公開日:2018/03/09 

脇の下に冷却シートを貼って脂肪を燃焼?リンパを刺激する「脇の下冷却ダイエット」

ダイエットにはさまざまな方法がありますが、脇の下を冷やすだけでダイエットができるという方法をご存知でしょうか?

脇の下に冷却シートを貼るだけという簡単な方法で脂肪燃焼ができる理由と、その方法について紹介します。

脇の下を冷却シートで冷やす「脇の下冷却ダイエット」とは?

脂肪を燃焼させてダイエットをするには、体を温めることが必要とよくいわれます。冷え症は血行が悪くなり、老廃物や余分な水分が滞りやすくなるため太りやすいからです。

しかし、脇の下を冷やすことで痩せられるというのが「脇の下冷却ダイエット」です。メカニズムを説明しましょう。

体の勘違いを利用してダイエット

脇の下を冷やすと、体は「冷えた」と勘違いをして、代謝を上げて体を温めようとする、という仕組みがあります。脇の下冷却ダイエットは、その”体の勘違い”を利用したものなのです。

体のこの機能はホメオスタシスといいます。人の体には、温かい場所に行けば体温を下げ、寒い場所に行けば体温を上げるという、体温調節機能があります。体が「このままでは危険」と感じると、ホメオスタシス機能が働くのです。

冷やす場所は決まっている

冷やすといっても、氷風呂に入ればいいというわけではありません。冷やす場所は決まっています。それが脇の下なのです。

ほかにも首や肩甲骨の間も冷やすと同じ効果が期待できます。なぜ、この場所なのかというと、それらの場所には褐色脂肪細胞が多く集まっているからです。

ダイエット効果あり!?脇の下のリンパや褐色脂肪細胞を刺激して体から熱を生み出し脂肪を燃焼!

脂肪には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞がある

脂肪細胞には褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞があります。一般的に脂肪というと白色脂肪細胞をさします。

しかし、白色脂肪細胞は、摂取しすぎたエネルギーを中性脂肪に変えて、体がエネルギー不足になったときのために溜めておく、という役割があります。ダイエットをするには、あまりいい印象ではない脂肪です。

もう一つの褐色脂肪細胞は、余分な脂肪を分解し、熱を発生させてエネルギーを減少させるという働きがあります。ダイエットにおいてはうれしい働きです。

しかし、褐色脂肪細胞は年齢とともに減少し、特に40歳以降には、かなり減ってしまいます。新生児のときには100gほどある褐色脂肪細胞は、成人の頃には40gにまで減ってしまうといわれているのです。

40歳を過ぎると太りやすくなるのは、褐色脂肪細胞が激減することが原因の一つと考えられています。

褐色脂肪細胞を活性化させて痩せる

褐色脂肪細胞の機能が低下すると、熱が発生せず、エネルギーの消費量も減ってしまいます。

また、白色脂肪細胞が、下腹部を中心に、太ももや二の腕、背中、内臓の周りなど全身にあるのに対し、褐色脂肪細胞は脇の下、首の後ろ、心臓や腎臓周辺にしか、存在しないのです。

そこで、褐色脂肪細胞を活性化させ、機能を高めるためには脇の下を刺激することです。冷やすことで刺激を与えると、褐色細胞の機能が高まり、熱を発生させるのです。

褐色支部細胞を刺激すれば、脂肪が熱に変わるため蓄積されなくなります。代謝もアップし、太りにくい体になるのです。

脇の下に冷却シートを貼るだけでダイエットができちゃう!

褐色脂肪細胞を刺激する方法として、肩甲骨周りであればストレッチをして動かし刺激を与えることで、褐色脂肪細胞の機能が高まるといわれています。

それも難しい方法ではありませんが、冷やすという方法は簡単で、体へのダメージも少ないというメリットがあります。

冷やすだけなら、肌へのダメージが少ない

冷やすだけという方法は、皮膚やリンパ管などを傷つけず、脂肪細胞を刺激することができます。

マッサージなどで刺激するのも効果的といわれていますが、脇の下にはリンパが集まっていますので、間違った方法で刺激を与えると、リンパ管を傷つけ、老廃物や余分な水分の排出を妨げることになるのです。冷やすという方法は簡単で安全な方法といえるでしょう。

冷やし方もいろいろ

脇の下を冷やす方法もさまざまです。ペットボトルに水を入れて凍らせ、それを脇の下でコロコロと転がすように冷やす方法や、タオルを冷やし、それを脇の下にあてたり、冷たいシャワーを浴びたりする、といった方法もあります。

冷たいシャワーを浴びるのは、けっこうつらいものですし、風邪をひいてしまう危険性もあるので、注意しながら行わなければなりません。また、これらの方法は、半身浴などで、体を十分に温めてから行った方がいいでしょう。

手軽にできる冷却シート

脇の下を冷やすには、冷却シートを貼る、という方法が簡単です。冷却シートというのは、熱が出たときなどに頭や脇の下に貼る冷たいシートです。足裏などに貼るのも気持ちがいいです。

冷却シートであれば、いつでもどこでも貼ることができます。サイズもいろいろあるので、試してみるといいでしょう。

ただし、傷などがある部分は避けて貼るようにしましょう。シップで肌がかぶれやすいという人は、長時間貼らずに時間を決め貼るようにします。

シートによって、冷却時間の目安がありますので確認し、時間が過ぎたら剥がすようにするといいでしょう。脇の下は汗をかきやすいので、前には清潔にしてから貼ると、肌荒れ予防になります。

冷却シートは粘着力の高いものの方が剥がれにくいですが、肌への刺激となる場合もあるので、肌にやさしいタイプの冷却シートを選びましょう。皮膚への刺激が少ない、ポリアクリル酸系粘着付与剤などが配合されているものがおすすめです。

中にはハーブなどの植物成分が配合されている商品もあります。ハーブの香りでリラックス効果も高まるでしょう。

冷却シートで手軽に代謝アップを目指す

脇の下にある褐色脂肪細胞を活性化させることで、熱を発生させ、代謝を上げるという方法が、脇の下冷却ダイエットです。ダイエット脇の下に冷却シートを貼るだけで、代謝をアップさせることができるのは魅力です。

方法も簡単なので、試しやすいでしょう。続けて行うことで、効果が期待できます。ただし、肌荒れには注意しながら行うことも大切です。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

418



ページのトップへ