公開日:2017/08/09  最終更新日:2018/11/28

シリコンブラの使い方をマスター!美バストでファッションを楽しもう

シリコンブラは、ワイヤーの痛みや肩紐の窮屈さから解放してくれる、便利なアイテムです。

使ったことがないけれど、気になっているといった人も多いのではないでしょうか。シリコンブラの正しい使い方や手入れの仕方、シーンごとの選び方をまとめました。

シリコンブラの使い方

シリコンブラは、その名の通りパッド部分がシリコンでできたブラジャーで、バストに直接貼り付けて使用します。シリコンブラ初心者は、肩紐がないため違和感やズレ、剥がれの不安があるかもしれません。

近年のシリコンブラは改良が進んでおり、正しく着用すればしっかりとホールドされるうえ、きれいなバストメイクも出来ます。まずは使い方を見ていきましょう。

使用前にまずはお肌をキレイに

シリコンブラは、ただ貼り付けるだけではうまく着用できません。正しく使うために、まずは準備が大切です。バストに皮脂汚れや汗が残っていると、粘着力が低下し、ズレや剥がれの原因になります。

最初に、バスト部分の皮脂や汗を、シャワーなどできれいに洗い流し、タオルでしっかりと水分をふき取っておきましょう。

この時、ボディクリームやローションなどの油分を含んだものは、シリコンブラの粘着力を低下させるので使わないように注意してください。

シリコンブラは片方ずつ着けよう

シリコンブラは、2つのパッドを片方ずつ順番に装着します。先に、パッドにかかっているフロントホックを外し、パッド同士をバラバラにしておきます。

次に、鏡の前でバストの形をチェックしながら装着していきます。カップの下の方を抑えながら、1度カップを反らし、バストとパッドの隙間に空気が入らないように気を付けながら、バストを包むように着けます。

もう片方のパッドも、同様に装着しましょう。その際、鏡の前で左右のバランスを見て、高さが同じになるように着けるのがポイントです。

フロントホックをかけて盛りバスト

シリコンブラのカップを、左右両方のバストに装着し終わったら、フロントホックを留めます。

フロントホックを無理やり引っ張ると、シリコンブラ自体が破損する可能性があるので、ゆっくり引き寄せて留めるようにしましょう。

フロントホックを付けた後、カップ全体を手のひらで軽く押さえながら、カップを密着させます。鏡を見ながら、胸の谷間やシルエットのバランスをチェックしましょう。

このとき、カップの上部分を少しめくり、脇あたりのお肉を寄せてカップに入れ込んでいくと、バストを盛ることが出来ます。バストの形を、きれいに整えたら完成です。

シリコンブラのシーン別使い方

シリコンブラのメリットは、肩紐がないためファッションの幅が広がることです。夏は露出が増え、薄手の洋服や水着を着ることも多くなるでしょう。「自信をもってビキニを着たい!」と思う女性の、強い味方がシリコンブラです。

さらに、近年のシリコンブラは通気性を高め、汗や蒸れにも強く、スポーツにも使える商品もあります。シーンごとにシリコンブラを使いわけ、快適に過ごしましょう。

海やプールに行く時はヌーブラ・ビーチ

水着専用のシリコンブラも販売されています。『ヌーブラ・ビーチ』は、水を吸収しにくく、通常のカップよりも面積が小さく設計されているため、水着を着用してもブラがはみ出すことはありません。

  • 商品名:ヌーブラ・ビーチ プラス2
  • 価格:6156円(税込)
  • Amazon:商品ページ

スポーツの時はブラパリがおすすめ

『ブラパリ』は、通常のシリコンブラの弱点である、汗や皮脂に強いスポーツ向けの商品です。ブラの中央部分の、最も汗をかきやすい箇所をシリコンレスにし、通気性を持たせるために、空気の通り道となる細かい穴をあけています。

さらに、身体を激しく動かし、ひねるような動きをくわえても、ブラパリはしっかりとホールドしてくれます。激しい運動をするエアロビクスインストラクターが、使用中にズレを感じたことはないというほどです。

  • 商品名:シリコンブラ ブラパリ
  • 価格:2500円(税込)
  • Amazon:商品ページ

もっと盛る!シリコンブラの使い方

通常の使い方でも十分に盛ることが出来るシリコンブラですが、コツを覚えればさらに盛ることが出来ます。ここでは、シリコンブラを上手に使った盛り方を、2つ紹介します。

周辺のお肉を持ってきて谷間をつくる

胸周りのお肉をシリコンブラの中に収めれば、より胸を盛り、谷間を作ることが出来ます。まずはストレッチで、集めるお肉を柔らかくしましょう。

最初は肩回しのストレッチです。立った状態で腕を曲げて肩に手を置き、息を吸いながら、肩を大きく回します。肩が耳の高さまで来たら、息を吐いて元の位置に戻し、これを繰り返します。

次に、仰向けに寝ながら、肩甲骨を持ち上げるようなイメージで、両手を天井に向けて伸ばします。深呼吸をしながら、10セット繰り返します。

最後は、お腹の肉を胸に集めるためのマッサージです。両手を片方の胸の下に置き、下から上へお肉を移動させるように、押し流します。左右5回ずつ繰り返してください。

これらのエクササイズで、柔らかくなった胸の周りのお肉を集め、シリコンブラのカップに収めて盛りバストを作ります。

重ね付けでボリュームアップ

シリコンブラを重ね付けすることで、バストをより盛ることが出来ます。通常通り1着装着したら、その後2~3着と重ね合わせていくだけです。難しくはありませんが、枚数が増えれば当然重みもあり、ごわつきます。

しかし、上から服を着てしまえば、外から見ても全く違和感はありません。

シリコンブラの注意点

便利なシリコンブラですが、肌に密着するため、使い方にはいくつかの注意が必要です。シリコンブラを安全かつ快適に、長く使うためにも正しい使い方を確認しておきましょう。

敏感肌の方は要注意

敏感肌の人は、使用する際に注意が必要です。シリコンブラは、シリコンパッドを肌に直接密着させるため、通常のブラジャーよりも通気性が落ちてしまいます。

気温や湿度が高く、蒸れやすい環境の中で使うと、バストの中は汗をかきやすいです。敏感肌の人の中には、シリコンブラを使うことで、かゆみや赤みがでたり、肌荒れやかぶれを引き起こしたりしてしまうこともあります。

シリコンブラを使用して、肌に違和感を感じたりすることがあれば、使用を中止したほうが良いでしょう。

シリコンブラは、現在さまざまな種類が出ています。医療用で肌への刺激が少ないシリコンを使ったものも販売されているため、購入するときには、自分の肌に合うかどうか、調べてからの購入をおすすめします。

お手入れで清潔に気持ちよく使おう

シリコンブラは、粘着力を長持ちさせるために、使用のたびに洗って、汗や皮脂汚れを落としましょう。洗面器にぬるま湯を張り、石鹸でやさしく手洗いします。

保湿成分の含まない石鹸や、シリコンブラ専用の洗剤をぬるま湯で溶き、石鹸水の中で優しく手洗いします。

洗い終わったら、タオルで水気をふき取ります。水分が残っていると、粘着力が弱るだけではなく、カビの発生の原因にもなります。清潔さを保つため、しっかりと水分をふき取り、影干しして乾燥させましょう。

丁寧に保管・管理して長持ちさせる

シリコンブラは、長く使用していくうちに少しずつ粘着力が低下していきます。粘着力も保ち、長く愛用するためには、シリコンブラを使った後、丁寧に洗い、正しく保管・管理しましょう。

購入した際は、粘着面を保護するために、セロハンのフィルムが貼ってあります。保管するときは、セロハンのフィルムを貼り直し、購入時のケースに入れて保管すると長持ちします。

なくしてしまったという人は、専用の保管用ポーチが販売されているので、そちらを使いましょう。

粘着部分同士を貼り付けて保管すると、はがすときに粘着面が傷つき、シリコンブラの寿命がとても短くなってしまうので、気をつけてください。

正しいシリコンブラの使い方で美バストに

シリコンブラを使えば、簡単かつ手軽に、魅力的な美バストが作れます。着用時の締め付けもなく、ストレスフリーなので、その解放感から愛用する人も多いです。

慣れないうちは、着用が難しいように感じますが、正しい使い方を覚えれば難しいことはありません。さまざなシーンでシリコンブラを使って、ファッションをもっと楽しみましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

362



ページのトップへ