公開日:2017/06/15  最終更新日:2018/11/16

スーパーフードの効果って?チアシードやヘンプフードに注目

身体に必要な「必須栄養素」や、栄養バランスが整う「健康成分」が含まれているスーパーフード。さまざまな効果があることで知られているので注目されています。スーパーフードに含まれるチアシードやヘンプフードの効果や摂取方法を紹介します。

スーパーフードとは?美容健康に効果的って本当!?

一般社団法人日本スーパーフード協会とは?

美容や健康によく効果的で、ダイエットにも取り入れられているスーパーフード。スーパーフードとは、身体に必要な栄養を含んでいる「必須栄養素」や、「健康成分」が豊富なことで知られています。

日本にすでに発足している「一般社団法人日本スーパーフード協会」も詳細を説明しています。スーパーフードには、「チアシード」や「ヘンプフード」と呼ばれる小さな粒状の食品も含まれます。

それぞれ「シード」つまり、「種」です。これだけ注目を集める「種」は、どのような効果や効能があるのか気になりますね。「一般社団法人日本スーパーフード協会」があるほど、注目され認定されているこれらの「種」をチェックしましょう。

オメガ3系脂肪酸たっぷりの「チアシード」

「チアシード」とは、シソ科でサルビア属の植物の種で、メキシコが原産地です。水に入れるとゼリーのようなやわらかい食感を持っていて、欧米では健康食としても有名な食品で知られてきました。

野菜ジュースやヨーグルトに混ぜたり、サラダのトッピングにしたりと、毎日の食卓でも使用頻度が高く、栄養成分が整っていることで注目されています。

この「チアシード」は、スーパーフードの中でも「プライマリースーパーフード10」に含まれている栄養素の高い食品です。タンパク質も豊富なことでも知られていますが、ゼリーのような特徴は、こんにゃくと同じように食物繊維を含んでいます。

日本人にもなじみやすい雑穀の「ヘンプシード」

「〇種類の雑穀がブレンド」など、お米を炊くときに混ぜたりすることでも知られている雑穀にも含まれている「ヘンプシード」。

これも、「プライマリースーパーフード10」に含まれるスーパーフードのひとつです。ヘンプシードの「ヘンプ」とは麻の実で、茶色の小さな種が特徴です。中央アジアが原産ですが、炊飯に混ぜることがあるように、ゴマのようにして利用することが多い種です。

ゴマと同じように小さいながらも栄養価が高く、αーリノレン酸やタンパク質がたっぷりと含まれています。日本でも昔から食用とされていますが、アジアでは薬用とされていた時期もあるほど一般の食品にはない魅力があります。

スーパーフードは食材?それとも食品?

まるでサプリメントのようなスーパーフード

「未精製・未加工であること」「健康を維持する働きが科学的に実証された成分を豊富に含み、身体にとって有害な物質を含んでいないこと」「血液循環が良くなることで免疫力を高めたり、体内の不要なものを排泄させ、デトックス効果があること」などが挙げられます。

引用元:【専門家が監修】話題の「スーパーフード」をご存知ですか? | 美肌レシピ

スーパーフードの中には栄養や健康成分が、サプリメントのようにぎゅっと詰まったものばかりです。一般的には補助栄養剤のように摂取したくなる栄養素が、ある一定量食べることで必要な栄養素を満たせます。ですから、スーパーフードは機能を考えて開発された食品とは異なる、自然が提供する天然のサプリメントみたいなものですね。

認定されているスーパーフードは

チアシードやヘンプフードを含め、「プライマリースーパーフード」として優先的に位置づけられているのは、10種類あります。聞きなれたものもでは、ブロッコリースーパースプラウト、ココナッツ、クコの実、カカオがあります。

ほかにも、スピルリナやカムカム、アサイーなども含まれています。生はちみつ、アセロラ、アボガド、アーモンドやくるみなどもスーパーフードに含まれています。こうしてみると、私たちの身近なところにもスーパーフードがあり、購入しやすく食べやすいものがたくさんありますね。

さらに、「雑穀スーパーフード」として区分されているものもあり、これはヘンプシードなどと一緒に、炊飯に混ぜることの多いスーパーフードです。キビ、あわ、ハト麦、ソバの実、黒米などを含め10種類が認定されています。

使いかたはさまざま!健康のための食事に

私たちの身近にあり、気がついたらときどき食べていたというものも多いかもしれないスーパーフード。プライマリースーパーフード、雑穀スーパーフード以外に、「ジャパニーズスーパーフード」もあるのはさらに身近に感じ摂取しやすいものです。

梅干しや玄米などの伝統食品や、納豆、醤油、味噌なども発酵食品としてスーパーフードに挙げられています。毎日飲んでいるというようなお茶や、ミネラルが多いことでも知られる海藻類もスーパーフードなのです。

こうしてスーパーフードに含まれるものをあげてみると、和食にはスーパーフードが数多く含まれているのです。朝食だったり、毎食のトッピングにしたり、使いかたはさまざまかもしれません。しかし、健康のためのレシピに使える食材や食品がたくさんあります。

使ってみたい!美容・健康におすすめスーパーフード

ダイエットのときにも取り入れてバランスよく!

ダイエットのときに、スーパーフードをとり入れた食生活を心がけるのはおすすめです。食事制限やダイエット食品で、減量中の栄養素を補うこともありますが、スーパーフードは天然食品ともいえる栄養素が詰まっています。

私たちの食生活は、手軽に摂れる食品が豊富にある反面、添加物の多い加工食品やスナック菓子の普及によって、人工的な食べ物を口に入れる機会が増えてきました。カロリーが高い割に栄養素がほとんど含まれない食品や、トランス脂肪酸など健康に害を及ぼす恐れのある食品も多く出回っています。

引用元:【専門家が監修】話題の「スーパーフード」をご存知ですか? | 美肌レシピ

健康的なダイエットを目指すときにも、効果的な食材になるかもしれません。

「美肌・美髪」きれいになる栄養素たっぷり!

便秘改善に効果があるといわれる「カカオ」は、リラックス効果もあることで知られるスーパーフードです。

さらに、私たちの身体に必要な必須アミノ酸9種類のうち、「チアシード」は8種類をクリアしています。ヨーグルトやサラダにも使われる「アロエベラ」は、200種類以上の成分が美容に働きますが、炎症を抑える効果でも使われます。

一部のスーパーフードだけでも、一般的な食品よりもさまざまな栄養素を含んでいるので、使いかたに工夫したいですね。髪に効果的なアミノ酸や、お肌のために身体の内部から改善する働きのある栄養素に恵まれているのがスーパーフードです。

身体によくても摂取量には注意点も

身体によいものを効果的に摂り、栄養素を吸収したいなら、「摂り溜め」「食いだめ」には注意しましょう。食材や食品に含まれる栄養素は、ある一定時間で排出されるものが多くあります。一気に食べても排出されてしまうもののあるといえます。

さらに、栄養素に富んでいても、カロリーも高いカカオなどもあり、過剰に食べてしまうと胃腸の調子を崩しやすいものもあります。バランスよく食べるためには、毎朝のヨーグルトやシリアルのトッピングにしたり、サラダや食前茶のように定期的に摂取したり工夫できます。

外食の際にも、スーパーフードに含まれる食材の含まれるものをオーダーすることもおすすめです。

美容・健康に効果大!賢く使いたいスーパーフード

スーパーフードは、健康を意識した天然のサプリメントのようなものかもしれません。

  • 栄養バランスのよい食事でダイエットができる。
  • 天然の食材として栄養価が高く安心して摂取できる。
  • 美肌や美髪に効果的な栄養素がたくさん含まれている。

毎日の食事や外食でも、とり入れやすい食材のスーパーフードで、工夫した食生活改善を始めてみるのはおすすめです!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

655



ページのトップへ