公開日:2018/07/09 

ニードル脱毛と他の脱毛方法と組み合わせて永久脱毛しよう!

日本で行われている脱毛方は非常に種類が多く、おそらくほとんどの方がどのような脱毛方をとるべきか迷ってしまうのではないでしょうか。

実は脱毛は、ひとつの方法で行うのではなく、ニードル脱毛と他の脱毛方法を組み合わせる事でより効果的に永久脱毛が可能なのです!今回はその方法をご紹介します。

永久脱毛と半永久脱毛の違い

脱毛をしようと調べてみると「永久脱毛」や「半永久脱毛」という言葉を見る事があります。

クリニックでは永久脱毛、サロンでは半永久脱毛と書かれています。永久脱毛とは、完全に脱毛できている状態が持続する事を指します。

クリニックのように出力が大きい脱毛ができる場合は永久脱毛と呼ばれています。

半永久脱毛は脱毛した後にムダ毛が生えるかもしれない状態の事をいい、サロンのように出力が小さく、完全ではない時に使われます。

永久脱毛って無理なの?

皆さんはレーザー脱毛や光脱毛では永久脱毛をするのが難しいというお話をご存知でしょうか。

実は永久脱毛というのは毛根にある毛母基を破壊し、毛が再生と発育をできないようにする処置の事で、このようなしっかりと毛が生える仕組みからダメージを与えられる脱毛法は非常に限られた方法しか選択肢がないのです。

今主流となっている脱毛法はレーザーなどを照射する事で毛根の内部のメラニン色素を破壊するもので、細胞そのものが生き残ってしまう事があるため、複数回の照射を行う事でようやくムダ毛が生えなくなってきます。

クリニックで謳われている永久脱毛も、「脱毛後数%以下のムダ毛しか生えない状態」と定義されているため、レーザーや光脱毛では永久脱毛は難しいのです。

ニードル脱毛なら永久脱毛が可能!

1度で完全に永久脱毛ができる方法として知られているのがニードル脱毛です。

ニードル脱毛は毛穴に細い針を入れ、電気を流す事で毛根ごと破壊するという脱毛方法です。

痛みが強いので、1度に少しの回数しか脱毛ができません。

このため、ニードル脱毛は1度にわずかな部分しか脱毛ができず、全身のムダ毛をニードル脱毛で除去するためには約1年かけて少しずつ脱毛する事が必要です。

しかし、1度施術したところは2度とムダ毛が生えてこないので、本当の意味で永久脱毛が出来る脱毛はニードル脱毛だといえるのかもしれません。

ニードル脱毛のデメリット

より質の高い脱毛を行うならばニードル脱毛がおすすめですが、毛穴に大きなエネルギーを与えるため、肌に与えるダメージが大きい事がデメリットの1つです。

  • 毛穴の炎症
  • 皮膚全体が炎症を起こす
  • 毛穴の化膿

毛穴に対する負担が大きいため、腕や脚などの皮膚の強い部分は問題なくできるのですが、顔などの皮膚の薄い部分は肌に負担がかかってしまうため、ニードル脱毛だけで全身脱毛する事は現実的ではありません。

ニードル脱毛と他の脱毛方法を組み合わせて脱毛する事が一般的です。

ニードル脱毛は唯一永久脱毛を達成できる脱毛法ですが、活用法をしっかりと考えなければダメージが蓄積してしまい非常に厄介です。

脱毛をする時には脱毛法だけでなくしっかりとお肌のコンディションを整える方法も身につけ、お肌の負担の少ない脱毛ができるようにしましょう。

ニードル脱毛以外の脱毛方法

ニードル脱毛以外の脱毛法には、レーザー脱毛、光脱毛があげられます。

1度で永久脱毛を目指すのは難しいのですが、繰り返し脱毛をする事で永久脱毛ができる可能性があります。

脱毛には毛周期をしっかりと理解する事が大切です。

ムダ毛も含めた毛髪は、大体2〜3ヶ月程度の寿命があるため、頭に生えている頭髪以外はこのくらいの周期で生え変わっています。

一度脱毛を行い、2〜3ヶ月程度の期間が過ぎた後に、脱毛処置時に埋まっていた毛が頭を出してくるのでこのタイミングでさらに脱毛処置を行います。

再生途中の毛根の細胞に繰り返しダメージを与え、やがて毛根が再生しなくなります。

繰り返し毛根にダメージを与える事が永久脱毛に重要な役割を果たしているので、しっかりと脱毛ができるように繰り返す事が重要なのです。

レーザー脱毛のメリット

レーザー脱毛はクリニックのみ行われている脱毛で、黒い色をした色素を破壊する性質のあるレーザーを照射し、毛の根元の細胞にダメージを与える事ができる治療法です。

レーザー照射では完全に毛根の細胞を破壊できるわけではないので、繰り返し同一部位にレーザーを照射する事で毛根が再生しないレベルまで脱毛ができます。

ニードル脱毛よりも肌に与える刺激が少なく、およそ6回で脱毛が完了します。

光脱毛のメリット

光脱毛はサロンなどでも行われている脱毛法で、光を照射する事で毛根を刺激し、メラニン色素を含んだ細胞にダメージを与える方法です。

レーザー脱毛ほどの効果をえる事はできないので、光脱毛ではレーザー脱毛よりも長い期間をかけて照射をして脱毛します。

しかし、レーザー脱毛ほど肌に負担をかけないので、レーザー脱毛よりも広い範囲に光を照射できるというメリットがあります。

また、肌に与えるダメージも小さいのでより顔などの敏感な部分におすすめの脱毛方法です。

毛サイクルを理解した脱毛が効率的

脱毛に重要な毛サイクルですが、一般的なムダ毛では2〜3ヶ月程度で生え変わります。

ビキニラインや脇の毛では毛サイクルは4ヶ月程度とやや長期間にわたってこのサイクルを繰り返すため、脱毛方法を組み合わせることでより効果的な脱毛が出来ます。

脱毛をするのは痛みが伴うので、時には体の負担にならないように、脱毛の場所と脱毛の施術を受けるタイミングをずらすことも大切です。

脱毛方法を組み合わせた脱毛方法の例

実際に、ニードル脱毛や他の脱毛方法を組み合わせて脱毛を行う時に、どのような組み合わせで行うのかの例をご紹介します。

大きく分けると2つの組み合わせがあります。

  • ニードル脱毛で仕上げをする方法
  • ニードル脱毛と組み合わせてメリットを活かす方法

2つの方法では、ニードル脱毛をどのタイミングで行うのかがポイントになるので、チェックしていきましょう!

ニードル脱毛で仕上げをする方法

レーザー脱毛や光脱毛では永久脱毛できないのは、細胞そのものは破壊できないからです。

脱毛を終えて半年ほどすると一部のムダ毛が生えてくる事があります。

生えてきた部分だけ脱毛できていないという事なので、生えてきてしまったムダ毛をレーザー脱毛するという方法です。

レーザー脱毛を行う箇所も少なくなり金額的にも安くなりますし、刺激を与える毛穴も少なくて済むので、炎症などが起きにくくなると考えられています。

仕上げにレーザー脱毛を取り入れる事で、高い脱毛効果が得られます。

メリットを活かす方法

ニードル脱毛は狭い範囲を1度で脱毛できるというメリットがあります。

なので、ワキやVIOなどの太くて硬いムダ毛が多い部分をニードル脱毛で処理をして、背中や腕、脚などの広い範囲はレーザー脱毛や光脱毛を組み合わせて脱毛するという方法があります。

顔は刺激に弱いので、レーザー脱毛や光脱毛で脱毛する事で、炎症なども起きにくくなります。

ワキやVIOなど光脱毛では時間がかかる部分をニードル脱毛で処理をしておけば、脱毛自体が早く終わるケースがあります。

ニードル脱毛を組み合わせる時の注意点

ニードル脱毛を他の脱毛方法と組み合わせる方法をご紹介しましたが、1つだけ注意点があります。

ニードル脱毛は、脱毛クリニックが行っているものを選ぶようにしましょう。

最近ではニードル脱毛を行っているサロンも増えてきていますが、毛穴に直接刺激を与えるので、サロンでは少し不安が残ります。

毛穴の炎症が起きた時にクリニックであればすぐに処置をして貰えるので、刺激の強いニードル脱毛は必ずクリニックが提供しているものを利用しましょう。

ニードル脱毛を組み合わせて効果的な脱毛を

今回は、ニードル脱毛を使った脱毛方法をご紹介しました。

  • ニードル脱毛は他の脱毛と比べて脱毛効果が高い
  • ニードル脱毛は毛穴に大きな負担をかける
  • 他の脱毛方法を組み合わせると効果的に脱毛できる
  • ニードル脱毛はクリニックの物を選ぶ

できるだけ肌に負担を与えないように脱毛をしたいですよね。

組み合わせて脱毛する場合は、サロンやクリニックにしっかり伝える事でリスクが減ります。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

77



ページのトップへ