公開日:2018/07/09 

ビキニが着れない…なんて事態を回避!Vラインの脱毛方法と注意点

海やプールで遊んでいたら、水着からにょろっと毛が…なんて失敗、経験したことはありませんか?

毛の処理を怠った日にはビキニは着れないですよね。

夏を思いっきり楽しめるように、Vラインの脱毛について知っておきましょう。

Vラインの自己処理方法とは?

カミソリや電気シェーバーで剃る方法

Vラインを自分で処理する場合、まず浮かぶのはカミソリなどを使った剃毛ですね。

手順としては、気になる箇所の毛を短くカットしておき、処理する範囲を決めておきます。

そのあと剃毛してカタチを整えるのが一般的でしょう。

このときカミソリでは肌を痛めやすいので電気シェーバーを使うのがおすすめです。

剃毛での処理は手軽で、お金もほとんどかからないので魅力的ではありますが、デメリットも多くあるので注意しましょう。

デメリット

  • 肌の角質層がはがれてしまう可能性がある
  • 処理してもすぐに毛が伸びてくる
  • 毛が黒く点々と残ってしまいがち
  • カミソリ負けをしてしまうこともある
  • 生えてきた毛がチクチクしてしまう
  • 繰り返すと黒ずみの原因となることもある

特に肌への負担が目立ちますね。肌を痛めないための対策としては、

  • 事前に蒸しタオルなどで毛を柔らかくしておく
  • 肌が乾いた状態で剃毛する
  • ワセリンなどを薄く塗って角質を保護する
  • 剃毛後にクリームを塗るなどして、ケアする

などがあります。

毛抜きやワックスで脱毛する方法

脱毛も自己処理として行っている方は多いですね。毛抜きを使って1本1本抜いたり、脱毛テープ・ワックスなどを使って一気に抜く方法があります。

毛抜きの場合、ビキニからはみ出る範囲が狭ければいいですが、広いと少し大変ですね。

剃毛に比べると、毛が伸びてくるまでに期間が空くので処理を繰り返す手間が省ける点や、毛が伸びてきたときにチクチクしないのがメリットです。

デメリットとしては、 ・とにかく痛い ・肌へのダメージが大きい ・埋没毛になる可能性がある というのがあります。

剃毛以上に肌へ負担がかかりやすいので、肌が敏感な時期は避けたほうがいいでしょう。また、アフターヘアもしっかりとしましょう。

ヒートカッターで長さを調節する方法

Vラインの処理をしても、毛が長いとビキニからはみ出してきてしまうことがあるので、カットして毛の長さを調節することも大切です。

このとき、ハサミでカットするのはやめましょう。毛の先端が尖ってチクチクしてしまう上に、水着を突き破って毛が出てきてしまう可能性もあります。

ヒートカッターを使用するのがおすすめです。チクチクせず、安全にアンダーヘアの長さを調節することができますよ。

剃毛などの自己処理でもVラインをキレイにすることは可能ですが、黒ずみや埋没毛・カミソリ負けなどになってしまうと、どんなにかわいい水着を着てもちょっと残念ですね。

Vラインは目立ちやすいので、肌への負担をできるだけかけないように注意しましょう。

サロンかクリニックで脱毛するのがおすすめ

サロンやクリニックで脱毛するメリット・デメリット

自己処理を繰り返して肌を痛めるよりは、サロンやクリニックで脱毛するのがおすすめです。

メリット

  • 仕上がりがキレイ
  • Vラインのカタチを整えてくれる
  • クリニックの場合、永久脱毛が可能
  • 自己処理をする必要がなくなる

海やプールなどへの急なお誘いでも気にせずビキニになれるのは魅力的ですよね。

デメリット

  • 何回か通う必要がある
  • 脱毛完了するまでは自己処理が必要
  • 費用がかかる

費用の面でサロンやクリニックでの脱毛を躊躇する方が多いのではないでしょうか。

Vラインの脱毛に必要なお金は?

多くのサロンやクリニックでは、Vラインのみの脱毛も可能です。ビキニを着る場合では、Vラインのサイドの脱毛が最低限必要になるので、この部分の脱毛料金を見てみましょう。

クリニックの場合

湘南美容外科

  • 1回6,070円
  • 3回17,410円
  • 6回28,750円

アリシアクリニック

  • 5回27,500円
  • 8回39,600円
  • 脱毛し放題52,800円

サロンの場合

銀座カラー

  • 8回21,000円
  • 脱毛し放題37,600円

プリート

  • 6回24,000円

上記料金は2017年4月現在のものです。サロンやクリニックによって脱毛範囲は異なるので事前によく確認しましょう。

1回から可能なコースから脱毛し放題のコースもありますね。

クリニックの場合では、Vラインは平均で5~7回脱毛するとキレイになる方が多いです。

いつでもビキニを着られるように…

Vラインの毛は意外と見られてる!

水着でも着ない限りあまり露出する部分ではないため、処理をしない方もいますが、温泉やプールなどで他人からチェックされていることも…。

他人のVラインが気になった経験談にはどのようなものがあるでしょうか。

女性目線

  • 友人と温泉に行ったときに、Vラインがボーボーで驚いた。
  • プールで、Vラインは処理されているのに、ビキニから毛が貫通していて気になった。

男性目線

  • プールで、彼女がプレゼントした水着を着てくれたけど、Vラインからハミ毛が出ていて周りの男性に気付かれないか心配になった。

などなど…。こんな経験談を聞くと、処理しないでプールや温泉に行くのが恐くなってしまいますね。

ビキニを着るとき処理した方がいい範囲とは

ビキニを着るのであれば、最低限Vライン(サイド)の処理は必要になります。

ビキニのカタチにもよりますが、サイドで結ぶタイプやハイレグタイプのものであれば、より広い範囲を処理した方が望ましいです。

また、遊んでいる最中にずれることもあるので、ビキニで隠れるギリギリの部分だけを処理するのではなく、トライアングルゾーンの大きさがビキニよりも一回り小さくなるように処理しておくと安心ですね。

その他、へそ下や太もも側・Iライン部分も毛がはみ出ていないか注意しましょう。

ハイジニーナにしちゃうのもあり!

ビキニを着るとき、Vラインははみ出る部分の処理だけでなく、長さなどにも気を使わなくてはいけません。

ムダ毛を気にしたくないようであれば、アンダーヘアを全てなくしてしまうハイジニーナにするのもおすすめです。

常に無毛の状態はちょっと…と感じる場合には、サロンでブラジリアンワックスをしてもらい、必要なときのみハイジニーナにすると1~2週間程度で毛が生えてきます。

また、アンダーヘア全てをなくすことに抵抗がある場合では、トライアングルゾーンを小さめの逆三角形にデザインしたり、2~3回レーザーをあてて全体的に毛量を減らす方法もあります。

ビキニが着たいならVラインは処理するべき

Vラインは意外と目につく部分なので、処理をしないと悪い意味で目立ってしまうこともあります。

処理をするとき、自己処理ならば肌を痛めないよう充分注意しましょう。

サロンやクリニックに通う場合は、完了するまでに期間がかかるので早めに開始するのがおすすめです。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

291



ページのトップへ