公開日:2017/05/26 最終更新日:2017/06/13

乾燥肌にピッタリの化粧水はどれ?口コミから効果を比較!

乾燥肌の人におすすめの化粧水にはどのようなものがあるのでしょうか?配合されているとよいといわれている成分やスキンケアの方法、人気のある商品とその口コミなど、乾燥肌さんに向けたスキンケア情報をお伝えします。

乾燥肌の人が化粧水を選ぶときのポイント

バリア機能が低下しているためシンプルなケアを

乾燥肌の原因の多くは、スキンケアの間違いにあるといわれています。その次にあげられるのは、食生活の乱れや生活習慣です。これらの原因によって肌の保湿力が下がっていくことで肌が乾燥しやすくなります。すると肌のバリア機能が低下してしまい、ダメージを受けやすい状態になってしまうと考えられています。

肌の乾燥を心配していろんなケアをしておきたくなってしまうところですよね。でもダメージを受けやすい肌にアレコレとさまざまなスキンケア用品を使って刺激を与えるのは、おすすめできません。乾燥肌の対処法をしっかりすることで乾燥を防げるだけでなく敏感肌の予防にも繋がります。できるだけシンプルなケアをして肌をいたわるように心がけましょう。

バリア機能を回復する成分を知っておく

肌のバリア機能を回復させるためには、肌の保湿力を高める必要があるといわれています。そこでおすすめの成分が「ヒアルロン酸」です。他には「グリセリン」や「天然保湿因子」、「コラーゲン」を含むものもおすすめです。また、肌のバリア機能を回復させたり保湿効果が高いといわれている成分に「セラミド」があります。

そのセラミドの生産量を上げるといわれている「ライスパワーNO.11エキス」を含む化粧水を使うのもおすすめです。セラミドそのものは水溶性の成分ではないので、化粧水に配合されていても肌に対してあまり効果をもたらさないと考えられています。そこでセラミドの生産量を高める成分を摂取しておくのがポイントです。

化粧水よりも乳液やクリームに向いている成分もある

肌のバリア機能を回復させる成分として有名なセラミドは、水分維持力に重要な役割を担う細胞間脂質の一種です。ですが、細胞間脂質は水溶性の成分ではないため、化粧水には向いていないと考えられています。ただ、セラミドは肌の保湿やバリア機能の回復に重要な成分ですので、できれば摂取しておきたいところです。

そこでおすすめなのが、セラミドを配合した乳液やクリームを使うことです。水分を多く含む化粧水に比べ、乳液やクリームは油分を多く含んでいるので、セラミドをしっかり肌に届けることができるといわれています。乾燥肌が気になっている人は、セラミドを含む化粧水ではなく、乳液やクリームを使ってみると効果を実感しやすいかもしれませんよ。

乾燥肌の人に人気の化粧水ってどんなのもの?

SK-Ⅱ「フェイシャルトリートメントエッセンス」

配合している成分の9割程度が「ピテラ」という天然成分で、角質層にうるおいを与える効果があります。たいていの化粧水の主成分は水であることが多いのに対し、成分の90%以上が保湿効果の期待できるピテラというだけに、SK-Ⅱの「フェイシャルトリートメントエッセンス」は、35年以上もさまざまな女性に親しまれています。

乾燥肌の人の口コミには、「匂いが独特だけれど肌がしっとりした」や「くすみが減った」、「保湿されている」などが見受けられます。ただし、乾燥肌が進行して敏感肌となっている場合は、ピリピリとした痛みや赤みが出ることもあり、肌に合うかどうかは人それぞれです。購入を考えている方は、まず試供品を試してみましょう。

価格:15,000円(税別・Amazon参考価格)

コスメデコルテ「コスメデコルテ化粧液」

コスメデコルテ「コスメデコルテ化粧液」は、いわゆるブースター、つまり化粧水をつける前に使用する化粧水導入液といわれています。多重層リポソームという最先端の技術を使っているのが特徴といわれています。この多重層リポソームとは、保湿成分を徐々に溶け出すカプセルにしたもので、肌に浸透してから徐々に溶け出すので保湿継続時間が長くなるという効果が期待できます。

口コミではコスメデコルテ「コスメデコルテ化粧液」を使うようになってから明らかに肌の保湿力が上がったと感じている人が多いようですが、化粧水の浸透率が上がっているのかわからないという声もあり、合う人と合わない人がいるようです。購入の前には一度サンプルを手に取り、自分の肌に合うかを確かめてみると安心でしょう。

価格:40ml 10,000円(税別)

アクセーヌ「モイストバランスローション」

低刺激かつ保湿力の高い化粧水として人気のあるアクセーヌ「モイストバランスローション」。つけた瞬間すっとなじみ肌と同化する浸透感を目指し、業界最小といわれている「ナノカプセル技術」を採用しています。また、外的刺激による角質細胞のしぼみを防ぎ、細胞本来のふくらみを取り戻す機能も兼ね備えています。

この化粧水の口コミでは保湿力が高いと感じるというものが多く見受けられる反面、保湿以外の効果はあまり実感できないという声もあります。また、その保湿力の高さから乾燥が酷いときにパックとして利用しているという場合もあるようです。そのことからも、「モイストバランスローション」は保湿に特化した化粧水であるといえるでしょう。

価格:350ml 5,500円(税別)

乾燥肌のスキンケアの基本とは?

乾燥肌の人におすすめの洗顔方法とは?

乾燥肌の人は、肌のバリア機能が低下しているおそれがあります。そのため洗顔はできるだけ刺激を与えないように行うことが大切です。クレンジングは短い時間でパパっと済ませるようにし、洗顔の際は石鹸や洗顔フォームをしっかり泡立てて肌をこすらないようにするのがおすすめです。

洗顔後にタオルで水分をふき取るときも、刺激を与えないためにタオルを肌に優しくあてるとよいでしょう。また、タオルの雑菌などが気になる場合は、ティッシュペーパーを使ってもOKです。常に清潔なティッシュペーパーなら雑菌によるニキビや肌荒れを予防できますし、タオルのようにこすりすぎる心配がないので安心です。

化粧水をつけるときのポイント

洗顔後はすぐに化粧水をつけるのがポイントといわれています。また、保湿力が高いとうたった化粧水にはとろみ成分が多く、肌の奥まで浸透しないケースもあると考えられます。化粧水を購入するときは、テクスチャ―で判断するのではなく、保湿成分が配合されているかで判断した方がよいでしょう。

購入の際はヒアルロン酸やグリセリン、天然保湿因子、コラーゲン、ライスパワーNO.11エキスなどの保湿成分を選ぶとよいでしょう。 また、化粧水をつけるときは、コットンよりも手でつけるほうがよいと考えられています。手でつけることで肌の状態を把握しやすくなるという理由のほか、コットンによって肌にダメージを与えないようにするためといわれているからです。

美容液・クリームについて知っておくと便利なこと

肌を保湿する場合水分だけ補給しても蒸発してしまうため、それを防ぐためには水分だけでなく油分を補給することも大切です。特に皮脂腺が少なく皮膚が乾燥しやすい目元やほうれい線周りは油分不足でシワの原因となる可能性も高くなります。それを防ぐためにも化粧水の後は保湿効果が高い美容液や油分の美容成分を補給する乳液で肌にふたをし、水分をキープしましょう。

ただ、美容液のみで肌がうるおっていると感じる場合は無理にクリームをつけずにそのままにしてもOKです。あまり多くつけすぎると逆に油分が過剰となりニキビなどの原因になりかねないからです。肌のコンディションは人によって全く違いますので、それぞれに合った必要なスキンケア用品を見極めることも大切ですね。

乾燥肌はバリア機能を高めて保湿するのが大事!

乾燥肌の人におすすめの化粧水の選び方や商品、スキンケア方法を紹介しました。

  • 肌の乾燥を防ぐには化粧水をつけるだけでなく乳液や美容液を使った保湿が効果的
  • 口コミ評価の高い商品は「フェイシャルトリートメントエッセンス」「コスメデコルテ化粧液」「モイストバランスローション」
  • スキンケアでは刺激を与えすぎないようにするのが大事

以上のことに気を配り、悩みの少ない肌を作っていきましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

209