公開日:2018/07/09  最終更新日:2018/09/12

VIOの脱毛は何かに例えるとどんな痛み?

脱毛をする方の中でいちばん人気の高い部位はワキやヒザ下、腕なのだそうですが、隠れた人気部位としてVIOがあります。

しかし、VIO脱毛は痛い!という口コミも多いのも事実です。

何回か施術を受けなければいけないのが脱毛ですから、毎回強い痛みを感じなければならないと思うと、腰が重くなってしまう・・・という方もいらっしゃると思います。

そこでVIO脱毛は本当に痛みが強いのか、痛みを何かに例えてみるとどのくらいのものなのか、という点について調べてみました。

レーザー脱毛でVIOを脱毛する場合、機器によっても痛みは違う!

現在主流になっている脱毛法の中で最も脱毛効果が高いぶん、痛みも強いのがクリニックで施術を受けられるレーザー脱毛です。

レーザー脱毛は、VIO以外の部位であっても多少の痛みを感じるという方が口コミを見ても多いです。

痛みが強いレーザー脱毛で、さらに全身の中でも痛みが強いVIOの脱毛を行うのはちょっと不安ですよね。

そこで、レーザー脱毛では主な脱毛器ごとにどのような痛みがあるのかを具体的にご紹介します。

ダイオードレーザーは細い針でつつかれるチクチク感程度の痛み

ダイオードレーザー方式の脱毛器は、レーザー式の脱毛器の中でも、もっとも痛みが少ないことで名が知られています。

その痛みは、具体的に言うと『細い針先で軽くつつかれているような感覚』です。

VIO以外の部分であれば、無痛で施術ができるくらい痛みが少ないので安心です。

レーザー脱毛でVIO脱毛を受けたいけれど痛みがあるのは絶対にイヤ!という方は、ダイオードレーザーによる施術を受けられるクリニックを選ぶのがおすすめです。

ダイオードレーザーを照射できる脱毛器はどれ?

  • メディオスター
  • ライトシェアデュエット
  • ソプラノ

ダイオードレーザー方式の脱毛を受けられるクリニックはどこ?

  • アリシアクリニック
  • 湘南美容外科クリニック
  • フェミークリニック
  • リゼクリニック
  • クレアクリニック

アレキサンドライトレーザーは輪ゴムではじかれる程度の痛み

レーザー脱毛器の中では比較的痛みが少ないのがアレキサンドライトレーザーですが、上でご紹介したダイオードレーザーよりは痛みがあるので注意が必要です。

アレキサンドライトレーザーの痛みでよく例えられるのは『一瞬輪ゴムではじかれたくらい』という感覚です。

アレキサンドライトレーザーを照射するときには、冷たい風やガスを皮膚にあてて皮膚が冷えた状態でレーザーをあてます。

ですから、アレキサンドライトレーザーを照射する機器による痛み自体が少ないというよりは、冷却によって痛みを感じにくくなっているのでしょう。

アレキサンドライトレーザーを照射できる脱毛器はどれ?

  • エリート
  • ジェントルレーズ
  • クラリティ

アレキサンドライトレーザー方式の脱毛を受けられるのはどのクリニック?

  • 湘南美容外科クリニック
  • 渋谷美容外科クリニック
  • フェミークリニック
  • 東京美容皮膚科クリニック

ヤグレーザーの痛みはアレキサンドライトレーザーよりも少し強め!?

レーザー脱毛の中でも、ヤグレーザーの痛みはダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーよりも強いです。

痛みとしては『輪ゴムではじかれたような痛み』と例えられますが、痛みが同じ例えのアレキサンドライトレーザーよりも強く感じられます。

アレキサンドライトレーザーでは冷却風などを皮膚にあてた後にレーザーを使いますが、ヤグレーザーの場合は冷却風がありませんので、その分痛みが強く感じられるのです。

ヤグレーザーを照射できる脱毛器はどれ?

  • エリート
  • ジェントルヤグ

ヤグレーザー方式の脱毛を受けられるクリニックはどこ?

  • 鈴木クリニック
  • フェミークリニック

クリニックでは麻酔が使えるからレーザー脱毛の痛みも怖くない!

一般的なレーザー脱毛の痛みをそれぞれの機器・照射方法ごとにご紹介しましたが、実際に感じる痛みに関しては、人それぞれの毛量や毛質などによる個人差も大きいものです。

しかし、ムダ毛が太いし濃いから痛みが心配、という方でも麻酔を使えば痛みを感じないので安心です!

レーザー脱毛を行うクリニックは医療機関ですので、脱毛サロンとは違い、施術時に麻酔を使用することができます。

皮膚に塗るクリーム麻酔やガスを吸入する笑気麻酔などを用意してくれているクリニックがほとんどですので、レーザー脱毛で痛いのはイヤだという方は医師に相談してみることをオススメします。

レーザー脱毛で痛みが心配な方でも、麻酔を使用すれば、痛みの不安もなくなりますね!

フラッシュ脱毛の痛みはほぼゼロなのでVIO脱毛でも安心です!

脱毛サロンで採用している脱毛法は、クリニックとは異なる『フラッシュ脱毛(光脱毛)』というものです。

クリニックのレーザー脱毛と比較するとフラッシュ脱毛の脱毛効果は低いですが、その分痛みも少ないので、VIOでも安心して脱毛が受けられます。

それでは、フラッシュ脱毛によるVIO脱毛の痛みはどのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。

インテンス・パルス・ライト(IPL)は静電気が起こったような感覚程度の痛み

多くの脱毛サロンで用いられている脱毛法が、インテンス・パルス・ライト方式のもので、こちらの脱毛法はお肌への負担も少なく、痛みも少ないので脱毛初心者の方でも安心して施術を受けられます。

インテンス・パルス・ライト方式では、痛みといってもピリッとした感覚があるくらいで、例えてみると『物に触れたときに静電気が起こった』という程度の痛みです。

インテンス・パルス・ライト方式は部位によっては痛みを感じないと言われていますが、VIOに関してはやはり痛みを感じる方も多いです。

インテンス・パルス・ライト方式の痛みは少しだけ刺激を感じる、という程度ですので、VIO脱毛と言えども我慢できないほどの痛みを感じることはまずないといえます。

IPL方式の脱毛を受けられるのはどこの脱毛サロン?

  • キレイモ
  • 銀座カラー
  • ラ・ヴォーグ
  • シースリー

スムース・スキン・コントロールメソッド(S.S.C)の場合はほぼ無痛!?

お肌に優しく低刺激』というメリットを謳っているのがS.S.C方式という脱毛方法です。

S.S.C方式は光によって直接毛根にダメージを与えるのではなく、ジェルの成分を肌に浸透させて、ジェルの上から光をあてることでお手入れするので、IPL方式よりも更に刺激が少なくなります。

VIO脱毛を行ったときでも、S.S.C方式では痛みはほぼ感じられません。

脱毛する部位によってはIPLのような『静電気が起こったような刺激』がありますが、S.S.C方式のほとんどの施術では『あたたかさを感じる程度』の感触しかありません。

これまでにご紹介した脱毛法の中では、S.S.C方式は最も施術時の痛みがないので、痛みに弱い方でもストレスなく脱毛サロンに通うことができるでしょう。

S.S.C方式の脱毛を受けられる脱毛サロンはどこ?

  • ミュゼプラチナム
  • 脱毛ラボ

ニードル脱毛はとにかく痛い!!VIOに白髪がある方にはおすすめ

ニードル脱毛は毛穴に針を刺した状態で電流を流し、毛乳頭を壊してしまうという永久脱毛法で、光脱毛では脱毛効果のない白髪でも脱毛できるというメリットがあります。

毛穴ひとつひとつに針を刺して電流を流すという作業をひたすら行うのですが、痛みはかなり強いです。

その痛みを例えるなら『皮膚の奥で火花が散るかんじ』なのだそうです。

針を刺すときよりも電流を流すときの痛みの方が強いのが特徴で、それが毛穴の個数分行われるので長時間激痛を我慢しなければなりません。

ニードル脱毛を取り扱うクリニックでは、麻酔を使うことができるので、VIOに白髪があるという方は、麻酔を使ってのニードル脱毛がオススメです。

ニードル脱毛を受けられるのはどこ?

  • ビューティースキンクリニック
  • 川口クリニック
  • 横浜ベイクリニック
  • TBC
  • エステティック・ミス・パリ

痛みは絶対イヤな方必見!痛くないVIO脱毛のオススメは?

レーザー脱毛、フラッシュ脱毛の痛みについて、例えるとどんな感じなのかをご紹介しました。

VIOは体の中でも毛が濃くて皮膚が柔らかい部位なので、特に痛みを感じやすい部位です。

VIOはデリケートな部分でもありますので、できるだけ痛みや刺激が弱い脱毛法を選びたいものです。

ニードル脱毛はまず間違いなく痛い脱毛法ですが、フラッシュ脱毛のS.S.C.方式であればほぼ無痛で脱毛を受けられますし、クリニックのレーザー脱毛であっても、麻酔を使えば痛みはかなり軽減することができます。

今回の記事の例えを参考にしつつ、まずはクリニックや脱毛サロンのカウンセリングでVIO脱毛の痛みについて相談してみてくださいね。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

411



ページのトップへ