公開日:2017/12/21 

冬太り解消!冬野菜でデトックスメニュー

年末年始は人が集まり、外食の機会も多いシーズン。楽しく飲んで食べた後にはきちんとリセットをしないとあっという間に冬太りになってしまいそう!今回はそんなうっかり冬太りを解消するための野菜たっぷりのダイエットレシピのアイデアをご紹介いたします。

気をつけたい悪習慣!冬太りを招く原因とその解決策

断れない忘年会のお誘い

12月。この時期は、何かにつけて集まりごとも多く、人が集まると自然とお酒や豪華な食事を囲むことになります。忘年会もその一つ。楽しい夜の飲みの席は欠かせないですし、社会人として断れないお付き合いの席があるのもわかります。でも、だからといって、連日連夜飲み歩いていては、さすがに体がもちません。そんなときは、1週間単位で摂取カロリーと食事のバランスを見直してみることをおすすめします。

一年がんばった自分へのご褒美スイーツ

年末の自分へのご褒美。一年の最後ぐらい、がんばった自分のために何かスペシャルなものをプレゼントして自分自身を褒めてあげたい。そんな気持ちもわかります。普段は高くて手を出せなかった、有名なショコラティエのショーケースに並ぶ色とりどりの高級ショコラ、ホテルでのアフタヌーンティー、目の前でパティシエが仕上げてくれるアシェット・デセール店などなど。どれも、年末の特別な時期だからこそ、思い切って奮発してトライしてみたいスイーツ達ですね。

でも、何かにつけてご褒美、ご褒美と言い訳してスイーツばかりを食べて自分を甘やかしていたらキリがありませんね。年末といえども、ご褒美は週に一回程度に抑える。食べた分だけしっかり運動するなど、自分なりのルールをつくって節度をもっていただくのが冬太りを防ぐコツです。

だらだら食べて飲んでばかりのお正月休み

そして、お正月休みには冬太りの危険がいっぱいあります。まず、お休みというだけで不規則な生活になりがち。楽しいイベントや飲みの機会も多いため、自然とだらだら食べて飲んでというパターンに陥りがちです。また、おせち料理やお雑煮など、お正月にいただく伝統料理はカロリーが高め。特に伝統的なおせち料理は、保存が利くように、糖度が高くつくられています。ですので、お休みの日といえども、一日三食メリハリをつけて食事をいただく、適度な運動をする、おなかがすいてからご飯をいただくなど太りにくい食習慣を日頃から身につけておくと安心です。

冬太り解消なら冬野菜を活用してリセットダイエット

外食が多い季節は野菜不足に注意

ダイエット中であってもそうでなくても、日頃の食生活において重要なのは食事のバランスです。ところが、外食が多くなるとどうしてもこのバランスが乱れがちになります。特に、日頃から外食の頻度が多い人は、野菜不足が顕著にみられます。年末年始の外食が増える時期には、特に野菜が不足しがちですので意識して食べる習慣をつけましょう。

食物繊維が豊富な冬野菜

旬の野菜は一番美味しい時期でもあり、もっとも栄養価を豊富に含む時期ともいえます。年末年始の暴飲暴食に備えて、栄養価豊富な冬野菜を取り入れて、上手にリセットできるといいとおもいます。

冬野菜といえば、人参、ごぼう、かぶなどがあげられますが、中でも冬の代名詞ともいえる大根は食物繊維が豊富です。食事の際に、先に食物繊維をとることでおなかを満たし、また、余分な脂肪や糖質の吸収を抑制する働きがあるといわれています。

消化酵素で消化を助ける冬野菜

大根はまた、消化酵素である「ジアスターゼ」を含むことでもよく知られています。お肉などを食べる際に、大根おろしと一緒にいただくことで胃腸の働きを助けてくれます。

切り干し大根でつくるお手軽レシピ

今回は、冬野菜の中でも大根を長時間干してつくる切干大根をつかった簡単レシピをご紹介します。

切り干し大根とツナの和風アーリオ・オーリオ

【材料】2人分
切干大根                30g
蓮根 (皮を剥き半月切りにする)    30g
ツナ缶                 30g
にんにく(スライスする)        1片
唐辛子(種を取り出して輪切りにする)  1/2本
オリーブオイル             大さじ1
スプラウト               適宜
醤油       適宜
塩、胡椒

【作り方】
1.切干大根は水50ccに5分つけ、水分を軽く絞りほぐす。
2.フライパンにオリーブオイル、にんにく、唐辛子をいれ中火で熱し香りがたってきたら切干大根、蓮根、ツナを加え炒める。
3.全体に油がまわったら、醤油をまわしかけ、塩、胡椒で味を調え器に盛る。スプラウトを飾る。

切干大根は、スーパーにいけないときに助かる食材の一つです。大根と同じく食物繊維が豊富でビタミン・ミネラルも豊富に含みます。切干大根は、5分ほどで少し固めに戻すことでしゃきしゃきの食感を残したまま調理することができます。咀嚼を増やすことで少量で満腹になる効果もあります。

冬野菜をおなか一杯食べてこっそり冬太り解消

いかがでしたか?年末年始、外食が増えるシーズンは、食事バランスに気をつけていないといつのまにか体重が増加していることになりかねません。とはいえ、楽しみな夜のお付き合いは我慢したくありませんよね?

いつの間にか冬太り・・・を解消するためには、一週間単位で食事内容を見直すこと。そして、うっかり食べ過ぎたときには、栄養価豊富な旬の冬野菜で上手にリセットしてみてください。 しっかり食事管理をして楽しく年末年始を過ごせば、お正月休み明けに、会社に行くのも億劫にならなくなると思います!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

60

Editor's Information

冬太り解消!冬野菜でデトックスメニュー
河合真由子(かわい まゆこ)

フードスタイリスト、フードコンサルタント

大学卒業後、流通業界に就職。その後、海外で飲食店の出店支援やカフェの立ち上げに携わる。海外滞在中の仕事や日常生活をとおして、食は万国共通のキーワードであることを実感。帰国後、祐成陽子クッキングアートセミナーでフードコーディネーター資格取得後、独立。
現在は、TV、書籍、広告のスタイリング、メニュー開発、食にまつわる新規事業のコンサルティングを行う。朝のTV番組での仕事がきっかけとなり、OL女子のための朝活コミュニティ「とっておきの朝食会」を主催

HP:http://recipeoflife.jp/
とっておきの朝食会 https://www.facebook.com/choushoku/