公開日:2017/11/13 

空き時間でできる「ストレッチダイエット」が凄い!効果や方法とは?

メリハリのある美しいボディラインに憧れて、ダイエットに励む女性は多いでしょう。
しかし、食事制限や激しい運動などのダイエットは心身に負担がかかるため、長続きさせるのが難しいですよね。
「夕方18時までに夕食を食べて、そのあとは毎日2時間ウォーキングをする」このような厳しいルールを設けていると、徐々にダイエット意識が弱まってしまいます。
そこで今回紹介するのが、空いた時間にサクッと気軽にできる“ストレッチダイエット”。寝る前の1分やテレビのコマーシャル中などにできるので、忙しい人でも簡単に取り組むことができます。一体どのような効果があるのか、ストレッチ方法とあわせて見ていきましょう。

1日たった数分でOK!?「ストレッチダイエット」の効果とは?

ストレッチといえば、運動前の準備運動や疲れた体をほぐすためのものというイメージを持つ方が多いでしょう。
しかし、ストレッチはダイエットの強い味方。日々の習慣として少しずつストレッチを取り入れていくことで、筋肉が柔らかくなって基礎代謝が上がります。すると、消費するカロリーが増えて痩せやすい体質になるのです。
ダイエットを成功させる上で、基礎代謝を上げることはとても重要なポイントです。即効性はありませんが、ストレッチを継続させることで憧れのスッキリボディに近づくことができます。

寝る前の数分で差をつける!ストレッチダイエットの方法

忙しくて運動やエクササイズの時間が取れないという方でも気軽にできるのが、お休み前にベッドの上でできるストレッチダイエット。
ゴロンと寝ころんだ状態でたった数分だけ取り組めばOKなので、毎日続けやすいのが嬉しいポイントです。
すぐに寝つけるようにするためにも、電気を暗くしてリラックスした状態で行ってくださいね。

手足ぶるぶるストレッチ

1.ベッドの上に仰向けになって寝る
2.両手両足を天井に向けて上げる
3.手首と手足を小刻みにぶるぶると振る

寝たまま背中を伸ばすストレッチ

1.体の右半分を下にして横向きにベッドに寝る
2.横向きに寝たまま両腕と両脚を上下に伸ばす
3.左腕と左脚を背中のほうに反らせて伸ばす
4.体の左半分を下にして横向きにベッドに寝そべり、反対側も同様に行う

腰ひねりストレッチ

1.ベッドの上に仰向けに寝て右膝を立てる
2.右膝を胸に近づけて左手を右膝の上に乗せ、そのまま左方向に倒す
3.2と同時に右腕を真横に伸ばし、息を吐きながら顔を右に向けて10秒キープ
4.元の体勢に戻り、反対側も同様に行う

長座ストレッチ

1.ベッドの上で両脚を伸ばして座り、長座の体勢をとる
2.左膝を立てて右足にかける
3.腰を伸ばした状態で左膝に両手を添え、胸のほうに引き寄せて15秒キープ
4.反対側も同様に行う

股関節ストレッチ

1.ベッドの上で仰向けに寝て両膝を曲げて左右の足の裏を合わせる
2.右腕を真横に伸ばし、左腕を頭上に真っ直ぐ伸ばす
3.ゆっくりと息を吐きながらお尻を天井に向かって持ち上げて10秒キープ
4.元の体勢に戻り、左右の腕の伸ばし方を逆にして同様に行う

空き時間でできる「ストレッチダイエット」が凄い!効果や方法とは?

運動が苦手な方やダイエットが長続きしない方でも、気軽にできるのがストレッチダイエットの魅力です。即効性は期待できませんが、毎日の日課として取り入れていくことで徐々に痩せやすい体に近づいていきます。
寝る前のストレッチを習慣にして、憧れのメリハリボディを手に入れましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

21