公開日:2018/07/09 

医療脱毛で脚(ひざ上、ひざ下)をきれいに脱毛したい!

「脚(ひざ上、ひざ下)」はとても目立つ部分です。

この部分をきれいに医療脱毛をして、スカートを自信をもって履きこなしたい、という人も多いのではないでしょうか。

そのときに力になってくれるのが「医療脱毛」です。

脚(ひざ上、ひざ下)を脱毛することのメリットとその基礎知識、価格、痛みや時間、価格についてお教えします。

脚(ひざ上、ひざ下)を行うための基礎知識

「脚(ひざ上、ひざ下)の脱毛」は、脱毛のプランとして非常に人気のあるものです。

特に女性は足を出すファッションも多いので気になりますよね。

そこで、ここでは、まずは脚(ひざ上、ひざ下)の基礎知識についてお話ししていきます。

脚(ひざ上、ひざ下)の脱毛のメリットとはどういうものなのか、部分分けはどうなっているのか、そして毛の周期はどうなのかを見ていきましょう。

脚(ひざ上、ひざ下)の脱毛のメリット

脚(ひざ上、ひざ下)は、脱毛箇所としてとても人気のある個所です。

ひざ下の部分はスカートを履く女性ならばいつも人目にさらされるところです。

男性のすね毛は容認されることも多いのですが、女性の場合はなかなか厳しい視線が……。

ネットリサーチディムスドライブが、2010年の5月に8834人を対象としてとったアンケートでは、脚(ひざ上、ひざ下)の手入れをしている人の割合は全体の60パーセント近くにのぼっています。

特に夏場の場合は、「処理をしている」とした人が73.5パーセントと、7割を超える人がこの部位を処理しています。

また、この部分は範囲が広いので自分でお手入れをするのが大変。脱毛を利用する価値は十分にありそうです。

脚(ひざ上、ひざ下)の脱毛、部位分け

さてこの「脚(ひざ上、ひざ下)の脱毛」ですが、これを考えるときは「部位の分け方」にも注目をしたいところです。

足は非常に範囲が広いため、「ひざ上」と「ひざ下」に分けられるのが基本です。

現在は、医療脱毛でもサロンでの脱毛(光脱毛)でも、「部位の大きさ」によって値段を変える価格体系が主流です。

この場合、ひざ上もひざ下もどちらも「大きいパーツ」に分類されることになるため、「小さなパーツ(ワキなど)」に比べて値段は高くなります。

少し意識してほしいのが、「ひざ下」の区分です。

これは基本的には「ひざの下から足首の部分まで」とされていますが、クリニックによっては「ひざ下で申し込んでもらった場合は、足の指の脱毛までを含む」としているところもあります。

脚(ひざ上、ひざ下)の毛の周期について

もう1つ意識してほしいのが、「脚(ひざ上、ひざ下)のムダ毛サイクル」です。

私たちの体は、いろいろなところに毛が生えています。

この毛は、個人差だけでなく、箇所によっても生え変わる時期が異なります。

これは「毛サイクル」「ムダ毛周期」「毛周期」などの名称で呼ばれています。

脚(ひざ上、ひざ下)の部分に関しては、3か月~5か月程度が1つのサイクルです。

使う機械や通い方にもよりますが、医療脱毛に通うときの1つの目安となるでしょう。

脚(ひざ上、ひざ下)の脱毛、痛みや時間は?

「脚(ひざ上、ひざ下)の医療脱毛を受けてみよう!」と思った時に気になるのが、「脱毛の痛み」なのではないでしょうか。

特に医療脱毛はサロンでの脱毛よりも痛いということで、不安に思う人もいるでしょう。

また、「どれくらいの時間がかかるものなのか」「格好は?」ということを疑問に持つ人も多いはず。

ここではその疑問を解きほぐしていきましょう。

痛みは個人差があるけれど……

「痛み」というのは、なかなか数値化が難しいものでもあります。

なぜなら、どの強さをもって「痛い」と感じるかは人によって異なるからです。

ただ、脚(ひざ上、ひざ下)の医療脱毛は、率直に言って、「かなり痛い」というのが専門家の見解です。

特に太ももの内側、すね部分などは皮ふの厚さや骨との距離の近さが問題となって、強い痛みを感じる人もいます。

どうしても痛みに耐えられない、という人は、比較的痛みの少ないサロンでの脱毛を検討するのもよいでしょう。

ただ現在は医療脱毛の現場では麻酔も使われるようになっているので、これを利用するのも対策のうちのひとつです。

時間はどれくらいかかるのかを知りたい

脚(ひざ上、ひざ下)の脱毛にかかる時間は、「ひざ上」と「ひざ下」で分けて考えるべきです。

ひざ上の脱毛は20分程度、ひざ下の脱毛は45分程度としているクリニックがあるので、これをひとつの目安とするとよいでしょう。

ただ、時間には余裕を持っておきたいもの。1時間程度の時間を確保しておきたいですね。

服装はどうすればいい? アフターケアは?

当たり前の話ですが、施術部位が露出していないと脱毛は行うことはできません。

そのため、ストッキングなどは脱ぐことになります。

ただ、下着を脱ぐ必要はありませんし、施術部位が見えていればいいでしょう。

ガウンを使わせるクリニックもあるので、この点は確認しておきたいものです。

脱毛をし終わった後の肌は敏感です。自分の普段使っているローションなどを持っていくのもよいのですが、クリニックのなかには、おすすめのローションを販売しているところもあります。

気になる料金はいったいどれくらい?

「脚(ひざ上、ひざ下)は、大きなパーツに分類されるため費用が高くなりがちである」としました。

ここではより細かく、費用について焦点をあてて見ていきます。

脚(ひざ上、ひざ下)の場合、セットプランが組まれることもあるので、この点もチェックしたいものです。

自分の経済状態とムダ毛ケアの計画を考えて、ぴったりのものを選びましょう。

脚(ひざ上、ひざ下)の料金の基礎知識

脚(ひざ上、ひざ下)は人気の脱毛箇所だけあって、さまざまなクリニックやサロンがさまざまなプランを打ち出しています。

全身脱毛に含まれることはもちろんのこと、「足だけをきれいにするプラン」「手と足を合わせてきれいにするプラン」「部位別脱毛」などなど、その種類はさまざまです。

価格差も大きいので、しっかりチェックしていきましょう。

セットプランは人気が高く、お買い得

脚(ひざ上、ひざ下)を脱毛するプランとして人気があるのが、「セットプラン」です。

これは大きく分けて、「足だけをきれいにするプラン」と「手足をきれいにするプラン」に分けられます。

前者はひざ上とひざ下を脱毛するプランです。

クリニックによって違いはありますが、5回で10万円程度がひとつの目安です。

後者はクリニックによって考え方が違います。

「ひじ下+ひざ下」をこう呼ぶケースもありますし、「ひじ上+ひじ下+ひざ上+ひざ下」をまとめてこう呼ぶこともあります。

前者の場合はやはり10万円、後者の場合は15万~20万円程度が相場でしょうか。(それぞれ5回分)

パーツごとの場合はいくらくらいか

1番手軽に頼めそうな「パーツ」ですが、これはだいたい5回で5万円~7万円程度でしょうか。

この部位のパーツ脱毛は非常に特徴的です。

なぜなら、「セットプランにすると非常にお買い得なクリニックが、パーツごとの脱毛だとほかのクリニックよりも高くなる」ということもあるからです。

しっかりと計画性をもって脱毛を申し込みたいものです。

脚(ひざ上、ひざ下)の医療脱毛はこんな特徴が

脚(ひざ上、ひざ下)の医療脱毛には、

  • スカートをきれいに履きこなせるようになる
  • 部位の分け方はクリニックによって異なる。痛みは強めで、時間もかかる
  • セットコースとパーツごとの脱毛があるが、セットコースはクリニックによって箇所が異なる
  • 値段も大きく変わるので注意

という特徴があります。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

71



ページのトップへ