公開日:2018/06/06 

我慢しなくていい方法!焼き芋ダイエットで効果的な量とは?

そもそも体を細くするためには、ほとんど同じことをやっている場合がよくあります。とくに甘いものを控えて別の食べものを使うのが一般的でしょう。

しかし焼き芋を使うこの方法は逆に甘いものなのに、積極的に食べたほうが効果的だそうです。それにも適切な量などもあるようで、中身がどんなものか確認してみてください。

焼き芋ダイエットはとっても簡単で甘いものを我慢しなくて良い

スタイルの維持にはストレスがたまるもので、食べたいものが食べられなくなるからです。

とくに女性に関したら甘いものが食べたくなるでしょう。そこで焼き芋を使った方法を、うまく取り入れると問題ありません。

そもそも甘いものは脂肪となって、体にため込みやすい特徴があり、なぜ焼き芋に限ってはそれがOKなのか気になるでしょう。

じつは焼き芋が甘いものだとしても、ダイエットとして悪い影響を受けにくい特徴を、持っているからなんです。

そもそも甘いものがダイエットをダメにするのは、お腹が空きやすくなるからでしょう。

しかし焼き芋は独特の栄養などによって、その効果が他の甘いものより影響を受けにくいわけです。

おやつ代わりに食べてもお腹が膨れて意外に痩せられる!

さらに焼き芋には決定的な効果を持ち合わせており、それはお腹がいっぱいになりやすいところでしょう。

焼き芋には繊維質な感じがありますが、それがその特徴を活かしています。

お腹の中に焼き芋が入ると、水分を吸収して大きくなり、それでお腹がいっぱいなったと勘違いするわけです。

これは焼き芋を食べてみるとわかるように、パサパサと食感があるでしょうが、それが先ほど紹介した特徴である食物繊維になります。

焼き芋を食べたあとに喉が渇く場合もありますが、そのときに水分をしっかり飲めば、このメリットを活かせれるでしょう。

お腹がいっぱいになる状態も、意外にしばらく続いてくれるので、おやつに食べてしまえば夕食まではそれがもちます。

夜は脂肪がたまりやすい時間帯でもあり、食べすぎをカットできるのなら、焼き芋の効果が大きくなるんです。

おかずはそのままに!主食を焼き芋にしてもOK

また焼き芋は名前のとおり芋として活用すれば、主食にだってなれてしまうでしょう。

焼き芋の栄養はごはんと同じ炭水化物からできています。つまり栄養としても申し分なく、置き換えることも可能です。

甘いものが好きな人からしたら、主食で焼き芋が食べられるのはうれしいでしょう。この気持ちがあるだけでも脳からホルモンが出て、食欲をカットできてしまうんです。

これはうれしいという気持ちになったときに出るもので、甘いものが好きな女性だからこその、うれしい効果でしょう。

ちなみにおかずは普段どおりと同じでも、効果がなくなるわけではないんです。

朝食に焼き芋!するとお昼に食べすぎない!

栄養がタップリで、しかも痩せやすいものが入っているとなると、積極的に焼き芋を使ってみたくもなるでしょう。

ほかにもいいタイミングとされる時間帯があり、それが朝になります。しかし朝にとるのはよくないと耳にするでしょうが、独特の繊維質が脂肪をたまりにくくしているわけです。

つまり朝に食べても太りにくいので、朝ごはんの代わりに焼き芋を食べてもいいでしょう。むしろ焼き芋のお腹がいっぱいになる効果があるおかげで、昼食の食べすぎだって防いでくれます。

言い方を変えると食べすぎになりそうなことがわかれば、先に焼き芋を食べておけば、その予防としても役立つわけです。そんな方法として使うのも、ダイエットとしては役立つ食べものでしょう。

焼き芋ダイエットで効果が出る食べて良い焼き芋の量とは?

さまざまな使い方ができるうえに、甘いものが食べられるという精神的な効果も働いて、いいところばかりだと思うはずです。

しかし焼き芋は甘いものに変わりがありません。食べすぎてしまうと体に脂肪となって、たまっていってしまうでしょう。

その食べすぎとはどれくらいの量をいうのか、気になるはずです。できるなら限界まで食べて、お腹を満たしたいという人が多いでしょう。

そこでその量についてなど、焼き芋の具体的な方法を見てみることにしましょう。

およそ200gがちょうどいい!半分までで我慢しよう!

まずもともとの焼き芋のカロリーについて見てみると、100gで160kcalほどもあるようです。

焼き芋を1本にすると400gくらいが、一般的に並んでいる量になり、半分食べると320kcalくらいになります。

ごはんと比較すると1本だとお茶碗大盛1杯だと、焼き芋のほうが多くなる場合もあるでしょう。

せっかくの効果があるのに、食べすぎるとご飯よりも脂肪がついてしまうのは、あまりいいものでありません。

半分くらいでやめておくのが、ダイエットとしてはちょうどいい量になります。

ちなみにおやつとして食べる場合は、脂肪にかわりやすい時間帯に消化されているので、それよりも量を少なめにとってください。

ごはんと同じくらいになるけど効果で焼き芋が有利

上記のような量をしっかり守れば、ごはんよりも少ないカロリーで、しっかりお腹も満足できるでしょう。

それに加えて焼き芋には、お腹が膨れやすい特徴や、脂肪になりにくい栄養もたくさん入っています。

これを活かすにはしっかり食べる量を守れないと、意味がないものになってしまい、むしろデメリットが多くなるでしょう。

1食分は半分というルールを守って、焼き芋を使ってください。

同じ量でも皮も一緒に食べるのが得策

食べ方は人によって違うでしょうが、ダイエットでうまく活かすなら、焼き芋の皮の部分も一緒に食べてみましょう。

それは若返りの成分がタップリで血流がアップでき、皮を取り除いたときよりも、高い効果が発揮されるからです。

野菜などでよく耳にする方法で、皮にいい栄養がたくさん入っており、焼き芋も同じと思っていいでしょう。

食べ方ひとつでダイエットしやすくなるなら、使わない手はありません。

焼き芋ダイエットなら挫折せずに済む!

難しい方法を使って痩せやすくなっても、面倒になって続かないと、その効果も意味がなくなります。

しかし焼き芋を食べるだけというこの方法は、半分という量さえ守っていれば、どのタイミングでも食欲を少なくできてダイエットしやすくなるでしょう。

しかも甘いものが食べられる幸せは、女性にはうれしくて、続けやすいという大きな特徴もあります。気軽に痩せたいのであれば、焼き芋をおやつとして食べるのがちょうどいいでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

230



ページのトップへ