公開日:2017/09/28 

脱毛ワックスを使って自宅で簡単ムダ毛処理!その使い方は?

「そり跡を残したくないけれど、サロンに行く時間がない!」という方には、脱毛ワックスがおすすめです。お肌にワックスを塗って剝がし取ることで、一気にムダ毛を取り除くことができます。料金は2,000~3,000円、10分程度で処理が終わるため、手軽に脱毛したい方に最適です。

ただし、肌への刺激が強いことと、永久脱毛の効果はないことに注意する必要があります。そこで今回は、自宅で手軽にセルフ脱毛できる、脱毛ワックスを使ったムダ毛処理についてご紹介します。

脱毛ワックスとは?

脱毛ワックスとは、お肌に塗って固めることで、ムダ毛を絡め取るものです。脱毛ワックスの歴史はとても古く、なんと古代エジプトに遡ります。

当時のエジプトでは、無毛の体は美しさの基準とされていて、女性はみんな毛が残らないように気をつけて処理していました。女王クレオパトラは、油とはちみつで作られた「シュガーワックス」に似たワックスを使い、ムダ毛を除去していたといわれています。

現在、脱毛ワックスの中で有名なのは、「ブラジリアンワックス」です。温めたワックスを肌に薄く塗り、シートを貼って剝がすことで毛を取り除きます。ブラジル人女性がビキニを着るために、このワックスを使ってアンダーヘアの脱毛を行っていたことから、ブラジリアンワックスという名前がつきました。

日本ではそこまで普及していませんが、欧米ではポピュラーな脱毛方法です。ブラジリアンワックスはアンダーヘアの脱毛に使うことが多いですが、他の部分にも使えます。手足やワキはもちろん、目の周りや鼻の中といった脱毛クリームを使えない部分にも使用できます。

自宅でセルフ脱毛をすることもできますが、サロンでの施術も可能です。自分でうまく脱毛できる自信がない場合は、脱毛サロンで施術を受けることをおすすめします。

脱毛ワックスによる肌トラブルは?

脱毛ワックスではシートを貼ってムダ毛を剝がすため、ムダ毛と一緒に皮膚の表面にある角質なども剝がれてしまうことがあります。

そのため、肌トラブルが起こりやすく、お肌が弱い方にはあまり向いていません。

脱毛ワックスによって起こりやすい肌トラブルには、以下のようなものがあります。

埋没毛

脱毛が終わった後は、皮膚に炎症が起きています。アフターケアを行わないと、炎症が原因で毛穴がふさがり、埋没毛になってしまいかねません。ワックス脱毛をした後は、お肌をよく冷やして保湿しておきましょう。

色素沈着

毛穴が傷つくと、お肌を守ろうとして黒色のメラニン色素が大量に作られるため、色素沈着を起こすおそれがあります。一時的な色素沈着なら肌のターンオーバーと同時に元通りになりますが、長期化すると黒ずみが残ってしまうため注意が必要です。

毛穴の広がり

毛根は毛穴より太いため、脱毛ワックスを使ってムダ毛を引き抜いたときに、毛穴が広がってしまうことがあります。それから脱毛してから毛穴が目立つようになってしまったというケースもあるようです。脱毛する前に湯船につかって毛穴を広げておくといった対策をとりましょう。

使い続ければムダ毛が細くなって目立ちにくくなる

光脱毛やレーザー脱毛と異なり、ブラジリアンワックスは毛根の毛を生やす部分に働きかけているわけではありません。そのため、永久脱毛の効果は期待できないのです。

ツルツルの状態を保ちたいなら、定期的に処理を行う必要があります。しかし、脱毛ワックスを続けていると、人によっては毛が生えてくるまでの間隔が長くなっていくこともあるようです。

また、ワックス脱毛をするたびにムダ毛が細くなっていくこともあります。完全にムダ毛をなくすことはできませんが、使い続ければ体毛を目立たなくすることができるかもしれません。

ブラジリアンワックスの使い方って?

ブラジリアンワックスでの脱毛方法をご紹介します。

1.肌を清潔にする

ワックス脱毛をする前に、お肌を洗って清潔にしておきましょう。水分が残っていると脱毛効果が薄くなってしまうため、よく乾燥させてください。それから毛の流れを整えます。

2.ムダ毛をちょうど良い長さにカットする

次にムダ毛をちょうど良い長さに切ります。ブラジリアンワックスはムダ毛に絡めて脱毛するため、少しは毛が生えている必要があります。また、あまりに長すぎてもムダ毛同士が絡まる原因になります。VIOラインなら2~3センチ、他の部分の毛なら1センチ以上、産毛なら5~8ミリの長さが残るようにカットしましょう。

3.ワックスを塗る

ヘラにワックスをとり、薄く伸ばしていきます。厚く塗りすぎると効果が薄くなってしまうため、1mm以下になるように薄く伸ばしましょう。

4.脱毛シートを貼る

塗り終わったら脱毛シートを貼ります。毛の流れに沿うようして、なでるように貼ると効果的です。

5.シートを剝がす

毛の流れに沿うようにシートを剝がします。ためらわず一気に剝がしましょう。ゆっくり剝がすと毛がとれにくい上、かえって痛みが増します。

6.アフターケアをする

脱毛し終わったら念入りにアフターケアをしましょう。脱毛後のお肌は傷ついています。冷たいタオルでよく冷やし、化粧水やローションで保湿してください。

7.スクラブでマッサージ

脱毛してから1週間程たったら、スクラブでのケアを開始しましょう。この時期は、毛穴が落ち着いてかさぶたができたり、角質が毛穴をふさいだりする可能性があります。週に1~2回スクラブでマッサージし、埋没毛を防いでください。

脱毛ワックスなら短時間で肌をツルツルにできる

今回は、自宅で手軽にセルフ脱毛できる、脱毛ワックスを使ったムダ毛処理についてご紹介しました。

脱毛ワックスを使えば、10分ほどで簡単にお肌をツルツルにできます。毛根から毛を抜くことができるため、カミソリで剃るよりもムダ毛の処理跡がきれいで、今すぐに脱毛したいという方に適したセルフ脱毛方法です。

しかし、一時的に毛を取り除くことができても、脱毛ワックスには永久脱毛の効果はありません。完璧にムダ毛をなくしたいという方は、脱毛サロンや脱毛クリニックで施術を受けましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

111