公開日:2017/05/26  最終更新日:2017/06/06

健康的な夏の黒肌になろう!日サロでの上手な焼き方とは?

普段は紫外線を気にして白い肌を保っているという方も多いでしょう。しかし、健康的に焼けた小麦色の肌もたまには楽しんでみたいですよね。今回は、健康的に焼くための日サロの活用方法について詳しくご紹介します。

健康的な小麦色の肌に憧れる!

日焼けは夏の健康的な象徴!

日焼けというのは、肌に紫外線があたることによって引き起こされます。そのため、肌のダメージを防ぐために、普段から紫外線対策を行って、綺麗な白い肌を保っている人が増えてきています。実際に、近年では夏場だけでなく年間を通して日焼け止めの販売が好調であることから、紫外線に対する女性の意識はかなり高いと言えるでしょう。

とはいえ、夏の強い日差しの下では、綺麗に焼けた小麦色の肌は非常に美しく、憧れてしまう側面もあります。かつては、夏の象徴とも呼ばれていました。肌が傷つくのは嫌だけれども、できる限り健康的で綺麗に日焼けをして、夏の肌を楽しんでみたいものですよね!

自然に任せているとムラになることも

てっとり早く日焼けをするのであれば、夏の日差しの下で紫外線対策をせずに滞在しておくことで簡単に日焼けをすることができます。ですが、この方法ではさまざまな面で問題が生じてしまう可能性があります。

まず、太陽光ですので、紫外線の調節をすることができません。そのため、自分がどれくらい焼きたいかにもかかわらず、その時最大限の紫外線を浴びてしまいます。場合によっては、非常に刺激が強い可能性があるのです。

また、太陽光を浴びて日焼けをする際には、部位によって日焼けのムラができてしまう可能性があります。ムラになってしまうと、あまり美しくないと感じる人も少なくないでしょう。

日焼けサロンで綺麗に焼いちゃおう!

太陽光では、どうしても綺麗に焼くには限度があります。そんな時には、日焼けサロンに行ってみてはいかがでしょうか?かつては、かなりの店舗が存在していました。現在では1時期に比べて店舗数が減っているものの、探してみると多くの日焼けサロンを見つけることができるでしょう。

日焼けサロンであれば、紫外線の調節機能があります。自分がどれくらい焼きたいのかによって、好きなように調節できるのが大きなメリットです。さらに、専用の装置の中に入って焼くことができるのでムラなく均等に焼くことが可能となっています。綺麗に焼きたいのならば、日焼けサロンに行くべきでしょう。

日焼けは肌に悪いのか?

健康に良い日焼けっていったい何?

一言で日焼けと言っても、よい日焼けと悪い日焼けがあるという事を知っていましたか?よい日焼けというのは「サンタンニング」、悪い日焼けというのは「サンバーン」と呼ばれています。

サンタンニングというのは、紫外線を浴びることによって生じるメラニン色素を、肌に自然と定着させ、黒く日焼けさせることを言います。肌に無理をさせずに、段階を置いて徐々に紫外線を当てていくことで、美しい小麦色の肌を作り出すことができるとされています。

この方法であれば、肌のダメージを最小限に抑えることができるので、ケアをしっかりしておけば、悪影響は生じにくいとされています。

健康的に悪い日焼けの状態

肌によい日焼けであるサンタンニングに対して、サンバーンは肌に非常に悪くおすすめされていません。サンバーンは、強い紫外線を急激に浴びてしまうことで、発症するとされています。徐々にメラニン色素を肌の表面に浸透させるのではなく、皮膚の表面組織が一気にダメージを受けてしまうことから、炎症を起こした状態になってしまいます。

日焼けをして、ヒリヒリしてしまうのはこのサンバーンになってしまった状態であり、厳密には日焼けというよりも、火傷に近い状態とも言えるでしょう。この状態になるとメラニン色素が肌に綺麗に定着することはなく、シミの原因や皮膚がんの原因になる可能性があるとされています。非常に危険ですので、サンバーンにならないように日焼けをする必要があるでしょう。

紫外線が肌に与える影響とは

サンバーンの状態を見るからに、紫外線を浴びてしまうのは完全に悪だと感じてしまう人がいます。火傷だけではなく、シミやシワの原因になることもあり美容としても良くない印象がついていることも原因のひとつでもあるのでしょう。ですが、紫外線を全く浴びないのは逆に身体によくないとも言われています。

過剰な紫外線を肌に浴びてしまうのは、確かに健康に害を与えてしまう可能性があります。しかし、紫外線の種類の中で紫外線Bという紫外線は、皮下脂肪の中に蓄えられているビタミンD前駆体をビタミンD3に変換させる作用があるとされています。ビタミンD3には、免疫力の強化や、ホルモンの生成など、人が生きていくうえで重要な要素が多く関係しています。そのため、適度な紫外線は健康の上で非常に重要だともされているのです。

日サロで上手に焼く方法をご紹介!

日サロ初日は弱めにあててていく

それでは、実際に綺麗に日焼けをするための方法についてご紹介します。まず、日焼けサロンに行って最初に日焼けをする際には、できるだけ弱い出力の紫外線を浴びるようにしましょう。まだ、十分に日焼けがされていないうちは、紫外線の吸収能力が弱い状態です。そのため、強い紫外線を受けてしまうと、強いサンバーンの状態になる可能性が高いです。

そもそも、出力の弱い機械で日焼けをした場合でも、翌日に多少の痛みを感じる場合があります。それだけまだ肌が弱い状態ですので、無理をしないで軽めの出力で日焼けをするように心掛けましょう。初回で急ぐ必要はありません。紫外線の照射時間もできるだけ短くするのがおすすめです。

2回目や3回目はしっかり焼く

初回の日焼けで、ある程度メラニン色素を褐色化させることができたら、2回目と3回目は様子を見ながらしっかり焼いていくようにしましょう。その段階になると、メラニン色素が黒くなるスピードも徐々に速くなっていきます。

また、2回目の日焼けをする際には、初日から3日から4日程度期間をあけて照射を受けるようにしましょう。ある程度日にちをあけると、傷ついた肌が回復していきます。回復する前に2回目の照射を受けてしまうと、肌をより一層傷つけてしまうことがあります。3回目の照射の際にも、同様に少なくとも4日前後あけるようにするとよいでしょう。

アフターケアをして肌をいたわろう

ここまでご紹介した方法で、3回ほど日焼けサロンに通えば、綺麗な小麦色の肌になっているでしょう。それ以降に関しては、週1回程度通うことで、きれいな肌を維持することができるでしょう。

日焼けサロンに通う全体を通して、紫外線の照射を受けた後は、必ず肌ケアを怠らないようにしましょう。全身にローションを塗るなどの対策をして保湿をする必要があります。アフターケアを怠ってしまうと、乾燥しやすくなってしまい皮膚にダメージを受けやすくなってしまいます。それによって、シミなどになってしまう可能性もありますので注意をしてください、綺麗な日焼けを継続するためには、アフターケアも重要なのです。

健康的で小麦色の肌を作ろう!

日焼けサロンに通って、適切な紫外線照射を行えば、できる限り肌を傷つけることなく健康的な小麦色の肌を作っていくことが可能です。アフターケアも忘れずに行っていきましょう。

  • ムラなく焼くには日焼けサロンが1番
  • 日焼けにはよい日焼けと悪い日焼けがある
  • 初回の日焼けサロンでは出力の弱い機会を使用する
  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

5,542



ページのトップへ