公開日:2017/05/26 最終更新日:2017/06/23

小顔効果抜群!ヘアアクセやリボンターバンの使い方のコツ

小顔効果のためにヘアアクセをを使うアイディアは人気があります。特にリボンターバンはカジュアルなヘアアクセとして人気がありますが、難しいと思われがちです。ヘアアクセやリボンターアンの使い方のコツを紹介します。

自分にあったヘアアクセの基本的な選び方

格好にあったヘアアクセを選ぼう

着ている洋服にヘアアクセを選ぶのは鉄則です。ナチュラルな格好をしているのにキラキラとしたヘアアクセは強調されますが、浮いてしまい、バラバラ感が明らかに出てしまいます。一方で、ドレスなどフォーマルな格好に対して、リボンターバンはどうしても合いません。リボンターバンをはじめ、ヘアバンド、ピン留め、シュシュ、カチューシャなど様々の種類のヘアアクセがあり、またデザイン、色、大きさも千差万別です。格好にあったヘアアクセを選ぶようにしましょう。

またヘアスタイルに合わせたヘアアクセを選ぶことも重要です。ファッションとして全体的にバランスが取るようにしましょう。

髪のスタイルに合わせましょう

リボンターバンやヘアバンドは、比較的簡単にヘアアレンジをすることができます。髪のスタイルや場の雰囲気によってはカジュアルなヘアアクセのおすすめはできません。フォーマルなヘアスタイルにおすすめなのは、ピンタイプのヘアアクセか、カチューシャです。細めのタイプのものでもデザインが凝っていたり、キラっと光るタイプのものであれば、十分に目を引くことできることでしょう。

カチューシャもすぐにつければ、簡単にアレンジできます。毎年のように新たなヘアケア商品が出回っていますが、季節と格好に応じたヘアバンドとヘアスタイルを選ぶようにしておきましょう。

効果抜群のリボンターバンの基本的な使い方

リボンターバンは手軽にヘアアレンジの幅が広がる

リボンターバンは、簡単にヘアアレンジができるアイテムとして人気があります。リボンターバンを1つ持っているだけでかなり便利です。忙しい朝にヘアアレンジをしたいけど、時間が無いときなど、簡単におしゃれなアレンジをすることができます。髪の長さやスタイルにかかわらず、リボンターバンで様々なヘアアレンジが可能です。リボンターバンの使い方1つでアレンジの幅がぐっと広がります。

細めのリボンターバンはカチューシャのように使えますし、太めのものはカジュアルなアレンジにすることができます。さらにリボンターバンに目が行くような使い方をすることで、小顔効果が期待できます。

リボンターバンの簡単な付け方

リボンターバンは、付け方が難しいと思われがちですが、付け方はヘアバンドと大きく変わらなく簡単です。基本的な付け方は、頭の前方部分などリボンの位置を決めて、抑えつつ、ヘアバンド部分となっているところに髪を通したら出来上がりです。リボンを抑えながら付けることが難しいと感じ方は、ヘアバンドと同様に一旦首までヘアバンドを通して、下から上へとずらして付ける方法もあります。

いずれの方法も簡単に付けられますね。ヘアアレンジを加えて、リボンターバンを付ける場合は、先にある程度ヘアアレンジをしてから付けると簡単です。

リボンターバンを使ったおすすめヘアアレンジ

リボンターバンのヘアアレンジの定番は団子ヘアです。団子ヘアにすることで、目が顔よりもリボンターバンと団子ヘアに行くので、小顔効果が期待できます。リボンターバンが華やかな雰囲気や元気な色などを選ぶと、目は自然とそちらへ行きます。また団子ヘアで高さを演出することで、縦横比関係で横の線よりも縦の線が強調され、さらに小顔効果が期待できます。

リボンターバンはカジュアルなゆるい感じのファッションとアレンジしやすいので、ヘアアレンジもゆるめの感じが良いでしょう。団子ヘアも無造作なナチュラルな感じに仕上げるとおしゃれな雰囲気を演出することができます。

ポニーテールなどもひと工夫で小顔効果が期待できます。リボンターバンで前髪や横髪、耳などを隠すことですっきりとした印象を持たせることもできます。

小顔効果抜群のヘアアレンジとアクセの種類

格好にあったヘアアクセを選ぼう

着ている洋服にヘアアクセを選ぶのは鉄則です。ナチュラルな格好をしているのにキラキラとしたヘアアクセは強調されますが、浮いてしまい、バラバラ感が明らかに出てしまいます。いっぽうで、ドレスなどフォーマルな格好に対して、リボンターバンはどうしても合いません。リボンターバンをはじめ、ヘアバンド、ピン留め、シュシュ、カチューシャなど様々の種類のヘアアクセがあり、またデザイン、色、大きさも千差万別です。格好にあったヘアアクセを選ぶようにしましょう。

またヘアスタイルに合わせたヘアアクセを選ぶことも重要です。ファッションとして全体的にバランスが取るようにしましょう。

ヘアスタイル1つで小顔効果が期待できる

ヘアスタイル1つで顔の印象は大きく変わってきます。例えば、髪の毛が全体的に広がっていると頭のサイズが大きく見え、顔も大きく見えてしまいます。逆に髪の毛を少し抑えめにしたヘアスタイルの方が頭の大きさを抑えられます。

無造作ヘアは人気がありますが、ナチュラルな感じに仕上げることがポイントになります。ナチュラルなヘアスタイルはどうしても頭が大きく見えがちです。そこでヘアスタイルに合わせたヘアアクセを組み合わせれば、小顔効果が期待できます。つまり、小顔効果を作るには、ヘアスタイルとマッチしたヘアアクセを選ぶことに他なりません。

ヘアアクセを選ぶポイント

小顔効果が得られるヘアアクセは、幾つかありますが、人気があるのはリボンターバン。太さや色、巻き方を上手にすれば、頭の印象を大きく変えることができます。カジュアルなヘアスタイルにはぴったりです。

ただし、暗い色を選ぶと髪の毛と同質化するので、目を引く効果が薄らいでしまいます。季節感のない色を選ぶと格好がつかないので、春や夏は明るい色使いのものを秋や冬は暗い落ち着いたものを選びましょう。

大きめのピンなども人気があります。頭の上部につけることで、目をそちらに向けることができます。太めのシュシュなども、頭の上に団子ヘアをまとめる時に便利です。色の選び方などはリボンターバンと同じです。

他にもあった小顔効果が期待できるコツ

アクセサリーでポイントを作る

ヘアスタイルやヘアアクセだけが小顔効果を生むわけではありません。首や胸に目を向けることもコツの1つです。大きめなペンダントヘッドのネックレスや長めのネックレスが簡単でおすすめです。特にVネックにネックレスを組み合わせることで、体の強調したいポイントがそちらに集中します。

目立つイアリングも人気のアイテムで、大きめなリングやチェーンタイプのものであれば、全体的な印象はそちらに行きます。首に巻くスカーフも人気のあるアイテムなので、季節や洋服に合わせてスカーフを選ぶ楽しみも増えますし、おしゃれな格好として印象付けることができます。

アクセサリーをつける場所で変わる

ネックレスやスカーフは首に、イヤリングは耳に、ヘアアクセは頭に目が行くように印象を付けることができます。ヘアスタイルによっては、頭の横に目が行くようにまとめ、ヘアアクセを付けることで、おしゃれかつ印象的なヘアアスタイルになります。

ネックレス、イヤリング、ヘアアクセ全部を付ければ、顔以外のところに目が行くようにはなりますが、かえって目が集中する場所がなくなり、小顔効果が薄れていしまいます。どこか顔に近く、顔以外の場所にポイントを持ってくることが大切になります。

顔以外のところにポイントを持ってきましょう

ヘアアクセやアクセサリーなどの中で小顔効果が最も期待できるものの1つは、リボンターバンのような存在感のあるヘアアクセです。全体の格好とヘアスタイルに合わせたヘアアクセを楽しむのがもっとも簡単な小顔効果の方法です。

  • 自分にあったヘアアクセの基本的な選び方
  • 効果抜群のリボンターバンの基本的な使い方
  • 小顔効果抜群のヘアアレンジとアクセの種類
  • 他にもあった小顔効果が期待できるコツ
  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

529