公開日:2018/05/14 

3つの成分がダイエットを手助けしてくれる!柿ダイエットの方法と効果

運動や食べるものを少しでも減らして、体を細くするために頑張っている人が多いでしょう。しかしそんな苦労をしなくても、ダイエットが成功してしまうものがあります。

それが柿なのですが、なんと痩せやすくする効果がたっぷりで、方法としても簡単です。それがなぜなのか見てみましょう。

カリウム・タンニン・ペクチンが柿ダイエットの痩せる効果になる

なかなか痩せられない…と嘆いている人は体質だけでなく、毎日の食事がうまくできていない可能性があります。それを解消するために、柿を取り入れるといいでしょう。

なぜならダイエットに必要なものが、意外に多く含まれているからなんです。とくに上記でも書いているものなのですが、それぞれどんな効果があるのかチェックしてみてください。

不要な水分をカットしてむくみがよくなる

何をしてもうまく痩せられない人は、代謝が悪くなっていて、とくにむくみが出ていないでしょうか?このむくみとは老廃物がたまった状態のことで、それが原因で太くなっているわけです。

それを解消するのにも柿がいいでしょう。なぜならカリウムという成分が、たくさん入っているからなんです。この成分は体にたまった老廃物を外に出そうとする効果が高く、むくみにはとくによく効きます。

そしてそれが解消したら代謝があがっていき、自然と体が細くなるでしょう。

血流がよくなって痩せやすくなる!

そもそもダイエットに失敗する人は代謝が低くて、食べたエネルギーを使えていない可能性が高いです。代謝とは血流が深く関係があり、痩せられないなら血液がドロドロになっているでしょう。

それをよくするのも柿がおすすめです。それは血液のドロドロを解消し、サラサラにしてくれるタンニンが入っていて、代謝がアップしやすくなります。

代謝がよくなると、体中に栄養がいきわたるようになるので、相乗効果で期待以上の結果が出るでしょう。

便秘の人におすすめ!腸がうまく働くようになる!

柿は果物の一種ですから、食物繊維だってタップリです。タンニンもその仲間で、腸をきれいにしてくれる効果が高くて、現代人に足りない栄養として知られています。

この食物繊維は腸内にいる細菌の、エサとなってくれる効果があり、腸を活発にしてくれるでしょう。

そして腸が仕事をしてくれるようになれば、体全体の代謝もアップしていくので、ダイエットとしても期待できるわけです。ですから腸の働きの悪い便秘の人は、柿を積極的に食べてみてください。

柿ダイエットの方法はおやつや空腹時に柿を食べるだけ

上記のような魅力的な効果がたくさんあることで、評判が出ているのですが、じつは柿を食べるのは間食として食べる方法がいいでしょう。

もちろん1食分置き換えてダイエットするのもいいのですが、栄養が偏ってしまい、健康的に痩せられない可能性もあります。しかも柿はカロリーが見た目以上にないので、食事をする合い間で口にしても問題ありません。

お腹が空いたと思っても、柿を準備しておけば安心です。さらに使い勝手のいい柿は、以下の方法でも気軽に取り入れられるので、挑戦してみましょう。

生のまま柿をおやつの代わりに食べる

上記でも紹介しましたが、間食として使うのが1番簡単に使える方法です。しかしそこで間違えないでほしいのが、それを干して食べないようにしてください。

いわゆる干し柿ですが、せっかくの柿のメリットがなくなってしまいます。

逆に甘みが強いから、生で食べるのは抵抗がある…なんて思うかもしれませんが、じつは糖質自体も他の果物に比べて低めなので安心してください。

スナック菓子を食べるよりも柿を食べるほうが、痩せやすい成分が入っているうえに太りにくいので、おやつの代わりに生で食べましょう。

柿だけでなくて葉をお茶にしてもOK

これだけいい栄養がたっぷりなら、捨てるのももったいないと思う人がいるはずです。そんな人は柿の実だけでなく、くっついている葉をお茶にして飲むといいでしょう。

健康茶としては有名ですが、じつは柿と同様にダイエットとしても使えます。

もちろん同じ柿からできているので、上記で紹介した栄養が含まれているだけでなく、若返る成分もたくさん入っているんです。きれいになりながらダイエットをしたいのなら、柿と一緒に飲むと相乗効果で痩せられるでしょう。

ちなみに作り方としてもすごく簡単で、柿の葉を洗ったら3日ほど日陰で干して乾燥させます。そして葉を細かく刻んだら、蒸し器に入れて2分ほど蒸しましょう。

時間がたったら熱をとって、再び1週間日陰で干したら完成です。自作できれば、手間も省けて気軽に使えるでしょう。

1日1個と決めて料理に取り入れる

果物として食べる人が多いでしょうが、じつは柿は料理としても使えるので、ダイエットの方法として幅が広がります。

もちろん生で食べたほうがいいので、簡単にできる料理に柿を入れる方法で使ったほうがいいでしょう。とくにおすすめなのが、なますやカルパッチョです。

本当に柿を入れるだけなので、忙しい人でも作れてしまうので、やってみてください。

しかしいくらカロリーや糖質が少ないからといっても、食べすぎてしまうとその効果が薄れてしまいます。1個くらいならとくに気にするレベルではないので、正しい方法を守って柿をダイエットに使いましょう。

柿ダイエットならダイエット中の「甘いものが食べたい」を我慢しないで済む!

よく見かける痩せるためにする方法は食事を極端に抜いて、無理にダイエットをするものですが、柿を使ったダイエットはストレスがかかりません。

食べるものを制限することも、身近にない食材を探しにいく手間も必要ないわけです。

柿には現代人には足りていない栄養がたっぷりで、そのおかげでダイエットができるようになります。とくに便秘で困っている人は、やってみる価値があるでしょう。

そして干し柿などの加工をしなくても、むしろ生で食べたほうが、カロリーが少ないので失敗がありません。そのまま柿を料理に使ってしまうのも、飽きてしまったときにおすすめです。

柿の葉がもったいないなら、お茶にして一緒に飲めば、効果が倍増するので作ってみましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

20



ページのトップへ