公開日:2018/07/09 

ケノンのカートリッジは買い替え無しでどのぐらい使えるの?

光を照射して脱毛するケノンは家庭での気軽な脱毛を可能にしました。

しかし、カートリッジは永遠に使用することは出来ず取り替えが必要になります。

今回はケノンのカートリッジについて、買い替えなしでどのくらい使用できるのかご説明します。

家庭用脱毛器ケノンとは?

脱毛といえば、サロンや医療クリニックで行うものというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、近年では家庭用脱毛器の発達によって、家で自分で脱毛をすることができるようになってきています。

サロン、医療クリニック以外の選択肢となっているのが家庭用脱毛器です。

家庭用脱毛器の中でも今回のタイトルにもなっている「ケノン」についてその概要を紹介します。

ケノンの概要

ケノンとは、株式会社エムロックという日本のメーカーから販売されている家庭用脱毛器です。

家庭用の脱毛器は、普段サロンに通う時間やお金がないという人にむけて家庭で簡単に脱毛が出来る商品です。

その中でもケノンは、光をあてることで脱毛する「フラッシュ脱毛」という、サロンで行われる脱毛と同じ仕組みで脱毛が可能です。

また、カートリッジを使い分けることによって、脱毛器としてだけではなく、美顔器としても利用することができます。

安上がりで自分で手間をかけず脱毛することが出来るということから、ケノンは家庭用脱毛器の中でもトップクラスの人気商品です。

フラッシュ脱毛の特徴

ケノンが採用しているフラッシュ脱毛という手法は、特殊な光を毛根にあてることで毛の再生力を弱くしていき、脱毛するというものです。

フラッシュ脱毛という呼び名は、その光り方に由来します。まるでカメラがフラッシュを焚く瞬間のように光るのです。

フラッシュ脱毛の特徴は、一度に広範囲の脱毛が可能になるということです。

ピンポイントで狭い範囲を脱毛するレーザー脱毛とは異なり、フラッシュ脱毛の場合は光が広い範囲にあたります。

そのため、背中などの見えにくい場所の脱毛にも向いています。

ただし、レーザー脱毛だと永久脱毛をすることができますが、フラッシュ脱毛の場合は半永久脱毛であるため、定期的に施術を行なわなければ毛が生えてくるので注意が必要です。

ケノンが持つ特徴

ケノンの特徴はなんといっても、その照射回数です。ひとえにフラッシュ脱毛といっても、使用する機器によって光の照射範囲や照射できる回数が異なります。

ですから、これらの時間や回数というのは、特に家庭用フラッシュ脱毛機器を選ぶ際の1つの基準となります。

この光の照射回数がケノンは他の家庭用脱毛器と比べ物にならないくらい多いのです。

カートリッジと呼ばれる箇所から光が照射されるのですが、他者製品が2万発弱程度のところ、ケノンは最大で20万発です。

その差は10倍以上となります。また、照射範囲に関しても、エクストララージというサイズで9.25平方センチメートルという世界最大級を誇っています。

ケノンでどのくらい脱毛ができるのか?

ケノンがどのような脱毛器であるかということは紹介しました。

概要はわかったけど、どのくらいの回数の脱毛ができるのか?ということが気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここではケノンで何回脱毛できるのかということをカートリッジの買い替えという点に注目し、具体的な身長、体重を例にして紹介します。

最大20万発の照射が可能

ケノンは照射のレベルが最も低いレベル1に設定した場合、カートリッジ1つから20万発の照射が可能です。

ケノンは照射のレベルを1から10まで選ぶことができます。レベルが上がるにつれてよりパワーが必要になるため、照射可能な回数は少なくなります。

それでも、レベル10の場合でも1万発以上の照射が可能です。

ケノンは購入時に、通常サイズのラージカートリッジの他に、さらに大きいエクストララージカートリッジ、強力なストロングカートリッジが付いてきます。

カートリッジは取り替え式であるため、3つのカートリッジをレベル1で使用した場合は、買い替え無しで60万発の照射が可能になります。

1回の脱毛にかかる照射回数は?

では、1回の施術には何回の照射が必要になり、買い替え無しで何回の施術ができるのでしょうか?

ここでは身長160cm、体重50kgの女性が全身脱毛をする場合を想定して考えてみます。

まず、この女性の場合、体の表面積は約15,011平方センチメートルであり、1回の施術でこれだけの面積に照射する必要があります。

続いて、15,011平方センチメートルに対して、1回で9.25平方センチメートルの照射が可能なエクストララージカートリッジで照射すると想定します。

すると1回の全身脱毛にかかる照射回数は約1,600回です。

また、1回で7平方センチメートルの照射が可能なラージカートリッジの場合だと照射回数は約2,150回になります。

買い替え無しで何回使用できる?

それぞれ1,600回、2,150回という数字が出てきました。

これを20万発の照射が可能なレベル1で使用した場合は、約120回(エクストララージカートリッジ)と約90回(ラージカートリッジ)の全身脱毛ができるという計算になります。

また、レベル10で使用した場合は約4回(ラージカートリッジ)と約6回(エクストララージカートリッジ)の全身脱毛ができる計算です。

実際には、頭などの照射が必要ない部分があったり、脱毛箇所によって照射レベルを変える可能性があったりするため、もう少し回数は多くなります。

購入時に3つのカートリッジが付いてくることを考えると、買い替え無しでかなりの回数の脱毛が可能となります。

カートリッジを長持ちさせてお得に使いこなす

具体的な脱毛回数がわかったことで、使用時のイメージができたのではないでしょうか?

しかし、ケノンはカートリッジを使い切ると新しいものに買い換えなければいけません。

使い続けていると必ずカートリッジの照射回数は上限に達してしまいますが、できるだけ長く使いたいものです。

そこで、カートリッジを長持ちさせるためにどのようなことができるのかということを紹介します。

毛の周期を把握する

カートリッジの買い替え無しでかなりの回数の施術をすることができるケノンですが、その中でもできるだけ長く使用するためにはどうすればいいのでしょうか?

ポイントとなるのは、毛が生えてくる周期を把握しておくということです。

毛は成長する期間、毛が抜ける期間、毛が生えてこない期間に分かれています。毛が生えてこない期間にケノンを使用しても効果がないということになるのです。

狙うべきは毛が成長する期間です。この期間中に施術を行うと、そこから2週間程で毛が抜けていきます。

その後、顔だと約1ヶ月、それ以外の箇所では約2ヶ月くらいは毛が生えてこない期間となるので、施術は必要ありません。

また、ケノン本体のディスプレイには、残りの照射回数が表示されます。

残りの回数を計算し、施術の必要ない期間を考えながら使用することが長くカートリッジを使用する上で重要になります。

毎日使ったからといって効果が高まるわけではない

毛の周期の話からピンときた方もいるかもしれませんが、ケノンは毎日使用しても、必ずしも脱毛できるというわけではありません。

レベル1で施術を行った場合、120回の全身脱毛ができるとお伝えしました。これは、毎日施術をしたとすると4ヶ月分になります。

しかし、顔以外の部分は、2ヶ月間は毛が生えてこない期間であるため、4ヶ月間毎日施術し続けたとしても、そのほとんどは無駄打ちとなってしまいます。

毎日行うことは大切ではなく、毛が成長する期間に1〜2週間継続して施術すればいいのです。

そうやってタイミングを決めて使うと、ケノンを使用するのは人によって若干異なりますが2ヶ月前後に1回ということになります。

カートリッジの無駄遣いをしないためにも、まずは毎日施術する必要はないということを覚えておいてください。

施術場所に適したカートリッジを用意する

毛の周期を把握すること、毎日施術しなくていいことに加えてカートリッジを適切に使用するということも長持ちにつながります。

照射面積が違うカートリッジを、効率良く使い分けましょう。

例えば1番大きいエクストララージカートリッジは、面積が大きい背中などに利用するのが効果的です。

逆に、ストロングカートリッジの照射面積はラージやエクストララージよりも小さいため、これで背中に施術しようとすると、エクストララージを使用したときよりも多くの照射回数が必要になります。

ケノンのカートリッジは簡単に取り替えることができるので、脱毛の箇所によって使い分けることで、より長持ちさせることができます。

カートリッジは長持ちさせることが可能です

今回の記事のポイントは以下の通りになります。

  • ケノンのカートリッジは最大20万発の照射が可能
  • 照射レベルをコントロールすれば100回以上使用できる
  • 毛の周期を把握する
  • 毎日使用しても効果があるわけではない
  • カートリッジを使い分ける

これらのことに気をつけながら使用すればカートリッジを買い替えることなく長く使用することができます。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

461



ページのトップへ