公開日:2018/02/23  最終更新日:2018/07/13

たるんだお尻の下の肉をキュッと引き締めて小尻になる方法!

キュッと引き締まった小さなお尻はカッコいいものです。一方で、ぶよぶよと脂肪がついた大きなお尻はだらしなく見えるでしょう。

引き締まった小尻になるには、お尻についたお肉を落とさなければなりません。この記事では、お尻の脂肪を落として小尻になる方法をご紹介します。

あなたのお尻の脂肪を落とすには?

油っこいものやスイーツなどを食べ過ぎているとお尻にも脂肪がつきます。それを阻止するために食事制限をして摂取カロリーを減らすことも、確かにお尻の脂肪を落とす方法の一つですが、お尻のエクササイズやストレッチをする方がより効果的です。

お尻の脂肪を落とすには、次のような方法があります。

お尻のエクササイズやトレーニングをすることでお尻の筋肉を鍛える

お尻の脂肪を落とすには、ヒップリフトやヒップレイズといった、お尻の筋肉を引き締めるエクササイズが効果的です。

これらのエクササイズは、普段使っていないお尻の筋肉に刺激を与え、お尻の柔軟性を高めてくれます。お尻の筋肉がやわらかくなり、お尻を使って歩くことができれば、お尻の脂肪も落とせます。

例えば「お尻歩き」は、その名の通りお尻だけを使って前へ進む運動で、気軽にお尻の筋肉を鍛えることができます。お尻歩きは特に骨盤周辺の腸腰筋などの筋肉が鍛えられ、筋肉が発達することにより脂肪も燃焼し、憧れの小尻を目指せます。

マッサージやストレッチをしてセルライトができるのを予防しよう

お風呂上がりやお風呂の中でお尻をマッサージしたり、ストレッチをしたりすると、血行がよくなり、余分な水分が排出されやすくなって、溜まった老廃物もスムーズに流れるようになります。

特に1日中座っている仕事や、立ったままの仕事をしていると、お尻の血行が悪くなってしまうので、マッサージやストレッチで、お尻の筋肉をほぐし血行をよくすることが大切です。

お尻の血行が悪いままでいると、お尻にセルライトができてしまいます。セルライトとは、脂肪と老廃物の塊のことで、お尻が冷たい、皮膚の表面をつまむと凸凹ができる、といった現象が見られたらまずそれはセルライトです。

セルライトは脂肪を落とすよりも難しいので、できるだけセルライトにならないよう、マッサージやストレッチをすることで予防をすることが必要です。

骨盤の歪みを改善してお尻を小さくする

骨盤の歪みも、お尻が大きくなる原因の一つです。お尻を小さくするには、骨盤の歪みを改善することも方法の一つとして挙げられます。

骨盤が歪むとどうしてお尻が大きくなるの?

骨盤が歪むと、骨盤が広がって、骨盤の周りにつく筋肉が偏ることで、お尻が大きくなります。骨盤の歪みにはさまざまな形があり、平行な骨盤なら正常ですが、右、もしくは左側の方に傾いていると、左右のどちらかのお尻が大きくなることがあります。

また、骨盤が前傾しているとお尻が突き出てしまい、後傾していると猫背になったり、お尻が垂れやすくなったりするので注意が必要です。

骨盤の歪みの原因はコレ!

骨盤の歪む原因の一つに、出産で骨盤が開き、矯正をしないままでいるということがあります。また、骨盤が歪むのには以下のような生活習慣が原因になっていることもあります。

  • 横向きで寝ている
  • 長時間座りっぱなし
  • しめつけの強い下着を身に着けている
  • 布団が重く寝返りがうちにくい
  • 横座りのクセがある
  • 足を組むクセがある
  • バッグなどを片側だけで持つ

骨盤の歪みを改善するためには、これらの習慣を見直すことが大切です。

骨盤矯正をして骨盤の歪みを改善しよう

骨盤矯正をすることで、歪んだ骨盤を正常の位置に戻すことができます。ここでは、寝ながらできる骨盤ストレッチをご紹介します。

  1. 仰向けに寝て、両足を外側に曲げ(アルファベットのWのような形にします)、20秒程度キープします。
  2. 両足を逆に曲げて、右足と左足の裏をつけます。膝はできるだけ、床につけるようにしましょう。

お尻を上げてお尻の筋肉を刺激するヒップリフトも、骨盤も前後の傾きを調整する効果があると言われています。ヒップリフトは、お尻のエクササイズの一つでもあるのでおすすめです。

お尻の下の肉をどうにかしたい!

お尻の下の肉がついていると、お尻が大きく見えてしまいます。お尻の下の肉を撃退する方法をご紹介します。

補正下着をつけることでお尻を小さくする

補正下着をつけるなど、毎日着用する下着を工夫することでも、お尻を小さくすることが可能です。

補正下着の中でおすすめの一つが「フライビシット」です。フライビシットは骨盤補正ショーツで、骨盤をしっかりサポートしながらヒップアップすることができると口コミで評判になっています。

ウエスト周りのお肉もスッキリするのもメリットです。また、フライビシットはレース生地を使ったオシャレなデザイン、と口コミで好評です。

お尻を小さくするクッションって何!?

「メイクヒップス ベーグルクッション」はべーグルのような形のクッションが2つくっついていて、左右に傾斜があり、座ると両側からお尻を押してくれます。座っているだけで血行がよくなり、お尻の下の肉を減らしてくれるというグッズです。

エクササイズをしてお尻の下の肉を引き締めよう

お尻の下の肉を引き締めるためには、エクササイズを行うとより効果が期待できます。

  1. 床にうつぶせに寝ます。両手はアゴの下に置きましょう。
  2. 両足はできるだけ開きます。
  3. 右足を足の付け根からゆっくりと持ち上げます。
  4. できる高さまで上げたら、ストップして30秒キープし、下ろします。
  5. 反対側も同じように行います。

足を上げる際、無理をしない高さまでで大丈夫なので、足を上げすぎて腰に負担がかからないように注意しましょう。このエクササイズのポイントは、反動をつけずに、ゆっくりと足を上げることです。

歩き方を意識してお尻の下の肉を解消

歩くときには、以下の点に注意して、そしてお尻を意識して歩きましょう。

  • 足の親指に力を入れて歩く
  • 視線は前を向き、背筋を伸ばして歩く
  • 大股で歩く

このようなポイントに注意して歩く習慣をつけると、お尻の筋肉が鍛えられ、ヒップアップに繋げることができます。

あらゆる角度からアプローチをしてお尻を小さくする

お尻を小さくするには、エクササイズでお尻を引き締めるのが効果的です。自分にできるエクササイズをできれば毎日、無理なら定期的に行うようにしましょう。

また、骨盤の歪みを改善することもお尻を小さくする方法の一つです。補正下着を身に着けたり、歩き方を意識したりするなど、あらゆる角度からヒップアップにアプローチして、憧れの小尻を手に入れましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

3,893



ページのトップへ