公開日:2018/05/15 

ダイエット中でも食べられるおやつ♪ポップコーンダイエットの方法

体を細くしようと考えると、どうしてもおやつなどの食事を制限したくなるものです。

しかしストレスがたまってどこかで爆発しないか心配…という人は、ポップコーンを使って効率的にダイエットをしてみましょう。おすすめの作り方もあるので、方法と一緒にチェックしました。

お腹を膨らすダイエットとしてポップコーンは効果的

痩せようとして運動をしている人が、急にリバウンドした!と嘆いているのは、口が寂しくなって何かを食べてしまったからでしょう。

ダイエット中はいつもより食べものがお腹に入っていないので吸収もよく、つまみ食いをした分余計に、脂肪がつきやすくなります。

そこでお腹が空いたと感じやすい、おやつの時間にポップコーンを食べるといいでしょう。じつはこの食べものには食物繊維が入っていて、腸を働かせて便を外に出す効果があります。

そしてそのおかげでお腹がスッキリして、代謝だってあげてくれるでしょう。

しかしそんな魅力的な効果があるのに、おやつとして食べてもいいのか疑問に思ってしまいます。そこは以下の方法をすれば、ダイエットに効果的なので安心してください。

水分を多めにとれば効果がアップする

なぜポップコーンで痩せられるのかという理由は、まず食物繊維の効果が大きな要因です。この成分は腸の老廃物やたまった便に吸着して、外に出してくれます。

そして腸がきれいになったら、元気になって代謝がアップするでしょう。

もちろんそれだけでなく、水分と一緒にとれば、お腹の中で大きくなって腸を刺激してくれます。ですからもっと便などを外に出そうと動いてくれるので、さらにその効果がアップできるんです。

ポップコーンを使うときは、水分を用意して食べるのがちょうどいいでしょう。

カロリーが少なめで間食でも満腹感アップ!

そもそもダイエットでポイントとなるのは、食事をとる量と関係があります。ですから極端なことをいうと、食べすぎなければ問題ありません。

そこでポップコーンを使えば、その問題を解決できてしまうでしょう。

それはポップコーンの作り方がポイントで、中に空気を含ませて作るからです。この空気の層ができてあるおかげで、少しの量でもお腹がいっぱいに感じるでしょう。

さらに上記で紹介した水分をとれば、ポップコーンそのものが膨らんで、お腹をさらにいっぱいにさせます。

そしてダイエットとして魅力的なのは、意外にもカロリーまで少ない点です。100g食べても400calしかなく、そもそもその半分でも満腹になってしまうので、満足したとしても太りにくい特徴があります。

ですからポップコーンは痩せるときに役立つというわけです。

肌がきれいになって代謝もあがる

無理なダイエットをしていると肌荒れしてしまうなど、体を細くすること以外にも気にしないといけないことは、意外にたくさんあります。

しかしポップコーンには、肌をきれいにする成分が入っているおかげで、食べているだけでも美肌効果できれいになれてしまうでしょう。

これは若返り効果のあるポリフェノールのおかげで、血行だってよくなります。これがよくなるということは、代謝にも影響して脂肪をもやしてくれるんです。

つまりダイエットとしても美容としても、いい影響を受ける、女性としてはうれしい食べものになります。

太らないポップコーンの作り方でダイエット

どんなものでも注意すべきですが、質の悪いものを選ぶと、メリットがデメリットになることもあるでしょう。

このダイエットでも同様に、市販で並んでいるものを食べてしまうと、使われている材料の影響で逆に太ってしまいます。

そこで本格的にダイエットをする人は、手作りでポップコーンを作って、ストックしておくと使い勝手がいいでしょう。とにかく簡単なので、誰でもできてしまいます。そんな作り方を選びました。

すごく簡単な太りにくいポップコーンの作り方

【準備物】

  • ポップコーン用乾燥コーン
  • オリーブオイル
  • 黒コショウ
  • シリコンスチームケース

そもそもこのダイエットの方法は、とにかく気軽で続けやすいもので、毎日食べることがすごく重要になります。そこでレンジでチンをするだけで、ポップコーンが作れてしまう作り方を見つけました。

シリコンで作られた容器を用意して、その中にポップコーンの材料を入れてチンをするだけです。

最初に乾燥コーンをシリコンの容器に入れて、その上からオリーブオイルと塩コショウをかけたら、均等に混ぜあわせます。そしてレンジに3分間入れているだけで、完成するんです。

もちろん脂質はダイエットによくないので、お好みでオイルの量を調整してもいいですし、アレンジがいろいろできるのも手作りのメリットでしょう。

これならカロリーを少なくできて、ダイエットとして使えてしまいます。

むくみやすいなら塩を少なくしてバターを入れる

濃い味が好みなら塩をたくさん入れるのがいいのですが、入れすぎてしまうとあまりよくありません。それはむくんでしまうこともあり、代謝を落としてしまうからです。

無意識に水分をとる量が多くなる可能性が高く、なるべく控えておきましょう。

もちろんそれでは味が薄くなって、楽しみが減ってしまいます。そこでバターを入れるとおいしくなるので、おすすめです。

しかしバターそのものがカロリーを高めてしまうので、入れすぎるのも意味がありません。

なるべくなにも入れないのが、ダイエットとしてはベストなので、モチベーションを上げるときに使うといいでしょう。

1食分置き換えてもダイエットができる

ポップコーンの効果をあげるために、1食分を置き換える方法でも痩せやすくなります。もともとカロリーが低いものなので食べすぎたとしても、置きかえて食べていたら太る心配もありません。

意外にもビタミン類などの栄養も入っているので、食事として食べても問題ないわけです。それでもお腹が空く人は、よく噛んで食べるといいでしょう。

ポップコーンを使ってのダイエットの方法はいたってシンプル

もともとのカロリーが少なくて、普通に食べていてもお腹がいっぱいになるのが、このダイエットの大きなメリットです。1食分置きかえると、総カロリーを減らせられます。

おやつとして食べたとしたら腹持ちがいい効果で、次の食事のときに少量でもお腹がいっぱいになるでしょう。

しかし市販のものを食べていたら、塩以外のものが使われている場合が多く、太ってしまいます。

ですからレンジで作る簡単な作り方があるので、食べても気にならないポップコーンを使って、ダイエットに役立てましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

375



ページのトップへ