公開日:2017/09/28  最終更新日:2018/06/11

脱毛ワックスを使って自宅で簡単ムダ毛処理!その使い方は?

「そり跡を残したくないけれど、脱毛サロンに行く時間がない!」という方には、料金が2,000~3,000円、10分程度で処理が終わる手軽な脱毛ワックスがおすすめです。

脱毛ワックスによる脱毛は、お肌にワックスを塗って剥がし取ることで一気にムダ毛を取り除けるのですが、肌への刺激が強いことと、永久脱毛の効果はないので注意が必要です。

そこで今回は、自宅で手軽にセルフ脱毛できる、脱毛ワックスを使ったムダ毛処理についてご紹介します。

脱毛ワックスとは?

脱毛ワックスは、古代エジプトの頃から女性のムダ毛処理に用いられており、専用のワックスを肌に塗って固めることでムダ毛を絡め取ることができるものです。

当時のエジプトでは、無毛の体は美しさの基準とされていて、女性はみんな毛が残らないように気をつけて処理していました。女王クレオパトラは、油とはちみつで作られた「シュガーワックス」に似たワックスを使い、ムダ毛を除去していたといわれています。

現在、脱毛ワックスの中で有名なのは「ブラジリアンワックス」で、ブラジル人女性がビキニを着るために、温めたワックスを肌に薄く塗り、シートを貼って剥がす方法を用いてアンダーヘアの脱毛を行っていたことから、ブラジリアンワックスという名前がつきました。

ブラジリアンワックスはアンダーヘアの脱毛に使うことが多いですが、手足やワキはもちろん、目の周りや鼻の中といった脱毛クリームを使えない部分にも使用でき、日本ではそこまで普及していませんが、欧米ではポピュラーな脱毛方法です。

Point!

脱毛ワックスの場合、自宅で簡単にムダ毛処理することができますが、もちろんサロンでの施術も可能です。

自分でうまく脱毛できる自信のない方は、ワックス脱毛が可能な脱毛サロンで施術することをおすすめします。

脱毛ワックスによる肌トラブルは?

脱毛ワックスはシートを貼ってムダ毛を剥がすため、ムダ毛と一緒に皮膚の表面にある角質なども剥がれてしまうことがあり、肌トラブルが起こりやすいので肌の弱い方にはあまり向いていません。

脱毛ワックスによって起こりやすい肌トラブルが以下の3点です。

埋没毛

ワックス脱毛が終わった後は皮膚に炎症が起きているため、アフターケアを怠ると炎症が原因で毛穴が塞がり、埋没毛になってしまう可能性が高くなります。
埋没毛を防ぐために、ワックス脱毛の後は肌をよく冷やして保湿しましょう。

色素沈着

ワックス脱毛で毛穴が傷ついた場合、肌を守ろうとして黒色のメラニン色素が大量に作られるため、色素沈着を起こす恐れがあります。一時的な色素沈着なら肌のターンオーバーと同時に元通りになりますが、長期化すると黒ずみが残ってしまうため注意が必要です。

毛穴の広がり

毛根は毛穴より太いため、脱毛ワックスを使ってムダ毛を引き抜いたときに毛穴が広がってしまうことがあります。脱毛ワックス後に毛穴が広がってしまわないように、脱毛する前に湯船につかって毛穴を広げておくといった対策をとりましょう。

脱毛ワックスを使い続ければムダ毛が細くなって目立ちにくくなる

光脱毛やレーザー脱毛と異なり、ワックス脱毛は毛根の毛を生やす部分に直接刺激を与えているわけではないので、永久脱毛の効果は期待できません。

脱毛ワックスでムダ毛を完全になくすことはできませんが、使い続けることでムダ毛が細くなり、結果的に体毛を目立たなくすることができるかもしれません。

脱毛ワックスの使い方って?

脱毛ワックスを使用した脱毛方法をご紹介します。

①:ワックス脱毛する部分の肌を清潔にしておく

肌が汚れたままワックス脱毛をすると、脱毛後の炎症した肌に汚れが付着し、肌トラブルを引き起こす可能性があるので、ワックス脱毛をする前に肌を洗って清潔な状態にしておきましょう。

ワックスで脱毛をする際、肌に水分が残っていると脱毛効果が薄れてしまうので、よく乾燥させ、それから毛の流れを整えます。

②:ムダ毛をちょうど良い長さにカットする

ワックス脱毛はムダ毛に絡めて脱毛するため、ムダ毛をちょうど良い長さにカットしておくとうまく脱毛できます。

ワックス脱毛前にムダ毛をカットする際、VIOラインなら2~3センチ、ほかの部位の毛なら1センチ以上、産毛なら5~8ミリを目安にカットしましょう。

③:脱毛したい部分の肌にワックスを塗る

ヘラにワックスをとり、そのワックスを肌に薄く伸ばすのですが、厚く塗りすぎると効果が薄くなってしまうため、ワックスの厚さが1ミリ以下になるようにしっかり伸ばします。

④:ワックスを塗った肌の上から脱毛シートを貼る

肌にワックスを塗り終えたら、毛の流れに沿うように、なでるように脱毛シートを貼ります。

⑤:脱毛シートを剥がす

脱毛シートをゆっくり剥がすと毛が抜けにくいうえに痛みも増すので、毛の流れに沿うように一気に剥がします。

⑥:アフターケアをする

ワックス脱毛後の肌は炎症を起こしているので、冷たいタオルでよく冷やし、化粧水やローションを塗ってしっかり保湿して下さい。

⑦:スクラブでマッサージ

ワックス脱毛後1週間程経過すると、毛穴が落ち着いてかさぶたができたり、角質が毛穴を塞いだりする可能性があるので、週に1~2回ほどスクラブでマッサージをしましょう。

脱毛ワックスなら短時間で肌をツルツルにできる

今回は、自宅で手軽にセルフ脱毛できる、脱毛ワックスを使ったムダ毛処理についてご紹介しました。

脱毛ワックスは毛根から毛を抜くので、カミソリで剃るよりもムダ毛の処理痕が綺麗で、さらに1か所数分で終わるので今すぐに脱毛したいという方に適したセルフ脱毛方法です。

Point!

セルフ脱毛は一時的に毛を取り除くことができたとしても、ワックス脱毛に永久脱毛の効果はないので、完璧にムダ毛をなくしたいという人は、脱毛サロンや医療クリニックで施術を受けましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

725



ページのトップへ