公開日:2018/07/30 

ダイエットを成功に導く!痩せるための“正しい座り方”とは?

ダイエットには運動、食事に気を遣うことが大切とされています。それに加え、「座っているときの姿勢」を意識することも大事なのをご存知でしょうか?そこで、ダイエットを成功に導くための“正しい座り方”を知っておきましょう!

ダイエット効果がアップ!正しい座り方をするメリットとは

ダイエットには運動や食事のほか、普段の生活の中で“正しい姿勢で座ること”も大切です。

正しい座り方をすると、自然に腹筋を使うようになるので、ポッコリお腹を引き締めることができます。また、腹筋が鍛えられれば体幹が整います。すると全身の筋肉のバランスが改善され、スタイルアップ効果が期待できます。さらに筋肉量が増えると、体の代謝がアップして、痩せやすい体になっていきます。

椅子に何気なく座ったとき、つい背中が丸まりがちという人も多いのではないでしょうか?

猫背の人はろっ骨が下がり、それにつられて内臓の位置が下がってしまいます。正しい座り方を行い、猫背が改善されることで、内臓が元の正しい位置に戻り、正常に機能するようになります。

これにより、代謝機能の正常化や、血行不良の改善によって、「疲れやすい」「ボーっとする」などの体調不良の改善も期待できます。

実践してみましょう!ダイエットに効く“正しい座り方”

ダイエットのためには、どのような座り方をすれば効果があるのでしょうか?

正しい座り方をご紹介します。椅子があればいつでもできるので、気軽にチャレンジしてみてください。

  • 1.椅子へやや深めに腰掛け、背筋を伸ばします。背もたれに背中を付けないのがポイントです。
  • 2.膝は90度ぐらいに曲がるようにしましょう。高さが調整できる椅子なら調整します。
  • 3.下腹部に力を入れて、背中が丸まらないようキープします。

椅子に座るとき、この3つのポイントを意識してみましょう。

背中を伸ばして座ることで背筋を鍛え、猫背を改善していきます。また、下腹部に力を入れることで腹筋が鍛えられます。背中や腰が辛い場合は、腰当てを利用してもよいでしょう。腰当ては、正しい姿勢を楽にキープできるものが理想です。自分の体に合った腰当てを選んだり、タオルで自作したり工夫してみてください。

また、慣れるまでは、あえて背もたれが付いていない椅子を使用するのもいい方法です。背もたれに頼らず、まっすぐ座ることを意識しましょう。

足を組む座り方はNG!クセを直してさらに美しい姿勢に

正しい姿勢で座るときは、背中とお腹を意識するとともに、足もまっすぐ下におろしましょう。

足組みをするのは骨盤や体のゆがみを招き、ポッコリお腹の原因に。さらにお腹にしっかりと力が入らないので、腹筋がゆるんで衰える原因になってしまいます。

どうしてもクセで足を組んでしまうという人は、お家にいる間でもかまいませんので、両膝の間に畳んだバスタオルや本などを挟み、キープする練習をしてみましょう。1日に短時間行うことで、足を組むクセの改善につながります。

ダイエットに効く座り方は、普段から意識することが大事!

ダイエットに効く座り方は、普段から意識することが大事!

背筋がピンと伸びた人は、素敵に見えるものです。正しい座り方をすると、体のバランスが整い、美しい姿勢を保てるようになります。さらに他のダイエット方法とも組み合わせやすく、同時に行えば相乗効果によって、痩せやすい体を手に入れることができます。

また、今すぐ本格的なダイエットは難しいという場合でも、普段の生活の中で正しい座り方を意識するだけで、少しずつ姿勢や体形に効果が表れていきます。“姿勢美人”を目指して、今日から実践してみてはいかがでしょうか?

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

274



ページのトップへ