公開日:2018/07/17 

IPL脱毛とS.S.C脱毛の効果の違い

脱毛サロンで行われる光脱毛には、「IPL脱毛」と「S.S.C脱毛」という種類があります。脱毛についてちょっと調べたことがあるなら、聞いたことがある方も多いのでは?

今回は、その二つの方式の違いについて詳しくまとめました。

IPL脱毛とS.S.C脱毛って、何が違うの?

効果に大きな差はないけど、脱毛の方法自体が違います

脱毛エステが使用している脱毛機器はそれぞれ名称やメーカー、方式などが違うと表記されていますが、基本的に効果の違いはほとんどないようです。

ただし日本製のものや海外製のもの、脱毛に当てる為のレーザーの種類などが機器によって違います。

個人的には感じる痛みの違いはありましたので、ここで少し紹介しておきましょう。

IPL脱毛とS.S.C脱毛 大きな違いはココ

IPL脱毛

IPL脱毛…(Intensive Pulse Light)

「インテンス・パルス・ライト」と呼ばれる光エネルギーを使用する脱毛方式。メラニン色素に反応し、毛根にダメージを与えて毛の抜け落ちを促します。

日本で最初に導入された光脱毛で、もともとは痣やしみなどの治療として使われていました。出力が医療レーザーより低いので、火傷の心配はいらないでしょう。

施術時間:両ワキなら5分程度
採用しているサロン銀座カラー etc

S.S.C脱毛

S.S.C脱毛…(Smooth Skin Control)

スムース・スキン・コントロールと呼ばれる方式。光に反応する専用のジェルをお肌に浸透させ、照射とジェルの相乗効果によって抑毛させます。

痛みが少なく、照射する脱毛光はジェルに反応するので、肌はほとんどダメージを受けないと言われています。VIOや顔などデリケートな部位の脱毛に◎。

施術時間:両ワキなら3分程度
採用しているサロンミュゼ etc

方式が違うので、肌が受けるダメージも違う

IPL脱毛
皮膚の下、毛根に直接光のダメージを与えて脱毛。いわば毛の組織を破壊する行為。
S.S.C脱毛
毛根へ直接のダメージは与えず、抑毛ジェルを塗った上で光を照射し、皮膚の中へ浸透させる。毛の成長を抑えていく行為。

IPL脱毛の光を強いものにしたのが医療レーザー脱毛と呼ばれるクリニックで使われている脱毛方法です。

医療行為はエステでは行えないので、出力を下げて照射する事になります。しかし、IPLと違ってSSCは医療行為にはなりません。

あくまで化粧品である抑毛ジェルを浸透させる行為なので、美容行為にあたるそうなんですね。

毛根にダメージを与える訳ではないので、IPLよりもS.S.Cの方がお肌に優しいと言えるでしょう。

脱毛ラボは公式HPでもほぼ無痛な脱毛と謡っている通りデリケートな部位にも関わらず本当に痛みがありませんでした。

ミュゼの公式HPでもS.S.Cとはありますが、特に「抑毛ジェルの効果で脱毛している」とは表記されていませんね。

ミュゼのワキ脱毛に行った時に詳しく説明してくれたけど緊張で覚えてません…(汗)

私が調べた限りではラボとミュゼはこんな感じで脱毛をしています。もし詳しい事が気になったら、カウンセリング時にサロンに聞いてみてくださいね。

ムダ毛の悩みをなくすなら肌に優しい脱毛が最も効果的です。

お肌に優しいのはS.S.C脱毛

仕組みで考えると、よりお肌に優しいのはS.S.C脱毛のエステということになります。

VIOラインは部位の中でも特にデリケートなゾーンなので、なるべくならお肌に負担のかからない脱毛をしていきたいところですね(*^。^*)

IPL脱毛とS.S.C脱毛 効果は違うの?

銀座カラーで行われているIPL脱毛、ラボとミュゼで行われている脱毛。

どちらも毛の抜け落ちに大差はなく、個人差を踏まえて大体10日~2週間程度でムダ毛は抜け落ちると言われています。

私もラボとミュゼに行った時はほぼ2週間くらいで毛が生えてこなくなりました。

IPLでもSSCでも実際にはほとんど脱毛の効果に違いはないように思うので、これで脱毛するエステを決めろ!などと野暮なことは言いませんが、ビキニラインやIライン、Oラインを脱毛するなら出来るだけ肌にダメージの少ない脱毛方法をした方がいいのでは?と私は思います。

VIO脱毛は肌に優しい脱毛方式を

特にIラインの脱毛の際、サロンによっては粘膜ギリギリまで照射してくれるところもありますが、この時SSC脱毛のところで照射をしていれば、ジェルを塗ったところにしか反応しないものなので、照射によるダメージなどの不安を抱えなくて済みますよね。

あくまで好みかと思いますが、ほぼ効果に差はないけどお肌へのダメージを優先的に考えるのであれば、私はSSC脱毛の方をおすすめしたいですヽ(*´∀`*)

SSC脱毛は何回できれいになる?

脱毛サロンで行われる光脱毛の中に、SSC脱毛があります。SSC脱毛を採用している大手の脱毛サロンは、ミュゼと脱毛ラボです。

光脱毛というとIPL脱毛も有名ですが、両者の違いは何でしょうか。

どちらも光脱毛の1種です。

IPL脱毛は、毛に含まれるメラニンにだけ反応する光を照射し、直接毛根にダメージを与える方法です。皮膚の下の毛根にそのものに働きかけることで、毛の組織に直接反応して脱毛が行われます。

一方、SSC脱毛の方は光が反応する特殊なジェルを塗り、その部分に光を照射することで脱毛効果を高める方法です。特殊な光を皮膚内部に浸透させることによって、毛そのものの成長を抑える制毛効果が期待できるのです。

SSC脱毛の方が、肌に優しいのですが、それでは脱毛完了まで、何回ほど照射が必要なのでしょうか。

体質や、毛質にもよりますが、一般的に4回目くらいで毛質が変わったのを実感、5から6回目でだいぶきれいになると言われています。

毛周期に合わせた施術が必要となるので、同一部位には通常2から3ヶ月おきの照射となります。

そのため脱毛完了までは、早くても1年はかかることになります。

ただ、これはうまくいけばの話で、実際は5、6回では自己処理が楽になる程度の毛量、12回以上施術を行わないと、本当にきれいになったとは言えないようです。

どの程度まで脱毛したいかにもよりますが、最低でも6回1年間はかかると覚悟しておいたほうがいいでしょう。


  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

250



ページのトップへ