公開日:2018/04/12 

元気になれるほうれん草ダイエットの効果と口コミで話題のほうれん草レシピ

ほうれん草と言えば、炒め物や白和えなど料理のバリエーションが高い食べ物です。そのようななかで「ほうれん草ダイエット」というものが口コミで広がっています。

今回は「ほうれん草ダイエット」の効果や、レシピについて紹介していきます。

ほうれん草ダイエットはどんな人に効果的?

ほうれん草は健康に良いと言われている緑黄色野菜のひとつです。そのなかでも特に栄養素が豊富と言われているため、健康レシピではしばしばほうれん草が登場します。

こちらでは「ほうれん草ダイエット」がどんな人に効果的なのか、どんな効果があるのかについて紹介します。

ほうれん草には筋肉増強効果がある

昔、アメリカで「ポパイ」という人気のアニメがありました。そのなかで登場キャラクターがほうれん草を食べて筋肉モリモリになるシーンが多くありましたが、これはほうれん草に筋肉増強効果があるからです。

当時はその裏付けが行われていたか分かりませんが、後からになってほうれん草の筋肉増強効果が事実だったことが分かっています。そのため、運動系のダイエットをしている人に「ほうれん草ダイエット」はおすすめなのです。

ほうれん草は女性に嬉しい効果が沢山ある

ほうれん草にはダイエット効果だけではなく、美肌効果もあります。皮膚の粘膜を健康的に保つβカロテンやビタミンB群、抗酸化作用の高いビタミンCなども含まれているのです。

他にも、ほうれん草には貧血予防や改善に役立つ鉄分、鉄分の吸収をアップしてくれるビタミンC、ヘモグロビンを作ってくれる葉酸が含まれています。

ダイエットだけではなく、健康的な食べ物としても知名度が高いので、積極的に摂取していきましょう。特に女性は貧血気味の人が多い傾向にあります。

ダイエット中は栄養バランスを崩しやすい傾向もあるため、健康的なダイエットとしてほうれん草ダイエットは効果的でしょう。

ほうれん草は低カロリーで豊富な栄養素が特徴

ほうれん草は低カロリーであり、栄養が豊富なので多くの人に親しまれています。特に「チラコイド」という成分が含まれていて、これは満腹中枢位に働きかけるホルモンの分泌を促してくれると言われているのです。

現段階では詳しく効果があるとは言い切れない状態らしいのですが、それを抜いても新陳代謝を活発にしてくれるビタミン、ミネラルが含まれているのでダイエットだけではなく、美容目的でもほうれん草を食べるのは効果的ではないでしょうか。

口コミで話題のほうれん草ダイエットレシピ

ほうれん草ダイエットは、毎日100gほどの摂取量が目安にされています。

しかし、健康やダイエット効果があるからと言って、毎日沢山食べ続けるのは困難です。こちらでは食べ飽きないほうれん草のレシピについて紹介しますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

ほうれん草はどんな料理にも合う

ほうれん草は緑黄色野菜の割に、味のクセが強いわけではありません。そのため、いろいろな料理に合わせることができるので、自分だけのレシピを作ることもできます。

味噌汁などに入れる人もいれば、中華スープにする人もいます。メイン料理だけではなく、汁物、前菜などにも活用できるのでおすすめです。

ほうれん草の白和え

ほうれん草レシピと言えば、やはり白和えは定番中の定番です。

フードプロセッサーに豆腐、塩、からしを入れてペースト状にします。冷凍していたほうれん草を解凍した後、そのペーストを混ぜるだけです。

一般的な白和えは砂糖を使いますが、ダイエットレシピということで砂糖は一切使わないようにしてください。その代わり、からしを入れてちょっとピリッとクセのある味にしましょう。

からしが苦手な人はわさびでも代用できるので試してみてはいかがでしょうか。

ほうれん草の胡麻和え

白和えと同じくほうれん草レシピでは鉄板と言っても過言ではないのが胡麻和えです。

ほうれん草を茹でた後、5㎝程の大きさにカットして、すりごまと醤油と一緒に和えるだけです。この時、ほうれん草はしっかり水気を切っておかないと、べちゃっとしてしまうので注意しましょう。

ほうれん草の胡麻和え単品でも美味しいのですが、もみじおろしを少し乗せるなどすると、味に変化があって飽きずに食べられます。

このほうれん草の胡麻和えはちょっと調味料を加えるだけで、飽きずに食べられる多彩な変化を持つ料理です。自分好みの味にしていき、毎日ほうれん草が食べられるようにしていきましょう。

ほうれん草と納豆のチーズ焼き

ダイエット中、たまには濃い味のものも食べたくなるかと思います。そこでおすすめしたいのは、ほうれん草と納豆のチーズ焼きです。ほうれん草を水にさらし、3㎝ほどの大きさに切った後水分をしっかりと取ります。

その後、納豆と混ぜてトースターで焼くだけです。耐熱皿に入れてグラタン風にするのもいいですが、食パンに乗せて焼き、トーストにするのもおすすめです。

普段ダイエットを頑張っている自分にご褒美的な意味で食べてみてもいいのではないでしょうか。

納豆は酵素なども含んでいるので健康にもダイエットにも適していますが、チーズは高カロリーなので食べすぎると今までのダイエットが水の泡になりかねないので注意してください。

ほうれん草ダイエットの注意点※生で食べすぎるのはおすすめできません!

ほうれん草ダイエットをしている人のなかには「生の方が栄養を壊さずに摂取できるのではないか」と考える人もいます。確かに他の野菜は熱することで栄養素が失われることもあります。

しかし、ほうれん草に限ってはそれが当てはまりません。その理由は、ほうれん草に「シュウ酸」と呼ばれる成分が含まれているからです。

この「シュウ酸」は多く摂取しすぎると、腎臓結石を引き起こす恐れがあります。そのため、ほうれん草が健康に良いと言われていても、生で食べることだけは推奨されていません。

ちなみに、最近は「サラダほうれん草」というものも多く販売されています。サラダほうれん草は生で食べることが推奨されていますが「シュウ酸」について不安な人もいるでしょう。

一般的なほうれん草は土耕栽培なのでシュウ酸を含んでいますが、サラダほうれん草は水耕栽培なのでシュウ酸は含んでいないので安心してください。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

30