公開日:2017/05/25 最終更新日:2017/08/28

毛穴を引き締めるオススメの方法!簡単ケアで美肌を目指そう

鏡を覗き込むたび、目立つ毛穴にため息をつくことはありませんか?いくら入念に下地を塗ってファンデーションを重ねても、時間が経つと毛穴が目立ってしまうことはよくありますよね。そんな時にオススメの、自分でできる簡単ケアをご紹介します。

毛穴について知ろう!毛穴の役割とは?

そもそも毛穴って何のためにあるの?

まずは、毛穴について知ることから始めましょう。毛穴は、読んで字のごとく、皮膚にあいた、毛が生えている穴の事です。髪の毛や、うぶ毛、ヒゲなど、毛穴は全身にさまざまな種類がありますが、その役割は、肌を防護することにあります。肌は、絶えず紫外線や洋服との摩擦などの外部刺激にさらされていますから、もしも毛がなければ、すぐにダメージを受けてしまうことでしょう。

また、毛穴から分泌される皮脂と汗が混ざり合い、肌を守る天然の保湿クリームともいえる「保護膜」を作り出しています。この保護膜は、カビやばい菌が肌の中に侵入するのを防いでくれています。つまり、毛穴は、毛の育成と保護膜の分泌というふたつの機能で、肌の健康を守る上で大切な役割を果たしているのです。

毛穴には注目のデトックス効果も

毛穴から分泌される皮脂と汗には、体内の老廃物を排出してくれるデトックスの効果もあります。汗をたくさんかいた後に、肌がさっぱりした感じがするのは、皮脂が汗と一緒に、体の中から老廃物が排出されたためだと考えると頷けますよね。皮脂と聞くと、なんだか毛穴を詰まらせる悪玉のようなイメージがわきますが、肌に潤いやハリを与えてくれる、肌の健康にとってはなくてはならない大切な立役者だといえます。

しかし、皮脂が過剰に分泌されたり、メイクの汚れなどがたまったりすると、毛穴を詰まらせてしまうことも確かです。毛穴は本来開閉するものなので、開いたままのというのは異常な状態ですから、スキンケアなどの適切な対処で毛穴を閉めることが必要になってきます。

毛穴を正常に機能させる2つのアプローチ

潤いとハリがある健康な肌は、毛穴が正常に機能することで作られています。そのために必要なことは、体の外からのアプローチと体の中からのアプローチの2つに大別することができます。体の外からのアプローチとは、化粧品などを使いスキンケアをする方法で、体の中からのアプローチとは、食事や運動をとり入れた方法です。

どちらも毛穴を正常に機能させるという目的は同じですが、どちらか片方で行うよりも、両方を同時に行った方が、相乗効果でより高い効果が期待できます。実行する際のポイントは、一時的なものではなく、習慣として長く続けることです。長く続けるためには、できるだけお手軽にできる簡単なケア方法を選ぶようにしましょう。

体の外から毛穴を引き締める方法!

クレンジングと洗顔で汚れを落とそう!

古い角質やメイク汚れ、皮脂などが詰まっている毛穴の汚れは、クレンジングで浮かして丁寧に洗い流しましょう。大切なことは、肌に負担をかけずにキレイに汚れを落とすことです。皮脂やメイク汚れを落とすことに夢中になって、ゴシゴシ何度も洗顔すると、肌を痛めてしまうことがありますので注意してください。

あくまで優しく、たっぷりの泡で浮いた汚れを包み込むように、隅々まで丁寧に洗い、洗剤成分は残さずにキレイに落とすことが大切です。特に、目の周りの皮膚は薄くデリケートですから、強くこすらずに指の腹の部分で優しくマッサージするように洗いましょう。洗顔の際の泡立てには、専用の泡立てネットを使うよりも手で泡立てた方がキメの細かい泡ができるため、汚れを落としやすくなります。

化粧水や乳液で十分に保湿をしよう

肌の汚れをさっぱりと洗い流したら、化粧水や乳液を使って、十分に保湿をしましょう。洗顔後の毛穴は空っぽの状態です。人間にたとえるならば、喉が渇いてカラカラの状態ですから、化粧水を手のひら、または柔らかいコットンに適量取り、肌全体にやさしくパッティングします。

ポイントとしては、肌が欲する水分量は限りがあるので、あまり大量にバシャバシャと化粧水をかけすぎないことと、パチパチと音が上がるほど肌を叩かないことです。せっかく保湿をしていても、肌がダメージを受けてしまっては、返って乾燥や肌荒れを招くことにもなりかねません。

洗顔後の肌は、とてもデリケートで傷付きやすくなっていますから、極力負担をかけない保湿を心がけてください。
毛穴の開きの原因と症状別のおすすめ化粧水については化粧水で毛穴ケアの記事を参考にして下さい。

収れん化粧水を使って毛穴を引き締めよう

収れん化粧水は、毛穴を引き締めることが目的の化粧水です。つまり、収れん化粧水こそ、毛穴引き締めの秘密兵器!ぜひ上手に使いこなしたいスキンケアアイテムです。しかし、洗顔で空っぽになっている毛穴になんの保湿もしないでいきなり収れん化粧水を使うのは、乾いた植木鉢に水を与えずにぴったりとフタを閉めてしまうようなものです。

収れん化粧水は、洗顔後にすぐつけるものではなく、化粧水や乳液でじゅうぶんに保湿をした後につけるものですので、くれぐれも、順番を間違えないようにしましょう。また、収れん化粧水は、脂性肌や混合肌の方向けの化粧水です。肌が敏感な方は、パッチテストをしてから使うようにしてくださいね。

体の中から毛穴を引き締める方法3選!

栄養バランスの良い食事をしよう

毛穴の機能を正常に発揮させるためには、体そのもの代謝を活発にして、健康な状態を保つことが大切になってきます。体の健康を維持するためにいちばん重要な要素はなんといっても食事です。高たんぱく低カロリーの白身の魚や豆製品を取り入れた日本食は、成人病予防にも良いと言われている美肌作りにもオススメの料理で、ニンジンやゴボウ、大根などの根菜や、ホウレンソウや小松菜なども積極的に取りたい食材です。

また、ダイエットのために朝食を抜いたり偏食したりするのは、体の新陳代謝を落とし、結果として毛穴の開閉する機能も衰えさせてしまいますから、毛穴の引き締めの観点からもオススメできません。栄養バランスの良い食事を取って、体の中から毛穴を引き締めましょう!

適度な運動で体を動かす習慣をつくろう

体の新陳代謝を促すためには、バランスの良い食事に、適度な運動をプラスすることが効果的です。適度な運動で汗を流せば、毛穴の中の汚れも皮脂や汗、老廃物と一緒に体外に排出されますので、毛穴の引き締めにも良い効果が期待できます。運動は、長時間や激しい運動をする必要はありませんから、ウォーキングなど手軽にできるものを選ぶことが長続きさせるポイントです。

運動の他にも、お風呂でゆっくりと半身浴をしても、体を芯から温めることで新陳代謝が高まり、大量の汗をかくため、運動と同じような毛穴引き締めに良い効果が得られるでしょう。運動や半身浴などでたくさん汗をかいたときには、ミネラルウォーターなどで水分補給を忘れずに行うことが大切です。

体の水分補給も十分にしよう

洗顔後の肌に化粧水での水分補給が必要なように、体自体にも水分補給が必要です。人間の体の大部分は水分ですから、摂取する水分の質も、体の健康、ひいては肌の健康に深く関わってきます。水分補給には、カフェインを含んでいるコーヒーやお茶よりも、シンプルな白湯やミネラルウォーター、ノンカフェインのルイボスティー、低カフェインの麦茶などが良いでしょう。

変わりダネでは、タンポポの根からできたタンポポコーヒーなどがあります。ちなみに緑茶は、意外とカフェインを多く含んでいますので、水分補給用にはあまり適していません。水分の取り方は、一度にガブガブと大量に飲むのではなく、少しずつ小まめに飲むことがポイントになります。

体の中と外、両方向からの毛穴引き締めを!

体の中から簡単ケア

  • クレンジングと洗顔
  • 化粧水で保湿
  • 収れん化粧水で毛穴引き締め

体の外から簡単ケア

  • バランスの良い食事
  • 適度な運動や半身浴
  • ノンカフェインの飲み物で水分補給

毛穴を引き締めるのは、体の外と中、両方向からのアプローチが効果的ですので、ぜひ試してみてくださいね!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

425