公開日:2018/06/06 

体の調子を整えて痩せられる!らっきょうダイエットのやり方とレシピ

さまざまな食材を使ってカロリーを計算して、うまく痩せようとするのは少し面倒に感じるでしょう。

それこそらっきょうを使ってダイエットに活かすのが、シンプルで面倒なことをしなくても大丈夫です。

とにかく食事の前に食べるだけでいいという口コミで、評判になっています。そのレシピについても見てみましょう。

らっきょうダイエットの食べ方は食前に食べるだけ♪

太ってしまう人の特徴は、とにかく食べすぎで失敗するのがほとんどのはずです。その原因は我慢のしすぎでストレスをためてしまった結果、食事で発散させたという口コミもありました。

無理に食事を減らすと失敗するというわけです。その対処法としても十分に役立つのが、このらっきょうを使った方法になります。

これは食事の前に準備しておき、数個食べるだけで痩せられるんです。すごく簡単で続けやすいのがポイントで、口コミでもよくおすすめされています。

しかしただ食べるだけでなく、ちょっとしたコツを加えるだけでさらにその効果が倍増して、もっと成功しやすくなるでしょう。そのやり方について紹介するので、挑戦してみてください。

1日5個食べるようにしておく!食べすぎ注意!

食べるだけと紹介しましたが、その情報だけだといっぱい食べたほうが効果も出そう…と、少し思ってしまう人もいるでしょう。

しかしそれはむしろ、体調を悪くする可能性があるので、やめてください。それはらっきょうが栄養の質がいい分、食べすぎると胃を荒れさせてしまうからです。

いくら早く痩せたいからといっても限度があるので、推奨されている量である5粒を守って、食事の前に食べるといいでしょう。

もちろんこの量を守って毎日続けていると、お腹がすきにくくなる効果が高いので、自然とダイエットができます。さらに代謝も高められて、脂肪を減らせられるでしょう。ここまで評判なのは簡単な方法だからです。

生で食べたほうが効果も高まる!水に2時間くらい浸しておこう!

料理が好きな人なら、ダイエットにいいといわれる食材を、おいしく食べられるように調理してしまうでしょう。

しかしらっきょうに限っては、あまり手を加えずにそのまま生で食べたほうが、効果を高められます。

漬ける程度に関しては大丈夫ですが、それ以外の方法だと、痩せやすい成分が逃げてしまって効率を悪くしてしまうでしょう。

本格的にするなら、水に3分ほど漬けてアクを抜き、それをそのまま食べるのが理想です。

もちろん味が好みでないのなら、無理にこの方法を実践しなくてもかまいません。続けるのがダイエットに関して重要なので、料理に使うなど工夫してください。

漬けたものを食べるならその汁も一緒に料理に使おう!

もともとらっきょうは漬物にして食べる習慣があるでしょう。栄養が漬け汁にも出て、おいしく食べられる方法です。

ダイエットで大切なのが、その栄養の中に入っているので、それを残さずとるのが痩せやすくなります。

しかしそのままお汁を飲むのも、味が濃すぎて飲めたものではありません。そこで漬け汁やらっきょうをうまく料理に使うのが、気軽に体に取り込める方法です。

意外にらっきょうレシピが出回っているので、それをうまく活用して、ダイエットに活かしましょう。

らっきょうダイエットの口コミで人気のらっきょうレシピ

上記でも紹介したように、大切な成分を残さず食べるようにするのが、らっきょうを料理に使うことです。

もしお漬物として使っていたら、その漬け汁も有効活用すれば、もっとダイエットしやすくなります。そんなレシピもしっかりあるようなので、作ってみるといいでしょう。

ちなみにらっきょうの特徴上、サッパリとした味付けが多くあります。暑い時期なんかに使うようにすると、おいしく食べられてちょうどいいでしょう。

サッパリ食べたい人に!冷奴と納豆らっきょう

    <材料>
  • 豆腐
  • ごま
  • 納豆
  • らっきょう
  • ミニトマト
  • めんつゆ
    <作り方>
  1. 豆腐をお皿に盛り付けておく
  2. らっきょうを粗めにみじん切りし、そこに納豆を混ぜる
  3. その上に麺つゆをかける
  4. 盛り付けている豆腐の上に、先ほど作ったものを盛り付ける
  5. 半分にミニトマトをカットして、盛り付けたら完成

らっきょうのサッパリした味にちょうどいいレシピです。すべてヘルシーな食材ばかりになるので、ダイエットに適しています。

むしろ間食として食べるくらいにちょうどいいでしょう。とくに腸に元気がない人にはピッタリで、便がお腹にたまっているなら、積極的に取り入れるべきです。

らっきょうを香りづけに!ささみも混ぜた小松菜うどん

    <材料>
  • ささみ
  • うどん
  • 小松菜
  • らっきょう
  • 顆粒のおだし
  • しょうゆ
  • らっきょうの甘酢
    <作り方>
  1. らっきょうを切り刻んで、顆粒のおだしと甘酢と混ぜる
  2. ざく切りにした小松菜を湯通しして、ササミもゆでておく
  3. 小松菜とササミは、水でしっかり冷やしておく
  4. うどんもゆでて冷やしたら、ボウルに入れておく
  5. 先ほどの調理した材料を、ボウルに混ぜ合わせたら完成!

主食しても使えるように、うどんにらっきょうを入れてみました。しかも酢漬けしている人なら、漬けたものまで味付けに使えるものなので、再利用ができます。

しっかりらっきょうの成分が使えてしまうので、食欲をおさえたいときにも便利でしょう。夏バテしたときにもピッタリの味付けなので、使いやすいものです。

余った甘酢を再利用!きゅうりとしめじの酢の物

    <材料>
  • きゅうり
  • しめじ
  • 余った甘酢
  • 味しお
  • こしょう
    <作り方>
  1. きのこを30秒間レンジで温める
  2. 薄くきゅうりを切って、味しおで揉みこんでおく
  3. レンジから出したきのこを、ボウルに入れる
  4. きゅうりの水をしっかり切って、こしょうと塩で味付け
  5. 余った甘酢と、先ほどの調理したもの合わせたら完成

今度は漬け汁を有効活用したレシピです。漬け汁にはらっきょうがしっかり染み出しているので、似たような効果があります。

しかもしめじの食欲をおさえられる成分もあり、相乗効果でさらにダイエットに活かせられるでしょう。

らっきょうダイエットで血液もサラサラ!

うまく痩せられないのはさまざまですが、ほとんどの場合が食事をとりすぎることで起きてしまいます。

それを止められるのがらっきょうです。たくさん食べる必要がなく、食事の前にとるだけで食欲を少なくできるでしょう。

しかも漬けていたとしたら、その漬け汁も料理に使えてしまい、使い勝手がいいのも口コミで評判になっています。

つい食べすぎてしまうのなら、うまくダイエットに活かしてみるといいでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

75



ページのトップへ