公開日:2018/07/17 

甘酒ダイエットには絶対に痩せる飲むタイミングがある!効果的な方法とは?

健康的にスタイルを維持させる方法はさまざまありますが、できるだけ気軽に続けられたら、とても魅力的なものに見えるものです。

その中でも甘酒ダイエットは無理に食事の量を減らさず、しかも甘酒そのものが甘いので、女性にはうれしい方法でしょう。

飲むタイミングを変えると効果を変えられて、希望に合わせたダイエットができます。

甘酒ダイエットは甘酒を飲むタイミングが大切!

脂肪をうまく減らすためには、まず食事の内容を変えていき、体質をうまく変えられたら効果が出てくるでしょう。

甘酒ダイエットなら、太っている原因に合わせて飲むタイミングを変えれば、あなたにピッタリの効果に早変わりします。

もちろん飲み方としても簡単で、少しぬるく感じる程度に温めて、それを飲むだけでOKなんです!

痩せるために飲むのなら朝ごはんの代わりに飲もう

体が大きくなってしまい、それが気になるのなら、朝ごはんを甘酒にしてみましょう。

もちろん朝ごはんを食べていないのなら以下のタイミングに変えたほうがいいですが、朝になにか食べていたなら、その分のカロリーが浮かせられます。

しかし100gで81kcalになるので、飲みすぎると逆に痩せられないでしょう。

◆甘酒は栄養たっぷり

さらに甘酒そのものには栄養がタップリで、朝に補給すると1日の代謝が高まりやすいんです。つまり総合的に見て体にたまってしまった脂肪をもやるので、甘酒ダイエットは実践向きだと思っていいでしょう。

スムージーなどに混ぜてしまえば自然な甘みも出せて、さらに続けやすくなります。

睡眠の質を上げて代謝をアップさせたいのなら夜に

先ほども紹介したように、甘酒を温めて飲むようにすると、夜に飲んだら代謝が高まりやすくなります。すると体の中が温まって体はリラックス状態となり、今より眠りやすくなるでしょう。

もともと夜眠っているときは、ホルモンが体から出て代謝が高くなっているんです。さらにその眠りが深ければその効果が高まって、ダイエットにもつながります。

睡眠不足でボーっとする人は効果があるでしょうが、健康的な人が夜に甘酒を飲んでしまうと、そのまま脂肪がついてしまうでしょう。

ですからホットミルクと混ぜるなど、甘酒を飲む量を減らすなどして、工夫すれば効果が悪くなってしまう心配もありません。

おやつの代わりに飲んでもOK!お腹がいっぱいになりやすい!

もともと名前のとおり甘酒は味が甘いわけですから、どうしてもおやつが欲しくなってしまった場合の間食として、かなり有効な飲みものになります。

それはお腹のなかで膨らむ効果があり、そのおかげで食べすぎをカットできてしまうんです。

◆食事の20分前に甘酒を飲もう

それには食事の前に体にとり込んでいないと効果がなく、最低でも20分前には甘酒を飲んでおきましょう。栄養もタップリで満足感が全然違います。

そしてゆっくりとチョビチョビ飲むのも重要で、お腹がいっぱいになる時間を長くでき、さらに効果を高めてくれるでしょう。

甘酒は栄養がタップリですから、飲むタイミングを変えても問題なく、しかもその実感の仕方にも差が出て使い勝手のいい方法になります。

【甘酒ダイエットの効果的な方法】タイミングの次に大切な”温度”

とにかく飲まなければこの効果を味わえませんが、それをさらに高めるのはタイミングだけでなく、甘酒の温度に注意すればいいでしょう。

じつはちょっとの甘酒でも痩せられるのは、栄養タップリだからなのですが、これは酵素や細菌のおかげです。

だからこそ飲むときの環境やタイミングが左右し、とくに温度に関しては変化が大きく出ます。甘酒ダイエットをする場合は、以下の方法を守れば、最高の状態で体にとり込めるでしょう。

甘酒の効果を落とさないように60度以内のぬるめにしよう

まず効果を発揮するには、甘酒を温めるのには変わりがありません。しかし60度以内にするのを守って、体の代謝を高めると脂肪がもえやすくなりますが、それ以上にすると甘酒の栄養が落ちてしまいます。

その栄養はダイエットで重要になるものが多く、とくにビタミン類が減ってしまうでしょう。そして関係が深い酵素だって少なくなり、痩せるのに影響がでます。

甘酒を温めるのは体を絞りやすくできますが、60度以内という温度を守っての話というわけです。

おいしくアレンジすれば続けやすくなるから他の飲みものと混ぜて飲む

もともとこの方法はすぐに効果が出るものではなく、徐々に体に変化が出てくるものになります。ということはしばらく飲み続けていないと、ダイエットにはならず、面倒になってやめてしまうと失敗に終わるでしょう。

そこで少しでも続けやすくするためには、他の飲みもので甘酒を割って、味に変化をもたせるのがいいんです。

甘酒そのもののカロリーが低くないので、他の飲みもので割ったほうが脂肪になりにくくなり、さらに割った飲みものの効果でダイエットしやすくなります。

とくに相性がいい飲みものはジンジャーエールで、生姜が入っているので体が温まりやすく、炭酸が入っているとお腹の中で膨らんで食欲を落とせるんです。

豆乳だとたんぱく質がとれつつ女性に必要なホルモンがとれて、これも代謝を高められます。ですからあなたに合った組み合わせを見つけられると、続けやすくなるでしょう。

飲みすぎは効果なし!最高でも1日に400mlまでにする!

たしかに甘酒は痩せやすい効果が多いですが、ダイエットとなると必ず飲む量は少なくしたほうがいいんです。何度もいっているとおり、甘酒はもともとカロリーが少なくないので、飲みすぎたら効果がありません。

その限度は1日に400mlまでとされており、それ以上になると脂肪になってしまうでしょう。さらに砂糖がたくさん入った甘酒だと、その量を減らして様子を見るのが無難です。

ストレスを軽くして安眠効果もゲットできる甘酒ダイエット!

ぬるめにして体を温められるようになれば、代謝が高まって精神的にホッとできます。気持ちの面というのは重要であり、甘酒を使えばストレスを軽くさせて、その効果があってこそ体が絞れるんです。

精神的に落ち着かせて眠りやすくするには、甘酒を夜に飲むといいのですが、量を減らしたほうがいいでしょう。

そして他の飲みもので甘酒を割って飲むと、カロリーを少なくできて、その効果で痩せられるので、うまく利用してダイエットに役立てるのがベストです。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

393



ページのトップへ