公開日:2018/03/27 

働く女性に人気のグルメ!東京で今話題の専門店レストランを紹介

好きなものでおなかをいっぱいにしたいと思ったことはありませんか?

プライベートで仲間とわいわい盛り上がりたいときや仕事で少し疲れてしまったときに、美容効果の高いアボカドや甘いふわふわのパンケーキ、山盛りのパクチーなど、好きなものを思いきり味わえば、気分もハッピーになって疲れがふきとぶなんてことも!

そうした働く女性のニーズにこたえ、年々増加傾向にあるのが人気の食材を使った専門店。お気に入り食材を、サラダやご飯もの、デザートなど、豊富なラインナップで楽しむことができちゃうなんて、好きな人にはたまらないはず。

今回は、今なお人気を誇る「アボカド」「パンケーキ」「パクチー」を存分に味わえる東京の専門店をご紹介します。

やっぱりアボカドが好き!人気のアボカドメニューがあるお店3選

濃厚でクリーミーな味と食感が女性に大人気のアボカド。「森のバター」とよばれるほど、栄養価が高くダイエットや美容にも効果が期待できるため、女性の味方ともいえる食材です。

ワカモレディップやサラダはもちろん、創作料理やデザートなどさまざまなアボカドメニューを提供するお店をご紹介します。

Madosh! Cafe渋谷店(マドッシュカフェ)

「アボカドを愛する全ての人へ」をコンセプトとしたアボカド専門店。生産者特定の厳選アボカドを使用し、温泉アボカド、アボゲリータピザ、アペチーノなど、ありとあらゆる創作アボカド料理が楽しめます。

<住所・アクセス>
東京都渋谷区神宮前5-28-7 2F

  • 東京メトロ副都心線渋谷駅徒歩8分
  • JR山手線渋谷駅徒歩12分

<営業時間・定休日>

    [月~土、祝前日]
  • 11:30~23:00 (料理L.O. 22:00)
  • [日、祝日]
  • 11:30~22:00 (料理L.O. 21:00)
  • [定休日]不定休

<おすすめメニュー>

アボカドモッツァレラフライ

プロシュートとイタリア産のモッツァレラチーズをのせた、フレッシュなアボカドのフライ。外側はサクッと、中はクリーミーなモッツァレラとアボカドがトロリと溶け出す、やみつきになること間違いなしの一品です!

<専門店好きにおすすめの理由>

アボカド料理の本を2冊出版し、テレビにも出演するアボカド料理の第一人者・佐藤シェフのお店。アボカド好きなら一度は訪れたいところです。

<公式サイト>

http://www.mado.in/

Mexican Dining AVOCADO新宿店

新宿三丁目近くにある、お洒落なメキシカンダイニング。店名にもなっているアボカドにはこだわりがあり、オイルコンテンツが多いとされるメキシコ・ミチョアカン州タカンバロ地区でとれたもののみを使用。他では味わえない、最高品質のアボカドが堪能できます。

<住所・アクセス>
東京都新宿区新宿3-9-4 増蔵ビル2、4F

  • 東京メトロ丸ノ内線・副都心線、都営地下鉄新宿線新宿三丁目駅徒歩2分

<営業時間・定休日>

    [月~金]2F
  • 12:00~23:00
  • 4F
  • ランチタイム12:00~15:00
  • ディナータイム17:30~23:00
  • [土]2F
  • 11:30~23:00
  • 4F
  • ランチタイム11:30~15:30
  • ディナータイム17:00~23:00
  • [日・祝]2F
  • 11:30~22:00
  • 4F
  • ランチタイム12:00~15:30
  • ディナータイム17:00~22:00
  • [定休日]不定休

<おすすめメニュー>

つくりたてワカモレ

ライムの効いたアボカドディップを香ばしいトルティーヤチップにつけて食べる、おつまみ的な一品。フレッシュでクリーミーなアボカドの味わいとレモンとの相性抜群で、止まらなくなる美味しさです。

<専門店好きにおすすめの理由>

産地や生産者にこだわったアボカドを食べられるお店。アボカドの質も量も重視したい!というワガママもかなえてくれます。

<公式サイト>

http://www.mexican-avocado.com/

avocafe

日本初のアボカド料理専門店。アボカド好きが高じてお店を出すまでに至ってから、10年以上もアボカド料理を追求し続けてきたという店主が腕を振るいます。アボカドを知りつくした、プロならではの料理の数々を堪能しましょう!

<住所・アクセス>
東京都千代田区神田神保町1-2-9 ウエルスビル 3F

  • 神保町駅A5出口徒歩2分

<営業時間・定休日>

    [月~金]
  • ランチタイム11:30~15:00(L.O. 14:45)
  • ディナータイム18:00~23:00(L.O. 22:30)
  • [土・日・祝日]
  • ランチタイム12:00~15:00(L.O. 14:45)
  • ディナータイム15:00~22:00(L.O. 21:30)
  • [定休日] なし ※年末年始はお休みです

<おすすめメニュー>

アボカドタイカレー

ココナッツミルクが香る、スパイシーなタイカレーにたっぷりのアボカドをトッピング。スパイスの香りや辛みをアボカドがクリーミーなコクのある美味しさに仕上げてくれます。1日に必要な野菜の半分を摂取できる、体も喜ぶ人気メニューです。

<専門店好きにおすすめの理由>

日本で初めてのアボカド料理専門店という、アボカド好きの聖地ともいえるお店。アボカド好きによる、アボカド好きのための料理をぜひ一度お試しあれ。

<公式サイト>

https://ameblo.jp/avocafe/

パンケーキも実はいろいろな種類がある!?ユニークなパンケーキがあるお店10選

「パンケーキ」といっても、お店によって特徴はさまざま。厚めでふわふわ生地のところもあれば、ソースやデコレーションなど装飾に力を入れているところもあります。ここではユニークなパンケーキメニューを持つお店をご紹介します。

ワーキングホリデー・コネクションYMスクウェア店

日本ワーキング・ホリデー協会が運営する、ふわふわのリコッタチーズパンケーキが人気のパンケーキカフェ。スタッフもワーキングホリデー経験者が多数。国際的な雰囲気の店内やメニューで、ワーキングホリデーの魅力に触れてみましょう。

<住所・アクセス>
東京都渋谷区神宮前4-31-10 YMスクウェア原宿 2F

  • 地下鉄千代田線明治神宮前駅 5番出口徒歩1分
  • 地下鉄副都心線明治神宮前駅 5番出口徒歩1分
  • JR原宿駅表参道口徒歩5分

<営業時間・定休日>

    [日~木]
  • 11:00~20:00 (L.O. 19:00)
  • [金・土]
  • 11:00~21:00 (L.O. 20:00)
  • [定休日]不定休

<おすすめメニュー>

オリジナルパンケーキ

注文を受けてから焼き上げる、ふわふわ食感のオリジナルパンケーキ。日本で和食を学び、オーストラリアへワーキングホリデーをした後、シドニーの有名パンケーキ店で料理長を務めた日本人が帰国後に開発したという、他には無い逸品です。

<専門店好きにおすすめの理由>

パンケーキ好きなら一度は食べたい、リコッタチーズのパンケーキ。ここでしか食べられない特別な味を、ぜひ一度味わってみてください。

<公式サイト>

http://wh-c.jp/

雪ノ下 銀座店

厳選食材を使ったスイーツで人気を博した大阪の名店「雪ノ下」東京第一号店。パンケーキとかき氷で有名なお店です。コーヒー豆や紅茶も厳選したものを使用しており、「雪ノ下」の新境地を垣間見ることができます。

<住所・アクセス>
東京都中央区銀座1-20-10 トマトハウス 3F

  • 銀座一丁目駅徒歩5分

<営業時間・定休日>

    [火~金]
  • 11:00~21:00(L.O. 20:20)
  • [土・日・祝祭日営業]
  • 11:00~19:00(L.O. 18:20)
  • [定休日]月曜日、祝祭日の翌日

<おすすめメニュー>

京都宇治抹茶ソース

北海道産純生クリームと自家製餡で雪ノ下自慢の厚焼きパンケーキ。三重県多気郡の平飼い卵と北海道産小麦、大美伊豆牧場の低温殺菌牛乳を使用した生地に、京都宇治市から仕入れた宇治抹茶をたっぷり練りこんだパンケーキです。

<専門店好きにおすすめの理由>

食材にとことんこだわったパンケーキは、他では味わえない美味しさ。素材の味が引き立った至福のスイーツを五感で楽しんでください。

<公式サイト>

http://yukinositatokyo.net/

Banks cafe & dining 渋谷

昼間はパンケーキカフェ、夜は厳選食材の美味しいイタリアンが食べられるカジュアルダイニング。ここでしか食べられないマスカルポーネチーズのスフレパンケーキとオリジナル有機ハーブティーで、優雅なティータイムを過ごしてはいかがでしょう。

<住所・アクセス>
東京都渋谷区渋谷3-26-17 Duplex 1F

  • 渋谷駅16-B出口徒歩8分
  • JR渋谷駅新南口出口徒歩3分

<営業時間・定休日>

    [月~金]
  • ランチタイム11:30~14:00(L.O.13:30)
  • カフェタイム14:00~17:30(L.O.16:50)
  • ディナータイム18:30~23:00(L.O.22:00)
  • ※月曜はディナーがありません [土]
  • カフェタイム11:00~17:30(L.O.16:50)
  • ディナータイム18:30~23:00(L.O.22:00)
  • [日祝]
  • カフェタイム11:00~19:00(L.O.18:20)
  • [定休日]なし 日曜・月曜はディナー営業なし

<おすすめメニュー>

ティラミスパンケーキ
Banks一番人気のパンケーキ。

マスカルポーネチーズがたっぷりと練り込まれたスフレパンケーキに、ココアとマスカルポーネチーズが乗った、ティラミスを連想させる味わい。別添えのエスプレッソソースをかけていただきます。

<専門店好きにおすすめの理由>

マスカルポーネチーズのパンケーキは、ここでしか食べられないオリジナル。ふんわり系パンケーキ好きにはたまらないお店です!

<公式サイト>

https://www.bankscafe.jp/

uzna omom b one

この春、原宿本店で14周年を迎えるuzna omomの国内2号店。台湾の店舗でも人気の厚焼きパンケーキが日本で食べられるのはこちらの店舗のみ。スタイリッシュで広々とした店内で、至福のパンケーキタイムをお楽しみください。

<住所・アクセス>
東京都渋谷区神宮前5-17-8 ベェルコート芙蓉 B1

  • 副都心線・明治神宮前駅徒歩5分
  • 銀座線・千代田線・半蔵門線、表参道駅徒歩9分
  • JR渋谷駅徒歩16分

<営業時間・定休日>

    [月~金]
  • 12:00~20:00(L.O. 19:00)
  • [土・日・祝]
  • 11:00~20:00(L.O. 19:00)
  • [定休日]月曜日

<おすすめメニュー>

デリプレート
パンケーキまたはライス、週替わりデリ3品のプレートメニュー。

こちらのお店では、パンケーキはもちろん、実はデリプレートもかなりおすすめ。色とりどりのたっぷり野菜を使った、バラエティーあふれるデリプレートは、毎週通いたくなる美味しさです。

<専門店好きにおすすめの理由>

卵の風味豊かな厚焼きパンケーキやトッピングパンケーキ、デリプレートと、デザートとしても食事としてもパンケーキが楽しめます。1人でも立ち寄りやすい雰囲気なのもうれしいですね。

<公式サイト>

http://www.uznaomom.com/

アロハビーチカフェ 江ノ島店

メディアでも多数取り上げられている、ハワイ生まれのパンケーキ専門店。外観から店内まで、まるでハワイに来たかのようなお店です。絶品のハワイアンパンケーキを食べながら、日常を忘れてリゾート気分に浸れます。

<住所・アクセス>
神奈川県藤沢市江の島1-6-8

  • 小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅徒歩10分
  • 江ノ島電鉄江ノ島駅徒歩14分
  • 湘南モノレール湘南江の島駅徒歩14分

<営業時間・定休日>

  • 10:00~18:00
  • [定休日]なし

<おすすめメニュー>

しらすパンケーキ

江の島のしらすをたっぷりのせた、自家製こがしバター風味のオリジナルパンケーキ。パンケーキにしらす!?と意外に思いますが、大葉と白身魚のムースのトッピングにより、相性良く仕上がっています。

<専門店好きにおすすめの理由>

パンケーキブームの火付け役である、ハワイアンパンケーキが最高に美味しいお店です。湘南の海を見ながら、魅惑の江の島パンケーキをぜひ一度体験してみてください!

<公式サイト>

http://alohabeachcafe.com/

espresso d works恵比寿

お洒落でアーティスティックな店内が魅力のカフェダイニング。昼間はパンケーキカフェ、夜は人気のカジュアルレストラン「REGGIANO」のメニューを食べながら、アルコールも楽しめるダイニングバーへと変わります。

<住所・アクセス>
東京都渋谷区恵比寿1-22-19 プライムメゾン 1F

  • 恵比寿駅徒歩5分

<営業時間・定休日>

    [月~木]
  • 11:30~24:00(L.O. 23:00)
  • [金]
  • 11:30~25:00(L.O. 24:00)
  • [土]
  • 11:30~25:00(L.O. 24:00)
  • [日]
  • 11:30~24:00(L.O. 23:00)
  • [月~金]
  • ランチタイム11:30~14:00

<おすすめメニュー>

スフレパンケーキ
ふわふわに泡立てた卵を使った、口溶けのいいパンケーキ。

キャラメルナッツやベリーベリーなど、フルーツと生クリームがたっぷり。でも甘すぎない、くせになる美味しさです。季節限定トッピングも登場するので、ぜひお見逃しなく!

<専門店好きにおすすめの理由>

ふわふわのシフォンパンケーキと話題のダッチベイビーパンケーキ、2種類のパンケーキが食べられるのがうれしいお店です!

<公式サイト>

https://www.instagram.com/espressodworks/

シナモンズ東京

ハワイのオアフ島カイルアで、長年地元民に支持されているパンケーキレストランです。本店はハワイで最も権威のある「ハレアイナ賞ベスト朝食賞」で金賞を2年連続受賞。種類豊富なパンケーキと、美味しいハワイアンロコフードをお楽しみください。

<住所・アクセス>
東京都渋谷区神宮前5-12-14 D-ASSET 2F

  • 東京メトロ明治神宮前駅徒歩3分
  • JR原宿駅・東京メトロ表参道駅徒歩5分

<営業時間・定休日>

    [平日]
  • 11:00~22:00 (L.O. 21:00)
  • [土日祝]
  • 9:00~22:00 (L.O. 21:00)
  • [定休日]不定休

<おすすめメニュー>

グァバシフォン
ピンクのグァバソースがたっぷりとかかった、見た目も楽しめるパンケーキ。

生地はしっとりふんわり、でもしっかりとした存在感のある、王道パンケーキ!甘くクリーミーなソースと甘酸っぱいソース、2種類のグァバソースを絡めて召し上がれ。

<専門店好きにおすすめの理由>

パンケーキ好きなら一度は行きたい、本場ハワイの有名店!種類が豊富なので、気になるメニューを制覇するまで通いたくなってしまいますね。

<公式サイト>

http://www.cinnamonstokyo.com/

MICASADECO&CAFE 神宮前店

「大人が楽しめるパンケーキの美味しいカフェレストラン」をコンセプトとした、ジャパニーズモダンな店内が目を惹くパンケーキカフェ。パンケーキだけでなく、リゾットやボリューム満点なサラダ、サンドウィッチなどのメニューも人気です。

<住所・アクセス>
東京都渋谷区神宮前6-16-5

  • 東京メトロ千代田線、副都心線明治神宮前(原宿)駅7番出口徒歩10分
  • JR山手線渋谷駅13番出口徒歩10分

<営業時間・定休日>

  • 11:00~19:00(L.O. 18:30)
  • [定休日]なし

<おすすめメニュー>

きなこのくるみパンケーキ
生地にお餅が入っている、もちもち新食感のパンケーキ。

アイスと粒あんが添えられ、きなこと黒ゴマがアクセントにパラリ。和スイーツとパンケーキの最強タッグを、格子が美しい店内でお楽しみください。

<専門店好きにおすすめの理由>

定番のふわふわリコッタパンケーキはもちろん、餅入りパンケーキという新ジャンルが気になるお店。あらゆるパンケーキを食べつくしたという人も、新しい発見があるはず。

<公式サイト>

https://goo.gl/PhXuow

Lilibet

英国を思わせるお洒落で落ち着いた店内で、ブリティッシュパンケーキとセイロンティーをいただけるティーハウス。店名はエリザベス女王が幼少期に呼んでいた自分の名前からとったそう。小さな英国空間で、伝統的なパンケーキを楽しめるお店です。

<住所・アクセス>
東京都世田谷区池尻2-36-5

  • 東急田園都市線池尻大橋駅徒歩6分
  • 東急バス渋05/渋11/渋12系統ほか三宿停留所徒歩3分

<営業時間・定休日>

  • 11:00~20:00
  • [定休日]火曜日

<おすすめメニュー>

ブリティッシュパンケーキ
クレープのように薄いのが特徴的なブリティッシュパンケーキ。

葉巻のように丸めて、砂糖とレモン汁をかけて食べるのが伝統。レモンクラシック、バナナラムキャラメル、ベリーヨーグルトの3種類から選べます。

<専門店好きにおすすめの理由>

ブームになったふわふわパンケーキとは全く別の美味しさがある、ブリティッシュパンケーキ。英国で古くから食べられている味を知りたい人は、ぜひ訪れてみてください!

<公式サイト>

http://www.lilibet-cafe.com/

オリジナルパンケーキハウス吉祥寺店

アメリカでは誰もが知っている老舗のパンケーキ屋の東京第1号店。手間と時間を惜しまない、ふわふわもちもち食感のオリジナルパンケーキは、アメリカ全土で愛されています。朝食、昼食、夕食、さらにはデザートとしてもお楽しみいただけます。

<住所・アクセス>
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-7-1 丸井吉祥寺店 1F

  • JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅公園口より徒歩1分

<営業時間・定休日>

  • 9:00~20:00 (L.O. 19:15)
  • [定休日]不定休

<おすすめメニュー>

ダッチベイビー

オーブンでじっくり焼き上げたジャーマン生地のパンケーキです。周りはサクサク、真ん中はもちもち。熱々の生地にホイップバター、粉砂糖、レモンをかけて召し上がれ!

<専門店好きにおすすめの理由>

バターやソースなどもなんと毎日お店で手作り。一日の初めには実際に食べてみて、最高の料理になっているかチェックしているのだそう。そんな惜しみない手間暇が、添加物をほとんど使わない、やさしい味に仕上げています。

<公式サイト>

http://www.pancake-house.jp

パクチスト必見!パクチーが心ゆくまで食べられるお店7選

パクチーをこよなく愛する愛好者「パクチスト」。

ただパクチーを使ったメニューがあるだけではなく、追加でパクチーを頼めたり、パクチーが食べ放題だったり、そもそもパクチーの量が多かったりと、パクチストにはうれしいサービスがあるかも!パクチーを心ゆくまで食べられるお店をご紹介します。

アジアンフード&バーバグース

タイ・ベトナムの定番アジア料理と、アジアのお酒が豊富にそろえられた「アジアンフード&バーバグース」。

パクチー人気に火がつく前からパクチーの美味しさに注目し、20種類以上のメニューを創作してきました。パクチーを煮たり、焼いたり、ドリンクにしたり……さまざまなメニューが楽しめます。

<住所・アクセス>
渋谷区道玄坂1-6-5 九鬼ビル 2F

  • JR渋谷駅徒歩2分

<営業時間・定休日>

    [月~木]
  • 18:00~26:00
  • [金・祝前日]
  • 18:00~27:00
  • [土]
  • 17:00~27:00
  • [日・祝]
  • 17:00~23:00
  • [定休日]年末年始など

<おすすめメニュー>

パクチーと桜エビのかき揚げ

桜海老の相性抜群!パクチーに火を通してマイルドに仕上げています。サクサクの食感が人気です。

<専門店好きにおすすめの理由>

契約農家から届く、有機栽培の新鮮なパクチーが食べ放題!柔らかくて根元まで美味しく食べられます。カウンター席もあるので、1人でも心配はいりません。

<公式サイト>

http://www.wil-b.jp/bagus/

パクチーハウス東京

2007年、パクチーブームに先駆けてオープンした世界初のパクチー料理専門店です。前菜やメイン料理だけでなく、デザートやカクテルまで約50種すべての料理にパクチーを使用。元祖パクチストの聖地に、ぜひ足を運んでみては?

<住所・アクセス>
東京都世田谷区経堂1-25-18 吉川水産ビル 2F

  • 小田急線経堂駅徒歩4分

<営業時間・定休日>

  • 18:00~23:00(L.O. 22:00)
  • [定休日]年末年始

<おすすめメニュー>

生春巻き
中身は海老とパクチーのみ。

たっぷり入ったパクチーと海老とのハーモニーに、パクチストのみなさんにもきっと満足いただけることでしょう。

<専門店好きにおすすめの理由>

“交流する飲食店”というコンセプトを掲げ、相席を推奨しています。新たなパクチストと出会い、会話に花を咲かせながら、楽しい時間が過ごせるかも!

<公式サイト>

http://paxihouse.com

九十九ラーメン 恵比寿本店

「パクチーラーメン」が食べられるラーメン屋さん。麺はオリジナルの小麦粉を使用し、独特の配合と製法により作った「熟成多加水麺」。スープには国産のとんこつや鳥取の大山地鶏を使用するなど、こだわりの食材を使用しています。

<住所・アクセス>
東京都渋谷区広尾1-1-36 本国ビル 1F

  • JR恵比寿駅徒歩5分

<営業時間・定休日>

  • 11:00~29:00
  • [定休日]なし

<おすすめメニュー>

パクチーラーメン

お客様の声にこたえて、この度復活。辛すっぱいタイスープと、九十九こだわりのとんこつのWスープです。

<専門店好きにおすすめの理由>

深夜にパクチーが食べたくなってしまった!という方も安心。こちらのお店は朝5時まで年中無休で営業しています。アルコールやつまみもあるので、仕事帰りにいかがでしょうか?

<公式サイト>

http://www.tukumo.com

アジアン屋台バルクアトロ

パッタイ、ガパオライス、フォーなど、アジアン料理をがっつり食べられるお店。パクチーはもちろん、辛いもの好きにもおすすめです。「パクチーハイボール」「タコパクチー」「モツ煮パクチー」など、パクチー好きにはたまらないメニューがたくさん!

<住所・アクセス>
東京都渋谷区恵比寿南1-7-8 ニューライフ恵比寿

  • JR恵比寿駅徒歩2分

<営業時間・定休日>

  • 17:00~29:00
  • [定休日]不定休

<おすすめメニュー>

おつまみパクチー

パクチーの美味しさを一番味わうには、やはりそのままおつまみで。他の料理を待っている間に、ぜひ頼みたい一品です。

<専門店好きにおすすめの理由>

アットホームな雰囲気でソファ席やテーブル席も30人まで利用できるので、パクチー好きな友達や同僚と一緒に利用するのがおすすめ。心ゆくまでお楽しみください!

<公式サイト>

なし

パパイヤリーフ東京 渋谷ヒカリエ店

今から15年前に東京駅前丸の内ビル竣工に合わせオープンした「パパイヤリーフ」の新業態である「パパイヤリーフ TOKYO」。より洗練された雰囲気で、これまで「パパイヤリーフ」をご利用いただいた方にもご満足いただけることでしょう。

<住所・アクセス>
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 6F

  • JR渋谷駅徒歩1分

<営業時間・定休日>

  • 11:00~23:00
  • [定休日]不定休 (渋谷ヒカリエに準ずる)

<おすすめメニュー>

ゴイ・パクチー

パクチーがはみ出るほどたっぷり入った、ゴイ・パクチー(ベトナム風パクチーの生春巻)。特製タレとの絶妙な相性も楽しんで。

<専門店好きにおすすめの理由>

パクチーを千葉県市原市にある契約農場より産地直送で仕入れているため、より鮮度が高く、香りも強くなっています。また、定期的にパクチー料理を発案しているので、新しいパクチーメニューに出会えるかもしれません。

<公式サイト>

なし

チャオパクチー

農家直送国産パクチーのお店「チャオパクチー」。パクチーの美味しさを広めるべく、お料理は海老せんべい以外、すべてパクチーを使用しています。パクチーの根っこの天ぷらや、ネギパク熟成タンなどオリジナルパクチー料理が豊富なことも魅力。

<住所・アクセス>
東京都世田谷区北沢2-6-6 澤田ビル B1F

  • 京王井の頭線下北沢駅南口徒歩2分

<営業時間・定休日>

    [月・水~金]
  • 17:00~23:30(料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:00)
  • [土・日・祝]
  • ランチタイム12:00~15:30(L.O. 15:00)
  • ディナータイム17:00~23:30(L.O. 23:00)
  • [定休日]火曜日

<おすすめメニュー>

トムヤムクン

パクチーをボリュームたっぷり。レモングラス、コブミカンの葉(バイマックル)を使った出汁は奥深く、香りを引き立てます。パクチー好きには、ぜひご賞味いただきたい一品です。

<専門店好きにおすすめの理由>

自慢のパクチーはお替わり無料!山盛りのパクチーを、堪能できます。存分にお楽しみください!※1品につき1回まで

<公式サイト>

https://chaophakchi.owst.jp/

中村玄

テーマは「パクチー&羊&スパイス」の中国料理店。マンションの一室にあるので最初は入ることをためらってしまいがちですが、一歩入れば美味しそうな匂いに引き込まれます。お通しの大量パクチーにはびっくり!

<住所・アクセス>
東京都渋谷区恵比寿南1-18-11 西田ビル 201

  • JR恵比寿駅徒歩2分

<営業時間・定休日>

    [月~金]
  • 18:00~24:00(L.O. 23:00)
  • [土・日・祝]
  • 18:00~23:00(L.O. 22:00)
  • [定休日]なし

<おすすめメニュー>

麻辣火鍋(汁なし火鍋)

日本でまだ数軒でしか食べられない麻辣火鍋。花椒と朝天唐辛子をふんだんに使った汁なし火鍋です。10種以上の旬野菜の素揚げとお好みの材料を炒めています。辛さが選べるのも嬉しいですね。

<専門店好きにおすすめの理由>

汁なし火鍋とパクチーの両方が味わえるお店はなかなか無いのでは?さらにパクチーはおかわり自由!つけダレと合わせてご堪能ください。

<公式サイト>

なし

知らなかったら要チェック!東京で話題のトレンドグルメ

今回ご紹介したアボカドやパンケーキ、パクチー以外にも、話題のグルメは多数登場しています。話題のお肉をはじめ、すでにおなじみのメニューもさらに美味しく・お洒落にパワーアップしています。

【1】ジビエ

ジビエとは、フランス語で狩猟などによって食用として捕らえた鹿やイノシシなどの野生の鳥獣、またはその肉を意味します。狩猟文化のあるヨーロッパが発祥とされていて、当時から高級食材とされており、年々日本での人気も高まっています。

鹿やイノシシが「低カロリー・高タンパク」であることや、ワインと相性が良い点も、お酒好きの大人女子にはうれしいですよね。

【2】コーヒー

日本人のコーヒー消費量は年々増加傾向にあるそうですが、最近は働き方改革にともないカフェで仕事をする人も増加中。さらに今年は、焙煎機が導入された新形態のスターバックスが中目黒にOPENする予定なのだとか。

出勤前、または午後のリフレッシュの一杯が進化していくかもしれませんね。年々進化していくコーヒーの飲み方に今後も目が離せません。

【3】日本茶

すでになじみ深い日本茶、おうちで毎日飲んでいるという方も多いのではないでしょうか。最近はお茶そのものの味わいはもちろん、それを楽しむための空間やサービスなどにも力を入れた飲食店が増えています。

都内にはアートと組み合わせた空間を演出した店舗や、ティースタンドとして気軽に立ち寄れるお店も登場。温度や淹れ方によって味が変わる、新感覚の日本茶の楽しみ方に注目が集まっています。

【4】エディブルフラワー

エディブルフラワーとは、食用のお花のこと。観賞用とは違い、食べることを目的として作られています。食用のお花といえば日本では菊の花が有名ですが、種類は豊富で、季節によってマリーゴールドやラベンダー、パンジーなど、彩り豊かでキュートなお花が楽しめます。

飲食店などではすでにエディブルフラワーに力を入れたメニューもあるそうですよ。SNS全盛の時代、フォトジェニックな1枚を撮るなら欠かせないアイテムになりそうです。

食事は大切なコミュニケーションの時間

食事は、睡眠と並んで欠かすことのできない時間の1つです。プロジェクトの打ち上げや送別会など大勢でわいわい楽しく過ごすのも魅力的ですし、気分が上がらないときやちょっと落ち込んだときでも、友人とテーブルを囲むことで元気が出たりすることもありますよね。

仕事でもプライベートでも、コミュニケーションとしての重要な役割を担っているからこそ、ここぞという場面でのお店選びは慎重に行いたいものです。

好みに合わせたお店選びで信頼感アップ!

そんな食事の時間を充実させるために、仕事仲間や友人を誘うときは、美味しくて話題性のあるお店をチェックしましょう。

一緒に楽しい時間を過ごせば仲が深まりますし、事前に相手の好みがわかれば、それに合った話題性のある専門店をチョイスすることで新たなコミュニケーションが生まれることも。楽しい食事の時間は、人間関係を良好に導き、心身をより健やかにしてくれるはず。

好みに合わせたお店選びで周囲に喜ばれることはもちろん、あなたのセンスへの信頼感や評価もアップするかもしれませんね。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

898



ページのトップへ