公開日:2017/10/30 

敏感肌でも安心して使える専用化粧水

敏感肌の女性は角層が乱れて、肌がもっている本来のバリア機能が低下すると外部からの影響を受けやすくなります。肌内部にある水分が蒸散してしまいますから乾燥しやすくなり、結果的に小ジワができやすい状態となります。

そこで、敏感肌の女性でも安心して保湿・エイジングケアできる化粧品ブランドがあるので紹介します。

敏感肌の女性なら専用の化粧品ブランドを試して!

敏感肌は「老化が早い」と聞いたことはありませんか?敏感肌の女性は肌の状態が不安定になっていて肌荒れによって、化粧品がしみたりし肌が赤くなってしまう人も多いんです。なので敏感肌 化粧水選びはとても重要なのです。

敏感肌の女性におすすめの化粧品ランキング

1位:アヤナス allaboutベストコスメなど多数受賞

敏感肌専用ブランドなので安心
エイジングケアも保湿もしたい人に
30代~40代半ばの女性向け


敏感肌向け専用ブランドとなります。保湿とエイジングケアを両立できるとして評判の高いブランドです。乾燥敏感肌要の化粧品で保湿・保水力が高い化粧品です。

トライアルセットのお申込みはこちら

2位:つつむ

20代にオススメの保湿化粧品
高浸透のナノセラミド配合
乾燥敏感肌の女性でも安心


つつむは保湿がたっぷりできるセラミド成分がたっぷりで肌の乾燥で気になる女性におすすめの化粧品です。20代の若い女性にも超保湿できると支持されています。

つつむの購入はこちら

3位:メディプラスゲル

美容成分たっぷりのオールインワン
1本4役でお手入れが楽ちん
30日間全額返金保証付き


化粧水・クリーム・乳液・美容液を1本に集約しているのでスキンケアが非常に楽ちんです。年齢肌が気になる女性のためのオールインワンゲルです。

メディプラスゲルの購入はこちら


敏感肌でもエイジングケアをしたいなら「アヤナス」がおすすめ

ディセンシアというブランドで「アヤナス」というのは「敏感肌専用化粧品」です。ディセンシアだけの特許技術である「ヴァイタサイクルヴェール」というのがダメージを受けて乱れてしまった角層の代わりとなるので肌をサポートしてくれます。

ナノセラミドなども配合されていますので角層にすばやく浸透してくれます。セラミドは保湿成分として重要な役割をしてくれますのでターンオーバーを繰り返すことで肌が元々持っている機能を取り戻して肌荒れを繰り返さない肌へと導いてくれます



保湿でたっぷりもっちり肌をめざすなら「つつむ」

つつむは20代~30代前半の女性向けの敏感肌化粧品です。最近乾燥していて、やっぱり気になるのはお肌の健康です。季節の変わり目などには、不安定になってきて肌荒れを起こしたり、吹き出物ができたりと、トラブルは以外に多いものです。

そんな時に見つけたのが、敏感肌用の化粧品のシリーズです。各種のメーカーでも販売はされてるんですが、やっぱり敏感肌だけを扱っているメーカーのほうがなんとなく安心感もあります。

そして見つけたのがディセンシアです。ディセンシアは、敏感な肌の人のためのブランドで、すべてのラインが敏感肌向けなのです。
敏感肌でも求めるものが違うと、一辺倒なラインでは満足できないものです。ディセンシアの化粧品には、求める人の肌質によって、本当にこと細かくラインが分かれているのです。

その中でも一番ベーシックなのがディセンシアつつむシリーズです。ベーシックラインなので、初めて使ってみる人にもお勧めのラインです。お値段も低価格なので、最初使ってみるには一番いいと思います。顔の保湿にぴったりです。

ヒト型のセラミドの成分が詰め込まれているので、潤いを逃さない化粧品です。さらに、クリームなどは、さっぱりからしっとりまで選べてしまうので、テクスチャーの違いであきらめてた人にも選びやすいと思います。これから寒くなりますので、ひりつきや赤みを抑えてくれるディセンシアつつむシリーズは、特にお勧めのシリーズです。



洗顔後は楽にスキンケアしたい人は「メディプラスゲル」

つつむは20代~30代前半の女性向けの敏感肌化粧品です。最近乾燥していて、やメディプラスゲルは1本で化粧水から乳液、クリームや美容液を全て補ってくれるオールインワンゲルです。

通常化粧水や乳液、美容液を揃えるとなると2万円ちかくはかかります。ですがメディプラスゲルは1本で複数の役割を担っているので、高い美容液やクリームを買う必要がないのです。しかもメディプラスゲルは1本で2ヶ月分使えるので、1ヶ月2,000円以下でスキンケアができる計算。そんなコスパの良さが魅力的な敏感肌化粧品です。

コラーゲンやプラセンタ、ビタミンCなどの美容成分が60種類以上も入っているから、どんな年齢肌にも効果が期待できます。メディプラスゲルは浸透力があり、つけた瞬間に肌に馴染みます。とろみのあるゲルでも、ベタつかないのでメイク前につけるのもおすすめ。メイク前につけるとファンデーションののりもよくなるんですよ。

万が一効果が実感できなければ、30日間の返金保証制度があるので安心して購入できるオールインワン化粧品です。



敏感肌化粧品の化粧水などを使ってケアする

敏感肌化粧品と言っても様々な用途の化粧品があふれているため、肌の調子によって化粧品を選ぶのは一苦労ですが、肌に合わない物は余計な肌トラブルを招きますので慎重に選ぶ必要があります。

自分の肌に合った敏感肌化粧品を選ぶためには、自分の肌の状態を良く見極め、どのような状態を改善したいのかで選ぶ商品が変わります。敏感肌と言っても様々でニキビや乾燥肌、脂症、アトピーなどの皮膚疾患をお持ちの方など様々な悩みを持つ方がいます。

ニキビに悩む方はニキビを改善する化粧水を選びますが、通常のニキビ用化粧水は肌に強い刺激を与える成分が含まれている事も多いため、一度でも化粧品で肌トラブルを経験した事のある方は敏感肌化粧品でニキビ予防、改善作用のある商品の購入が安心です。

ニキビができた肌はバリア機能が減ってる場合が多いため、外部からのダメージから肌を守るコウエキスやベンナイトなどのバリア機能を正常化する成分が含まれた製品が効果的となります。酷い乾燥肌に悩まされている方も敏感肌化粧品の使用が効果的です。空気が乾燥する冬だけ乾燥肌に悩む方は冬だけ使用する事も効果的です。

乾燥肌の原因はセラミドの不足

乾燥肌の原因の殆どは、表皮の角質層にある保湿成分セラミドが不足しているため、カサカサしたり皮が向けたり、粉をふく状態になってしまいますので、乾燥を改善したい方はセラミドが配合された敏感肌化粧品を選びます。

健康な肌の水分量は15%以上ありますが、水分量が減り続けると乾燥肌の症状が起こりますので、水分量をキープし潤いを肌に閉じ込める作用があるコラーゲンやヒアルロン酸が含まれている敏感肌化粧品もおすすめです。

アトピー肌の方は化粧品選びの前に皮膚科の受診をする事をおすすめします。アトピーは患者さんによって訴える症状は様々で、乾燥、かゆみ、赤く腫れたりなど症状が酷い方は医師に相談し薬の処方が必要の場合があるため、医師や薬剤師に通常使っている化粧品などがあれば報告するのが安全です。

水分量が減ったお肌に敏感肌化粧品がおすすめ

水分量が減ったお肌には、敏感肌化粧品がおすすめです。水分量が減った乾いた肌は、敏感になっているからです。乾燥している状態では、大切な肌のバリア機能は低下しています。バリア機能が低下していますのでアレルギー反応も出やすくなっていますし、いろいろなトラブルが起きやすい状態になっています。

潤いのある肌を取り戻すためには、敏感肌化粧品から自分に合う化粧品を見つけるとよいです。敏感肌化粧品であれば、肌のバリア機能の回復を手助けしてくれる処方のものがたくさんあります。水分量の減った肌にとっては、洗顔も負担となります。敏感肌化粧品のマイルドな洗浄力の洗顔料を使って、優しく洗いましょう。洗いすぎはいけません。

汗やほこりなどの汚れであれば、ぬるま湯で充分落とすことができます。先に手を洗ったり、予洗いしたりすることで、マイルドな洗浄力の洗顔料でも汚れを充分に落とすことができます。優しく洗って、優しく、かつしっかりとすすいで清潔な肌を保ちましょう。清潔になった肌に保湿に有効な成分の配合された敏感肌化粧品で潤いを与えましょう。

アルコールが含まれているような化粧水や有効な成分の配合されていない化粧水を多用すると、気化熱でかえって乾燥する場合がありますので注意しましょう。敏感肌に対応している化粧水から自分に合うものを選んで使うほうがよいです。
敏感肌化粧品を使うことで、肌に優しく足りなくなった水分を補ったら、次は肌に潤いを閉じ込めるベールを作りましょう。しっかりと肌に潤いを与えてくれる化粧水を使っても、そのままでは水分は蒸発してしまいます。クリームなどを使ってフタをして水分を逃さないようにしましょう。

セラミド配合のクリームなどを使うことで肌のバリア機能を補うことができます。敏感肌化粧品には肌のバリア機能の修復に役立つ成分の配合されたクリームがありますので活用して水分を閉じ込めるようにスキンケアをするとよいです。

生活習慣の改善と敏感肌化粧品で内外から肌をケア

敏感肌化粧品を使用することで、お肌の荒れや赤みを解消させることはできます。ただ、化粧品だけでケアしていても、体質自体が変わるわけではありませんので、体調や季節の変化によって、すぐにゆらぎ肌に戻ってしまうのです。根本的に敏感肌を解消させるためには、敏感肌化粧品の使用とともに、生活習慣についても見直すようにしましょう。

まず、敏感肌の方は、日常生活でストレスを感じやすくなっています。常に余計なストレスを感じてしまうと、ホルモンのバランスが悪くなってしまい、お肌の状態も不安定になりやすくなってしまうのです。ホルモンは、お肌にも大きな影響を及ぼすことになりますので、お肌の状態の改善を考えた時には、ストレスの軽減について考えなくてはなりません。

特に、決められた時間までに横になり、十分な睡眠をとることで心身ともに溜まってしまったストレスを軽減させることができますので、ストレス過多の方は、質の良い睡眠をとるために生活を変えてみるとよいでしょう。

毎日充分な睡眠をとることで、お肌の再生も行われやすくなってきます。お肌は、夜寝ている間に再生されやすくなってきますので、お肌のダメージが酷いという時には、睡眠をとることが敏感肌解消のポイントとなってくるのです。また、夜寝る前に、栄養分を豊富に含んだ敏感肌化粧品を塗ることで、より肌の再生もスムーズに進むようになってきますので、積極的に生活習慣を改善してみるとよいでしょう。

このように、敏感肌を改善させるためには、ただ敏感肌化粧品を使うのではなく、生活習慣もセットで変えていく必要があります。トータルで変えていくことで、敏感肌化粧品を使った時の効果もより高めることが可能になってくるのです。今まで、敏感肌化粧品を使っていても、たびたび肌荒れに悩まされているという方は、充分な睡眠をとる様にしたり、ストレスを溜めない工夫を行うなどの対策を取ってみるとよいでしょう。

敏感肌の人が気を付けたいお風呂の入り方

乾燥肌対策の基本は当然、スキンケアクリームや化粧水で保湿対策をするということが一番なのですが、それらをやった上でもっと気にしてほしいのが「お風呂の入り方」です。

  • お湯の温度
  • あまりにも熱いお湯に浸かってしまうと、必要な皮脂まで落としてしまいます。これは以外と錯覚しがちなのですが、汗もだらだらかけば身体に良いという人が多いのですが、乾燥肌にとって熱すぎるお湯はむしろマイナスとなります。乾燥肌の方がお風呂に入る場合、お湯は38~39度のぬるめに設定することをおすすめします。

  • メイクは最後まで落とさない
  • メイクを落とさずお風呂に入り、メイク落としと洗顔はお風呂から上がる直前におこなうことをおすすめします。こうすることによってお湯による皮脂の落ちすぎを防いで乾燥肌になるのを幾分防ぐことが出来るのです。

また、乾燥肌の人は=敏感肌といっても差し支えない状況にあるということも見逃せません。皮脂がはがれているということは、それだけ菌などは入り込みやすい状態になっています。
すると二次被害として赤く爛れたり黒ずんだりなんてこともありますから、乾燥肌の方は敏感肌としてのリスクも抱えていると念頭に置いた上で、上述したお風呂場で出来る乾燥肌対策を初め、洗顔後の美容液でのケアなどを心がけて頂ければと思います。

胃腸が悪い人にも敏感肌化粧品がおすすめな理由

肌の状態は、体調に大きく影響されます。便秘が続くと口の周りに吹き出物がでる、顔色が悪くなるというようなことは誰もが体験することでしょう。胃腸の弱い人は特に注意した方がいいようです。胃腸が悪いということは栄養分が上手に体内に取り込めないということですから、エネルギー不足になってしまいます。

乾燥肌、敏感肌の人は自分の食生活を見直すことが大切です。腸を整えることは肌を整えることと同じです。人間の腸内には100兆個もの腸内細菌がいるといわれています。そのバランスが崩れると、肌だけでなく免疫力も弱まり、風邪をひきやすくなります。今、健康を保つために一番注目されているのが「胃腸」、特に腸なのです。

今あらゆる乳酸菌が開発され、ヨーグルトの種類もたくさんあります。自分に合うヨーグルト、飲んでみて胃腸が守られているなと感じられるヨーグルトを取り入れると、肌がイキイキしてきます。もし途中で効き目が感じられなくなったり、胃腸の調子がもとに戻ってしまうようなら、乳酸菌の種類を変えればいいのです。

ヨーグルトパックはやめたほうがいい

ただし、この乳酸菌、敏感肌化粧品を使うようなつもりでヨーグルトパックなどをするのはやめましょう。あくまで体内から胃腸をきれいにするものです。肌に直接触れるものは敏感肌化粧品を選ぶのが無難です。ドラッグストアでヨーグルトを探すついでに、化粧品のコーナーも覗いてみましょう。あらゆる薬品メーカーの敏感肌化粧品のラインが並んでいます。

敏感肌化粧品は便秘などで腸内が悪玉菌だらけになってしまったため、肌が刺激に弱くなったときに役に立ちます。この状態が長く続くと乾燥が進み、ますますちょっとした刺激にも肌は反応し、完全に敏感肌が定着してしまいます。早めに敏感肌化粧品で傷つきやすい肌を保護してあげることが大切です。

この状態の時、普通肌用の化粧品や過剰に栄養分がある化粧品では、かえって刺激になってしまうのです。水分や油分をそっと補うようなものが良いでしょう。敏感肌化粧品の成分をよく読んで、自分の肌がどんな成分に反応するかを確かめることも忘れないようにしましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

171