公開日:2018/01/30 

ニキビや毛穴ケアにオロナインの成分が効く!大人ニキビに効果的なのはオロナインだった!

ニキビは若い年代だけでなく、大人になっても悩む人も多いものです。ニキビ対策にはさまざまな方法やアイテムがありますが、オロナインがニキビ対策に効果的といわれています。

オロナインでのニキビ対策

オロナインの効果効能について

オロナインは家に常備されていることも少なくありません。子どもの頃から使っている、という人も多いでしょう。

どのようなときに使っているか思い出してみると、あかぎれや、軽いやけどを負ったとき、切り傷や擦り傷などができたときに塗ることも多いものです。

手軽に使える塗り薬という印象があるオロナインですが、ほかには、水虫やニキビや吹き出物にも効果があるといわれています。

オロナインがニキビに効く理由

オロナインがニキビに効くのは、次のような成分が配合されているからです。

◆殺菌や消毒効果のある成分

オロナインの主成分は、クロルヘキシジングルコン酸塩液で、殺菌や消毒薬として広く使用されている成分です。ニキビの原因は次のような経過によってできます。まず、毛穴周りの角質が厚くなり、毛穴がふさがれることで、皮脂が詰まることが原因です。

皮脂が詰まるとアクネ菌が過剰に増え、炎症を起こして症状を悪化させるのです。オロナインに配合されているクロルヘキシジングルコン酸塩液は、アクネ菌を殺菌・消毒してくれます。そのため、ニキビの症状が悪化するのを防いでくれるのです。

◆保湿効果のある成分

オロナインにはオリブ油(オリーブ油)、ワセリン、グリセリンといった保湿効果が期待できる成分が含まれています。乾燥はニキビができる原因のひとつです。肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下し、水分が蒸発しやすくなるとともに、外部からの刺激を受けやすくなります。

毛穴も収縮し、皮脂が詰まりやすくなり、ニキビができやすい状態に。さらに、乾燥は肌の新陳代謝を乱し、毛穴周辺の角質を厚くしてしまうのです。オリーブオイルの主成分はオレイン酸です。オレイン酸は肌になじみやすく、乾燥から肌を守る働きがあります。肌をやわらかくしてくれる作用もあるのです。

ワセリンは乾燥や外部からの刺激から肌を守ってくれる働きがあります。さらにグリセリンは保湿効果のほか、肌をやわらかくする働きもあり、毛穴周りの角質を柔軟化し、毛穴の詰まりを改善してくれます。

特に大人ニキビは乾燥やホルモンバランスの乱れが原因といわれています。オロナインに含まれるこれらの保湿成分は、大人ニキビに有効といえるでしょう。オロナインを塗ることで、毛穴周りの角質をやわらかくし、皮脂の詰まりを防いでくれる効果も期待できます。

赤ちゃんの肌にも安心して使える

オロナインのメリットは、安全性が高いことです。ニキビ改善効果があるといわれている化粧品でも、敏感肌の場合、成分が刺激となってしまい、かえってニキビを悪化させてしまうこともあります。

オロナインにはそのような心配はほとんどありません。肌の弱い赤ちゃんでも安心して使えるくらい肌にやさしいものです。どのような肌質にも使用できます。

毛穴の汚れをごっそり取ってくれるオロナインパック

ニキビに塗ることで、ニキビ予防や改善ができるといわれるオロナインですが、使い方として、オロナインパックという方法があります。

オロナインパックの効果

オロナインパックをすることで、肌がやわらかくなり、毛穴に詰まった皮脂や汚れ、角栓をしっかり取ることができるのです。新陳代謝の改善にもつながるため、ニキビ予防や改善になります。パックをすると、オロナインの成分が皮膚に浸透しやすくなるので、保湿効果も高まり乾燥を防ぐことができます。

オロナインパックの基本的なやり方

オロナインパックの基本的なやり方を紹介します。

  1. ぬるま湯で洗顔し、清潔にします。
  2. 水分をふき取り、オロナインをニキビができている部分や皮脂が詰まっている部分にたっぷりと塗ります。鼻や小鼻など特にしっかりと塗りましょう。
  3. 10~15分ほど放置します。
  4. 時間が経ったら、ぬるま湯で洗い流します。
  5. パック終了後は、化粧水と美容液で保湿をします。

オロナインパックをする前に毛穴を開く

オロナインパックの効果を高めるには、オロナインを塗る前に毛穴を開くことが重要です。お風呂に入って行うのも効果的ですが、蒸しタオルを使うのもおすすめです。

タオルを水で濡らし、軽く絞って電子レンジで40~50秒ほど加熱します。蒸しタオルを顔に乗せて、30秒程度待つと、毛穴が開きやすくなります。

オロナインパックの効果的な頻度

オロナインパックは毎日やると、かえって肌への刺激となります。やりすぎると必要な皮脂まで取り除いてしまうので、肌を乾燥させ、ニキビの症状を悪化させてしまいます。

肌質にもよりますが、多くても3日に一度、もしくは1週間に一度くらいを目安に行うようにしましょう。

オロナインでスキンケアする前に注意するべき事

ニキビや毛穴ケアに効果的といわれるオロナインですが、ケアをする際には注意したい点があります。

手や部位を清潔にしてからケアをする

どのようなスキンケアにもいえることですが、オロナインでスキンケアをする際にも、手や顔などの部位を清潔にしてから、塗ることが大事です。

特に手にはさまざまな雑菌が付着しています。スキンケアをする前には、必ず手を洗いましょう。また、洗顔をする、お風呂に入ってから行うなど、ケアをする部位を清潔にしてから行うことが大事です。

付ける量には注意

ニキビや毛穴ケアに有効な成分が配合されているオロナインですが、一度に大量に塗るのはNGです。

必要以上に塗ると、毛穴をふさいでしまうことになり、皮脂を詰まりやすくすると同時に、アクネ菌のエサを増やしてしまうことになります。

一部分に使う量は、パール粒程度を目安に使いましょう。顔全体に塗る場合は、手に伸ばし、薄く塗ります。

症状が重症なニキビには使用しないこと

オロナインは湿疹やただれ、かぶれには使用しないこととされています。ニキビの症状が重症化して、膿を持っていたり、痛みがあったりする場合は、オロナインの使用は避けた方がいいでしょう。

また、オロナインはどのような肌にも安心して使えるものですが、体調や肌の状態によっては肌トラブルを起こすリスクもあります。

オロナインを使って症状が悪化したり、使い続けてもニキビが改善しなかったりする場合は、使用を中止し、専門の医師に相談するようにしましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

945



ページのトップへ