公開日:2018/07/09 

女性の方必見!デリケートゾーンの脱毛が生理日と重なる際の調整法は?

デリケートゾーンの脱毛をするにあたり、問題となるのが生理日とバッティングしてしまうかもしれない点です。

生理日にあたってしまうと、せっかく予約した脱毛の施術を受けることができません。では、どのように調整すれば良いのでしょうか。

生理時にはデリケートゾーンの脱毛は厳禁!

なぜ生理日には行ってはいけないの?

まずは、なぜ生理日にデリケートゾーンの脱毛を行ってくれないのでしょうか?

それは、生理が女性の体を不安定な状況にしてしまうからです。

生理中は、精神的にも身体的にも多くのトラブルが発生します。特に、肌が敏感になるという症状は見過ごせません。

デリケートゾーンの脱毛ではレーザー脱毛が一般的な方法ですが、肌には大きなダメージが加わります。

ただでさえ肌荒れのリスクがある生理中に、肌ダメージが大きい脱毛を行うと、肌への負担は非常に大きなものになってしまいます。

そのため、生理時には脱毛を行わないのが一般的なのです。

また、脱毛による痛みなどで精神的なストレスを感じる点も生理中に脱毛を控える理由の1つです。

生理前の脱毛も行ってくれないの?

生理前も、生理中同様に肌が荒れやすいコンディションになっています。

また、ホルモンバランスの乱れも発生してしまうので、生理中と同じくデリケートゾーンの脱毛は行わない方が良いとされています。

月経前症候群の症状は、早い人なら生理の2週間前から発生します。

症状には様々なものがあり、また症状の度合いも人それぞれです。

基本的には、月経前で肌が荒れやすいと感じるときには、デリケートゾーンの脱毛は控えるべきです。

実際に、月経前症候群の症状が出ている中でデリケートゾーンの脱毛を行うと、通常時より痛みを感じやすい人が多いです。

また、施術後に赤みが引きにくいケースもあります。

サロンでこの時期の施術を断られることは殆どありませんが、リスクが高いという事を理解しておきましょう。

生理後はいつから脱毛を再開できるの?

生理が終わった後は、どの程度間隔を開ければデリケートゾーンの脱毛を実施しても良いのでしょうか?

生理直後は、肌が乾燥しやすい状況となっていて、その状態でレーザー脱毛などを行うと、必要以上に肌にダメージが加わります。

また、生理前と同様にホルモンバランスの乱れがあるので、肌トラブルが発生しやすいのも事実です。

ほとんどの人で、排卵期が終わる生理1週間後から脱毛を再開できるとされています。

但し、この間隔も人それぞれであり、生理の重さによってもう少し間隔を開けた方が良い場合もあります。

生理日を調整する方法はあるの?

生理周期を一定にするために健康的な生活を!

予定通り脱毛するためにも、生理周期は常に一定にしておきたいですよね。

生理周期を一定にする方法は幾つかありますが、最も手軽で健康的に行える方法は、健康的な生活を行うことです。

まずは、規則正しい食生活を実践しましょう。

栄養バランスをしっかり考えて食事を取ります。また、食べすぎないという点も重要です。

他には、ストレスを溜めないという点も忘れてはいけません。

ストレスを溜め込んでしまうと、ホルモンの分泌を司る視床下部―下垂体系の働きが鈍ります。

それにより、生理不順を起こしてしまうのです。

適度な運動などで、ストレスを発散する事が重要になります。

ピルにより生理周期を一定にする!

生理周期を整える方法として、ピルを飲用するという方法も有効です。

ピルといえば避妊薬という印象が強いのですが、実は生理周期を整えるのにも用いられるホルモン剤です。

ピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを配合したホルモン剤であり、服用するとホルモンバランスを一定に保ちやすくなります。

それにより、生理を一定の周期に保つ効果が期待できるのです。

また、他にも黄体ホルモンの作用により、月経量の減少や生理痛を軽減する作用もあります。

更には、生理前後の不安定な状態を安定させる働きも期待できるので、ピルは非常に有効なものといえますね!

但し、副作用が発生するリスクはありますので、必ずお医者さんと相談の上で服用するようにしましょう。

半身浴やヨガもおすすめ!

その他の生理周期の一定化に効果があるとされる方法として、半身浴があります。

生理にとって体の冷えは大敵。半身浴を行うことで体が温まると、生理周期をキープできるといわれています。

また、ヨガをはじめとしたストレッチも取り入れたい方法です。

ヨガは、様々な病気を軽減するともいわれているストレッチ法です。

但し、注意したいのは腹部に無理な締めつけを与えないことと、骨盤底筋の引き締めにつながる機器を使用しないことです。

無理も厳禁ですが、ヨガをすればホルモンバランスを一定に保つことができ、更にダイエット効果も期待できるのでオススメです!

実際に生理になってしまったらどうするの?

まずはサロンに連絡して日程調整を

生理周期を調整していても、どうしても多少の誤差は生じます。

では、予約日に生理となってしまった場合には、どのようにすれば良いのでしょうか?

まずは、施術予定日と生理日が重複しそうだとわかった時点で、予約先のサロンやクリニックにすぐに連絡しましょう。

サロン側でも、生理中の施術は危険を伴うことは熟知していますので、予約日の変更手続きを行ってくれるのが一般的です。

その後、改めて施術日の調整を行う必要があります。

生理日だけでなく前後でも肌荒れのリスクが高い状況には変わりありません。

よって、生理前後を避けてそれ以外の日に予約して、施術を受けることがおすすめです。

予約のキャンセル料は発生するの?

では、実際に施術日の変更やキャンセルを行うと、手数料などがかかるのでしょうか?

これは、各サロンによって対応や契約内容はまちまちです。

一概にいえませんが、大手サロンでは手数料がかからず施術日の変更を行えることが多いようです。

また、キャンセル料を取るサロンでも、2,000円程度に設定されているケースがほとんどです。

但し、注意したいのは、無断でのキャンセルには厳しい処置が取られ、回数が決まっているコースで契約している場合は、1回分が消化されるサロンもあります。

生理によって脱毛の施術日を変更しなければならない場合は、生理である旨を早めに連絡するようにしてください。

生理周期を一定にして定期的に脱毛しよう!

女性のデリケートゾーンの脱毛において、生理は大きな障害となってしまうのです。

生理中だけでなく生理前後も脱毛は避けた方が無難です。

生理周期を一定にして定期的に施術を受けるために、生活の改善や体のケアを考えましょう。

どうしても予約日と生理が重なるときは、必ずサロンやクリニックに連絡することも大切です。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

73



ページのトップへ