公開日:2018/05/15 

睡眠と痩せる体には深い関係があった!睡眠ダイエットの効果的な方法とは?

昔と今では生活習慣が変わりすぎて、不規則な生活をしている人が、たくさんいるかもしれません。

そんな人は睡眠が十分にとれていないので、どんなダイエットに挑戦しても、痩せられないでしょう。

それは睡眠には痩せる効果と深い関係があるからなので、その方法などを見てみてください。

寝る時間を守れば睡眠ダイエットの方法として効果的

もともと食事や運動をしないといけないと、一般的にいわれているので、睡眠だけでは痩せられないと思うかもしれません。

たしかにどちらも必要なものですが、痩せやすくする基本的なことが、睡眠ということなんです。

とくに睡眠のなかでも時間を意識しておいたほうがいいので、その具体的な方法を確認してみましょう。

早寝や早起きを心掛ける

昔から睡眠は健康にいいということは、よく耳にしていたでしょう。ダイエットに関しては、早寝をすることがとくにポイントになります。

それは痩せやすい時間というものがあり、とくに10時から2時がベストのタイミングでしょう。ホルモンの関係が強くて、上記の時間が1番活発です。

これは体調によってその量が大きく変化するので、早く起きるのも大事ということを頭に入れておきましょう。

アメリカの研究データでは朝の7時に起きると、夜のホルモンのコンディションがよくなったというデータもあるので、それを目安に起きてください。

毎日同じ時間に起きる習慣で体調を整えているので、早く寝たからといって遅く起きていいものでもありません。

痩せるホルモンをベストな量を持続させる意味でも、生活習慣を意識して正しておきましょう。そのためには早寝早起きが必要になってくるわけです。

深い睡眠とされる3時間は熟睡できる環境をつくる

上記で紹介した痩せやすいホルモンというのは、深い眠りほど高い効果が発揮されます。というのも、寝始めて最初の3時間ということがわかっているんです。

つまり寝る前の行動がすごく重要になるでしょう。睡眠に入る前の注意点を以下で紹介するので、眠る前にはその方法を守ってダイエットに役立ててください。

  • 強い光を見たら睡眠が浅くなる!スマホやテレビは早めにやめる
  • 人間というのはほとんど脳が指令を出して、生活をしています。睡眠も同じで脳に刺激を与えずにいると、自然とリラックス状態になっていき、深い睡眠になるでしょう。

    その脳を深い関係があるのが目で、視覚情報というのはたくさんの脳の細胞が必要です。ということは強い光を目で見てしまうと、脳を働かせてしまうので、リラックスできずに目がさえてしまいます。

    深い睡眠をするためには強い光が出るスマホやテレビなどを、2時間前にやめて徐々に光を夕日であるオレンジに照明を変え、それを暗くしていくといいでしょう。

    もちろん音も脳に影響を与えるものなので、リラックスする音楽を小さめの音で聞くのもおすすめです。

  • 食事にも大きな影響!胃腸を休めてあげるのも最善の方法
  • そもそも睡眠というのは、体を休めて体調を整えることも備わっています。しかし寝る前に食事をしてしまったら、体は眠ることよりも消化に力を入れてしまうでしょう。そしたら睡眠の質が落ちてしまい、痩せるホルモンの質も悪くなってしまいます。

    それだけでなく本来休めるはずの胃腸が、働くことになって負荷がかかってしまうので、その日の体調にも関係してくるんです。ダイエットの意味でも健康的な面でも、睡眠の前には食事をするのは、やめておいたほうがいいでしょう。

睡眠ダイエットの痩せる体と睡眠の関係

一見運動や食事と関わりが薄いと感じるでしょうが、じつは睡眠は痩せるためには重要なポイントなんです。

それは体を作る過程で痩せる効果が強くなるからで、逆にいうと睡眠ができていないと、他の方法をしても痩せられなくなるでしょう。それには以下の効果は関係していました。

ホルモンの関係で代謝がアップして脂肪を撃退!

よく久しぶりになった親戚の子が、大きくなってびっくりしたという経験はないでしょうか?

じつはこれも睡眠中にホルモンが大きく関係していて、これをうまく利用したのが、このダイエットなんです。成長ホルモンといわれるもので脂肪をエネルギーに変えて、体のさまざまなところのメンテナンスなどに使います。

睡眠をしてたら寝汗をかくといいますが、このホルモンが大きく関わっているからで、深い睡眠ができていないとうまく働きません。上記の方法を守って、脂肪を減らしていくといいでしょう。

睡眠と食欲を少なくさせる効果に深い関係がある

さらにダイエットでポイントとなる、食欲とも関係があるのが睡眠なんです。

これもホルモンが関係しており、睡眠不足になると食べすぎてしまうのは、こういうホルモンの影響でしょう。

食事を始めて20分ほどあとに出始めるので、ゆっくり食べてみてください。深い睡眠がとれた場合、少量でもお腹がいっぱいになります。

早寝をすると睡眠時間が長くなってプチ断食の効果が出る

そもそも寝ているということは、食事ができるわけでないので、断食状態になるでしょう。これは胃腸を空っぽにする働きがあり、睡眠と同時に休息できるわけです。

つまり次の日に食事をすると、胃腸の効果があげられるので、他のダイエットのサポートにもなります。健康的に痩せられるひとつのポイントなので、睡眠をしっかりとるのが、すごく大切なのがこれでわかるでしょう。

睡眠は体を細くさせるホルモンを分泌させて健康的にダイエット

体調が万全でなければ、どんなことをやっても失敗する可能性が高くなるでしょう。もちろんダイエットに関しても同じで、睡眠は体調をよくする大切な方法になります。

それには深い睡眠が必要であり、10時には寝て7時には起きるという習慣を、身につけないといけません。時間だけでなく、眠る前に食事を控えて、スマホやテレビなどの光を見ないでください。

これだけでもリラックス状態が続いて、自然と先ほどの時間に眠気が来るようになるでしょう。深い睡眠がとれるようになると、代謝があがるだけでなく、食欲をおさえられて食べすぎを防ぎます。

もちろんこれが基本的な体作りとなるので、他のダイエットを組み合わせると、さらにその効果があがっておすすめです。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

26



ページのトップへ