公開日:2017/04/12 最終更新日:2017/06/06

生理前の暴飲暴食をやめたい!食欲増加をやりすごす方法

生理前ってどうしてこんなにも食欲が旺盛になるのでしょうか?そんな悩みをもつ筆者です。このように、生理前に食欲が増して暴飲暴食を繰り返してしまう人は少なくありません。そもそも生理前に食欲が増してしまうことには、女性ホルモンである『プロゲステロン』が主な原因となっています。

生理前になると、女性ホルモンである『プロゲステロン』の分泌が多くなります。プロゲステロンは、女性の体、特に子宮のはたらきをサポートする役目があります。そのため、月経前後や、妊娠・出産などに多く分泌されるのが特徴で、このプロゲステロンが多く分泌されると、体にさまざまな影響がでてくるのです。

生理前の食欲が増えるときには、プロゲステロンの分泌による『生理への準備』『血糖値の低下』が大きくかかわってきます。生理への準備としては、経血による貧血や体調不良を防ぐために、あらかじめ脂肪を蓄えようとする働きが起こります。

そして血糖値の低下については、プロゲステロンがインスリンのはたらきを低下させてしまうためです。インスリンの分泌量が乱れると、血糖値が急激にさがってしまうこともあります。また、血糖値が低下すると、体内で血糖値を元に戻そうとアドレナリンが過剰に分泌してしまいます。そうなると、心身に大きなストレスとなり、さらに甘い物が食べたくなってしまうのです。

このように、そもそも生理前にプロゲステロンの分泌量が増えると、食欲が増してしまうメカニズムが出来上がっているのです。元々の体のはたらきといえばそうなんですが、でも、なんとかこの食欲増加をうまくやりすごしたくはありませんか?『毎月くる生理。この時期に合わせてくる食欲をかわすための方法』についてみていきましょう。

生理前の食欲増加を回避する方法

毎月来る生理、生理前後の食欲を抑える対策法は、色々あると思いますが、今回は次の3つをポイントとしてご紹介します。

◆空腹にならない工夫
◆脂肪をためすぎない工夫
◆満腹中枢をコントロールする工夫

この3つの対策方法について、さっそくくわしく見ていきましょう。

空腹にならない工夫

まずは、空腹にならないための工夫についてみていきましょう。

なぜ空腹になってはいけないのか、それは空腹が『暴飲暴食の元』だからです。もちろん多少の空腹が暴飲暴食の元であるとはいいませんが、空腹の度合が大きいほど、食べる量が増えてしまう傾向にあります。なので、強い空腹にならないよう、意識するとよいですね。

食事は、1日3食はもちろんのこと、お腹がすいてきたら、間食をして、こまめに食べ物を胃にいれるようにしましょう。食べられない場所にいるときには、水を飲むだけでも効果的です。

ちなみに、生理前には、脂肪の他に水分もため込みやすく、むくみが生じやすい状態でもあります。そんなむくみ対策として、利尿作用のある飲み物(お茶やコーヒーなど)を軽食と合わせて飲むと、体内の水分を排出できるので、空腹対策と合わせてむくみ防止の対策にもなります。

食事は、炭水化物を含む食品だと、腹持ちがよいのでオススメです。『少量を何回かにわけて食べるよう』心がけましょうね。

脂肪をためすぎない工夫

食べた栄養分を吸収しすぎないように、脂肪の燃焼率をあげましょう。脂肪を燃焼させるためには、適度な運動で筋肉をつけるとよいでしょう。

筋肉をつけることで、脂肪の燃焼能力が上がり、脂肪がつきにくくなります。また、筋肉がつくと、血行がよくなり、それが影響して、脂肪の燃焼率があがる傾向にあります。

運動をするのが難しい場合は、半身浴で血行をよくしたり、念入りに柔軟・ストレッチをするだけでも随分違うものなんですよ。

満腹中枢をコントロールする工夫

『いくら食べても満腹にならない!!』…なんてことのないよう、満腹中枢をコントロールしましょう。

満腹中枢の働きをサポートする栄養素は、『ビタミンB6』です。ビタミンB6は、とりのひき肉、大豆、バナナ、アボカドなどに多く含まれています。このような食材を意識してとることと同時に、『よく噛んで食べること』を強くオススメします。

噛むことは、脳に食べているという信号を送ることなんです。そのため、ゆっくりよく噛んで食事をするということを意識するとよいでしょう。

ストレスも溜めないように気分転換を

そして、ストレスを溜め込むのもよくありません。ストレスが溜まってしまうと、甘い物が食べたくなってしまったり、食べても食べても満たされなかったり…とよい影響はありません。

ただでさえ妊娠前から始まる体調不良に気分が落ち込みやすいのに、ふさぎ込んでモヤモヤしているのはストレスを増大させていくだけですかね。そんなときこそ、普段できない趣味を楽しんだり、友達に会ったりして、ストレス解消をしましょう。完全なるストレスフリーまではいかずとも、気分転換をはかっていくのは、体調面・精神面でよいことですよ!

このように、生理前には、プロゲステロンという女性特有のホルモンの分泌量が増加します。このプロゲステロンの増加による影響で、食欲が増し、暴飲暴食を繰り返してしまう女性も少なくありません。ここでは、生理前の食欲増加の対策として3つの工夫をご紹介してきました。この対策で一緒に乗り切りましょう!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

487