公開日:2018/06/12 

下半身痩せやむくみ解消にストレッチボールダイエットが効果的!

今では痩せるためのグッズがたくさん出回っていますが、どうしても忙しい時期には、それを使う暇もないでしょう。

しかしストレッチボールは座りながらダイエットができてしまうので、他の作業をしつつ運動ができてしまいます。

だからこそ口コミで評判なので、そのやり方もチェックしてみましょう。

ストレッチポールで姿勢を矯正できると口コミで評判だからこそダイエット可能

痩せるためにはしばらくは運動を続けていないと、脂肪が少なくならないのでうまくいきません。

現代人は時間に追われる人が多く、どうしてもその時間を作るのが大変です。

そこで長くから人気があるストレッチボールが今でも評判で、使い勝手のよさが効果を出しているのでしょう。

口コミからその効果がどのようなものか、チェックしてみました。

コロコロしているだけでも疲れる!体幹が鍛えられているから!

そもそもストレッチボールとは、ただ空気を膨らましてできたボールなので、コロコロ動いてしまいます。

それは誰でもわかっていることでしょうが、座ってみると思った以上に、しっかり座れていないとすぐにバランスを崩してしまうでしょう。

よく座っている人を見てみると何食わぬ顔をしていますが、じつはしばらく使った人には体幹といわれる筋肉が鍛えられているからなんです。

だからこそ普通に座れていますが、逆に初心者が座ると、すぐに疲れてしまったと口コミでもよく目にします。

すべて筋肉でバランスがとれるわけでありませんが、それほど体幹が鍛えられるからこそ、代謝があがりやすくダイエットに効果的でしょう。

ちなみに体幹とはお腹の奥底にある筋肉で、だからこそ体中に効果があるわけです。

気軽に続けられて筋肉が引きしまって細くできるのも魅力!

ただ座っているだけでも意外に体が鍛えられてしまうのが、ストレッチボールのいいところでしょう。

それは体幹だけでなく、使い方次第では体中の筋肉が引きしめられます。

しかし普通に座っているだけでも効果が高く、両手が空いてくれるので、ながら運動ができてしまうでしょう。

座ったままテレビも見られるだけでなく、デスクワークだってできてしまい、空いた時間にちょっと座っているだけでもいいわけです。

この気軽さは他のダイエットグッズにあまりなく、だからこそ口コミでも話題になり続けているのでしょう。

遊び感覚でやっていてもむくみがなくなった!

コロコロ転がる特徴があるストレッチボールは、基本的にダイエットのやり方に幅があります。

しかもただのボールでもあるので、子供でも使うことができてしまうでしょう。

そこで家族で遊びながらストレッチボールにのっていると、それだけでダイエットができたと、そんな口コミだって珍しくありません。

とくに筋肉が鍛えられる効果によって、汗をかいてむくみだってよくなった!なんていうのも、よく目にします。

仕事でもプライベートでも使えるのは、ストレッチボールくらいなので、1家族に1つは持っていても損はないでしょう。

ストレッチポールダイエットのやり方は何通りもあって楽しい!

一般的な筋トレなどの筋肉を鍛えられるものは、基本的に同じことの繰り返しをして、負荷をかけているやり方です。

しかしこのストレッチボールはコロコロ動く特徴から、やり方がさまざまあり、動画を見てみてもたくさん種類があるでしょう。

形が丸い特徴を活かしてお腹を鍛えるのにも、下半身だって引きしめられるので、その部位ごとにダイエットができるやり方について紹介しておきます。

参考にして普段使っているときに、挑戦してみてください。

なにかすることがあるなら座るだけでも効果的

  1. 骨盤の幅に足を開いて、骨盤に体がのるようにストレッチボールに座る
  2. 背筋を伸ばして、足も直角になっていればOK
  3. 左右にぶれないように、真ん中に来るようにする

そもそも口コミでも話題になっているものは、座ったまま何かができて、使い勝手いいからです。

しかしボールになっているからこそ、しっかり正しいやり方ができていないと、正しい位置に筋肉がつきません。

意外にこれを知らない人が多く、座っていても効果がなかったという口コミは、これが原因だといってもいいくらいです。

左右をブレささずにまっすぐ座って、骨盤の位置に注意すると効果を発揮できます。座り方をマスターできれば、効率よくダイエットに活かせられるでしょう。

横になって足を乗せるだけ!お腹がへこむやり方

  1. 背中を床につけて、太ももとふくらはぎをつけてストレッチボールにのせる
  2. 足をのせたまま膝が床につくほど足を倒し、両肩は床についたままキープする
  3. しっかり体をひねったら、最初に体勢に戻す
  4. 反対側も同じように足を倒し、左右繰り返しお腹をひねる

今度は名前のとおり、ストレッチをする前に使うやり方になります。

これも難しくないやり方なので、空いた時間にできてしまうでしょう。基本的に肩が床から浮かないようにするのがポイントです。

そしてふくらはぎと太ももが、ストレッチボールから離れないようにするのも忘れずに、しっかりお腹をひねると効果がよくなります。

寝ながら屈伸運動!下半身をきれいに見せるやり方

  1. 首あたりにストレッチボールが来るように持ってくる
  2. 両手は胸の上にもっていき、膝は直角にするくらい曲げる
  3. お尻が床に付くイメージで、下にずらしてスクワットをする

下半身を鍛えるのもダイエットではとくに重要で、とくに冷え性やむくみになっているなら、ボールに乗って屈伸してみてください。

このやり方は仰向けで、ストレッチボールの上にのることになるので、ある程度慣れてから始めるのがおすすめです。

バランス感覚が磨かれるのと、下半身以外にも鍛えられるので、ダイエットにピッタリでしょう。

ストレッチポールダイエットでむくみも猫背も改善してスッキリ!

このグッズを使って座るのには、正しい姿勢でしないと、長時間座れません。そのやり方とは背筋を伸ばして骨盤を真ん中に持っていく必要があります。

だからこそ背中が曲がった状態や、下半身だって鍛えられてしまい、体全体の代謝だってよくなるわけです。

家族で遊びながら運動ができてしまうので、一家にひとつ持っていると楽しみながらダイエットができるうえに、筋肉だって鍛えられるでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

48



ページのトップへ