公開日:2018/01/22 

しっとり柔らか♪鶏胸肉の下処理のコツと簡単アレンジレシピ

鶏むね肉といえば、2017年の「今年の一皿」にも選ばれた今注目の食材。高たんぱく、低脂肪で女子には嬉しい食材。そんな鶏むね肉、実際に料理をしてみると、ばさばさしておいしくなかったという経験はありませんか?今日は、今話題の鶏むね肉をしっとりおいしく調理するコツとごはんがすすむ簡単おかずレシピをご紹介します。

実は女子に嬉しい食材、鶏むね肉

鶏むね肉ともも肉、食べるならどっち?

鶏肉といえば、手ごろな価格で調理も特別な技術は必要なく、毎日食べられる食材。ひとえに鶏肉といえども、実はスーパーではさまざまな部位が販売されています。

まず有名なのが鶏ささみ肉。牛や豚でいうところのヒレ肉にあたる部分になります。そして、鶏むね肉と鶏もも肉。

他にも手羽先、手羽元、砂肝、レバーと部位ごとにそれぞれ食感や味にも特徴があります。この中でも頻繁に料理に使われるのが鶏むね肉と鶏もも肉です。

皆さんは、普段スーパーで買い物をするときに、むね肉ともも肉の違いを意識して購入していますか?

鶏むね肉をダイエットにおすすめする理由

鶏むね肉は、その名のとおり、胸の部分にあたるお肉です。脂肪が少なめでたんぱく質が豊富、そして肉質がやわらかいのが特徴です。

一方鶏もも肉は、もものお肉です。たんぱく質や脂肪、そして鉄分も豊富に含み、うまみとコクがあるのが特徴です。

同じ料理に使用するのであれば、カロリーが低く、たんぱく質が豊富な鶏むね肉を選ぶことをおすすめします。

お肉の部位一つで料理全体のカロリーがかわってしまうので、知っていて損はありません。

鶏むね肉の調理のコツ

まずは特徴を知ろう

もも肉と比較してカロリーが低く高たんぱくな鶏むね肉。早速料理にも活用したいところですが、鶏むね肉を料理したらなんだかバサバサになってしまいおいしくなかったという経験者も多いはず。

そこで、料理で失敗しないように、まずは鶏むね肉の特徴から説明したいとおもいます。鶏むね肉は、胸の部分のお肉になります。

全体に繊維がしっかりはしっており、切り方を間違えるとバサバサでおいしくなくなります。

また、厚みもあるため、厚みをそいで均一にすることにより、加熱時のムラと火のとおりをよくし、加熱しすぎてバサバサになることを防ぐことができます。

え!パサパサの原因は切り方にあった

切り方にもコツがあります。まずは繊維の方向をみて、お肉の繊維をたちきるように垂直方向にカットしていきます。

鶏むね肉の繊維方向は全て一定ではありませんので、繊維の方向ごとに大きく切り分けた後に、繊維を断ち切る方向に切り分けます。

この際、包丁を垂直にして切るよりは、少し斜めにしてそぎ切りにすることで表面積を大きくし、熱のとおりをよくしておきます。

お肉を切る際にもちょっとのコツを覚えておくだけで、仕上がりに大きく影響を及ぼします。

加熱前のひと手間でさらにしっとり

お肉を切り分けたら、加熱の前にさらにひと手間加えることでしっとり仕上げることができます。それは、料理酒を少量振りかけておくことです。

このひと手間で仕上がりにも影響がでてきます。また、最近は、塩麹や醤油麹などの発酵調味料が出回っています。

調理前に漬け込むことで、下味をつけると同時に、お肉を柔らかくする効果があります。こちらもぜひ試してみてください。

鶏むね肉のソテー、葱まみれソース

しっとりおいしく仕上げるコツを学んだら、早速鶏むね肉の特徴をいかした料理をしてみましょう。

今回は、フライパン1個でできる鶏むね肉をソテーし、たっぷりの葱ソースをかけたおかずをご紹介します。

【材料】2人分
鶏むね肉      250g
酒         大さじ1/2
醤油        小さじ1
葱         1本
A
鶏がらスープのもと 小さじ1/2
レモン汁      大さじ1
サラダ油      大さじ3
塩、胡椒      少々

【作り方】
1.鶏むね肉は一口大のそぎ切りにし、酒、醤油をもみこんで10分おく。
2.葱は小口切りにする。
3.フライパンに油(分量外)を熱し、中火で鶏むね肉を両面色よく焼き、器に取る。
4.3のフライパンに葱を入れ炒める。全体に油がなじんだらAをあわせ入れ、3の上にかける。

もう失敗しない!鶏むね肉でヘルシーな食生活を楽しもう

普段スーパーで買い物をする際に、鶏肉の部位の違いなんて気にしたことがなかった人も、それぞれの特徴を理解すれば、意識して購入できるようになりますね。

鶏むね肉がおいしくない理由は、鶏肉のせいではなく、切り方や下処理の仕方に問題があったことがわかれば、もう失敗することもありません。

又、もも肉と比較しても、単純にカロリーダウンできることでダイエットの強い味方にもなりますね。ぜひ、調理のコツを理解して、おいしく食べて健康的な食生活を楽しみましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

1,066

Editor's Information

しっとり柔らか♪鶏胸肉の下処理のコツと簡単アレンジレシピ
河合真由子(かわい まゆこ)

フードスタイリスト、フードコンサルタント

大学卒業後、流通業界に就職。その後、海外で飲食店の出店支援やカフェの立ち上げに携わる。海外滞在中の仕事や日常生活をとおして、食は万国共通のキーワードであることを実感。帰国後、祐成陽子クッキングアートセミナーでフードコーディネーター資格取得後、独立。
現在は、TV、書籍、広告のスタイリング、メニュー開発、食にまつわる新規事業のコンサルティングを行う。朝のTV番組での仕事がきっかけとなり、OL女子のための朝活コミュニティ「とっておきの朝食会」を主催

HP:http://recipeoflife.jp/
とっておきの朝食会 https://www.facebook.com/choushoku/



ページのトップへ