公開日:2018/04/12 

旧石器時代の食事でダイエット!?パレオダイエットの方法と効果的メニュー

「パレオダイエット」をご存知ですか?「パレオ」とは、「旧石器時代の」を意味する「Paleolithic」が語源で、特定のものを積極的に摂取したり、逆に食べないようにしたりする、食事によるダイエット方法の一種です。

1970年代中頃に最初に流行し、その後も海外のセレブリティの間で何度かブームになっています。古くて新しいこのダイエット方法について、その具体的な方法やメニューをご紹介します。

「原始人ダイエット」とも言われる「パレオダイエット」とは?

「パレオダイエット」は、別名「旧石器時代ダイエット」あるいは「原始人ダイエット」とも呼ばれるダイエット方法です。

簡潔に言うと「旧石器時代に生きていた原始人の食生活を再現することで、健康な身体づくりを目指す」という考え方によるダイエット方法で、自然のものを積極的に摂取し、人間が手を加えた作物や人工物は避ける食生活を基本とします。

栄養学者や人類学者の間でも異論があるダイエット方法

現代人は多くの生活習慣病に苦しんでいます。一方、採集生活を送っていた旧石器時代の原始人は、そのような病気とは無縁とされていました。

パレオダイエットでは、「旧石器時代から人の遺伝子構造は変わらないので、食生活も原始人的なものが理想なのだ」という考え方に基づき、旧石器時代の先祖と同様の食事を取ることを推奨しています。

パレオダイエットのこの考え方については、栄養学や人類学の専門家から異論が出されています。

たとえば、旧石器時代の食生活は実際ははるかに多様性があったという研究から、食材と調理法はシンプルであることを基本とするパレオダイエットとの相違を指摘しています。

ただ、特に先進国の人々が享受している、カロリーや糖・脂質・塩分の過剰摂取傾向が強い食生活の改善を促すという意味において、パレオダイエットの提唱する「高タンパク質・低炭水化物の食生活の実践」というアプローチは、理に適っていると言えるでしょう。

パレオダイエットのメリット・デメリットは?

パレオダイエットの、メリットとデメリットをご紹介しておきましょう。

◆パレオダイエットのメリット:カロリー計算は不要で食べていいものは好きなだけ食べていい!

パレオダイエットでは、現代人の主なカロリー源である穀類は「食べてはいけないもの」に分類されています。

このため、パレオダイエットの方針に添った食事をしていれば、自ずと食事によるカロリー摂取は軽減されるので、細かいカロリー計算は不要とされています。

また、肉や魚、野菜などの摂取量が増えるため、満足感も得やすく、お腹も空きにくくなるのだそうです。さらに、化学物質や小麦・乳製品の摂取を避けることにより、体質改善やアレルギーの発症が抑えられると言います。

◆パレオダイエットのデメリット:食材探しが難しい

パレオダイエットでは穀類の摂取はNGとされています。当然、肉類も、穀物ではなく牧草や自然に近い環境で育てられた家畜のものが推奨されているのですが、これを厳密に実施するのは容易ではありません。

たとえば、牛肉だと牧草を食べて育った牛「フラスフェッド・ビーフ」、鶏肉の場合は養鶏ではなく放し飼いされている鶏を選ばなくてはならなくなります。

豚や魚も同様で、こういった食肉を取り扱っている販売店が近くにないと、食材探しが大変になってしまいます。

パレオダイエットの効果的なメニュー

パレオダイエットは思い立ったそのときから試してみることができます。

方法は簡単で、次の食事をパレオダイエットの食事法を実践しながら準備すればいいのです。パレオダイエットを実践した食事について、食材選びとメニューのポイントをご紹介します。

パレオダイエットで食べていいもの・食べてはいけないもの

まずは、パレオダイエットで食べていいもの、食べてはいけないものについてご紹介します。

◆パレオダイエットで食べていいもの

基本的に「自然のもの」が食べていいものです。具体的には、野菜、果物、脂肪の少ない肉類や卵、海産物、ナッツ類、天然の脂肪類、オーガニック香辛料などです。

このうち、脂肪類ですが、たとえばオリーブオイルはOKですが、動物性の油脂であるバターやラード、添加物のあるサラダオイルなどはNGとされています。

また、パレオダイエットでは、砂糖の摂取は避けるべきとされていますが、天然の甘さを持つ食品はOKです。

ハチミツ・メープルシロップ・果物はOKですし、砂糖を使っていないドライフルーツももちろんOKです。

また、ナッツ類やカカオ含有量の高いチョコレートもOKです。カカオはナッツ類として判断されているようです。

◆パレオダイエットで食べてはいけないもの

パンやご飯などの麺類、砂糖、乳製品、加工食品、豆類やアルコールや添加物が入っているジュース、加工油などが、パレオダイエット中は避けるべき食品とされています。

これらの食品は、「旧石器時代に自然に取得することが不可能だった」という点がポイントとなっています。

パレオダイエットのメニューのポイント

パレオダイエットで使っていい食材と避けるべき食材がわかったら、次は実際にメニューを考えてみましょう。その際のポイントは次のとおりです。

◆ポイントその1 タンパク質と炭水化物・脂質を中心に&加工食品や砂糖を含めた調味料は使わない

質のよい材料を選び、加工食品に頼らない献立を考えましょう。

◆ポイントその2 調理は簡単な料理法でOK

手間をかける必要はありません。食材の旨味を大事にしながら、煮る・焼く・蒸す・炒めるなどの調理を行えばOKです。天然の調味料として、シーソルトやスパイス、ハーブなどを上手に取り入れましょう。

◆ポイントその3 目標に添ったメニューを考えましょう

ダイエットするときに「体重を減らす」以外に、プラスアルファの目標を設定してみましょう。

たとえば、「肌の調子をよくしたい」という目標を追加してみます。そうすると、食べていいものの中から、ビタミン摂取を中心にした野菜多めのメニューにする、といった具合に、メニューの方向性を決めていくことができます。

パレオダイエットはその実践方法の特長から、急激な減量というよりも、長期間かけてゆっくり体重を落としていくダイエット方法です。

日々の食事を見直して、自分の身体や体調の悩みに向き合いながら取り組んでいくといいでしょう。

パレオダイエットはアスリート向けのダイエット

パレオダイエットは、海外のセレブの他、アスリートで実践している方が多いそうです。

体重管理と体力維持の両方が求められるスポーツ選手にとって、自分の身体が必要なものを必要な分だけ摂取することを実践した結果、パレオダイエットによる食事法が合っていた、ということのようです。

「自然のものを中心に、食べていいものを、好きなだけ食べる」、という、一見矛盾した方法に思える「パレオダイエット」ですが、真剣に取り組んでみれば、自らの食生活を見直すことに繋がります。

「少しずつでも身体にいいことをはじめたい」、そんな方におすすめのダイエット方法かもしれません。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

354



ページのトップへ