効果が得られます。こちらは自費診療となります。

喫煙者へおすすめ!ヤニ取り歯磨き粉

タバコのヤニは喫煙により歯の表面物質であるエナメル質に付着するのが特徴であり、一度歯の表面のエナメル質に着いてしまったタバコのヤニは普通の歯磨き粉を使ったブラッシングではなかなか落とす事が出来ません。

そこで今回は、喫煙によって着いてしまったタバコのヤニの黄ばみはもちろんの事、ワインやコーヒー、お茶やチョコレートなどの茶渋のステイン汚れも落とす効果を期待出来るヤニ取り歯磨き粉について詳しくご紹介させていただきます。

ヤニ取り歯磨き粉と市販の歯磨き粉の違い

ヤニ取り歯磨き粉としてインターネットの通信販売サイトなどで購入可能な歯磨き粉と、普通の市販の歯磨き粉には歯磨き粉に含まれる成分に違いがあります。

ヤニ取り歯磨き粉には研磨剤という歯の表面のタバコのヤニによる黄ばみ汚れやワインやコーヒー、お茶やチョコレートなどが原因で歯の表面物質のエナメル質に付着してしまったステイン汚れを落とすのに特化した物質が含まれているのです。
ただし、研磨剤は普通の歯磨き粉にも含まれている製品も多く、この事から「ヤニ取り歯磨き粉と普通の歯磨き粉も変わらない」と勘違いされてしまうことがあります。

しかし、ヤニ取り歯磨き粉は市販の普通の歯磨き粉に含まれている香料や泡立ちを良くする為の発泡剤を極力減らしてその代わりにタバコのヤニによる黄ばみ汚れやワインやコーヒーで着いてしまったステイン汚れを落とす為の研磨剤の成分を増量しており、汚れを落とす為の研磨剤が含まれている量が多いのが特徴です。

ヤニ取り歯磨き粉の気になる効果は?

歯のヤニ取り

自宅でホワイトニングをする事を目的としてヤニ取り歯磨き粉を使う際に気になるのはその効果ですが、ヤニ取り歯磨き粉には現在、「薬用のハイドロキシアパタイト」や「マクロゴール400」などの成分が含まれており、「薬用のハイドロキシアパタイト」は歯の表面物質であるエナメル質が酸によって溶かされてしまう「脱灰(だっかい)」という現象を防ぎ、歯の再石灰化を促してくれる効果がある他、「マクロゴール400」はタバコの喫煙により葉に付着してしまったタバコのヤニの黄ばみや、ワインやコーヒー、お茶やチョコレートが原因で着いてしまったステイン汚れを落とす効果があります。

これらの「薬用のハイドロキシアパタイト」や「マクロゴール400」といった成分が歯に染み付いてしまったタバコのヤニの黄ばみ汚れやワインやコーヒーなどで着いてしまったステイン汚れを効果的に落としてくれるのがヤニ取り歯磨き粉の効果の最大の特徴であり、メリットでもあります。

歯に着いてしまったタバコのヤニの黄ばみ汚れやワインやコーヒー、お茶やチョコレートなどが原因のステイン汚れを落としてくれるヤニ取り歯磨き粉についてご紹介させていただきました。

ヤニ取り歯磨き粉は現在、自宅で手軽に出来る「ホームホワイトニング」を希望する人達の間でも話題となっており、歯医者さんが行う「オフィスホワイトニング」よりも手軽に自宅でホワイトニング可能なヤニ取り歯磨き粉を使って行うホワイトニングで白い歯を手に入れる人も少なくありません。

タバコのヤニの黄ばみ汚れやステイン汚れに悩んでいる方は、ぜひ一度ヤニ取り歯磨き粉を使ったホームホワイトニングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

歯の黄ばみの原因を知ってしっかり除去する方法

歯の黄ばみ

歯が白い人と黄色い人では、初対面の印象がかなり違います。恋愛や仕事において、相手に与える影響は大きなものです。歯が黄色い人は、一言でいえば清潔感にかける。また、歯の黄ばみをきにするあまり、不自然な笑顔になり、さらに相手への印象を悪くさせる要因になりかねません。

大人だけではなく、子供の歯も白く保ってあげたいものです。歯が黄ばむ原因やそのケア方法について話していきたいとおもいます。

歯黄ばみの主な原因4つ

歯黄ばみの主な原因は、いくつかの嗜好品にあります。

  • 【コーヒー】を飲まないのは寂しい
  • コーヒーのカフェインが歯に付着して、黄ばみの原因になります。コーヒーに限らず、濃い色の食べ物は歯を黄色くします。だからと言って、コーヒーを飲まないのは淋しいものです。
    そこで、すこしでも黄ばまないように、コーヒーを飲んだ後のケアを心がけましょう。一番効果的なのは、歯磨きです。歯を毎回磨くことに抵抗のある人は、うがいや水を飲むということも効果があります。口のなかから、歯を黄色くする原因の濃い色をなるべくとりのぞくことが大切なポイントです。
  • 【タバコ】は、お金も時間もかかる
  • タバコのニコチンは歯を黄色くさせます。ヘビースモーカーの人は、大半が歯が黄色く、笑った時に歯がのぞくと嫌悪感を感じることはありませんか。
    ニコチンは食べ物や飲み物よりも歯の表面に強くつきやすいため、白くするには歯医者に行き、ホワイトニングをするしかありません。しかも、強い薬品が必要なこともあります。ヘビースモーカーの人で歯が白いということは、それだけ、費用も時間も歯にかけている証拠です。
  • 【紅茶】好きもご用心
  • 紅茶のカフェインやタンニンも、コーヒー同様、歯の表面エナメル質に色が付着し、時間をかけて歯を黄色くしてしまいます。
    コーヒー同様に、紅茶も歯を黄色くしてしまいますが、お手入れを心かけることで歯の黄ばみは軽減されます。
  • 【赤ワイン】
  • 赤ワインに豊富に含まれているポリフェノールが歯の表面に付着し、歯を黄色くしてしまいます。しかも、アルコールには歯の表面の水分を吸収し、さらに付着しやすい状態にする作用もあります。
    ポリフェノール・アルコールだけではなく、赤ワインにはタンニンも含まれています。また、上記以外にも加齢により、エナメル質が薄くなり黄色い象牙がみえてしまい歯が黄ばんでゆきます。

歯の黄ばみを除去・落とす方法は?

自宅で行う歯磨きと歯医者で行ってもらうホワイトニング、歯の黄ばみ除去や落とす方法には大きくわけてこの二つの方法があります。

歯の黄ばみにはどんな歯磨き粉を使えばいいのか?
歯を磨くことは、歯の黄ばみを予防するには効果的なことです。歯の黄ばみに特に効果のある歯磨き粉はどんな成分がはいっているのか、それは『ハイドロキシアパタイト』がはいっている歯磨き粉です。

ハイドロキシアパタイトは、歯のエナメル質や象牙質に多く含まれています。歯を修復し、本来の白さをとりもどすだけではなく歯の表面のミクロの傷を修復するので、歯周病や虫歯の原因になる歯垢や着色汚れを付着しにくくする特徴があります。

通常の歯磨き粉は、研磨性の強い物が多いですが、あまり研磨してしまうと歯の表面のエナメル質が薄くなってしまい、黄色い色をした象牙が見えてしまうということになり、歯の黄ばみの点では、あまりお勧めできません。

重曹での手入れの仕方

重曹を使用した方法では、煙草のタンニンも落とす期待がもてます。ですが、研磨のし過ぎで、歯を傷つける恐れや、体内に入ると悪影響があるので、注意してください。


①:スプーン一杯の重曹を100CCの水に溶かして、うがいをする
②:歯ブラシに、重曹をひと振りして歯を磨く

やっぱり手磨きより電動歯ブラシ
手磨きでもきちんと歯を磨くことはできますが、歯一つ一つに合わせて、磨くのは意外と難しく、時間もかかります。時間短縮という意味でも、電動歯ブラシを使う人は多いのではないでしょうか。

さらに、機能が向上した電動歯ブラシはステインの除去効果が高いものもあります。効果を最大限に発揮するためには、歯に45度の角度で軽くあてるという基本を必ず守ってください。

歯医者でのホワイトニング

ホワイトニングには、三つの方法があり、費用もだいたい2万から5万円になります。継続期間や施術回数にも差があります。また、若いうちからホワイトニングのケアをはじめると、効果が高いです。


①:オフィスホワイトニングは、すぐに歯は白くなりますが、2~3カ月しか効果がない
②:マウスピースを使用したホワイトニングは持続性がありますが、即効性はない ③:デュアルホワイトニングは持続性と即効性がありますが、費用は三つのなかで一番高い

子供の歯も黄ばみにも使えるものはある?

子供の歯が黄ばんでしまう原因は、大人同様エナメル質の付着汚れ以外にも、様々な原因があります。妊娠中、乳児から7歳までの間に長期間テトラサイクリン系の抗生物質を飲んだ場合、エナメル質の下にある象牙の色が濃くなってしまいます。

その他にも、大量のフッ素の摂取、虫歯、歯の病気があります。虫歯や歯の病気の場合には、歯医者にいき、治療してもらわなければいけません。歯の表面の付着汚れの場合は、食後に歯磨きをさせるといった方法が、一番効果的です。ですが、象牙の色が濃くなっているという場合には、歯医者にいき、象牙質に薬剤を浸透させるホワイトニングをしてもらわなければなりません。

ですが、乳幼児からホワイトニングをすることに疑問視する声もあります。子供の歯の黄ばみの予防に一番大切なことは、食後に歯磨きを徹底するということです。子供に、食後の歯磨きをさせる習慣をつけさせることで、子供の歯の白さを維持することができます。

歯の黄ばみで、人に与える印象は悪くなります。歯の黄ばみを予防するためには、大人も子供も食後にしっかりと歯磨きをするということが、なにより大切ではないでしょうか。

また、色の濃い飲み物や食べ物、アルコール以外にも、様々な要因で、歯が黄ばんでしまいます。日頃の歯磨きに加え、加齢とともに、歯医者での定期的なホワイトニングは大切です。

歯のホワイトニングジェルとは?

歯は人の第一印象を決定付ける上で非常に重要な要素となりますよね。歯の並び方である歯並びはもちろんの事、歯が黄ばんでいたり茶色いシミが歯に着いているとそれだけでその人に対する印象は悪くなってしまう事もあります。

そこで今回ご紹介させていただくのが、「歯のホワイトニングジェル」です。歯のホワイトニングジェルは歯医者さんで専門の歯科治療を受けなくても歯を白くする事が出来るのが特徴の、お手軽なホワイトニングとして知られています。

歯のホワイトニングジェルとは?

歯のホワイトニングジェルとは、ジェルと呼ばれるゲル状の柔らかい物質から出来ているホワイトニング剤の一つであり、いわゆる歯医者さんで行うオフィスホワイトニングで用いられる強い成分の薬剤と比べて副作用が比較的低めであり、ご自宅で自分でホワイトニングが出来る事から現在、幅広い世代、そして男女の性別を超えて高い人気を博しているホワイトニング剤でもあります。

歯のホワイトニングジェルは歯医者さんで行うような「1週間以内に歯が白くなる」などの即効性はありませんが、歯医者さんで行うオフィスホワイトニングで使用されるホワイトニング用の薬剤よりも刺激が弱く、毎日のブラッシングで落としきれない黄ばみや茶渋汚れなどを「浮かせてから落としてくれる」という特質を持っています。

歯のホワイトニングジェルはオフィスホワイトニングほどの即効性は無いものの、根気強く継続していく事で少しずつ結果が出てきてくれる点が最大の特徴となっています。

歯のホワイトニングジェルは通販で買える?

歯のホワイトニングジェルは現在、街中のドラッグストアでも販売されていますが、インターネットの通信販売サイトでも購入する事が可能です。

街中にあるドラッグストアで販売している歯のホワイトニングジェルも、インターネットの通信販売サイトで販売している歯のホワイトニングジェルも「歯の表面の汚れを浮かせて落としてくれる」という特質自体はさほど成分に変わりはありませんが、インターネットの通信販売サイトで購入する事が出来る歯のホワイトニングジェルの方が街中で購入する事が可能なホワイトニングジェルよりもお得なキャンペーン価格が適用されるなど、お財布に優しいという点ではインターネットで購入可能な歯のホワイトニングジェルの方がおすすめです。

また、歯のホワイトニングジェルのインターネットの通信販売サイトでの価格帯はおおむね「1か月分あたりで3,000円から8,000円前後」となっており、1回の治療で40,000円から60,000円前後費用がかかる歯医者さんでのオフィスホワイトニングよりも低コストでホワイトニングをする事が出来るのもメリットの一つです。

ポリリン酸ジェルの効果は?

「ポリリン酸ジェル」とは、自宅で自分で行う事が出来るホームホワイトニングで使用されるホワイトニングジェルやホワイトニング目的で行うブラッシングで必要な歯磨き粉に含まれている成分の一つです。ポリリン酸ジェルに含まれているポリリン酸は自然界にもともと存在している自然の物質であり、「リン酸」という人の体内にもある物質が結合して出来た物です。

ポリリン酸ジェルは厚生労働省が食品添加物として安全性を認めて認可したポリリン酸を使用しているので、安全性についてはまったく問題ないと言えます。ポリリン酸ジェルは食器を洗う時に使用する食器用洗剤にも配合されているほど、汚れを落とす力が強く着色物質の除去効果を期待出来る成分でもあります。

自宅で出来るホワイトニングで使用されるホワイトニングジェルの中にもポリリン酸ジェルは配合されており、歯の黄ばみや茶渋といった頑固な汚れを落とすのにポリリン酸ジェル配合のホワイトニングジェルは役立ちます。

自宅でのホワイトニングは効果ある?

よく「自宅でのホワイトニングなんて効果がなさそう」などという声を耳にしますが、実は自宅で行うホームホワイトニングで使用されるポリリン酸ジェル配合のホワイトニングジェルと、歯医者さんで行うオフィスホワイトニングで使用されるホワイトニング剤にはそれほど大きな違いはありません。

なぜなら、歯医者さんで使用されるホワイトニング剤にも自宅で使うホワイトニングジェルにもどちらにもポリリン酸ジェルが配合されているからです。
ただし歯医者さんでホワイトニングをする時には過酸化水素という成分を高濃度にしてホワイトニング剤として使うのが一般的であり、この過酸化水素は日本の法律で歯医者さん以外での一般の方がホワイトニング用途として使用する事を禁じている為、自宅で行うホワイトニングで歯医者さんが使用する高濃度の過酸化水素を使用する事は不可能です。

しかし、歯医者さんで行う高濃度の過酸化水素は刺激が強く痛みを感じる事があり、デメリットもあるので現在ではゆるやかにホワイトニングを行う自宅でのホワイトニングの人気が高まってきています。

簡単に自宅でホワイトニングをする事が出来るホワイトニングジェルについてご紹介しました。自宅で出来るホワイトニングはポリリン酸ジェルの作用でゆるやかに歯をホワイトニングする事が可能です。

また、自宅で行うホームホワイトニングは歯医者さんで行うオフィスホワイトニングよりも費用がかなり抑える事が出来る為、お試しのつもりで行うのもおすすめです。歯医者さんで行うオフィスホワイトニングに不安や心配がある人は、ぜひ自宅で使用出来るホワイトニングジェルを使った歯のホワイトニングを試してみてはいかがでしょうか。

ホワイトニング歯磨き粉の人気商品から市販品まで効果を検証!

歯を白くする方法には、大きく分けて二種類の方法があります。まず一つ目は審美歯科など歯の美しさを求める人の為に治療を行う歯医者さんで受ける事が可能なオフィスホワイトニング。
こちらは過酸化水素など高濃度の薬品を使って集中的にホワイトニングを行うのが特徴で、費用も高いです。

もう一種類は自宅で行う事が出来る「ホワイトニング歯磨き粉を使ったホームホワイトニング」。こちらは比較的安価なホワイトニング歯磨き粉を使い、歯をブラッシングするだけでホワイトニング効果を期待出来ます。

歯をホワイトニング出来る歯磨き粉とは?

歯を白くする為に自宅で行うホームホワイトニングにおいては、定番でなおかつ安価でホワイトニング出来る方法として知られているのが「ホワイトニング成分配合の歯磨き粉を使ったホームホワイトニング」です。

歯をホワイトニング出来る歯磨き粉とは、一般的に研磨剤と呼ばれる成分が配合されている歯磨き粉であり、研磨剤の力で歯の表面物質であるエナメル質に付着したタバコのヤニの黄ばみやワインやお茶、コーヒーなどが原因で着いた茶渋汚れなどをこそぎ落としてホワイトニングを行ってゆきます。

歯をホワイトニング出来る歯磨き粉は研磨剤配合の商品が多いので敬遠する人もいるのですが、研磨剤配合でも正しいブラッシングの仕方を守って丁寧にホワイトニングを行えばそれほど歯を傷つける心配もないため、以前から自宅で出来るホワイトニングの中ではもっとも人気があるのもホワイトニング成分である研磨剤が配合された歯磨き粉を使ったブラッシングとなっています。

ホワイトニング歯磨き粉の人気商品

自宅で行うホームホワイトニングで使用出来るホワイトニング歯磨き粉の人気商品の選び方としては、「口コミが多くて評判が高い」というインターネットのホワイトニング歯磨き粉の口コミ掲示板や、実際にホワイトニング歯磨き粉を使っている人が集まる口コミサイトで評価が高い商品を選ぶとよいでしょう。

インターネットの通信販売サイトで購入可能なホームホワイトニング用のホワイトニング歯磨き粉の中には、長年口コミサイトで一位のランキングを獲得している商品もありますので、どのホワイトニング歯磨き粉を購入すればよいのか分からない、といった場合にはトップランキングにランクインしているホワイトニング歯磨き粉を購入するのもお勧めの購入方法です。

さらにホワイトニング歯磨き粉の中にはイオンやコーティング剤などの成分が配合された商品もあり、こちらもホワイトニングに加えてプラスアルファの要素となる歯茎の健康や歯のエナメル質を守るなどの特性がある為、人気商品となっています。

歯医者に通わず、自宅でホワイトニングをしてみたい方におすすめ!歯を白くする歯磨き粉(ホワイトニングジェル)のおすすめを紹介します。
参考>> 歯を白くする方法!ステイン除去が出来る歯磨き粉

ホワイトニング専用歯磨き粉と普通の歯磨き粉の効果の違い

自宅で行う事が出来るホームホワイトニングでは一般的なホワイトニング専用歯磨き粉ですが、通常の歯磨き粉とホワイトニング専用の歯磨き粉の違いは、まず第一に研磨剤の量がホワイトニング専用歯磨き粉の方が多い、という点があります。

市販されている一般の歯磨き粉にも研磨剤はほとんどの商品に含まれているのですが、ホームホワイトニングで使用する研磨剤入りのホワイトニング専用歯磨き粉には研磨剤の量が普通の歯磨き粉よりも多く含まれている物も多く、また研磨剤の成分も普通の歯磨き粉に含まれている研磨剤よりも歯の表面物質であるエナメル質に付着したタバコのヤニやワインやチョコレート、お茶などを飲む事によって付着した茶渋汚れを落としやすいという特徴があります。

さらにホワイトニング専用の歯磨き粉は研磨剤を多くしている代わりに普通の歯磨き粉よりもミントの匂いなどのいわゆる「歯磨き粉臭さ」を減らした製品も多く、毎日の使用でも匂いを気にする事なく使い続ける事が出来るように配慮されている製品も少なくありません。

自宅で使用出来るホワイトニング専用歯磨き粉のご紹介、いかがでしたでしょうか。「自宅でホワイトニングをしたい」という人にとってもっとも手軽で効果を期待出来るのが、ホワイトニング専用の歯磨き粉を使った自力でホワイトニング可能なホームホワイトニングです。

ホームホワイトニングはいつもの歯磨きを行うだけで徐々に歯を白くしてゆく効果を期待出来る上、なおかつ費用は歯医者さんで行うホワイトニングよりも大幅に安いのが特徴です。

とりあえずお試しでホワイトニングを、と考えている方はぜひホワイトニング専用歯磨き粉を使ったホームホワイトニングに取り組んでみてはいかがでしょうか。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

81