公開日:2017/10/23 

今年の冬は冷やさない!体をあっためるほっこりスープレシピ

秋も深まり、一雨ごとに寒さが到来してくるのを肌身で感じるようになりました。寒くなってくると途端に感じるのが切実な体の冷え。今回は、そんな冷えがもたらす体への影響や、お手軽な温活アイデア、そして寒い時期にうれしい、簡単にあたたまるスープのレシピをご紹介します。

冷えは万病の元!?美容健康との因果関係

一年365日手足が冷たいのはなぜ?

冬に限らず、夏でも手足を触ると冷たい人。夏なのになぜ?と思うかもしれませんが、どうやら冷えは冬の寒さからくる冷えだけではなさそうです。実は体の冷えの原因は、大きくわけて3つに分けられます。

【冷えの原因】
  • 血流の滞り
  • 筋肉の衰え
  • 自律神経の乱れ

体の中の血のめぐりが悪くなると、手や足などの末端にまで酸素や栄養素を送ることが難しくなり結果、真夏でも手や足が冷えるという症状がおこります。また、近年、特に無理なダイエット等で食事のバランスが乱れたり、運動不足による筋肉の衰えも冷えの原因の一つといわれています。そして、不規則な生活やストレスなどが原因で自律神経が乱れると、体全体の巡りが悪くなり、結果冷えにつながることもあるようです。

冷えからおこるさまざまな症状

体が冷えると、体の免疫力が低下し、ウイルスにかかりやすくなります。また、血流の滞りにより体に老廃物がたまり、肩こりや腰痛の原因にも。代謝の衰えにより体のむくみや貧血にもつながります。一方お肌にも、吹き出物がでたり、顔色が悪くなったりとさまざまな影響を及ぼします。

実はこんな行動が冷えの元だった

冷え対策の前に、まずは日頃の何気ない行動が冷えにつながっていることを知っておきましょう。

【冷えをまねく生活習慣】
  • 味噌汁はめったに飲まない
  • 生野菜だけ、果物だけなどの偏った食生活
  • 不規則な生活

冷たい飲み物を定常的に飲んでいると体を冷やすということはよく知られているとおもいますが、食事の際に味噌汁を飲んでいますか?一人暮らしだと、ご飯とおかずを準備するのが精一杯で意外と味噌汁を飲まない人が多いとききます。味噌汁は、体を温めるだけでなく、発酵食品である味噌は体の代謝を促すといわれています。寒い朝、味噌汁を飲んで外出すれば、体は自然とぽかぽかしてきます。

ダイエット中にありがちなサラダだけのランチや、果物だけの朝ごはんなどは、危険です。生野菜や果物は体が冷える原因となります。また、体を燃焼させるたんぱく質を摂取しないと、代謝もあがらず冷えにつながることに。そして不規則な生活は、自律神経のバランスを乱し、血の巡りを停滞させる結果に。基本的なことですが、三食バランスのとれた食事をとり、規則正しい生活をおくることがまずは冷えを改善するための基本といえるでしょう。

知っておきたい!体を温めるための生活習慣

今日からはじめられる温活

基本の食生活、生活のうえで気をつけるべきことを知った上で今日からはじめられるからだを温めるためのヒントをご紹介します。

まずは、服装。真冬はもちろんですが、日頃から靴下を履く習慣をつけましょう。そして、寒いに日はミニスカートにロングブーツもかわいいですが、靴下2枚重ねなどの工夫をしてできるだけ冷やさない服装を心がけるといいです。昔私が中国にいた際には、真冬になると女性は皆ズボン。ミニスカートにロングブーツの私はよく、寒くない?と注意されていました。

そして、2つ目は環境です。暖房もいいのですが、暖房の効いた部屋にいると体が自分で体温調整することを忘れてしまいます。湯たんぽと足湯は体を温めるのにおすすめです。そして、お風呂は湯船にしっかりつかりましょう。 最後に気をつけたいのが体に筋肉をつけること。適度な運動でよいのですが、筋トレで体の筋肉が衰えないようにすることが大切です。今は、アプリなどで筋トレできるものがあるそうなので、おうちで手軽に筋力アップもできそうですね。

体を冷えから守る食材

温活で一番気をつけたいのがやはり食事です。毎日の食事の内容に気をつけることで冷えから体を守りたいですね。ここでは、積極的に摂りたい食材についてみてみましょう。

【【積極的に摂りたい食材】
  • 南瓜、ほうれん草
  • 香味野菜
  • 鮭、秋刀魚、鯖等の青背の魚
  • 納豆などの大豆製品
  • アーモンド、カシューナッツ
  • レバー

玄米、胚芽米南瓜やほうれん草などの緑黄色野菜、そしてアーモンドカシューナッツ、鮭などの青背の魚は血液の流れを促進するビタミンEを豊富に含みます。また、香味野菜は、発汗促進や、玉ねぎに含まれるアリシンは代謝を促進する効果があります。納豆には代謝に必要なビタミンB2が多く含まれます。また、体内に酸素を送るのに必要な鉄分を多く含むレバーもしっかり摂取しておきたいですね。

体を温めるほっこりスープレシピ

スープをおすすめする理由

前述のとおり、最近、味噌汁などの汁物を飲まない人が増えているそうですが、実は汁物は忙しいときほどお手軽につくれてしっかり栄養素もとれる一品です。温かい飲み物を飲むことにより体が温め、また、汁物にしっかり具材をいれて一緒に煮込むことにより時短で栄養バランスのとれたご飯をいただくことができます。

特にスープは、冷蔵庫にある野菜や卵などをいれるだけで手軽につくれる一品です。味付けは市販のコンソメスープの素をつかって下味をつけておけば、普段はお料理をあまりしない方でも失敗することはないはず。コンソメスープに飽きたら、トマト缶を加えてトマトスープにしたり、カレー粉をいれてカレースープにしたりと、味の変化を後からつけることができるのもおいしく続けられるポイントです。

白いんげん豆と香味野菜のポタージュ

お手軽につくれる白いんげん豆の水煮をつかったポタージュスープを紹介します。

【材料】2人分
白いんげん豆水煮     100g
きのこ(お好みのもの)  100g
玉ねぎ          1/4個
長ネギ          1/4本
オリーブオイル      大さじ1
ローリエ         1枚

酒粕           30g
白味噌          小さじ2
塩、胡椒
タイム  適量

【作り方】
1. 白いんげん豆水煮は水気を切り、缶の煮汁に水を加えて200ccになるようにして一緒に鍋にいれ、ローリエをいれ中火で10分煮込む。
2. Aを溶きいれ、ブレンダーで攪拌する。
3. 再び弱火で加熱し塩、胡椒で味を調え器に盛る。ちぎったタイムを飾る。

高たんぱくな白いんげん豆と香味野菜をたっぷりいれたスープで体の中からあたたまるメニューです。

一杯のスープで寒さに負けない体づくりを

冷えは、放っておくと、肩こりや腰痛、生理不順など体の健康面だけでなく、肌荒れなどの美容やメンタルといったところにまで影響を及ぼすといわれており結構侮れません。冷えを改善するには、口にするものから変えていくのが一番手軽にはじめられ、継続できる対処法といえます。まずはお手軽につくれる一杯のスープで寒さに負けない体づくりをめざしませんか?

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

118

Editor's Information

今年の冬は冷やさない!体をあっためるほっこりスープレシピ
河合真由子(かわい まゆこ)

フードスタイリスト、フードコンサルタント

大学卒業後、流通業界に就職。その後、海外で飲食店の出店支援やカフェの立ち上げに携わる。海外滞在中の仕事や日常生活をとおして、食は万国共通のキーワードであることを実感。帰国後、祐成陽子クッキングアートセミナーでフードコーディネーター資格取得後、独立。
現在は、TV、書籍、広告のスタイリング、メニュー開発、食にまつわる新規事業のコンサルティングを行う。朝のTV番組での仕事がきっかけとなり、OL女子のための朝活コミュニティ「とっておきの朝食会」を主催

HP:http://recipeoflife.jp/
とっておきの朝食会 https://www.facebook.com/choushoku/