公開日:2017/07/10 

新宿のオトナ女子に聞く!男を落とすおすすめ手作りレシピ

みなさん、普段お料理はしますか?自分のために作る料理はついつい手を抜いてしまいがちですが(汗)好きな男性のために作る料理だったら、気合いの入り方が違いますよね!

でも、「あの人って何が好きなんだろう?」「他の女性とはひと味違うと思わせるひと工夫ってどうしたら良いんだろう?」なんて、悩んでいる女性も少なくないはず。

いま付き合っている彼氏がいる方は「がっちりと胃袋まで掴みたい」「惚れ直させたい」、そして「まだまだ恋人未満!でもチャンスさえあれば手料理を振舞って……」などなど、さまざまなケースがあると思いますが、いずれにしても必要なのは、ここ一番の「落とせるレシピ」!

……ということで、今回「Lady通」編集部は新宿のオトナ女子に、男性の胃袋をギュッとつかむおすすめ手作りレシピを突撃取材しました。気になるレシピがありましたら、ぜひ参考にして下さいね。

半熟派?しっかり派?洋食の定番オムライス

「ホワイトソースのオムライス」と回答していただいたのは、30歳事務職の女性。「彼氏がオムライスが好きで、よく作ってます。美味しい美味しいって言ってたくさん食べてくれるので嬉しいですね!」とのこと。

そんな美味しいオムライスの作り方について聞いてみると「卵は半熟にしてますね。他のポイントとしては、しめじが入ったホワイトソースをかけてます。ライスは、ケチャップライスの時もあればバターライスの時もあるのですが、ホワイトソースをかける時はバターライスのほうが相性が良い感じですね!」と話していました。

一般的なオムライスもいいですが、ホワイトソースをかけたり、バターライスにしたりといったひと工夫が、彼氏さんの胃袋をギュッとつかんでいる秘訣かもしれないですね!他にもオムライスをおすすめする方から、こんな回答を頂きました。

  • 「私の彼氏は卵をしっかりと焼いたほうが好きなので、しっかりめのオムライスを作りますね」(28歳 会社員)
  • 「オムライスにケチャップで彼氏の名前&ハートを書くベタなことをして料理を出すのですが、いつも彼が笑顔になってくれるので、やっぱりベタなこともおすすめだと思いました!」(27歳 接客業)
  • 「ひと工夫としては、彼氏が嫌いなグリーンピースを入れないようにしてます。そういった気遣いも結構大事だなって思いますね」(26歳 飲食業)

シンプルなようでいて、実は「腕が試される」オムライス。卵の焼き具合や素材なども男性に合わせた塩梅を考えているなど、とても愛情たっぷりに作ってあげている女性が多いようですね。

腕と同時に「愛情も試される」……逆にいえば、「愛情を表現しやすい」料理のひとつなのかもしれません。定番の「ケチャップ文字」も大きな魅せどころ!?

ガッツリ飯!男子が喜ぶどんぶり系

32歳会社員の女性は「アボカドと豚肉と半熟卵のどんぶり」と美味しそうな回答!「彼氏がガッツリ食べる人なので、どんぶりものは喜ばれますね。特に、アボカドと豚肉と半熟卵のどんぶりは美味しいですし、栄養も満点なのでおすすめです!」とのこと。

その作り方は、「クックパッドで調べて、そのレシピ通り作りますね。色んなレシピが載っているので、どれを作ろうか見てるだけでも楽しい気持ちになります」とのこと。なるほど!やっぱりお手軽にレシピを知るには、クックパッドが人気のようです。

どんぶり系も人気が高く、以下のような回答を頂きました。

  • 「親子丼は結構簡単にできるし、美味しいのでよく作りますね。彼氏が甘めの味付けが好きなので、甘めに作るようにしてます」(32歳 事務)
  • 「メチャクチャ簡単な物ですけど、牛カルビを焼いて焼き肉のタレで味付けした焼き肉丼は好評でしたね。タレはエバラの辛口のを使ってます!」(26歳 保育士)
  • 「マーボーナス丼は彼のお気に入りですね。ひと工夫としては、市販のタレを使うのではなく、豆板醤やテンメンジャンを入れて自分で作ってます!」(28歳 接客業)

どんぶり系と一口に言っても、その種類はさまざま。定番のどんぶりから、変わり種のどんぶりまで、アイデア次第でバリエーションは広がりそうです!自分なりの新どんぶりを作ってみてもいいかも。ガッツリ食べたい男性には、どんぶり系がおすすめです。

大人から子供まで、みんな大好きカレーライス!

「カレーライスがおすすめですね。ひと工夫としては、リンゴとタマネギをすりおろしていれることで、味がまろやかになるようにしてます!実家にいる時に母の料理の手伝いをしてて、その時に母から教えてもらいました」と答えてくれたのは、26歳アパレル業の女性。お母さんは私たちよりも長く生きていて、その分料理の経験値も高いですもんね。

そして、お付き合いする前の男性に手料理を作ったことがあるか聞いてみると、「今付き合ってる彼氏が料理で落ちたのかは分からないのですが、付き合う前に手料理を食べてもらったことはありますよ!」とのこと!

興味津々で詳細を聞いてみると、「まだ付き合う前に、私の家で、私、彼氏、女友達、男友達の合計4人でホームパーティーをしたことがあって、その時にカレーライスを作って彼氏含めみんなに食べてもらいました。彼氏の反応はとても良くて、めっちゃ上手いと言いながらたくさん食べてくれていました!そこから急激に仲良くなることに成功しましたね」とのこと。

なるほど!付き合う前に好きな男性を家に招くのは難しいですが、友達も含めてホームパーティーの形にすれば、自然と好きな男性に手料理を振る舞うことができますね!(納得)とても参考になる情報をありがとうございました。

ちなみに、彼氏さんは今でもよく「カレー作って」と頼んでくるそうで、その出来事以来、彼女さんのカレーが大好物になったみたいです!……ということは、ホームパーティーの時のカレーで落とせたと言っても過言ではないかもしれないですね!

カレーと回答してくれた方はそれ以外にもいて、さすが大人気のカレーライス。続々と意見が出てきました。

  • 「カレーに飴色タマネギを入れると美味しくなりますね。自分で炒めて作るのでも良いし、市販の物でも良いと思います」(29歳 会社員)
  • 「具材を炒める時に、油じゃなくてバターで炒めると、風味も良くなりますし、コクも出て美味しいですよ!」(28歳 接客業)
  • 「私の家のカレーは隠し味にオイスターソースを入れてますね。彼氏もお気に入りで、こくがあるカレーができます」(30代 事務)

カレーは使う素材もさまざまで、ルーにも色々な隠し味ができるので、個性あるカレーを作ることも可能。人とはひと味違うスパイスで、好きな男性のハートをゲットしてみてはいかがでしょうか?

人気の洋食メニューにプラスアルファ!

カレーと同様、他の定番洋食メニューの名前も挙がりましたよ。

彼に好評だったとして「ハンバーグ」と回答されたのは30歳会社員の女性。どういったひと工夫を?という問いには「チーズをインすることですかね」とのこと。いつもの手順にプラスしてチーズを挟むだけで、まるでレストランで出てくるハンバーグのような仕上がりになりますよ!

そして、人気の高い喫茶店メニュー「ナポリタン」と答えてくれたのは29歳会社員の女性。普段はあまり料理をしないということですが、「出来合いのソースじゃなくて、トマトのホール缶を使って作ります」と本格派。

シンプルなメニューこそ、こだわって作るとすぐに味に差が出ます。下ごしらえやソース作りは念入りにしてみましょう。昔からある定番の洋食メニューは、男性にとってポイントが高いようです!

スタミナ抜群!ご飯と好相性のギョウザ

「彼氏がギョウザが好きで、よく作りますね。具材はシンプルにミンチ、白菜、ニラを混ぜて作ってます!」と、ギョウザをおすすめしてくれたのは、31歳会社員の女性。隣にいたお友達からの、「ニンニク入れないの?」という質問に対しては、「ニンニクは自分の口が臭くなるから入れない」と言って笑っていました。

確かにギョウザは美味しいですが、臭いもあるので、食べた後を気にする男性もいるかもしれません。ニンニク無しだと、仕事がある前夜でも気にせず食べることができますね お酒のおつまみにも最適のギョウザなら、男性のハートをギュッとつかむことができそうです!

これぞ家庭の味!ダシが決め手のみそ汁

「みそ汁がおすすめ」と回答してくれたのは、27歳接客業の女性。「なんだかんだで、みそ汁が一番彼氏は好きなんじゃないかな?」とのこと。

美味しいみそ汁を作るコツを聞いてみると、「しっかりとダシから取るのが大切ですね!私は昆布でダシを取るようにしてます。具材はシンプルに豆腐と油揚げとタマネギなので、ダシの違いで美味しさが変わってくると思いますね」と話していました。

なるほど!シンプルな料理こそ、下準備が大事なんですね。

こちらの31歳会社員の女性も、「みそ汁がおすすめ」だそう。「ダシはあごダシと昆布だしで取ってます。あとは、彼氏がよく食べる人なので、具材はタマネギ、大根、あげ、しいたけ、豆腐とかなり具沢山で、みそ汁だけでもお腹いっぱいになるかもしれませんね!」とのこと。具沢山のみそ汁も良いですね!

他にも、こんな回答もありました。

  • 「みそ汁を美味しく作れると家庭的な印象を与えられるから、良いと思います。私の家でのみそ汁は赤みそで、ひと工夫として豆腐を包丁で切るのではなく、手でちぎっていれるようにしています!そうすることで、豆腐がみそ汁に触れる面積が増えるので、味が馴染みやすくなりますね」(33歳 会社員)

豆腐をちぎっていれるのは初耳です!それによって表面積が増えるとは……言われてみるとなるほど納得!のアドバイスを頂きました。美味しいみそ汁は、シンプルでど定番のメニューですが、一番ほっこりできるかも。男性にとってはかなりポイント高いかもしれませんね。

シンプルな家庭の味はポイント高し!

みそ汁だけでなく、いわゆる「家庭の味」は男性にとってポイントが高いようです。

  • 「特に工夫もない、大根、人参、こんにゃくなどを入れたシンプルな煮物」(28歳 会社員)
  • 「キャベツ、ネギ、タマネギを使ったシンプルな野菜炒めが好評でした。カットしたにんにくを入れるのがポイントです」(26歳 接客業)
  • 「唐揚げがおすすめ。料理研究家さんが出している本のレシピ通りに作ります。クックパッドなどのネット情報は当たりハズレがあるのですが、料理研究家さんが書いた本だと、しっかりと研究されているのでハズレがないですよ」(28歳 事務員)
  • 「豚の生姜焼きです。工夫はなく、味付けされた豚肉を買ってきて焼くだけです!」(28歳 会社員)

どれも、ひと工夫しようと思えばささっとアレンジもできる汎用性の高い料理。じっくり時間をかけて作るものだけではなく、ときには和食の定番メニューを素早く作るほうが男性はグッとくる、というケースもあるようです!手際の良さで魅せたいときは、少々手抜きをしても分からないシンプルレシピを選ぶのがコツ。

気軽に渡せる!美味しい手作りお菓子

「オレオマフィンがおすすめ」と教えてくれたのは、26歳アパレル業の女性。

「職場に気になる人がいたので、オレオマフィンを職場の人全員分作ってみんなに渡したことがあります!もちろん、気になる人にも渡して、美味しいと言って喜んでくれました。それきっかけで少し距離が縮んで仲良くなれましたね」とのこと。

なるほど!気になる男性、という段階で手料理を振る舞うのは難しくても、お菓子だったら自然に渡せて、気になる男性にも食べてもらえますもんね!とても参考になりました!

「チョコレートブラウニーをバレンタインに作った」と回答してくれたのは、28歳飲食業の女性。「私は料理が苦手なのですが、お菓子は分量通りにやればある程度は作れると聞いて、バレンタインの時に彼氏にチョコレートブラウニーを作りました!」とのこと。

確かにお菓子作りは分量を守れば比較的、誰でも美味しく作れるかも!料理が苦手な方は、お菓子作りにチャレンジしてみるのもアリではないでしょうか?

クックパッド通りではなく、自分なりのアレンジを!

取材でどんどん出てくるメニューの数々。

  • 「うーん、ビーフシチューですかね。彼もめっちゃ食べてました」(30歳 美容師)
  • 「普段からそこそこ料理はします。好評だったのは……チキン南蛮とか」(30歳 接客業)
  • 「もう、どんなレシピだったかは覚えてないけど、ドリアとかですね」(26歳 美容師)

そして皆さん口を揃えて「クックパッドを見て作る」と言われていました!クックパッドの浸透率はかなり高く、しかもレシピ通りに作るだけでも美味しく出来上がるようです。男性の胃袋もしっかりつかまえられそうですね〜。

しかしそんな中、「手料理と言えるか分からないですが、お好み焼きですね。私広島出身なので、それでお好み焼きは時々作りますね」と答えてくれたのは33歳飲食業の女性。 ひと工夫を尋ねてみると、「お好み焼きにイカ天を入れることですかね。広島のお好み焼きはイカ天を入れるのが普通で、風味が出て美味しくなりますよ!」との返事が。

なるほど……!「自分の故郷の個性=自分なりの個性」として既成のレシピにひと工夫加えるというのは、けっこう重要なポイントのひとつとなりそうです。ほんのちょっとのひと工夫で、「あなただけの個性」を味として伝えつつ、男性のハートをしっかりつかむことができるはずです!

彼氏にも彼氏未満の男性にも、愛情をこめた手料理は効果大!

本当にたくさんの、それぞれに「愛情」もたっぷり感じられる料理がずらりと並びましたね。「これから彼氏に料理を振舞う予定、でも何を作ろう」と悩んでいるLadyの皆さんには、とても参考になる情報だったのではないでしょうか。

 

そして彼氏ではなく「男友達」へのお料理アプローチとして、友達も交えてのホームパーティーで手料理を振る舞い、見事好みの男性とお付き合いできた例や、手作りお菓子を職場に持っていき、好みの男性にも食べてもらい仲良くなったという例は、非常に参考になりました!親しいお付き合いにまではなっていない、好みの男性を手料理で落としたいと考えている方は、ぜひ実践してみて下さい!

また、ひと工夫加えることで、料理に個性を出すようにしているという方も多かったです。今後もさらに美味しい料理を研究していってほしいと思います。最後に、お忙しい中、快くインタビューに応じて下さった新宿のステキなオトナ女子の皆様、本当にありがとうございました!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

307