公開日:2018/07/09 

ムダ毛処理の最適な頻度と肌荒れしない自己処理の方法

ムダ毛が気になった時から、カミソリやシェーバー、毛抜きで処理をしていたはず。早い人だと小学校高学年の頃から始めているというケースも。

すっかり日常的に行なってきたムダ毛の自己処理ですが、なかなか毎回うまくいくわけではありません。

カミソリ負けのように肌がザラザラとしてしまっているのはどうして?

ムダ毛処理するペースが早いから、肌に余計な負担をかけてしまっているのかな?

このような疑問をかかえるあなたに、正しいムダ毛処理の方法をお伝えします。

そもそもムダ毛処理自体が肌荒れを招くという話

最適な頻度を知る前に、そもそもどうがんばってもムダ毛処理は肌荒れを起こすものだという理解が必要です。

ムダ毛処理と言えば、使う道具は主にこの2つ。

  • カミソリ
  • ⇒T字、I字、はたまたVラインや背中専用のカミソリなど、多種多様

  • 毛抜き
  • ⇒ピンセットを使う人もいる

このほか、持っている人は電動シェーバーを使ったり、脱毛テープやワックスを日常的に使っている人も。

カミソリと手抜きはごく身近で、実家には必ずと言っていいほどある物のせいか、目にする機会も多く、本当に肌にとって正しい自己処理を学ぶ前に手に入るので、そのまま使ってしまうケースが多いようです。

そんな身近な存在であるカミソリと毛抜きこそ、肌表面の毛抜きを開かせ、炎症を起こさせ、埋もれ毛(埋没毛)や炎症(毛のう炎など)生むとっても怖い存在だということを覚えておくこと。

「キレイに脱毛してる時間がない、だからその場にあるもので…」をどんどん蓄積させることにより、着実に肌は傷ついてしまっているのです。

ムダ毛を処理する最適な頻度

たとえば、1週間に何回のペースで自己処理を行えば良いのか。

これは毛量・毛質・肌質・体質の違いがある限り、一概に「これが良い」と言い切ることはできません。

そんな中、現在自己処理を行い続けている女性50人へ、脱毛Q独自のアンケート調査を行なってみたところ、一番意見の多かった頻度は「1週間に2、3回」という答えになりました。大体、1日から2日おきで自己処理をする人が多いようです。

お風呂に入る時に処理するという人が最も多く、体を洗うついでに自己処理を行う場合がほとんど。

お風呂に入っていない時は肌が乾燥状態にあると自分でも分かるため、カミソリを当てにくいものです。

確かに、クリームを塗りたくって処理をするより、お風呂でボディソープを使って処理したほうが滑りもよく、後処理も楽。

それでも、「毎日カミソリ処理をすると肌が傷みそうだからできるだけ頻度を減らしている」という意見も目立ちました。

ムダ毛処理はすればするほど肌を傷つけてしまうという事実は、みんな何となく気づいてきているのです。

肌荒れを起こさせない一番良い自己処理法のかたち

肌に悪いと分かっていても、自分で自己処理をしなければいけない場面は必ず来ます。

大前提として、脱毛をするための第一歩は自己処理から始まるのです。

脱毛サロンや美容クリニックに行ってムダ毛を脱毛してもらうとき、基本的に自分で、自宅で今生えているムダ毛を剃ってくることになります。

「自己処理はダメなのに、脱毛するときにはしなくちゃならないの?」と、脱毛初心者は必ず疑問に抱くことでしょう。

実は、脱毛サロンや美容クリニックでは、肌を傷つけるカミソリと毛抜きはもう使わない方がいいと推奨してきます。

(毛抜きに関しては、脱毛中は使用禁止。毛を抜くと毛周期が変わってしまうため脱毛効果が出なくなります)

やってはいけないムダ毛処理の鉄板

これはNG!!

  • 逆剃り
  • 毎回毛抜きでの処理
  • 毛抜き
  • 剃ったあとのほったらかし行為

オススメされるのは、電動シェーバーの利用。場所によってはシェーバーを販売しているところもあり、持っていない人はその場で買うことも可能です。

電動シェーバー(電気シェーバーとも言う)はまだカミソリのようにいちアイテムとして使用している人が少ないため、あまり知名度はありませんが、最近ではサロンやクリニックが推奨していることによって徐々に認知されてきています。

皮膚の表面に鋭い刃物を当てるカミソリと違って、電動シェーバーは生えている毛のみをカットする機能。

当然、カミソリで逆剃りしたように深く剃ることはできませんが、その分肌を傷めることなく毛をカットできます。

家電量販店で色んな種類のものが販売されているので、これからムダ毛をなくしたいという人は必ず手元に1本は揃えておきましょう。

肌を傷つけるカミソリや毛抜きの処理をストップするという行為そのものが、実は肌状態を良くしていくことに近づくので、脱毛の仕上がりもキレイになっていくのです。

ムダ毛処理の適切な頻度と方法のまとめ

おさらいです。

最適な頻度
⇒ 2~3日に一度に抑える。毎日は行わないほうが肌を傷めない。どうしても必要なときや、チクチクして仕方がない!というときまではできるだけ我慢。

最適な方法
⇒ 肌を守るために肌に優しい電動シェーバーを使うこと。

ムダ毛処理経験のある女性50人にアンケート

自分以外の人はいつから、どうやってムダ毛処理をしているんだろう?と疑問に思ったとしても、なかなか気軽に聞けるものではありません。

そこで、みんなはいつから、どんな方法で行なってきたのか、2つのポイントを探ってみることに。

ムダ毛の処理歴は何年?デリケートな部分はどうやって処理しているの?など、いまいち友達には面と向かって聞きづらいことを、匿名アンケート方式で調査を行なった結果をご紹介!


ムダ毛処理は何歳の時から?

中学生のとき[21人]

・中学からはスカートだからもう隠せないと思って親に相談した(20代 学生)

・運動部の部活に入ったときに先輩に指摘されたり、自分で気になって処理しはじめました。
制汗スプレーを友達と貸し合ったりしたときに堂々とシューッとできるようにいつも気にしてました笑。(30代 主婦)

・小学校の時に鼻のしたにヒゲ生えてるよと言われて当時は気にしなかったけど、男子の目が気になるようになってから全身の毛が嫌になった(20代 OL)

とってもよく分かります!!管理人の私もカミソリを使い始めたのは中学1年の頃でした。

中学校に上がると少し大人になった気分になるうえ、大体は強制的にスカート生活なので気にせざるを得ません。

この頃は思春期真っ盛りなこともあって、いっつも誰かに見られてるような気になっちゃうものです。

小学生の時は気にならなかった人も、中学に入って…という経験を踏んだ人が多いようでした。

小学生のとき[14人]

・生理になったと同時に一気に濃くなって、恥ずかしくて剃りました(20代 OL)

・修学旅行でみんなと温泉に入るために親に内緒でコッソリ。初めてだったので思いっきりカミソリ負けしたのはいい思い出です。(30代 OL)

・昔からかなりの剛毛人生。もちろん自分でも気にしてたけど、男子にからかわれて担任の先生(女です)に相談したら優しくアドバイスしてくれました。
姉の見よう見まねでとりあえず腕と足だけはやってたけど、チクチクしてくるからまたそれで悩んだりと悩みは尽きませんでした(20代 学生)

小学校高学年の頃から始めていた人も多かったのは驚きです!

お母さんやお姉ちゃんに正直に相談した人もいれば、隠れてコッソリ行なっていた人も…。

肌に悪いよと娘の体を気遣ってくれる親の愛情はありがたいですが、厳しい家庭だとなかなか許しを得られないケースもあるようです。

生理がきて一気に気になるようになったという声もチラホラ。

実は、人間というのは幼児時代が一番毛深い時期だそうなんです。

大人のような立派な毛とまではいかなくとも、体中にうぶ毛のような軟毛が生えていて、発刊の助けをしたり外的要因から体内を守ってくれたりするんです。

保護機能だと頭では分かっていても、そうも理解できないのが現実。

高校生のとき[8人]

・彼氏ができて、今までまったく気にしてなかったワキがきになるように(30代 OL)

・バイト柄どうしても人にジロジロ見られる機会が増えて、さすがに剃らなきゃなと焦りました。一番最初に処理したのは指毛でした。(20代 OL)

・もともと薄毛で全然毛がない方だったけど、友達がすごく剛毛で「あんたもヤバイから」と言われて影響された。今思うと僻みだったのかも??(10代 学生)

ここから一気に割合が減ります。高校時代というと、これまでとは少し違って、何かと自分のためにお金を使うように。

メイクやネイル、ファッション、ヘアスタイルなどなど、気になるものはどんどん取り入れていける時期でもありました。

この頃、すでにムダ毛は日常的に処理していたという人が多かった反面、彼氏ができてこのままじゃヤバイと自覚した人も!

確かに、デートの時は下着を上下を揃えるようにムダ毛も当然お手入れしていたはず。

管理人も薄毛で自分のムダ毛に悩んだことのない人が心底羨ましかったです。

そして、中学生や小学生時代から自己処理を行なっていた人はこの頃、自分の肌の荒れ具合を自覚したはず。

黒ずみ、ブツブツ、毛穴の目立ち、乾燥。体も大人にどんどん近づいていくのと同時に、これまでのムダ毛処理が培ってきた肌トラブルに悩まされるのです…。

社会人になってから[4人]

・入社式の時、周りがみんな大人っぽくて自分の女子力の低さに引いた(20代 OL)

・元々薄毛でぜんぜん処理したことなかったけど、社会人5年目で職種が変わってパンツスーツを着るようになってからやっと自覚。今はもうこまめに処理してます(30代 OL)

・彼氏ができてデートするときはやっぱりムダ毛がきになっちゃう!女子校出身じゃなかったらもっと早くに意識してたかも・・・(20代 派遣社員)

社員旅行だったり結婚式があるから全身を気にするようになった(20代 OL)

社会に出て働くようになってから、スーツなどきちっとした服装をする機会が増えたことで、一気にムダ毛が気になり始めたという意見も意外と少なくないようです。

特に結婚式などの一大イベントでは、露出の多いドレスなどを着るフォーマルな場。

当然男性の目線も意識するし、はたまた同年代の女性のキレイさと比べてしまうことも…。

ただ、社会人になるまでムダ毛をコンプレックスに感じなかったという人は、ある意味幸せなのかもしれませんね。

残り2人は、結婚する時に初めて処理した・幼稚園の時からしてたという貴重な意見でした。

カミソリを早く使いはじめるのは、正直なところあまりオススメできるものではありません。

毛穴も目立たないようなプリップリの肌に刃物を当てるという行為は、皮膚表面の細胞を傷つけてしまうことに他ならないから。

ムダ毛の処理としてもっとも多く使用されているカミソリは、肌を傷つけてしまう道具なのだということを理解しましょう。

ムダ毛は大きなコンプレックス。だからといって無理やり解消しようものなら、将来、遠目から見てもブツブツとしたくすみ肌になってしまいます。

ムダ毛は処理するものではなく、生やさないという対処があるということを覚えておくこと!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

766



ページのトップへ