公開日:2018/02/16 

電車の中でふくらはぎを鍛えて美脚になろう!つま先立ちダイエットの方法と効果

ダイエットの方法は数あれど、最近注目を集める食事制限では「下半身太りを何とかしたい」と思っている女性には不向きかもしれません。

とはいえ、定番のジョギングでもかえってふくらはぎが太くなってしまった、ということが気になってできない方もいるでしょう。そこでおすすめなのが、つま先立ちダイエットです。

ふくらはぎのダイエットにはつま先立ちが効くと口コミでも評判

ふくらはぎが太いと、後ろ姿もスッキリしないものです。そこで細くしようと運動や筋トレに取り組む方法もありますが、やり方によってはかえってふくらはぎが鍛えられ、太くなってしまうこともあるかもしれません。

それがつま先立ちをするだけで効果が出る、という口コミが多数あります。つま先立ちで本当にふくらはぎが細くなるのでしょうか。

ふくらはぎのダイエット方法はいろいろ

ふきらはぎを細くする方法として知られているものに、マッサージやストレッチがあります。血行をよくすることで、むくみを解消し、老廃物や余分な水分を排出しやすくしてふくらはぎを細くすることができます。

運動で細くする方法もありますが、運動の種類には注意が必要です。短距離などの走り方は速筋といった足の筋肉を育ててしまうので、肉付きのよいしっかりした足になってしまいます。そうならないためには、遅筋という筋肉を鍛えることが必要で、水中ウォーキングなどがおすすめです。

このような方法は効果的と言われているので、ぜひ生活習慣として取り入れたものですが、毎日水中ウォーキングができるかと言ったら、できる人ばかりではないでしょう。しかし、つま先立ちであれば、いつでも、どこでもできます。

つま先立ちダイエットの口コミ

つま先立ちダイエットをした人の口コミには、「足が引き締まった」という口コミのほかに、「姿勢がよくなった」「ぽっこり出ていたお腹が小さくなった」などといったそのほかの嬉しい効果についての声もあります。

じつは、つま先立ちになることで、自然と背筋が伸びるため、猫背が改善されるのにはきちんと理由があります。また、姿勢がよくなると体全体の血行がよくなるとともに、リンパの流れもスムーズになるため、それがデトックス効果を高め、むくみにくいふくらはぎを手に入れることができるのです。

電車に30分つま先立ちダイエットで乗車した場合の消費カロリー

つま先立ちをするだけで、足が細くなるといった魅力的なダイエット方法ですが、それほど消費カロリーが多いとは考えにくいものです。つま先立ちダイエットはどれくらいのカロリーを消費できるのでしょうか。

電車に30分つま先立ちで乗っていたら?

電車に乗っているときは、通常は両足をついていますが、それをつま先立ちにした場合、1分につき約2.7kcalのカロリーを消費すると言われています。

正確なカロリーは、状態などによっても異なりますが、30分乗っていたら単純に計算すると81kcalです。これでも小さく感じますが朝、夕、毎日続けると、消費カロリー数の蓄積は結構なものになります。

加えて階段の上り下りといった動作、家事でのちょっとした合間につま先立ちを意識すれば効果が得られやすくなります。普段と変わらない生活のなかでダイエットに取り組めるのは大きなメリットでしょう。

消費カロリーを高めるために

電車に乗っているときだけではなく、日常生活の中でつま先立ちを取り入れるとより効果的と言われています。キッチンで料理や洗い物するとき、お掃除をするとき、また、職場で化粧室などに移動するときは、つま先立ちで移動しましょう。

つま先立ちダイエットのポイントとしては、腹筋に力を入れること、お尻をギュッと引き締めること、背筋を伸ばすことです。また、足の親指に重心がのるように意識しましょう。美脚効果が高まります。

サイズが小さく、かかとが浮くようなデザインになっているダイエットスリッパは、つま先立ちダイエットの効果を高めるためのアイテムです。家にいるときは、普段のスリッパではなくダイエットスリッパを履けば自然とつま先立ちをサポートしてくれますので便利でしょう。

電車でのつま先立ちダイエットの効果は意外とスゴイ

電車でつま先立ちをするだけで、体が痩せやすくなると言われています。さらに、つま先立ちダイエットを続けるだけで、美容効果や健康効果も期待できるのです。

血流改善でむくみ知らずに

「第二の心臓」と言われている足は心臓から遠いうえに、下から上に向かって血液を流さなければなりません。

そのためには、ふくらはぎの筋肉が重要な役割を担っていて、ふくらはぎの筋肉を収縮し、鍛えることで血行がよくなることで知られています。同時に冷え症の改善効果も期待できますので、意識的に鍛えるとよいでしょう。

基礎代謝がアップし痩せやすい体に

下半身には全身の70%の筋肉が集中しています。そのため、ふくらはぎを鍛えることで筋肉量が増え、基礎代謝がアップします。

基礎代謝がアップすれば、自然と消費カロリーも増えますから脂肪燃焼もしやすくなり、痩せやすい体になれるというわけです。

姿勢改善で美しくなるとともに肩こり解消

つま先立ちを続けていくことで、インナーマッスルが鍛えられるとともに、骨盤のゆがみが改善されます。

背中のゆがみも取れて、美しい姿勢を保つことができるようになるでしょう。猫背が改善されると、肩こりや頭痛なども軽減されます。

美肌になれる

血行がよくなれば、必要な栄養素がきちんと細胞に届くので、新陳代謝もスムーズになります。

その結果、肌荒れが改善され、美肌への期待も持てるでしょう。頭皮環境もよくなり、薄毛や抜け毛予防、さらにツヤのある美しい髪も手に入れられます。

つま先足ダイエットは全身ダイエットにつながる

筋肉量の多いふくらはぎを鍛えられるつま先足ダイエットは、ふくらはぎを引き締めるだけではありません。ほかにもインナーマッスルを鍛え骨盤のゆがみを改善し、姿勢をよくするといったメリットがあります。

さらに血行がよくなり基礎代謝がアップすることで、痩せやすい体にも近づけるのも魅力です。日常生活に取り入れて、痩せやすい体づくりをしましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

139



ページのトップへ