公開日:2017/05/24  最終更新日:2017/06/14

アトピー肌でも安心して使える化粧水を見極めるには?

かゆみやかさつきなどが見られる肌トラブル、「アトピー性皮膚炎」。アトピー性皮膚炎でも安心して使用できる化粧水はあるのでしょうか?アトピー症状と向き合うポイントを踏まえ、ご紹介します。

まずはアトピー性皮膚炎を知る

そもそもアトピー性皮膚炎とはなんなのか?

アトピーとは、痒みを伴った湿疹が全身にできる皮膚の病気です。アレルギー体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い状態の時に引き起こされる可能性が高く、良くなったり悪くなったりの繰り返しという症状が多くみられます。体質の遺伝も多く関わっているようで、生後間もない赤ちゃんでも発症するケースが多々あります。

また、大人になってから発症するケースも最近では多いようです。アトピーの症状が強いときによくあることですが、掻きむしる、悪化する、治るという悪循環に陥りがちなのが特徴です。うまく症状をコントロールできるように、ポイントを押さえていきましょう。

アトピー症状とうまく向き合うポイント

アトピーといっても、常に症状が出現しているという訳ではなく、症状が緩和されている状態の時もあります。一方で、痒みがひどく、掻きむしってしまうことでさらに炎症がひどくなってしまうという悪循環に陥ってしまうこともあります。そのような時は、まず炎症を最低限に抑えることがポイントです。炎症を抑えるとともに、保湿をしっかりと行うことで皮膚への刺激を極力防ぐことが大切です。

アトピー症状は皆同じではない

アトピー症状のある方にとって、保湿をする為の基礎化粧品の口コミは非常に重要な情報だと思います。 しかし、口コミが良いからと言って、その化粧品が自分の症状に適しているとは限りません。アトピーを悪化させないためにも、その時の自身の症状ときちんと向き合いながら化粧品を選ばなければいけません。アトピーといえど、人によって症状は千差万別だからです。

化粧水を選ぶ際のポイント!

保湿力を重要視して選ぶようにする

アトピー性皮膚炎の肌の状態というのは、極端に肌の皮脂分泌量が少なく角質層の潤いを保つ機能が非常に少ない状態です。また、肌表面が乾燥していることにより外部からの刺激を非常に受けやすくなっており、その刺激によって肌がダメージを受けてしまうのです。 この、肌の状態にはどのくらいの保湿力が必要なのでしょうか。

乾燥肌、特にアトピー肌への保湿としては「セラミド」成分が有効と言われています。セラミドの効果としては、細胞同士の隙間を埋める役目を果たしながら水分を保持してくれる、まさに「ディフェンダー」のような存在です。また、持続時間も塗布してから24時間ほどの保湿力が持続します。

アレルギー反応が起きないように慎重に!

アトピー肌に合う化粧水を選ぶポイントのもう1つとしては、アレルギー反応が起きないこと。せっかく、しっかりと保湿を行っても肌自体がその化粧水に含まれる成分に合っていなければ元も子もありません。何気なく、成分に気を遣わずに買った化粧水を使ったことにより今まで出なかったぶつぶつが出たり、赤味や痒みが出てしまったり。そういった経験をした方も少なくないのではないでしょうか。

一度、化粧水の成分に対しアレルギー反応がでてしまったら痒みや赤味が治まるまで時間がかかります。まずは、化粧水を選ぶ際にパッチテストを行いましょう。いくら、アトピー肌向けや敏感肌用などと謳っていても、自身にあっているかどうかは試してみないとわかりません。

オーガニックは肌にも優しい!?

最近ではオーガニックコスメが人気ですが、そもそも植物由来のオーガニックコスメってアトピーにも優しいのでしょうか。名前やイメージからすると全く刺激もなく、もちろん当たり前にアトピーや敏感肌にも優しいでしょうと思う方がたくさんいるでしょう。

しかし、待ってください。オーガニックコスメの原料となっているのは「植物」です。その植物成分により、かぶれを起こしたりなどのアレルギー反応が現れる可能性もあるのです。

ですから、オーガニックコスメだと油断をして下調べもせずに購入するのは控えたほうが良いかもしれません。まずオーガニックコスメを選ぶ際にもその商品にはどういった成分が入っているのかをお店の方と相談してみることをオススメします。

市販の化粧水がどうしても合わないときには?

まずは皮膚科で相談を

様々な情報を見つけて、選びに選び抜いた化粧水。しかし、どうしてもご自身の体調などによって何を使っても合わない事も考えられますよね。「私は化粧水を使えないの!?保湿ができないじゃない!」と嘆いてしまうでしょう。そんな時は、自己判断をせずにプロの意見を聞きましょう。

行くのは勿論「皮膚科」です。もちろん、アトピー症状がひどい時には薬を処方してもらうために通院をしているでしょう。しかし、薬ではなく保湿をするための化粧水選びについて相談してみましょう。

皮膚科では、市販されていない保湿力が高いローションを処方してくれます。化粧水とは少し違うかもしれませんが、「ヒルドイドローション」という大変保湿力が高いものが保険適用により処方されます。刺激もほとんどなく、敏感になっている肌にも優しく作用することでしょう。

温泉の効能に頼ってみる

みなさんは、温泉の効能を気にしたことがありますか?女性であれば「美肌の湯」と効能の記載があれば、ついつい入ってしまうのではないでしょうか。泉質は11種類に分類されており、その中でアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患などに効果を期待できる泉質がいくつかありますのでご紹介します。

それは「酸性泉」です。アトピー性皮膚炎の原因と言われている黄色ブドウ球菌の増殖を防ぐ殺菌作用が高い泉質と言われています。また、そのほか「硫黄泉・単純温泉・炭酸水素泉・塩化物船泉」などが効果が期待できる泉質と言われています。ただ、体質やアトピー症状にあっているかどうかはわからないので、温泉に行く前にお医者さんに相談するのをおススメします。

身体の中からいたわる

よく、内臓などの調子が悪いと肌も荒れると言います。実際、胃腸の調子が悪いと口元などにぷつぷつと小さな湿疹がでたりします。アトピーの症状も似たようなことはありませんか?身体が疲れたりしてたり、調子が悪かったりすると、落ち着いていた症状も一気に不調になるなんてことが。ですから、化粧水を調べつくして購入しても体の内側から調子がのっていないと、肌にあうものも正確な使い心地はわかりません。

新しい化粧水を買って肌に使うときにはパッチテストをきちんと行い、体調もベストな時に使用してみましょう。 アトピーじゃない人にも言えることですが、生理前などの肌の調子が悪くなる時って、いつも使っている化粧水が全然合わなくなったりしませんか?生理前などの身体のサイクルとして不調になるときは仕方がありませんが、日々健やかな肌を保つために体内環境もしっかりと整えるようにしましょう。

アトピー肌への化粧水選びは慎重に

アトピー肌といっても多種多様。ですので、化粧水選びにも「これ!」といった答えはないのかもしれません。

  • 長年アトピーに悩まされている方も、大人になってから発症した方も自己判断せずお医者さんに相談。
  • 自分の肌と向き合いながら色々なものを試してみる。
  • 「保湿」は大前提。

肌に優しく、しっかりと肌の潤いを保ってくれるものを選んでください。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

1,072



ページのトップへ