公開日:2018/03/15 

女性には嬉しいことだらけの豆乳バナナダイエット!その効果をさらにUPさせるには?

豆乳やバナナは健康や美容に効果的であるとされていますが、ダイエットにも大変よい効果を生み出してくれることがあります。

そして、特に注目されているのが豆乳バナナです。豆乳バナナを使ったダイエットとは、いったいどんなものなのでしょうか。その方法や効果を探ってみましょう。

豆乳バナナダイエットは夜飲むより朝が効果的

豆乳バナナダイエットとは、食前に豆乳バナナを飲むだけの非常に簡単なダイエットです。先に豆乳バナナを摂取しておくことで、そのあとの食事量を抑えることができます。

また、無理は禁物ですが、食事を1食置き換えるというのもよいでしょう。

特に朝は忙しく、なかなかきちんとした朝食を食べられないという方も多いのではないでしょうか。そんなときは、豆乳バナナを飲んで朝食代わりにするのがよいでしょう。

豆乳とバナナの効果

豆乳とバナナにはさまざまな成分が入っているため、ダイエットはもちろんのこと、それ以外にも女性に嬉しい効果が期待されています。

◆どちらもカロリーが低く、腹持ちがよい

豆乳バナナがダイエットに向いていることには、そのカロリーの低さがあります。

カロリーが低いながらも、栄養を豊富に含んでいることが、この豆乳バナナがダイエットにぴったりな理由なのです。

また、カロリーが低いだけでなく、腹持ちのよさもポイントです。

お腹がすいてしまうとついつい何かを食べたくなってしまいますから、腹持ちがよく、空腹を防いでくれる豆乳バナナは、食欲を抑えるのに役立ってくれるはずです。

◆豆乳

豆乳には大豆由来のたんぱく質、そして女性ホルモンに近いはたらきをしてくれるイソフラボンが含まれています。

たんぱく質は体にかかせない栄養分ですが、特に豆乳に含まれる植物性たんぱく質は、脂肪を燃焼しやすくしてくれる効果が期待できます。

イソフラボンは女性の場合、女性らしい体作りをすることに役立ってくれます。

◆バナナ

バナナに含まれるポリフェノールには、冷え性を改善してくれる効果が期待されますし、食物繊維を豊富に含んでいるため、腸内環境を整え、老廃物を排出するのにも役立ってくれます。

また、カリウムが含まれていることから、むくみ改善も期待することができます。

豆乳のイソフラボンは生理不順改善にも役立つ

豆乳にはイソフラボンが含まれていますが、これは生理不順を改善したり、生理前や生理中のいらいらした感情を解消したりしてくれる可能性があります。

過剰摂取は禁物

豆乳バナナが体によいからといって、大量に摂取するのは控えましょう。

豆乳に含まれるイソフラボンは、過剰摂取することでホルモンバランスの崩れを起こすことがあり、生理痛が重くなったり、出血量が極端に増えたり減ったりしてしまう可能性もあります。適度な量を心がけましょう。

取り入れるなら朝がおすすめ

豆乳バナナダイエットをするときにおすすめなのが、朝食に取り入れることです。

朝食であれば気軽に取り入れられるほか、朝に胃腸をしっかりと刺激して便秘を解消してくれることや、痩せやすい体作りに一役買ってくれることがあるからです。

豆乳バナナダイエットはこのように、ダイエット以外にも役立つとされています。

しかしながら、その豆乳バナナはどこで入手すればよいのでしょうか。次は豆乳バナナの入手法を見ていきましょう。

豆乳バナナダイエットは市販のものでもできる?

肝心の豆乳バナナはいったいどのように手に入れればよいのかというと、豆乳バナナは自分で手作りすることができます。

豆乳バナナの作り方

豆乳200mlほどとバナナ一本を用意し、バナナを小さく切ってから豆乳とともにミキサーで混ぜ合わせるのみです。

ミキサーをかけるときは、自分の飲みやすい具合に、好みで調整しましょう。

豆乳とバナナだけでは飲みづらいと感じた場合は、少し調味料を加えるのがおすすめです。

はちみつやシナモンが人気ですが、気分を変えて黒ゴマやきなこを取り入れて和風にするのもよいでしょう。自分が飲みやすいように、いろいろと試してみてください。

飽きたらデザートにしてみる

豆乳バナナを毎日飲んでいると、飽きてしまう人も多いのではないでしょうか。そんなときは、ムースにしたりプリンにしたりと、デザートに変えて食べてみるのもよいかもしれません。

カロリーに注意する必要がありますが、雰囲気を変えると食べやすく、気分転換にもなります。

作るのが苦手な方は市販でもOK

豆乳バナナを作る時間がない、あるいは家にミキサーがないなど、豆乳バナナを作れない場合は、市販の豆乳バナナジュースを取り入れるのも一つの手です。

また、時間がないときは、バナナと豆乳を一緒に食べるだけでもよいでしょう。バナナを食べやすい大きさに切り、豆乳を注ぐだけです。

自分で続けやすい方法を見つけることがとても大切です、無理のない範囲でおこないましょう。

豆乳バナナダイエットをするとき、自分のおこないやすいタイミングで続けるのももちろん大切ですが、じつのところ、効果的にダイエットをおこなえるタイミングというものがあります。

次は効果的な豆乳バナナダイエットのポイントをチェックしましょう。

豆乳バナナダイエットは生理前の1週間に飲むと効果的!

豆乳バナナの効果をしっかりと引き出したい場合、あるポイントを押さえるだけで、効果が大きく変わる可能性があります。

それは豆乳バナナを飲むタイミングです。これが、生理前の1週間の間に飲むと効果的であるといわれています。

なぜ生理前なのかというと、生理前はデトックスをまさにおこなうとする直前の時期だからです。

生理がくる前に、できるだけ腸内環境をよくしておき、生理のタイミングで大きなデトックスをはかるように準備します。

このことで、いつもよりも痩せていく効果を実感できることがあるのです。

置き換えや食前に摂取するダイエットはいろいろありますが、豆乳バナナは気軽に摂取できるほか、朝ごはんの代わりとしてもよい効果をもたらしてくれます。

また、甘いものが制限されるダイエットでも、豆乳バナナは取ることができるので、甘いものが好きな方にとっても向いているダイエットといえるでしょう。

まずは気軽に、朝ごはんから取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

374



ページのトップへ