公開日:2018/08/22 

美味しく食べて痩せられる♪手間やストレス知らずの「豚汁ダイエット」

体が細くするためには食事の管理がかなり重要であり、考えるのが大変になってくるでしょう。

しかし豚汁を使っておくと作り方としても簡単なうえに、その効果が高いと口コミでも評判なので、メニューのひとつとして取り入れるのがおすすめです。

メインとして食べていると、早くダイエットができるようになるでしょう。

口コミでも簡単に痩せられると人気の豚汁ダイエット

そもそもお肉が入っているメニューというのは、カロリーが高く見られがちで、嫌煙するのが普通です。しかし豚汁に限ってはとくにその心配がなく、むしろダイエットで使ったよかったという口コミも多くみられます。

カロリー自体はお肉が入っていても、お椀に1杯だと120kcalほどで済むため、そこまで高くありません。

しかもメニューとしても魅力的で難しく考えなくてもすぐに作れて、副菜にもメインで持ってきても満足できるんです。そのうえでダイエットとしての効果が高く、それを実感した人たちが、口コミで評価しています。

代謝が悪い人が食べると温まって汗をかくほどの効果の高さ

まずダイエットで重要になってくるのが、体についた脂肪をどうにかして、減らすのが基本です。

脂肪を少なくするには代謝を高めてもやす効果をあげて、それを持続できるかがポイントになってきます。その補助として役立つのがこの豚汁を使った方法です。

豚汁を飲んで体ポカポカになろう

口コミを見てみると多くの人が、体が温まってポカポカしてきたという声が多く、その後に少しずつ脂肪が少なくなったといいます。これは豚汁に使われている豚肉による効果と、お味噌にも関係があるでしょう。

これらの食材にはたんぱく質がタップリで、筋肉の材料となってくれる働きがあり、食べた後にはちょっと動いただけで体が温められます。

さらに豚肉に限ってですが、脂肪そのものをもやす働きが強く、その影響でも体が温かくなる実感が強いのでしょう。

野菜を多めにして具をタップリにした豚汁は満足感が違う!

またこのメニューのひとつの特徴として、食材をたくさん入れても、味がおいしくなるメリットがあります。だからこそ使い勝手がよく、口コミでもその点を評価されているのですが、そこに野菜をタップリ使う人が多いんです。

それはお腹がいっぱいにできる効果が高くなり、ちょっとしたカロリーで済ませられます。

ダイエットの基本として脂肪になりやすいカロリーは、なるべく少なくするのが基本であり、豚肉はそれがしやすいメニューのひとつです。

もともと野菜との相性もよく、この食材はお腹の中で大きくなる効果があり、さらに固いという特徴からよく噛まないと飲みこめません。

そんな組み合わせがあるからこそ、豚汁にタップリ入れたらダイエットができたという口コミが多いわけです。

しかし食べすぎはどんなものでもよくないので、そんな食べ方をする場合は、豚汁以外のものを減らす工夫も必要になります。

便がたまって大変だったけど豚汁を飲み続けていると軽くなった

さらにそれらの食材はお腹で大きくなったら、腸にそれが当たって、その刺激で便が出やすくなるんです。

つまり腸が元気になりやすい効果が高いので、続けていると下っ腹が張っていたのが細くなり、それだけでもダイエットになるでしょう。

さらに腸というのは便だけでなく、栄養をとり込める重要な場所だからこそ、代謝だって高めやすいんです。

豚汁を飲むだけでもその効果が味わえるので、お腹が張っているなら、積極的にとっておきましょう。

豚汁と一緒に食べると効果が上がるダイエットメニューとは?

基本的にこのメニューは味噌と豚を使っているのが基本ですが、それ以外にもたくさんの食材を使っていいんです。それは味噌を使っているからで、どんなものを入れても、ほとんどの食材と相性がよくなります。

だからこそ豚汁はダイエットしやすいものを一緒にすると、効果が高められると口コミでも評価されているわけです。

ダイエットで豚汁を活かすならイモ類も入れて栄養のバランスのよさ

  • 豚肉
  • こんにゃく
  • 厚揚げ
  • ゴボウ
  • にんじん
  • しめじ
  • さつまいも
  • ねぎ
  • みそ
  • だし汁
  1. それぞれの食材を食べやすくカットしておく
  2. 鍋にだし汁を投入し、野菜を先に入れて煮る
  3. 沸騰してきたら、豚肉を入れてもうひと煮立ち
  4. しっかり味が出てきたら、味噌を入れて完成

もともとダイエットではこの食材がいい!と紹介されていますが、それぞれバランスがとれた食材を使っていると、効果を高められます。

豚汁は野菜と相性がいいため、イモ類で筋肉をへらさない糖質を、さらに他の野菜だとビタミンなどもとれてしまうでしょう。代謝を高められる豚汁は、それらのバランスがとれているからこそできる効果だというわけです。

つまりイモ類などの野菜も入れるのも、ダイエットとしては間違っていません。

脂肪がついてしまうのは脂質の影響!油を使わない豚汁!

  • 豚バラ肉
  • だいこん
  • にんじん
  • 里芋
  • ゴボウ
  • ネギ
  • 厚揚げ
  • 味噌
  • 顆粒ダシ
  • 七味とうがらし
  1. それぞれの食材をすべてカットしておく
  2. 鍋に水を入れておき、火をつけて沸騰させる
  3. 野菜類と厚揚げは、1分くらい下茹でをしておく
  4. 別の鍋にまた水を投入し、さっきの食材をもう1度茹でる
  5. 泡立ってきたら別の鍋で、豚肉を湯通しして野菜のところへ加える
  6. アクをとったらみそを入れて、ダシも振りかけたら10分ほど煮る
  7. すべての食材に火が通っていたら完成

脂肪がたまりやすくなる原因の食材を入れてしまうと、いくら豚汁の効果が高くても、効果が薄れてしまいます。

その原因となるものが脂質であり、油をなるべく少なくするのが、豚汁でうまくダイエットするのにポイントとなることです。

先に鍋で炒める作業がよく見られますが、すぐ水を入れて煮ると、とくに油を使わなくて済みます。そんな工夫ができれば脂肪が減らせられる豚汁が作れてしまうでしょう。

体が温められたらダイエットしやすい!しょうがと根菜が入った豚汁

  • 大根
  • 人参
  • ごぼう
  • 里芋
  • こんにゃく
  • 豚肉
  • 味噌
  • しょうが
  1. 食材は下処理をしておき、食べやすく切っておく
  2. 鍋に油をひいて豚肉を炒める
  3. 茶色に変わったら、他の食材をすべて入れて炒める
  4. さらに水も加えて沸騰したら、中火で5分ほど放置
  5. 野菜に火がとおっていたら、味噌としょうがを入れて完成

もともと豚汁が痩せられるという口コミが多いのは、基本的に体が温められるからです。そこでそんな効果のある野菜を使うと、もっとダイエットしやすくなるので、注意して食材を選びましょう。

とくに根菜類は繊維質もタップリで代謝を高めやすく、そこにしょうがまで入れられたら、体を温めやすくなります。

ダイエット効果をすぐに実感したいなら豚汁を朝ごはんに置き換えるのがおすすめ

体を温める効果が高いこのメニューは、代謝を高められて脂肪を減らすのにピッタリです。だからこそ朝ごはんに豚汁を入れておくと、1日で1番代謝が低い時間だからこそ、脂肪を減らしてダイエットに影響が出てくるでしょう。

また野菜をたくさん入れておくと、お腹がいっぱいになりやすく、食べすぎだってカットできておすすめです。そのなかに根菜をたくさん取り入れたら、もっと体が温まって痩せている実感がしやすいでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

96



ページのトップへ