公開日:2017/06/15 最終更新日:2017/07/14

食事制限のみのダイエットは危険!運動を取り入れ健康的に

ダイエットを行う際にやりがちな食事制限。食事を減らせば体重も減りますが、食事制限を行うと栄養が偏ってしまうことがあります。厳しく食事制限をするのではなく、運動を取り入れることで健康的に痩せ、リバウンドの心配をなくしましょう。

ダイエットと言えば…?食事制限?運動?

ダイエットで重要なこと

最近少し体重が増加傾向で、体が重い。体型維持のためにも、ダイエットを始めよう。そんな時、まずどんなことから始めますか?運動中心のダイエットがよいとわかってはいますが、実際に運動をするまとまった時間が取れないなどの事情もあって、食事制限をするという方もたくさんいらっしゃることでしょう。

ついつい食べ過ぎて、太ってしまった場合は、正しいカロリー制限を行う必要があります。しかし食事制限のみでのダイエットとなると、危険なことがたくさん発生してくることを忘れないようにしましょう!ダイエットで重要なことは、ただ体重を落とすということではなく、適度な運動をして体についた脂肪を燃焼し体重を管理する事です。

食事制限の必要性は本当にあるのか?

食事制限でのダイエットを行った場合、1食抜けばその分だけ体重が減るため、体重計に乗れば目に見える数値で体重が減少します。ただ、それがエスカレートしていくことも、十分にあり得ます。

食事量が適切な場合は食事制限ではなく、運動での体重管理がお勧めです。食事制限の必要性は個人差がかなりあり、理想としている体重が健康的な体重なのか、ということも考慮しましょう。痩せていれば美しいというわけではありません。

健康的で美しいボディラインを目指すならば、食事制限の必要性を重視するのではなく、体を動かして脂肪燃焼や代謝アップ、インナーマッスルの強化などをしてメリハリボディを目指しましょう。

食事制限が必要な場合

ダイエットをする前に、もしも間食をしている場合は、間食をしないなどの制限を設けると良いでしょう。ごはんを丼で食べている、揚げもの中心で野菜を摂取しないなどの明らかなカロリーオーバーの場合も、ごはんの量を適切な量に減らしたり、野菜を多く取り入れるなどの食事を工夫するといいですね。

しかし必要以上のカロリー制限は、体に悪影響なだけでなく、逆に痩せにくい体質になってしまったり、リバウンドの原因になったりしかねません。適切な食事量の基準は、インターネット等で検索するとすぐに見つかるものです。

摂取カロリーだけではなく、1日に必要な栄養素も確認しつつ食事内容を見直していきましょう。栄養やカロリーは基準値をオーバーしているようならば食事制限が必要ですが、そうでなければ、必ずしも食事制限が必要というわけではありません。

食事制限のみでのダイエットは危ない!?

過度な食事制限は命の危険も

食事制限を中心としたダイエットを行うと、栄養が偏ってしまったり、栄養失調状態になってしまう可能性があります。体重が減っていくことは、最初は面白いという感覚かもしれませんが、徐々に感覚がマヒしていって、体重が落ちることが快感となってしまい過度な栄養失調に陥る可能性があります。

お菓子などの間食を抜いたり、清涼飲料水を麦茶や水に切り替えるなどの食事制限や置き換えは必要なことです。しかし、炭水化物やたんぱく質を全く摂取しない、野菜を少量しか口にしないなどの食事制限は命の危険も招きかねません。ダイエットは、あくまでも健康な体を作るために行いましょう。

食事制限で体にどんなことが起こるのか

食事制限のみのダイエットを行った場合、体にはどのようなことが起こるのでしょうか?ダイエットを行う目的は、健康的な体型を手に入れることです。食事を減らしたダイエットの場合、肌荒れなどのトラブルが発生します。これはビタミンやミネラルなどが不足してきて起こる症状です。

では、野菜や果物ばかりを摂取すれば良いのかというと、そうでもありません。カルシウムなどの不足状態が続くと、骨が弱くなったりスカスカになったりすることもあります。また思考力が著しく低下したり、体力が落ちてしまうなどの体調の変化なども起こり、ひどい場合は生理の停止や栄養失調で倒れてしまうこともあります。

適度な食事制限を!

美しく健康的なダイエットを成功させるためには、食事制限を適切に行うことがキーポイントになってきます。揚げ物を蒸し料理に変えてみたり、ジュースをお茶に変えるなど、無理のないダイエットを行いましょう。

食事制限をすることがどうしても苦手という方は、運動する機会を少し多めに設けると良いですね。毎日の通勤時に、バスの停留所をいつもよりもひとつ前に降りて歩くなど、時間を作って体を動かす機会を作っていくことを心がけてみてください。

適度な運動に加えて、脂肪分を多く使用した食事を控えめにするなど、適度に食事制限をして、目指す体重にゆっくりと近づいていくとリバウンドの心配もありません。

運動を取り入れたダイエット

ダイエットで大切なこと

ダイエットで大切なことは、食事制限に頼りすぎないことです。全体的な食事の栄養バランスを考えて、たまには少し息抜きをしても良いでしょう。あまりにも厳しすぎる運動や食事制限は、体だけでなく精神的にもかなり多くのストレスを与えてしまうことになります。

脳にも知らず知らずのうちにストレスを与えていて、何かの拍子にドカンと食べてしまうこともあり、リバウンドの引き金になってしまいます。リバウンドを防ぐためにも、食事制限はたまに息抜きをすることも大切です。

体重を減らすことも大切ですが、健康的な体作りや、筋肉をつけて美しいボディラインを作り上げることが最終的なダイエットの目標です。

運動を取り入れて、健康的なダイエットを

運動する習慣をつけると、食べたもののカロリーを消費する習慣も一緒につきます。運動を日常生活に取り入れることによって代謝が上がるので、摂取したものを効率よく消費して脂肪がつきにくい体質にしてくれます。継続的な運動は筋肉がつくため、基礎代謝のアップも期待できるのです。

適切な食事制限と運動を組み合わせて、健康的なダイエットを行いましょう。今までの食事内容を見直し、ウォーキングなどを取り入れるだけでも、少しずつ体重の変化は期待できます。

運動を行うことにより、食事制限のみのダイエットのような不健康な痩せ方を防ぎ、引き締まったウエストラインや太ももなどを手に入れることができます。痩せていることだけが美しいのではなく、適度な筋肉を付けた引き締まったボディラインを目指しましょう。

食事制限は必要なのか?

ダイエットにおいて、食事制限は必ずしも必要というわけではありません。特別な食事制限を行わなくても、ホルモンのバランスをとって血糖値を安定させる方法があります。血糖値が安定していると、空腹感が減少して代謝が上がります。他にも、食事の見た目を「炭水化物1:タンパク質2:野菜3」に整えることで、栄養バランスを整える方法があります。

そして最後に、食べる順序を変えて食事をするという方法もおすすめ。その順番とは、まず、野菜を摂取して満腹中枢を刺激すると同時に、おなかに食物繊維を入れておき血糖値の上昇を抑えます。次に肉や魚などのたんぱく質を摂取して、最後にごはんやパンの炭水化物を摂取することで、血糖値の上昇をより穏やかにする効果があります。

食事制限と運動を組み合わせて、健康的なダイエットを

  • 食事制限のみのダイエットはリバウンドの確率が上がり、健康上も不安要素がある
  • 食生活の乱れを正す意味での食事制限は、適度に行うのがおすすめ
  • 運動と食事制限を組み合わせて、ゆっくりと無理なくダイエットしましょう

適度な食事制限と運動習慣を身に着けることで、メリハリのある健康的なダイエットが可能です。代謝をあげて、リバウンドしにくい体を作りましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

281