公開日:2018/05/16 

ダイエット中に食べれない○○を豆腐クリームなら食べれる!

基本的に脂肪になりにくいものは植物性が多く、それはヘルシーになっているからです。

とくに豆腐はダイエットで重要なたんぱく質がとれるうえに、カロリーが控えめでちょうどいい効果がたくさんあります。

それをなめらかにした豆腐クリームは、レシピもたくさんあって使い勝手がいいでしょう。

豆腐クリームダイエットならマヨネーズやホワイトソースが食べれる!

そもそも体を細くさせようと思うなら、とにかく脂肪をためさせない食事をしないといけません。

しかしそれだと好きなものが食べられなくなり、ストレスがたまってしまうでしょう。

しかし豆腐クリームを使えば、洋食でよく使われるものの代わりとなってくれるので、料理のバリエーションも減らさなくて済みます。

ですから食事の心配をしなくていいうえに、痩せられる効果だって兼ね備えている、すごく頼もしい食材です。

以下の効果があるからこそダイエットに使えるので、積極的に取り入れてもいいでしょう。

カロリーが圧倒的に少ないから効果的!

豆腐クリームというものは、とにかく使われる材料が名前のとおりなので、脂肪としてたまらないのが特徴です。

よく洋食で使われるホワイトソースなどは、200kcalほどのものが多いのですが、じつは豆腐クリームはたったの80kcalほどになります。

いってしまえば半分以下に、おさえられてしまうでしょう。これを置き換えるだけで、今までより脂肪がたまりにくくなるので、ダイエットしやすいわけです。

もちろん食べすぎると意味がないので、そこは注意しないといけませんが、運動をしなくてもカロリーが減らせられるのは大きなメリットになります。

代謝をアップさせるたんぱく質がとれるからいい!

先ほども紹介したように豆腐を使っていることから、筋肉の材料になるたんぱく質をたくさん摂取できるんです。

豆腐の材料は大豆ですから、植物性のものをとりこめて体にもやさしいでしょう。

脂肪を少なくさせるには、基本的に血液を循環させて代謝を上げることになるのですが、筋肉が多くないとこれがうまくできません。

そこで運動と一緒にこの栄養をとっていけば、筋肉が増えやすくなります。血液のポンプの代わりになるので、代謝だってあげられるんです。

もちろん大豆の効果は他にもあり、女性にはうれしいホルモンの代わりにだってなるので、肌もきれいにしてくれるでしょう。

健康的にダイエットをするなら、豆腐クリームを使わない手はないわけです。

そのほかの栄養もたっぷりで健康的にダイエット!

豆腐に使われる大豆は、山のお肉といわれる異名をもつほど栄養がたっぷりです。

その中でもダイエットに最適なビタミンやミネラルは、脂肪をため込みにくくする、体には必要なものでしょう。

脂肪を少なくできるたんぱく質に加えて、食べたものの脂肪もカットできる効果があるため、お肉にはない特徴までゲットできてしまいます。

ですから普段大豆を食べない食生活の人なら、豆腐クリームを使って栄養をとっていきましょう。

豆腐クリームを使ったレシピをご紹介!スイーツまで!

現代の食生活は基本的に欧米化しているといわれており、お肉を中心に洋食を好む人が増えています。ですから豆腐を食べる機会が、減ってしまっているでしょう。

そこで以下の豆腐クリームの基本的なレシピを、ここでお覚えて独自のレシピを作ってみてください。必要な材料もあまりので、試しに作ってみるのもいいでしょう。

    <材料>
  • 木綿豆腐
  • 合わせみそ
    <作り方>
  1. 豆腐の水分をしっかりとって、ミキサーに入れる
  2. 味噌を入れて混ぜ合わせる
  3. 水分が少なくて混ざりにくいので、スプーンなどで崩しながら混ぜる
  4. なめらかになったら完成!傷むまえに使いきる

豆腐クリームを使ったグラタンはほっこりおいしい!

ホワイトソースを使ってグラタンを作るのが一般的ですが、痩せるために食べる場合は、豆腐クリームを代わりに使ってください。

ダシが入っていて味がついているので、和風っぽく感じるでしょうが、野菜などの栄養もとれて一石二鳥のレシピです。

    <材料>
  • 豆腐クリーム
  • だしつゆ
  • しょうゆ
  • 玉ねぎ
  • ほうれんそう
  • しめじ
    <作り方>
  1. 豆腐の水分をきっておいて、野菜類をカット
  2. 先ほどの野菜をボウルに入れて、ラップをしてレンジでチン
  3. 豆腐を手でつぶして、野菜の入ったボウルに投入
  4. 調味料類をボウルにすべて入れて、混ざった状態でグラタン皿へ
  5. オーブンに入れて、8分ほど加熱して焼き目をいれて完成

さっぱりおいしい豆腐クリーム入りかぼちゃサラダ

マヨネーズを使うとどんなものも、それなりにおいしくなって便利ですが、ダイエットとしてはあまりよくありません。

しかし料理のレパートリーが少なくなってしまい、困るかもしれませんが、そんな時こそ豆腐クリームの出番です。

かぼちゃはとくに相性がいいものなので、作ってみるといいでしょう。

    <材料>
  • かぼちゃ
  • きゅうり
  • 豆腐クリーム
  • 玉ねぎ
    <作り方>
  1. 玉ねぎを薄切りにカットし、きゅうりはせん切りにする
  2. ボウルに入れて塩をふりかけ、10分以上放置する
  3. 食べやすいサイズにかぼちゃをカットし、耐熱皿に入れる
  4. ラップをかけてレンジで3分間温めて、裏側に返して同じ時間もう1度温める
  5. レンジから取り出して冷ましたら、豆腐クリームと塩を混ぜあわせる
  6. 最初の野菜も一緒に混ぜたら完成

食べても太りにくい豆腐クリームのレアチーズケーキ

甘くておいしいものが食べたくなることもあるでしょうが、太りやすいと知っていると、食べる気も起きなくなるでしょう。

そこで一部の材料の代わりに、豆腐クリームを使うのがおすすめです。

とくに生クリームの代わりになるので、糖質やカロリーが少なくできてレシピとしてちょうどいいでしょう。

    <材料>
  • 豆腐クリーム
  • ヨーグルト
  • ゼラチン
  • クリームチーズ
  • レモン汁
  • 砂糖
    <作り方>
  1. 水につけたゼラチンを耐熱皿に入れて、レンジで溶かしておく
  2. 砂糖とレモン汁とクリームチーズ、そして豆腐クリームをミキサーに入れる
  3. ドロドロになるまでまぜたら、先ほどのゼラチンも投入
  4. よく混ざったら、ラップを敷いた方に入れて、冷蔵庫で冷やす
  5. 固まったらラップから取り出し、カットしたら完成

豆腐クリームの食べすぎNG!ダイエットの天敵ストレスとおさらば♪

我慢しすぎの食事は失敗する確率が高く、とにかくストレスで代謝がダウンするんです。

つまり太りやすくなるので、なにか別の食材を使ってダイエットしてください。

とくに豆腐は使い勝手がいい食材で、脂肪を大幅にカットできるでしょう。

しかしゼロにしてくれるものではないので、調子にのってたくさん食事をしてしまうと、その効果が無駄になります。

できるだけ今までの同じ量をキープしつつ、うまくレシピに取り入れて、おいしくダイエットができるようにしましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

30



ページのトップへ