公開日:2018/02/26 

ジムでお腹痩せをするならどんな運動や器具を使えばお腹が割れるの?

放っておくとポッコリしてきたり、いつの間にか幅が広がっていたりするお腹太りに秘かに悩んでいる人は少なくありません。お腹痩せしよう!と一念発起したら、ダイエットに役立つ器具を自由に使えるジムで運動するのがおすすめです。ここでは、ジムでお腹痩せをする方法について紹介します。

ジムに通ってお腹痩せを目指す

ダイエットのためにお金をかけてジムに通うのはもったいないという意見もあるかもしれませんが、最近のジムは通いやすい料金になっているのをご存じでしょうか。健康や美容のために、幅広い年代の人が日常的に利用しています。

ジムの良いところは、効率よく体を動かしてダイエットなどの目的をスムーズに達成できる点です。孤独で挫折しやすいダイエットが、運動する環境とサポートしてくれる人が整うことで成功しやすくなります。お腹痩せなどの部分痩せも、ジムの運動器具を利用することで実現可能です。

お腹痩せの成功に最も効果的なポイントは、ジムで何をしたかよりもジムに通うことにあるといってもいいでしょう。もちろん何も運動しないのでは意味がありませんが、ジムに通うことが継続的な運動につながるのですから、自宅でダイエットに励む方法より気持ち的にも楽です。

ジムのメリットは、無酸素運動と有酸素運動を組み合わせて運動しやすい点にもあります。ウォーキングやジョギングのような有酸素運動は体一つで独自に始められますが、筋トレのような無酸素運動はジムで器具を使ったほうが便利です。有酸素運動だけをおこなうより、無酸素運動と有酸素運動を組み合わせたほうが短時間で成果をあげられます。

有酸素運動は脂肪を燃焼するには効果的な一方で、ある程度以上の時間を運動し続けないと脂肪が燃え始めないのがネックです。また、脂肪を燃焼させただけでは筋肉が引き締まらないため、メリハリのあるウエストを作るには無酸素運動で筋肉をきたえる必要があります。基礎代謝を向上させるためにも、無酸素運動で筋肉を作ることは重要です。

お腹痩せをするのに最適な環境が揃ったジムでは、専門知識を備えたトレーナーのサポートを受けながら運動メニューに取り組めます。どの運動をどの順番でおこなえば良いか自分で考える必要もなく、目的にストレートに向かっていけるでしょう。

ジムでお腹痩せをするにはどんな運動法が良いのか?

お腹痩せをするためにきたえたい筋肉は、腹筋です。さらに細かく分けると、お腹の全面にある腹直筋・肋骨下から腰骨あたりの腹斜筋・腹斜筋の深部にある腹横筋などをきたえる必要があります。ただし、腹筋をきたえる前には、ストレッチをしておくことも大切です。

ストレッチで準備運動をすることで、怪我を防ぐ効果の他に血液やリンパの流れをよくする効果を得られます。結果として筋肉が柔らかくなり、脂肪を燃焼しやすくなるのです。筋肉をきたえる無酸素運動は脂肪の燃焼にはつながらないため、ストレッチで脂肪燃焼効果を上げてから筋トレをする順番がお腹痩せには効果的です。

筋トレでの無酸素運動は直接的には脂肪燃焼につながらないものの、成長ホルモンが出て脂肪燃焼に役立つメリットがあります。さらに筋トレの順番に気をつければ、有酸素運動よりも短い時間で大きな効果を得られます。ポイントは、より大きな筋肉から順番にきたえることです。負荷をかけるときに息を吐き、元に戻すときには息を吸うという呼吸法にも気をつけましょう。

アスリートやプロのスポーツ選手も取り入れていることで話題の体幹トレーニングは、体を支える体幹をきたえることができます。腹筋も体幹の一つで、きたえるとお腹痩せはもちろん、内臓が正しい位置になって便秘が解消される効果を得られます。体のラインが美しくなり、姿勢が良くなる他、疲れにくくなるなどの効果もあり、体幹トレーニングができるジムが人気です。

お腹痩せできるジムの器具はどれ?

ジムでは、器具を使ったトレーニングも器具を使わないトレーニングもできます。お腹痩せが目的のときには、腹筋をきたえることができるアブドミナルのような器具もおすすめです。肩の上にハンドルが伸びているスタイルが一般的で、上半身を固定させた状態で前方に丸めることで腹筋をきたえます。負荷が高いマシンですが、その分お腹痩せの効果は絶大です。

ロープクランチ、またはケーブルクランチと呼ばれる器具は、マシンの前に膝をついて座り、ロープを引く動作によって腹筋をきたえるトレーニングです。腹直筋と腹斜筋を同時にきたえることができるため、バランス良くお腹痩せを実現できます。他のマシントレーニングに比べると、腰に負荷がかかりにくいのも特徴です。

ロープクランチには、いくつかバリエーションもあります。ロープを引きながら体を丸めるときにサイドに体をひねるようにすると、腹斜筋をきたえるのにより効果的です。なるべく、腹筋に意識を集中しながらトレーニングしましょう。細かな注意点もありますから、ジムでトレーナーのサポートを受けながら取り組むことをおすすめします。

ハンギングレッグレイズは、バーにぶら下がって膝を伸ばした状態で足を上げる運動をするトレーニングです。腰の高さくらいまで足を上げるのが理想で、シンプルな動きで誰にでもおこなえます。膝を曲げ伸ばしすることで、負荷を調節することも可能です。

レッグレイズは、トレーニングベンチに仰向けになって足を上下させるトレーニングです。ハンイングレッグレイズの姿勢を変えたバージョンともいえます。膝を曲げても腹筋に効果があり、腹筋だけでなく下半身全体をきたえることもできます。レッグレイズはジムで器具を使わなくてもできそうな運動ですが、ベンチに仰向けになることで背中や腰を安定させられるのがメリットです。

通うほどにやる気が出るジムでのお腹痩せトレーニング

ジムでのトレーニングは、お腹痩せという目標を持っているときに心強い味方となってくれます。腹筋をきたえる運動を続けるのは、なかなか大変なものです。つらい筋肉痛や、すぐには効果が目に見えないことから、挫折しそうになることもあるでしょう。そんなとき、ジムに通うという習慣をつけておけば、頭で考えなくても体を動かすことができるのです。無心に通えば、確実に成果が出てやる気も出てくるのがジムでのお腹痩せの良いところです。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

7,748



ページのトップへ